たかび さん プロフィール

  •  
たかびさん: たかびの自己満観劇記
ハンドル名たかび さん
ブログタイトルたかびの自己満観劇記
ブログURLhttp://ameblo.jp/takabikun/
サイト紹介文劇団四季をはじめ、東宝やホリプロなどのミュージカルなどの鑑賞記をアップする自己満ブログです。
自由文劇団四季、東宝ミュージカル、ホリプロミュージカル、海外ミュージカル来日公演、小劇団などのストレートプレイの鑑賞日記です。

自己満、激しく自己満。

冷やかしやコメント大歓迎。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/08/25 18:05

たかび さんのブログ記事

  • ミュージカル座【トラブルショー】
  • ミュージカル座【トラブルショー】を鑑賞してきました。 友達が、ミュージカル座で一番面白いコメディ作品と紹介してくれた作品で、機会があれば観たい観たいと思ってたのですが、いかんせん公演期間が短く…。 前期公演時にチケットを購入したものの仕事の都合で観に行けず、今回やっとの事で初鑑賞。 ミュージカル座さんにはせめて、一週間を超える日程で上演して頂きたいものです。 作品公式ページ。〜あら [続きを読む]
  • 劇団四季【ノートルダムの鐘】
  • 水曜日、劇団四季の最新作【ノートルダムの鐘】を鑑賞してきました。 【アラジン】に続き、初演開幕2公演目の鑑賞です。 四季劇場・秋、すっかりクリスマスムード。ロビーは移動も困難なほどの大混雑…オリジナルグッズを求める列とプログラムを求める列の間を揉みくちゃになりながら進まないと、キャストボードに辿り着けない様な状態。 こちらキャストボード。プログラムも購入。プログラムを買うのに10分掛かり [続きを読む]
  • 浅利演出事務所【アンチゴーヌ】
  • 定休日の水曜日は、浅利演出事務所公演【アンチゴーヌ】の初日を鑑賞してきました。劇場はこちら、自由劇場。キャストボード。劇団四季が1954年〜2005年までレパートリーとして時々上演していたらしいフランス文学のストレートプレイで、一旦は四季のレパートリーから外れて2015年に別の演劇組織によって上演されていたものが、再び浅利演出で上演された、というものの様です。 ジャン・アヌイのフランス作品ということになっ [続きを読む]
  • ミュージカル座【ロイヤルホストクラブ】(2回目)
  • 金曜日はミュージカル座のミュージカル・コメディ【ロイヤルホストクラブ】@光が丘IMAホールを鑑賞してきました。新宿は歌舞伎町のホストクラブ【パラダイス】を舞台に、先輩ホスト達からは見下され、後輩ホスト達には出世街道を追い越され、同伴も取れない、指名も取れない、挙句の果てに常連の女性客達からはホストとして認識して貰えない、奮起すればしただけ空回りするダメホスト達と、彼らを取り巻く、強烈過ぎる…と言うよ [続きを読む]
  • 懲りずにやってしまった
  • オペラ座の怪人@横浜KAAT 懲りずに最前ドセンを取ってしまった。 ↑正確に座席を数えた訳じゃないので、ドセン付近(上手or下手に1、2席ズレてるかも…笑) オペラ座は最前じゃない! …と、何度も何度も言い聞かせたつもりだったのに。 身体が勝手にポチっと。ああポチっとあ… 習慣って恐ろしい シャンデリアが落ちてきた時に上を向き過ぎてそのまま後ろにバタンと行かない様に気を付けたいと [続きを読む]
  • 東宝ミュージカル【ミス・サイゴン】(4回目)
  • 定休日だった水曜日は、大好きなミュージカル【ミス・サイゴン】を2年振りに鑑賞してきました。1年半振りの帝国劇場。戦勝国も敗戦国も不幸に陥ったという悲劇の戦争、ベトナム戦争の渦中で引き裂かれたベトナム人少女とG.I.の悲恋を描く不朽の名作。今回で3期4度目の鑑賞です。 劇場内にあった、お馴染のヘリコプターのデザインのポスター。ミス・サイゴンの象徴的なデザインですが、冒頭に貼ったもう一種類の、アメリカ [続きを読む]
  • 首尾は如何だったでしょうか
  • 本日、劇団四季最新作【ノートルダムの鐘】会員先行でしたが、皆様首尾はいかがでしたか? 個人的には超ひっさびさ!な先行参戦、ひっさびさ過ぎて手元がややおぼつかない点もあり、最前2度、2列1度競り負け、3列真ん中を確保。 先行開始から4分程度で確保出来ました。 周りの様子を見てると、電話よりネットの方が繋がり易かった模様。 また、日によっては12月中の公演でも10分を過ぎてからでも最前を取 [続きを読む]
  • ミュージカル座【スター誕生】
