株式会社 ムジカ さん プロフィール

  •  
株式会社 ムジカさん: MUSICA 公式ブログ
ハンドル名株式会社 ムジカ さん
ブログタイトルMUSICA 公式ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/musica-corporation/
サイト紹介文株式会社ムジカ 公式ブログ オーディオの使いこなしや新製品情報を毎日更新
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供339回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2012/08/28 17:19

株式会社 ムジカ さんのブログ記事

  • 5月のイベントのご案内 vol.5
  • 『5月のイベントのご案内 vol.4』の続きです。ムジカでは月に1回イベントを行っています。5月のイベントは低域増強アダプターを製作する『オーディオ工作教室』です!!昨日は製作予定の低域増強アダプタの特性を測定してみました。今日は製作した低域増強アダプターを試聴します。先月末に発売された松田聖子さんのJazzアルバムSeiko Jazzを聴いてみました。意外にもベースはあまり変化しません。ドラムと全体の雰囲気に変化が出 [続きを読む]
  • 5月のイベントのご案内 vol.4
  • 『5月のイベントのご案内 vol.3』の続きです。ムジカでは月に1回イベントを行っています。5月のイベントは低域増強アダプターを製作する『オーディオ工作教室』です!!昨日は製作予定の低域増強アダプターのパーツをご紹介しました。今日は実際に作ってみました。といっても合計6点のパーツを半田付けするだけですのですぐに完成です。次に低域増強アダプターに信号をいれてみました。まずは1KHzを入力します。こんな感じです。 [続きを読む]
  • 5月のイベントのご案内 vol.3
  • 『5月のイベントのご案内 vol.2』の続きです。ムジカでは月に1回イベントを行っています。5月のイベントは低域増強アダプターを製作する『オーディオ工作教室』です!!製作する低域増強アダプターは難しそうな気もしますが今回は簡単に製作できるよう板付のRCAジャックを使用します。裏はこのように半田端子になっています。ここに3種の抵抗とコンデンサーを半田付けします。この3種の値を変えることでどのくらいの周波数から増 [続きを読む]
  • 5月のイベントのご案内 vol.2
  • 『5月のイベントのご案内 vol.1』の続きです。ムジカでは月に1回イベントを行っています。5月のイベントは低域増強アダプターを製作する『オーディオ工作教室』です!!締まりのある低域を不足することなく再生するというのは音楽を聴く多くの人の夢ではないでしょうか?そのため大口径のスピーカーにあこがれ『低域がパワフル』というふれこみのパワーアンプに興味をそそられます。また、オーディオ誌には『トーンコントロールは [続きを読む]
  • 5月のイベントのご案内 vol.1
  • ムジカでは月に1回程度イベントを行っています。4月は古民家でレコード再生のためのオーディオ教室を開催し70名を超えるお客様にご来場いただきました。5月のイベントは『オーディオ工作教室』です!!製作するものは『低域増強アダプター』。クラフト・クラブ・ムジカで販売もしているものです。プリアンプとパワーアンプの間に使用し(又はCDプレーヤーとプリメインアンプでもOK)低音を増加させます。電源を使用しないパッシ [続きを読む]
  • 今年の上石津牧田川堤の桜
  • このブログでは毎年桜の時期に大垣市上石津町一之瀬の牧田川堤防の桜の開花状況を毎日お伝えしています。場所はこちらです。今年の桜を順番にご紹介します。4月1日4月2日4月3日4月4日4月5日4月6日4月7日4月8日4月9日4月10日4月11日4月12日4月13日4月14日4月15日4月16日4月17日お知らせ その1です。Raichoレジェード乗り換えキャンペーンのご案内ムジカ製品をご愛用の皆様に乗り換えキャンペーンのご案内です。ムジカ製品をご使用 [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.13
  • 『GT管は高音質?! vol.12』の続きです。GT管を使用した高音質バッファ回路を搭載した雷鳥レジェードシリーズを発売しました。今日はプリアンプcantablileに矩形波を入力し出力波形を観測してみます。基準は1KHzで出力電圧は1vとしました。周波数を上げてみます。10KHz100KHz100KHzでも波形の立ち上がりが崩れることなく出力されました!!矩形波は非常に高い周波数成分を含んでいます。アンプの特性がよくないと出力波形が三 [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.12
