日本語教師養成学校 ニューヨークアカデミー さん プロフィール

  •  
日本語教師養成学校 ニューヨークアカデミーさん: 日本語教師養成学校NYA 講師ブログ
ハンドル名日本語教師養成学校 ニューヨークアカデミー さん
ブログタイトル日本語教師養成学校NYA 講師ブログ
ブログURLhttp://ny-academy.com/teacher-blog/
サイト紹介文実践的な講座で海外でも通用する日本語教師を育成しているNYAの講師ブログ
自由文日本語教師を目指すならニューヨークアカデミーへ。実践的な講座で海外でも通用する日本語教師を育成!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/08/28 10:01

日本語教師養成学校 ニューヨークアカデミー さんのブログ記事

  • まだまだ新米(>
  • こんにちは。日本語教師の十島です。 先週、みんなの日本語Ⅱ38課のテストを行ったのですが、後日採点をしていると、文法のテストでほとんどの学生が下記のような間違いをしていました。 Q ミラーさんは3月に日本へ来たんですか。 …いいえ、ミラーさんは日本へ来たのは2月です。(下線部が学生の答え) 皆さんはどこが間違いかすぐに気づきますよね。正しい答えは、「ミラーさんが日本へ来たのは」ですが、多くの学生が「ミラー [続きを読む]
  • 平成28年度NILS卒業式
  • こんにちは。日本語教師の枝村です。3月10日、平成28年度NILS卒業式が行われました。多くの来賓の方々にご臨席いただき、盛大に執り行うことができ、私も喜びで心がいっぱいになりました。毎年、私は上級生のクラスを担任していますが、今年は昨年までと異なり、上級生全員に対して授業をしており、また一人ひとりに対して何回も進学指導をしてきた分、思い出も多く、巣立っていく卒業生を見るとうれしくもあり、寂しくもある複雑 [続きを読む]
  • 新人研修
  • こんにちは。日本語教師の宮?です。 来期の準備を始める時期が来ました(というか、もう始まっていますが…)。学期が変わると新しい先生もやって来ます。NILSでは新任の日本語教師向けに研修を行います。初めて教壇に立つ先生も多いので、授業のことだけではなく先生としての心構えについても指導しています。 ・授業中に起こること ・その問題点や解決方法 ・授業をコントロールするためのコツ ・テストの受験のさせ方 ・学生と [続きを読む]
  • 「うれしい」と「幸せ」
  • こんにちは。日本語教師の平尾です。 先日、初級クラス(みんなの日本語Ⅱを勉強中)で「〜そうです」という文型を使った会話練習をしているときに、学生から 『「うれしいと幸せ」は同じ意味ですか。』 と聞かれました。似たようなシチュエーションで意味が似ている言葉を使ったからでしょうね。「うれしい」と「幸せ」はそれぞれ英語に訳すといろいろ出てきますが、どちらもhappyと訳せますよね?このことからも疑問を持ったので [続きを読む]
  • アニメと語彙と日本語教師
  • こんにちは、日本語教師の平田です。 いまや、日本を代表するカルチャーとなったアニメーション。最近は新海誠監督のアニメ「君の名は」が日本のみならず、台湾、香港、タイ、中国でランキング1位を記録するほどの大ヒット♪ NILSに在籍している中国、台湾の学生に聞いてみると、海外公開前に日本の映画館でいち早く観たそうです。さすがランキング1位になるだけあって、新海作品はすごく人気があるんだなと思いました。 ところ [続きを読む]
  • 慌てちゃいけない…
  • こんにちは。日本語教師の薄です。 初中級クラスの文法の授業で「〜らしい」という項目を勉強していたときに、次のような質問を受けました。 「先生、『うわさでは、その2人は結婚するらしい』と『うわさよると、あの2人は結婚するそうです』はどう違うんですか。」 事前にしっかり準備しておけば、そんなに怖い瞬間ではありませんが、もし、それが自分の思いもよらない質問だったら…。今まで楽しく授業をしていたのに、学生の前 [続きを読む]
  • 留学生の進路指導
  • こんにちは。日本語教師の枝村です。 卒業まであと1か月ほどになりました。上級生は大学・専門学校の受験をし、多くの学生が合格をもらって一安心の時期です。しかし、まだまだ国公立大学を受ける学生などは今からが本番になります。 日本語教師としての仕事の一つに進路指導があります。日本語学校で学ぶ多くの学生は日本の大学・専門学校への進学を考えています。ですから進路指導はとても大切になってきます。多くの学生にとっ [続きを読む]
  • 常識だと思っていても…
