すらん さん プロフィール

  •  
すらんさん: 輪ゴムの跡にご注意を
ハンドル名すらん さん
ブログタイトル輪ゴムの跡にご注意を
ブログURLhttps://ameblo.jp/red-call/
サイト紹介文毎日詩や小説のための素材のような作品を更新しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/08/31 12:12

すらん さんのブログ記事

  • book
  • 思い出すために思い出すために早く忘れてしまえ上手く忘れてしまえよごれながらよごしあいながら寄せ合ってた肌は今は独りきり触れた孤独は私が囲えばいい欠けた心にはちょうどいい荷物思い出すために思い出すために忘れてしまえ夜は長い [続きを読む]
  • 無題
  • 皮膚から流れる血の匂い雨が連れてくる切なさの音あなたはわたしのものにはならない私だけが傷ついた訳じゃないけど、 [続きを読む]
  • 無題
  • ふるさとは心に張り付いているからね過去だっておんなじだよ靴下を丸めるように押し込んで上手くごまかしてみても、さ [続きを読む]
  • 日常
  • あふれてくるものが大切な箱からならもう一度丁寧にしまえばいいはみ出してしまうものが届けられずにいるならば片付けてしまうなんてのもありだ、 [続きを読む]
  • bike
  • 乗りこなすことが出来ない身体が欲しがっているのに心はとっくにあなたの中に溺れてる何にも期待させないでいつか涙で錆びるから [続きを読む]
  • 心音
  • 激しく衝動そのままでわたしに近づいてきてわたしも奥底から震え上がるような鼓動を預けるから、 [続きを読む]
  • セロファン
  • 欠けた場所にもし僕が届くなら欠けた場所でもし僕で足りるならばあなたを包む優しさを持ち合わせていればあなたの隣にいたいと思う [続きを読む]
  • rain
  • 雨の匂いを連れたあなたの冷たい身体が好きだった出来るだけそばにいたいと鼓動丸ごとで思った穏やかなあなたが少し遠くに感じられたとしても私は後悔はしないと決めた何にも残らなくても [続きを読む]
  • rain
  • 雨にすっかりやられたかえりみちそんなときは渇きに濡らされたように思うんだ君の名を心の奥から引き出してこっそり呟いてみる命は欲しがってばかりで勝手な鼓動を打ち出します [続きを読む]
  • juice
  • 渇きを満たすなら痛みをゆるしてしまうことだ孤独に支配されたままどこへもいけないならそれを飲み干すしかないそれが愛か疑いながら [続きを読む]
  • hotel
  • 2人の炎を消さないように静かにシーツに沈む激しさだけで重なり合ったら傷つけあうのがわかるからね [続きを読む]
  • pm23:00
  • 力強い言葉でどうかワタシをつなぎとめて柔らかな嘘でどうぞ夜を信じさせてあなたを求めながらあなたを拒めたなら痛みにかわるような愛を知らずにすんだのに [続きを読む]
  • pool
  • 別れからは逃れられないのに深く深く求めあう互いに潜りながら水面を夢見ている教えてくださいどこまでゆけば許しあえる夜が来るのですか教えてくださいいつまで待てば夜明けを共に出来るのでしょう [続きを読む]
  • 記憶
  • 棄てるようには忘れないで下さい出来ればせめて埋めてください静かに漂ったあとは沈んでゆきますから [続きを読む]
  • word
  • 不確かなほどとらわれて正確ならば隠しておきたくて言葉から心を読み解かれるのはちょっとこわいけどわたしには此処しかないから、 [続きを読む]
  • answer
  • 振り切れないなら飲み込むしかない安らげる場所はそこにある揺れて薫る愛の行方は風だけが知る委ねればいいと [続きを読む]
  • question
  • どうして人は背負うのだろう例えば過ちと知っていてもどうして君を君に支配されて身動き出来ぬほど愛は苦しい [続きを読む]
  • 結びあえないことが約束の物語の行方が切なくてそれでも構わないと溺れあうしかないあなたとわたし [続きを読む]
  • セロファン
  • 誰かと触れあいたいと思いながら誰とも馴染みたくはないと思いそうして積み重ねた孤独は鈍く光り心のセロファンを突く [続きを読む]