玄人思考 さん プロフィール

  •  
玄人思考さん: 中学受験 玄人思考のブログV
ハンドル名玄人思考 さん
ブログタイトル中学受験 玄人思考のブログV
ブログURLhttp://ameblo.jp/professionalthought/
サイト紹介文5年目を迎えたブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/08/30 23:52

玄人思考 さんのブログ記事

  • 最難関への最短距離2
  • 前回の記事で最難関への最短距離は大手塾のカリキュラムに乗っかり、それをやり切るのが一番だというようなことを書きました。しかし、「それが出来れば苦労はしない」と言う人も多いでしょう。 最難関校の合格者を多く輩出している塾は何が違うのでしょうか?もちろん塾生が多いということは合格者を出すための条件の1つかもしれません。ではなぜ塾生が集まるのかというと、合格者が多いからかもしれません。これでは堂々巡 [続きを読む]
  • 最難関中への最短距離
  • 最短距離の問題というのは単純に2点を直線で結びます。反射の問題であれば線対称となる位置に像を置いて直線で結べばいいのです。しかし、中学入試はそう単純には行きません。200人の合格者がいれば200通りの合格のしかたがあるなどと言われます。ということは場合の数になるわけです。その中で最短経路となるものを見つけて、それをトレースすればそれが最短距離ということになります。果たしてその戦略が正しいのかどうか [続きを読む]
  • 成績さえよければどこでも好きな学校に行けるというのは嘘だったのか?
  • 中学受験をする家庭で親が子供に言うセリフベスト10には入りそうなセリフです。「成績さえよければどこでも好きな学校に行ける」だから頑張って勉強しようね、ということなのですが、どうもうまく子供には伝わりません。いったいどこに問題があるのでしょうか?やる気とか家庭環境以前に、ひょっとしたらこのセリフ自体に何か問題点が隠れているのではないかとふと思ったので考えてみることにしました。 成績さえよければ好 [続きを読む]
  • 公開テスト その2
  • 公開テストの結果をどう見るかというのが今後の勉強方法を考える上で重要となります。新年度最初のテストというのはとにかく結果が出ないことには判断できません。前年度に比べて生徒数が大きく増えていれば母集団が膨らむわけですから、その平均値も偏差値の出方も変化する可能性がありますし、あまり変化しない可能性もあります。テストの科目数、問題数、テスト時間、配点、さらに問題作成者が変わればその傾向も大きく変わるか [続きを読む]
  • 公開テスト その1
  • 新年度が立ち上がって初めての公開テストが終わり、返却が待ち遠しい今日この頃です。塾に通う以上、どうしても避けて通ることができない公開テスト。どうにか成績を上げたいという人のために、もう一度原点に戻って考えてみましょう。 公開テストとは塾によって名称がことなりますが、次のように定義しておきましょう。・毎月1回定期的に行われる・塾生全員が受験する(外部からも受験可能)・実力テスト(出題範囲は既習範 [続きを読む]
  • オーバーワーク(過負荷)
  • 毎年この時期になるとよく耳にする言葉の1つです。学年が上がると科目数が増えたり、授業時間数が増えたり、通塾日数が増えたりします。最難関校を目指そうと思うとさらに特訓講座やイベントを受講することになり、休みがほとんどなくなるのです。 授業数が増え休みがなくなると、今度は宿題をどうやって回していけばいいのかという問題が出てきます。毎日寝る時間が遅くなり、せっかくの休日も朝から宿題に追われる日々とな [続きを読む]
  • しぼうこうはんてい簡単ガイド
  • 志望校がA判定だったけど大丈夫なの?C判定だったけど何とかなるかな? 塾の説明会に行くとこんなことを言われます。「A判定でも落ちた人がいる」「C判定でも合格した人がいる」だから頑張れ、と。 それって模試の結果は信用できないということなんでしょうか?と疑問が湧いてくるのも無理はありません。挙句の果てに「塾を信じてください」と言われると、もう何も信用できない気分になってくる今日この頃かもしれま [続きを読む]
  • へんさち簡単ガイド