  • こんにちは。日本語教師の平田です。 皆さんは最近、驚いたニュースがありますか。私は2019年1月1日から平成から新元号に変更を検討しているというニュースが最近では一番驚きました。いよいよ平成も終わり、次はどんな元号になるのか、非常に興味深いですが、和暦というのは留学生たちにとって一体どんなものなのでしょうか? おそらく覚えなくても支障がないもの、そういうのもあるのね、という感覚だと思います。わたしの経験 [続きを読む]
  • 初級クラスの漢字指導
  • こんにちは。日本語教師の十島です。 私は今、初級クラスを担当し、メインテキストの「みんなの日本語」を教えています。 みんなの日本語の1課、2課…と各課が終わるごとに確認テストを行っていますが、漢字の点数が他と比べると悪いんです。語彙や文法がほぼ満点なのに、漢字だけが得点できない。 どんな勉強をしているのか、点数が取れなかった学生を呼んで確認してみると、「勉強の仕方がわからない」という学生が数名いました [続きを読む]
  • 「かな」の勉強
  • こんにちは。日本語教師の薄です。 NILSに7月生が入学しました。 NILSでは多くの学生が発音とひらがなの勉強から始めます。私はいつもは中上級のクラスを受け持つことが多いのですが、今回久しぶりにかなの授業を受け持ちました。 私が担当したのは濁音と半濁音でした。 発音の授業では、日本語教師が発音して、学生がリピートをし、発音が悪かったらよくなるまで練習を繰り返します。 「ざ・じ・ず・ぜ・ぞ」の練習が終わった後、 [続きを読む]
  • 個展
  • こんにちは、日本語教師の平田です。暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか。お盆休みはどこかに出かけられましたか。私は休みの間、NILS卒業生のスレスタ イスウォル クマルさんが初めて絵画展を開くというので見に行ってきました。 現在は某大学の芸術学科に在籍しているイスウォルさん、今回は大学の先生から直々に個展をやってみないかとお声がかかったそうです。NILS在籍時から絵の上手さには定評があった彼 [続きを読む]
  • 学校行事
  • こんにちは。日本語教師の平尾です。 先日、七夕会を実施しました。NILSの七夕会は、短冊に願いごとを書いて笹に飾りつけるだけでなく、書道や茶道などの文化体験をやったり、浴衣を着たり、と日本の文化に触れるイベントです。学生はみんな楽しそうにしていました。 日本語学校では日本語の勉強だけでなく、スポーツ大会、スピーチコンテストなど様々な学校行事があります。日本語教師は日本語を教えるだけでなく学校行事の企画、 [続きを読む]
  • 日本の夏
  • こんにちは。日本語教師の平田です。 夏もいよいよ本番!先日、留学生数人でまだ夜のうちから出かけて博多まで山笠を見に行ってきたそうで、朝登校してきたときには「ねむ〜い」の連呼でした。そして今週から7月生以外は待ちに待った夏休み!先生たちも「お休み〜」と言いたいところですが、7月入学の留学生が続々と来日。入学式、新入生歓迎のバーベキュー大会の準備、授業準備などすることが盛りだくさんです。忙しぃ〜。 そして来 [続きを読む]
  • 言い伝え
  • こんにちは。日本語教師の薄です。 先日、『〜と言われている』の文法を練習している時、学生の国の言い伝えについて質問しました。 近い国だと同じ言い伝えがあったり、同じようでいてちょっとした違いがあったりしてとても面白かったです。 いくつかご紹介します。 日本:『虹を見るといいことが起きる』 中国:『虹を指さしてはいけない。』 日本:『茶柱がたつと縁起がいい』 中国:『茶柱がたつと旧友が訪れる』 日本・中国・ [続きを読む]
  • 日本語能力試験
  • こんにちは、日本語教師の十島です。 先月の3日にJLPT(日本語能力試験)の1回目の試験が行われ、私も当日は学生の引率をしました。今回はN3レベルのテストを受ける学生の引率として試験が行われた専門学校へ行きました。JLPTは午後からのテストで、朝が苦手な学生も集合時間に遅れることなく、試験会場につくことができました。(電車からバスに乗り換える際、なぜかバスに乗れなかった学生が駅で取り残されていましたが…) 次の [続きを読む]
  • 正しい日本語を意識しよう
  • こんにちは。日本語教師の宮?です。 「そのはさみ、なおしといて」 こう言われると、福岡の人ははさみを片づけます。この「なおす」の意味は、「治す」、「直す」ではありません。「片づける」の意味なのです。福岡では普通に使われるこの表現、実は方言なんですね。 普段使う言葉を意識している人はなかなかいないと思います。 また、アクセントもそうです。正しいアクセントで話さなければ、意味がかわります。 では、どうすれ [続きを読む]
  • お湯を沸かす?水を沸かす?