  • ミュージカル座公演【ミュージカル スター誕生】を鑑賞してきました。 【ひめゆり】【I HAVE A DREAM】【ロイヤルホストクラブ】【マリオネット】に続きミュージカル座5作品目7度目の鑑賞です。 劇場は中目黒キンケロ・シアター。 故・愛川欽也さんが作った劇場だそうで、キンケロと言う名前は愛川欽也さん(キンキン)、うつみ宮土理さん(ケロンパ)夫妻の愛称から取られたんだそうな。 客席が前列との [続きを読む]
  • 劇団四季【マンマ・ミーア!】(14回目)
  • 2週間以上経ってしまいましたが12日は劇団四季【マンマ・ミーア!】を鑑賞してきました。初めてマンマを観た2011年当時の公演(2010年12月開幕分)は、実に6年振りの東京公演だったのに、それ以降は毎年の様に再演…中には半年もインターバルを取らずにリターンと称して再演したりしてて、気が付いたらマンマ鑑賞14度目…(笑)しかし、前みたいに今年もマンマやるから観に行こう!で先行からガッついて取った訳ではなく、今年もマン [続きを読む]
  • 劇団四季【ガンバの大冒険】
  • 10日以上経ってしまいましたが、11日は劇団四季のファミリーミュージカル【ガンバの大冒険】を鑑賞してきました。劇場は自由劇場。ここの劇場で上演される作品もあと幾つあるか…。1972年の児童文学(冒険者たち ガンバと15ひきの仲間)、1975年のアニメ(ガンバの冒険)、1976年のニッセイ名作(冒険者たち ガンバとその仲間)初演と、自分が生まれるより昔の作品です。【ガンバの大冒険】と言う作品タイトルはニッセイファミミュから一 [続きを読む]
  • ミュージカル座【ひめゆり】(2回目)
  • 19日、ミュージカル座【ひめゆり】を鑑賞してきました。ひめゆりの鑑賞は2014年以来2度目。前回同様のシアター1010です。ボード。ロビーには主演(キミ)を務める、はいだしょうこさん宛ての花籠がたくさん。元”うたのおねえさん”な”はいだ”さん、”おかあさんといっしょ”からも花が…しかし、平仮名だらけで読みにくいな。はいださんは歌のお姉さんとして知ってたけど、元タカラジェンヌだったとは知りませんでした。もちろ [続きを読む]
  • 宝塚歌劇団 花組公演【ME AND MY GIRL】
  • 17日、初の宝塚歌劇団鑑賞に行ってきました。花組公演で、作品は”ミーマイ”こと【ME AND MY GIRL】この日は、随分と前からSNSでのみ繋がっていた方が、宝塚のペアチケットが当たったのでどなたか〜と呟いてるのをTwitterで見掛け、宝塚には前々から興味があったので手を挙げた次第。劇団四季を始め、東宝やホリプロなど8つの集団のミュージカルを定期的に、単身でも平気な顔をして観に行く身であっても宝塚って何か独特の世界と [続きを読む]
  • 東宝ミュージカル【マイ・フェア・レディ】
  • ♪ま〜いこ〜はれでぃ〜(違)12日、東京芸術劇場プレイハウスにて、東宝ミュージカル【マイ・フェア・レディ】を鑑賞してきました。一昨年くらいに上映された映画【舞妓はレディ】が実は【マイ・フェア・レディ】のオマージュらしく(タイトルからして、そうだよねw)、舞妓のほうを見て大筋のストーリーを知ってる程度の作品でミュージカル版の方は初見。当日のキャストはこんな感じでした。主演イライザはダブルキャストで、当日は [続きを読む]
  • 劇団四季【エクウス(馬)】
  • 劇団四季がおよそ二年振りに上演したという台詞劇を鑑賞してきました。作品は【エクウス(馬)】今月、90歳で亡くなったイギリスの劇作家ピーター・シェーファーが書いた同名の戯曲が原作なんだそうで、舞台上にも半円を描くように客席があり、そこに客席に座るお客と向かい合うようにお客を座らせ、出番ではない役者陣もそこに座ってお客と一緒に舞台を鑑賞するという、一風変わった形式の作品。6頭の馬の目を突いたという精神病患 [続きを読む]
  • 劇団四季【リトルマーメイド】(4回目)
  • 水曜日、劇団四季【リトルマーメイド】を鑑賞してきました。同作品の鑑賞は2年2ヶ月振り通算4度目。最近はキャストチェックとか全然してないんだけど、たまたまチェックした時にアリエル役が未見の松元恵美さんだったので、未見キャストだし楽も発表になったし、次の休みは昼間空いてるし(ソワレだったらアウトだった)、次のキャス変で変わらなかったら前予で行こうかな〜と思って行ってきた次第。久し振りに来た四季劇場・夏、 [続きを読む]
  • 劇団スイセイ・ミュージカル【ALICE】
  • 8日火曜日は劇団スイセイミュージカル【The Musical ALICE】を鑑賞してきました。スイセイミュージカルの鑑賞は【フットルース】以来3年振りです。劇場は久し振りに訪れる、来年から天王洲yoani劇場と言うガッカリな名前に変わるという天王洲銀河劇場。つい先日、すぐ近くの六行会ホールにミュージカル座の公演を観に来たばかりなので、東品川なんて普段滅多に近寄らない(笑)エリアなのに、こんなに連続で来るなんて珍しい事もあ [続きを読む]