  • 『GT管は高音質?! vol.11』の続きです。GT管を使用した高音質バッファ回路を搭載した雷鳥レジェードシリーズを発売しました。今日はプリアンプcantablileの周波数特性を測ってみます。基準は1KHzで出力電圧は1vとしました。では周波数を下げてみましょう。100Hz10Hz5Hzまで使用できます。次に周波数を上げてみます。10KHz100KHz500KHzこれ以上は電波の領域です。真空管はナローレンジという人がいますが、設計次第では最新の [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.11
  • 『GT管は高音質?! vol.10』の続きです。GT管を使用した高音質バッファ回路を搭載した雷鳥レジェードシリーズを発売しましたがこのバッファ回路は他の機器にも応用することが可能です。先日、Ibuki powerのカスタマイズをお受けしました。オリジナルのIbuki powerはミニチュア管12AT7を使用していますがこれをGT管 6SN7にカスタマズしました。芯のある音になり、大きくグレードアップしました。このカスタマイズは他にも雷鳥3 [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.10
  • 『GT管は高音質?! vol.9』の続きです。雷鳥レジェードシリーズにプリアンプやステレオパワーアンプ等が追加されました。中でも、プリアンプcntablile(カンタビレ)、ヘッドホンアンプ animato(アニマート)、真空管バッファアンプ legatoⅡ(レガート2)には大型真空管(GT管)が使用されており、ダイナミックな音質をお楽しみいただけます。ところで、既に終了したキャンペーン『64シリーズ乗り換えキャンペーン』は大 [続きを読む]
  • この土日は桜が見頃です!! vol.2
  • 『この土日は桜が見頃です!!』の続きです。本日2回目の投稿となりますが桜は日曜までしかもちそうもありませんので再度ご案内します。旧一之瀬橋の北詰を下流に向かって進むと砂利道になりますがさらにそこから山際の堤防道路へ出るとこのような桜の道になります。(動画をyoutubeに上げましたのでご覧ください)この動画は4月15日(土)の午後から撮影したものです。ぜひ上石津に遊びに来てください。お知らせ その1です。雷 [続きを読む]
  • この土日は桜が見頃です!!
  • 上石津町ではこの土日は桜が見頃です。今日は毎日このブログで桜の写真を掲載している大垣市上石津町一之瀬地区の牧田川堤防の桜を詳しくご紹介します。名神・関ヶ原ICから国道365号線を南下すると10分程で大垣市上石津町一之瀬地区に着ます。一之瀬地区は人口600ほどの小さな谷あいの集落です。国道365号線をさらに進むと一之瀬橋の右手前にポケットパークという無料駐車場があります。場所はこちらです。ここにはトイ [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.9
  • 『GT管は高音質?! vol.8』の続きです。プリアンプcntablile(カンタビレ)について書いてきましたがGT管を使用したオーディオ機器を他に2つ発表します。ヘッドホンアンプ animato(アニマート)イタリア語で「生き生きと」を意味するanimatoは真空管を使用したヘッドホンアンプ。ヘッドホンアンプは2005年発売のムジカ初のコンポーネント。スタジオで標準使用されるヘッドホンSONY MDR-CD900STをパワフルにドライブすることが [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.8
  • 『GT管は高音質?! vol.7』の続きです。GT管を使用したプリアンプcntablile(カンタビレ)について書いてきましたがGT管を使用したヘッドホンアンプも発売します。雷鳥シリーズでは初のヘッドホンアンプになります。今日は発表に先立ちチラッとお見せします!プリアンプのバッファ回路を応用し終段は半導体をしています。キレのある音質の中に、真空管の持つ暖かみがでることを狙った構成です。詳細は・・・次回発表します。本日 [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.7
  • 『GT管は高音質?! vol.6』の続きです。GT管を使用したプリアンプcntablile(カンタビレ)の音質です。試聴はアナログディスクを使用し、パッシブアッテネーター『ブリランテ』と比較しました。まず、クラシックを聴いてみました。ニューイヤーコンサート1987カラヤンのニューイヤーコンサートです。アナログディスクの最晩年のディスクです。『ブリアランテ』は正確でハイスピードな現代的な音質です。少しヴァイオリンがキツイ [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.6
  • 『GT管は高音質?! vol.5』の続きです。GT管を使用したプリアンプcntablile(カンタビレ)はこうしてできあがりました。もちろん細かな調整等、ブログで紹介していない部分もありますが、ムジカの製品の大半はお客様やミュージシャンからの情報を元に実験を重ね商品化していきます。ムジカ製品の強みはカスタマイズができることです。今回のように新製品として発表することもありますがカスタマイズのひとつとして発表することも [続きを読む]
  • 昨日は『お花見オーディオ教室』でした!