  • いよいよ近畿圏は新年度がスタートしました。新入塾の人も多いと思いますのであらためて偏差値とは何かという記事を書きます。「偏差値とは」と検索すると、標準偏差だとか正規分布といった難しい用語やややこしい計算式がたくさん出てきます。興味のある人は統計学の基礎でも勉強していただければいいかと思います。ここでは簡単に説明します。 偏差値とは同じテストを受けた人たちの平均点を基準として、平均からどれ [続きを読む]
  • 塾へのお礼が講師に届くまで
  • 関東・東海は入試の真っ最中ですが、近畿圏は年度が終わって安らぎのひとときを迎えています。この時期に代休をとる講師も多いのですが、それくらいでは溜まっている代休をすべて消化するなんて無理でしょう。代休以外に有給もまるまる残っていると、消化できずに消滅していきます。 さて、塾へのお礼はどうしたらいいのでしょうか?お世話になった先生にお礼をしたいけどどうすればいいのでしょうか?なんていう質問が飛び交 [続きを読む]
  • 入塾のタイミング 〜何年生から通うべきか〜 その2
  • 最難関を狙うのなら遅くとも小3から始めておいた方がいいというのが前回の話です。通塾でなくてもWebという方法もありますし、自宅学習というのもありかもしれません。いずれにしろ、合格するのに必要な学習量を入試から逆算すると4年前には始めておかないときついということですね。 ただし、それは最難関志望の場合です。 難関志望の場合はそこまで頑張らなくてもいいかもしれません。大手塾では一般的に小5から入 [続きを読む]
  • 入塾のタイミング 〜何年生から通うべきか〜
  • 塾に何年生から通うべきかと聞いてみても人によって言うことがバラバラです。早い方がいいという人もいれば、そんなに早くからやっても潰れるとか、塾なんかいらないとか。そもそも意見が割れる原因の一つが、個々の志望校が違うということです。例えば最難関校を目指すのなら、やはりかなり早めのスタートをした方が断然有利になりますし、難関レベルの下の方でいいというのであれば高学年からでも間に合う可能性が高いのです。ま [続きを読む]
  • 塾選び(2017) その3
  • 年度替わりを期に転塾を検討している人もいるかもしれません。転塾のメリット・デメリットを考えてみましょう。 最大のメリットであり、デメリットでもあるのが塾の雰囲気かもしれません。教室が活気で満ち溢れている、先生が情熱的で丁寧な指導をしてくれる、面倒見がよく子供のやる気を伸ばしてくれる、なんていうのはただの幻想かもしれません。同じクラスにいても、塾を楽しんでやる気に満ち溢れた子と、完全にダレ [続きを読む]
  • 塾選び(2017) その2
  • 塾選びをする上でやはり費用面というのも気になるところです。同じようなシステムで、同じような実績、同じくらいの通塾時間となれば比較するのは授業料かもしれません。 ここで気をつけないといけないのは、月謝だけで比較してはいけないということです。塾は1ヶ月単位で通うものではなく、一度決めたらそのまま入試までお世話になるというケースが多いのです。となれば、トータルの金額を考えておかなければなりません。例 [続きを読む]
  • 塾選び(2017)
  • 近畿圏の受験も附属の2次を除いてはほぼ終了しました。東海エリアはいよいよこれから山場を迎えます。関東はあと10日ですね。 よく関東の人が「近畿圏の塾は元旦にも勉強するなんて。正月くらい家でゆっくりすればいいのに」などと言いますが、近畿圏では元旦は入試2週間前だったわけです。東海、関東で、「この土日は家でゆっくりしました」なんて言っている人はほとんどいないと思います。ここからが最後の追い込みです [続きを読む]
  • 発表ラッシュ
  • 近畿圏の入試も3日目に突入しました。まだまだたくさんの人が受験を続けています。 1週間前は「まだ寝るな、もっと勉強しろ」と言っていた親たちもなぜか入試が始まると急に「早く寝ろ、さっさと寝ろ、いいから寝ろ」と言うようになります。「ネロ、ネロって、お前はパトラッシュか!」「親に向かってパトラッシュとは何ですか!」「え?怒るとこそこ?」なんてやり取りがあったかどうかはしりませんが、発表ラッシュですね [続きを読む]
  • 合格実績