  • こんにちは。日本語教師の薄です。 初級の授業に入ったとき、 「お湯を沸かすのに使うものがほしいんですが。」 という例文がありました。 私はこの例文を見て 「あれ?お湯を沸かす?水を沸かす?」 と思い、まず『沸かす』を辞書で引きました。すると2つの意味が載っていました(みなさんもご自分で引いてみてくださいね)。さらにインターネット等で調べると、恥ずかしながら私はこの時初めて知ったのですが、このことについて [続きを読む]
  • 何をお願いするの?
  • こんにちは、日本語教師の平田です。 もうすぐ七夕ですね。みなさん、今年のお願い事は決まりましたか。 NILSでは毎年、七夕の季節に「七夕会」なるものをやっています。これは学生たちに短冊にお願い事を書いてもらい飾るのはもちろんなのですが、この行事では書道や茶道等、日本の伝統文化を体験してもらいます。希望者は浴衣を着て、記念撮影も。 さて、学生たちのお願い事はやっぱり学生だけあって 「○○大学に行きたい」 「 [続きを読む]
  • 授業見学
  • こんにちは、日本語教師の十島です。先日初級クラスの授業を行ったのですが、新規採用の非常勤講師が、研修の一環として私の授業を見学することになりました。また、主任も一緒に見学をすることになり緊張(^^; 単純に上手くやれるのかと思ったのももちろんですが、授業が漢字・語いで、練習のさせ方などに気を付けないと間延びしてしまうこともあるためです。 授業の教案を作成しなければと思い、スケジュールを確認すると、14課と [続きを読む]
  • 漢字
  • こんにちは、日本語教師の平田です。 ここ数年、非漢字圏の留学生増加に伴い、日本語教育にとって課題になっているのが「漢字」。「漢字」がない国の学生にとって「漢字」は非常にとっつきにくいものです。 どうして読み方が幾通りもあるの? ここの線は何本? ここは跳ねる?止める? ここの線は切れているの?つながっているの? 私たちが文字だと認識しているものは学習者にとってはルールが定かではない暗号のように難解で、覚 [続きを読む]
  • 合同研究会
  • こんにちは。日本語教師の枝村です。 5月25日にライセンスアカデミー主催で日本語学校・専門学校・大学の先生方約40名が集まり、外国人入試について意見交換が行われ、進学担当の私もこの合同研究会に参加しました。 第一部では日本語学校から2名、専門学校・大学から2名、それぞれ10分間ずつ話してもらい、第二部ではグループディスカッションを行いました。第一部の講演では私も話をさせていただきました(^^; 学生の前で話すのと [続きを読む]
  • EJU/JLPT
  • こんにちは。日本語教師の枝村です。 日本語学校の学生にとって重要な試験にEJU(日本留学試験)とJLPT(日本語能力試験)があります。EJUは日本の大学に入るための知識を問う試験で、JLPTは日本語のレベルを図るための試験です。どちらも大学・専門学校に入るための判定材料になるため、NILSでは4月から5月(第2回は9月から10月)にかけてEJUとJLPTの模試を実施し、それぞれの試験の形式に慣れ、いい結果が出せるように準備してい [続きを読む]
  • 原稿用紙の使い方
  • こんにちは、日本語教師の十島です。 先日、中級クラスで原稿用紙の使い方の授業を行いました。作文の授業は初級クラスのころから行っているのですが、マス目で書かせず、罫線を引いただけの用紙に書かせていたのですが、日本留学試験(EJU)の作文では原稿用紙(マス目)に書かなければならないこと、大学・専門学校の志願理由書対策や試験で出される作文対策のためにも、原稿用紙に作文を書くときにはどのようなルールがあるのか [続きを読む]
  • どうやって勉強している?
  • こんにちは。日本語教師の宮?です。 同じように勉強していても、成績がいい学生と悪い学生がいます。成績が悪い学生は、呼び出して、話を聞きます。自宅で勉強している学生もいれば、していない学生もいます。自宅学習を行っていない学生には当然、勉強をするように指導しなければなりません。 しかし、勉強しているのになかなか成績が伸びない学生がいます。どうしてでしょうか? いろいろ原因はありますが、その1つに勉強の方法 [続きを読む]