  • ミュージカル座【マリオネット】
  • 定休日の昨日は、ミュージカル座の【マリオネット】を鑑賞してきました。劇場は新馬場にある六行会ホール。劇団アルターエゴの公演を観に行って以来、実に16年振りに訪れる劇場で、地下にある事すらすっかり忘れてました。キャスト。プログラム。〜あらすじ〜大好きだった祖父の後を継いで人形職人になったピエール、陽気な商売仲間に囲まれて毎日を過ごすが、人形は全然売れず、何をやっても気が入らず、街の仲間が気を使って紹 [続きを読む]
  • 劇団四季【コーラスライン】(4度目)
  • 定休日だった昨日は、劇団四季【コーラスライン】ソワレを鑑賞してきました。劇団四季の公演としては4ヶ月ぶりの自由劇場です。プログラムも購入。こちらキャストボード。前回鑑賞(2015/10/7)からのチェンジは以下の通り。オフィシャルのあらすじはこちら。座席は最前列ドセン。前期に続き最前列ですが、ドセンは初めて。毎度のことながら最前列では、全体を見渡すのは非常に困難ながらに、ジャズコンビネーションなど客席と向き [続きを読む]
  • 劇団四季【ウェストサイド物語】(3度目)
  • 劇団四季の『ウェストサイド物語』を鑑賞してきました。今年に入り、四季の観劇ペースがやや落ちており(同じ作品ばかりを繰り返し上演しているのであまり観たい作品がない、と言うのもあるが)今年3公演目。月に1度を割ってます。一般的に見ればそれでも少なくないかもですが、観劇仲間達には、どうしちゃったの!?と言われる始末。だって…観たい作品ないんだもん(笑)ちなみに観劇全体で言うと、今年7公演目、月に2本ペースで [続きを読む]
  • 一和洋輔&谷口あかり【ICHI&AKA CAFÉ LIVE vol.1】
  • ここのところ忙しくて、随分と時間が経ってしまいましたが、先月30日は元・劇団四季の一和洋輔さんと谷口あかりさんによるカフェ・ライブに行ってきました。ライブ設備があるカフェで、食事をしたりお酒を飲んだりしながら、ゆる〜くトークしたり歌を歌ったりしよう、という内容のライブでした。ミュージカルコンサートと言うのはそもそも、歌の部分の迫力とトークの部分のグダグダ感のギャップが凄い、と言うのが定番だったりし [続きを読む]
  • Seiren Musical Project【Legally Blonde】
  • 定休日だった水曜日は久し振りにミュージカルのマチソワ観劇をしました。マチネはホリプロミュージカル【ジキル・アンド・ハイド】を。ソワレはセイレンミュージカルプロジェクトの【リーガリー・ブロンド】を。この記事はソワレのLegally Blondeの内容を。早稲田のミュージカルサークル、セイレンミュージカルプロジェクトの公演を観るのは、昨年末のThe Wedding Singer以来二度目。どこの公演だったか忘れたけど、たまたまフライ [続きを読む]
  • ホリプロミュージカル【ジキル&ハイド】(3回目)
  • 定休日だった水曜日は、久し振りにミュージカルのマチソワをしてきました。マチネはホリプロミュージカル【ジキル・アンド・ハイド】を。ソワレはセイレンミュージカルプロジェクトの【リーガリー・ブロンド】を。この記事ではマチネのジキハイについてです。この作品は4年前の日生劇場での公演の時に前楽で初めて鑑賞し、楽曲の良さと、トップスリー(石丸さん、濱田さん、笹本さん)の歌声の凄さにやられて、この三人の歌声をもう [続きを読む]
  • 浅利演出事務所【思い出を売る男】
  • 浅利演出事務所公演【思い出を売る男】を鑑賞してきました。自由劇場にて。キャストボード。前回鑑賞(劇団四季・2014-1-22)からの変更は以下の通り。下村さんからのお花が!そしてその隣には何故か松岡修造。ストレートプレイ(台詞劇)のジャンルでありながら、音楽を多用し、歌も歌う詩劇という分類になる作品で、美しい曲が耳に残る。外国人作家の戯曲を翻訳して上演しているものではなく日本人作家の作品なので、日本人とはやや [続きを読む]
  • 劇団四季【ウェストサイド物語】(2回目)
  • 劇団四季【ウェストサイド物語】を鑑賞してきました。肌の色で人種差別する風潮が色濃かった時代のアメリカで、小さな縄張りを巡って敵対しあう血の気盛んな若者グループの中に生まれた小さな恋と、それを巡る泥臭い人間模様を描いた不朽の名作、四季での上演は3年振りで、今回から演出が新しくなったとか。キャストボード。前回鑑賞からのキャストチェンジは以下の通り。色分けは、前期から役柄だけ変わった役者さんです。プログ [続きを読む]