  • 入試結果が出始めるとみんな気になるのが各塾の合格実績だと思います。毎日まだかまだかと各塾の合格速報を し続けているのではないでしょうか。一昔前は少しでも早く発表した塾がえらいみたいな流れがありました。発表が遅い塾は合格実績をかき集めるために工作しているだとか、実績が悪から出せないのだなどと揶揄されるのです。 ですが、あまり早く出すとカウントミスがあったり、あとから繰り上げ合格が出たり、そ [続きを読む]
  • 模試は本番だと思って受けろ、本番は模試だと思って受けろ
  • 日付が変わって統一日から2日目になりました。 どちらかというと本番だというのに全く緊張感がない子が多いのが大手塾ですね。「みんな周りの受験生を見てみ!みんな緊張してるやろ!君たちももう少し緊張感を持ちなさい!」なんて言ってたのを思い出します。 とはいえ、大手塾でも緊張する子はいます。テストが始まってしまえばいつもどおりになるのですが、始まるまでの待ち時間が一番緊張するものですね。緊張をほぐ [続きを読む]
  • 1日目終了
  • 受験された皆さん、保護者の皆さんお疲れさまでした。午後入試も受けた人(保護者)は疲れたかと思います。 受験生本人たちは冬休みもずっと毎日朝から晩まで勉強していたわけですから、これくらいなんともないでしょう。明日も朝から試験がある人は頑張って下さい。 雪も思ったほど降らず、寒い寒いとは言いつつも、庭のメダカの水槽は凍っていないので例年に比べたらそんなに寒くはないんですね。毎年この時期は朝見た [続きを読む]
  • 決戦前夜
  • いよいよですね。 明日、明後日で雪の予報も出ていますので山間部や日本海側に住んでいる方は気をつけてください。万一公共交通機関に遅れが出た場合、学校側が対応してくれますのでとにかく試験会場に向かいましょう。学校にも連絡を入れておきましょう。 熱が出た場合などは学校に連絡しておけば保健室などで別室受験が可能です。よほど重症か意識不明でもない限りは、多少無理してでも受験はするべきだと思います。毎 [続きを読む]
  • あと3日で5点アップを目指す!
  • 統一日まで残すところあと3日となりました。 もう何をやっていいかわからない、とパニックになっている人もいれば、なるようになる、と開き直っている人もいると思います。あと3日でどうにかなるくらいなら今までの長い月日は何だったのだということになってしまいます。あまり無茶をせずに落ち着いて行動してください。 家での勉強塾の宿題以外はあまり難しいことをやらず、基本問題をやり直すとか、過去問で間 [続きを読む]
  • 出願倍率変動に基づく難易度変化予想
  • 統一入試日まで残すところあと4日と数時間になりました。出願者数も最難関校はほぼ出そろったので、昨年度との比較をしてみます。 出願倍率の増減を元に、塾の偏差値がどの程度変動するだろうかというのをざっくりと計算してみただけですので、かなりアバウトな数値だと思ってください。 注:昨年度の大手塾の偏差値を元に、昨年度のレベルと比較したものです。各塾が出している今年度予想偏差値はすでに変動を予測して [続きを読む]
  • わたしの2017年のおみくじ!
  • けっこうやっている人がいるようなので、私もやってみました。 運というのは待つものではなく、自分で引き寄せるものです。おみくじをするのなら必ず大吉を引かなければならないのです。そういう人が勝負に勝つのです。 わたしの2017年のおみくじ結果は・・・ おみくじをひきにいく [続きを読む]
  • 入試前日の過ごし方
  • いよいよ本番の日が近づいてきました。 保護者にとっては緊張感のピークかもしれませんが、本当のピークはおそらく合格発表の瞬間ではないかと思います。掲示発表なら発表の時刻が近づくとみんなそわそわし始めます。中学受験をすると決めてから長い年月で最大の山場を迎えるのです。私も合格発表を何度も見に行っていますが、やはりこの瞬間が一番ドキドキします。 それに比べて入試本番は親の緊張に比べて、子供たちに [続きを読む]
  • あと10日
  • いよいよ近畿圏の統一入試日まであと10日なりました。あと10日で何ができるでしょうか? 実質あと9日と考えれば、1日12時間勉強すれば108時間になります。塾で1年間のカリキュラムが1科目40時間ほどですから、全てを復習にあてれば2.5科目分の復習が出来ます。1科目に絞れば2.5年分の復習が出来ます。3科目なら1科目あたり36時間、4科なら1科目あたり27時間かけれらます。合格点ギリギリくらい [続きを読む]