  • 昨日は『お花見オーディオ教室』でした。大垣市上石津町の緑の村公園内の古民家でお花見をしながらアナログレコードを聴こうというイベントです。会場は標高が高いため、桜は5分咲きでしたが梅は満開でした。明治の初めに建てられ、昭和57年に緑の村公園に移築された古民家です。居間にあたる板の間にドイツ・クアドラル社の大型スピーカーモンタンをセットし、客間にあたる座敷には同社のロジウム400をセッティング。70名を [続きを読む]
  • 昨日は第8回レコードコンサートでした
  • 昨日は第8回レコードコンサートでした。上石津町上鍛冶屋の山寺傳香寺です。今回は黒人ミュージシャンを特集しました。再生した曲は以下の通りです。アンコール2曲を含めて16曲を再生しました。1976 Ella & Oscar / April in Paris1987 Ray Brown Trio / Love Me Tender1975 Thelma Houston / I've Got the Music in Me1977 Earth, Wind & Fire / 宇宙のファンタジー1958 Art Blakey and the Jazz Messengers / Moanin'1956 Nat Ki [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.5
  • 『GT管は高音質?! vol.4』の続きです。そもそも、プリアンプとパッシブアッテネーターはどう違うのでしょう?主な機能は音源の切り替えと音量のコントロールですので機能は同じです。プリアンプには接続したCDやパワーアンプ、さらにはRCAケーブルの影響を受けなくする為にバッファーアンプが内蔵されています。つまり、パッシブアッテネーター + バッファーアンプ =プリアンプなのです。ムジカで最も人気のあるパッシブアッ [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.4
  • 『GT管は高音質?! vol.2』の続きです。GT管を使用してバッファ回路を組んでみました。バッファ回路とはインピーダンス変換を行う増幅回路です。前段から送られてきた音楽信号をそのまま次段に送るのではなく音楽信号自体には手を入れずにノイズに強くしたり、ケーブル等の伝送線路でのロスを軽減させる回路です。野球で言うと、ライトから直接ホームベースに返球するか、中継して返球するかの違いのようなものです。まず、バッ [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.3
  • 『GT管は高音質?! vol.2』の続きです。歴史的経緯からすると『お金をかけている真空管』であるGT管ですが、なかなか面白い球があります。6SN7というGT管です。なんとμが20しかありません。ミニチュア管の12AU7に近い特性です。これだけμが低いと内部抵抗を低くとれますので馬力のある音が期待できます。外観もナカナカです。ミニチュア管と違って内部構造も良く見えます。最近ではロシア管も出ていて法外な値段ではなく購入す [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.2
  • 『GT管は高音質?! vol.1』の続きです。真空管はその時代によって形や大きさが変わってきました。1920年ごろ、UV201という真空管が開発されました。電話の交換機に使われた真空管で、量産型の真空管としては最も古いもののひとつです。この当時の真空管は電球のような形をしていました。その後ナス管となり、ST管と進化していきます。有名なWE300Bや2A3もST管です。第2次大戦の頃になると軍用の真空管が登場します。真空管は内部 [続きを読む]
  • GT管は高音質?! vol.1
  • オーディオアンプやギターアンプに現在でも使われる真空管。真空管を使うメリットは何でしょう?真空管はトランジスターと異なりヒーターがあります。真空管が赤く光るのはヒーターのためです。真空管が増幅するとき音楽信号はカソードからプレートへ飛んでいく電子となります。カソードの手前にあるヒーターからエネルギーを受けてどんな微小信号でもプレートへ向けて飛んでいきます。対して、トランジスターでは電子なだれ現象を [続きを読む]
  • 4月9日にお花見オーディオ教室を開催します
  • 今度の日曜日4月9日にお花見オーディオ教室を開催します。場所は大垣市上石津町緑の村公園内の古民家です。今回のイベントは最高の音質のアナログレコードを明治の初めに建てられた古民家で再生するというイベントです。タイトルの『お花見オーディオ教室』にもありますようにノイズ対策やハム音等ナカナカ難しいレコード再生に関するご質問にお答えします。レコードは聴いたことがないという方もぜひご来場ください。イベントで [続きを読む]