Martin さん プロフィール

  •  
Martinさん: Martin Island 〜空と森と水と〜
ハンドル名Martin さん
ブログタイトルMartin Island 〜空と森と水と〜
ブログURLhttp://martin310.exblog.jp/
サイト紹介文伊豆に住み、八ヶ岳を巡り”空と森と水”の美しい風景を求めて。---Martinのフォトエッセイ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2012/09/01 16:49

Martin さんのブログ記事

  • 5月の庭より 〜せっかく咲いてくれている花たちの記念写真〜
  • 5月も後半に入り、気温もぐんと上がって、我が家の庭の植物たちの成長の度合いにも拍車が掛かって来たようです。全体の背丈や、緑の量感が日毎に増えていって、みるみる鬱蒼と繁って来ている感を抱かせます。花の数はまだまだちらほらですが、この先の自分たちの花期に合わせて順調に準備を進めているようで、これから初夏から秋口にかけて、続々と開花する花たちが目白押しのはずです。なにせ、咋秋にかなり... [続きを読む]
  • 八ヶ岳キャンプ2017 @八千穂高原・駒出池キャンプ場 -2-
  • 我々のほか誰もいない高原のキャンプ場に夜のとばりが降りて、一時は満月も見えていたのに、夜半には雨がテントの幕にしとしとと音させて降って来ました。寝袋の中にすっぽり入りながら、小さな雨音と沢の流れの轟という音を聞きながら眠りに着きました。ワンコは至って静かです。いつもと様子が違って、なぜかどこか瞑想的なほど沈黙しています。沢の瀬の音でf/1のゆらぎに癒されているのでしょうか。小... [続きを読む]
  • 八ヶ岳キャンプ2017 @八千穂高原・駒出池キャンプ場 -1-
  • 新緑が輝く、春たけなわの季節・・・、GWの終わった翌週という穴場を狙って、さっそくこの時のために何アイテムか自作してきた、キャンプギアを使った1泊2日キャンプに挑むことにしました。行き先は、直前まで、天候や気温、新緑の状態、フィールドの様子など、いろいろベストな場所をと検討を続けて来た結果、八ヶ岳の八千穂高原・駒出池キャンプ場にすることにしました。ここは、過去一番古くは、今から... [続きを読む]
  • 新緑の候、My Gardenもそろそろと始動。開花準備の花たちがひしめく。
  • キャンプスケジュールに合わせて、目下、関連DIYにいそしんでいるうちに、我が庭にはもうすでに、春の花たちの競演の準備が着々と進んでいるようです。5月特有の暖かさがやって来ると、庭一面に緑の覆いが広がり、日に日にそれが膨らんでいきます。昨日見たより、また一段とツルが伸びていたり、葉の茂りがわさわさしていたり、蕾だなと思っていたのが一気に花開いていたりと、日を追うごとに庭の様相は激し... [続きを読む]
  • [DIY] キャンプ用収納ボックスの製作。〜工作編〜
  • 我が家の木工房は、万年、屋外のウッドデッキ上です。オールシーズン屋根なしスペースのため、雨が降っていたら工作が出来ません。なので、DIYは天気次第なのです。次のキャンプの予定が控えているのに、そこで使おうと計画している、新作グッズの製作が滞ったら大きな損失になると思っていたところ、文句のない絶好の晴天に恵まれて、一気にDIYに全力投球です。といっても、そう難しい工作ではなくて、... [続きを読む]
  • [DIY] キャンプ用収納ボックスの製作。〜設計編〜
  • キャンプ熱がめらめらと燃え上がり、同時にDIY熱も燻っているとき、それを丁度いい具合に調和させて満たせるのがキャンプグッズの自作ということになります。やったことのない、難易度の高いものには手は出せませんが、以前にも一度作ったことのある、木工系の工作物では取り組む気力も充実します。そこで、今週はこの↑ キャンプ用収納ボックを作ることにしました。すでに自作した大型の収納ボックスは、... [続きを読む]
  • 強風の夜のリベンジに、翌日はゆったりまったりランチまで。
  • ―奥大井・八木キャンプ場③―一夜明けた翌日は、朝から風もないとてもいい天気でした。朝方はさすがにまだ肌寒いので、朝食こそ幕内で済ませましたが、その後はあまりに晴々と気温も上がって来たので、昨晩の強風との無惨な敗退のリベンジに、もう一度タープを張って仮のリビングを再設営しようということになりました。それは、近くの集落に住む、このキャンプ場の管理人のおじさんが、親切にも、「どうせ... [続きを読む]
  • またもや遭遇、強風キャンプ。―奥大井・八木キャンプ場―
  • 桜が散って、山々の木々の芽吹きがいっせいに始まり、あっという間に初々しい深緑に覆われはじめた日、かねてから目星をつけていた穴場キャンプ場――奥大井の「八木キャンプ場」へ春キャンプを決行しました。越すに越されぬ“大井川”の上流、SLの大井川鉄道で有名な千頭に、「八木キャンプ場」という公営のややマイナーなキャンプ場があります。キャンパーのあいだでは、なかなかその名が出ないほど、あまり... [続きを読む]
  • 母屋の外壁の再塗装準備、それには足場組みプランからはじめる。
  • さて、庭関係の補修作業が一段落したところで、今度は母屋の外壁塗装に取り掛かる番になります。ログハウスは住み心地や雰囲気はまことにいいのですが、それを守っていくには、すべて木が覆う外壁の再塗装が欠かせません。一般住宅のように、一度塗れば10年以上の耐久性が保てる皮膜タイプの堅牢な塗料とは異なり、木材保護塗料というのは浸透性で、木材の呼吸を確保しながら表面の保護を目的とするタイプと... [続きを読む]
  • 18メートルの土留め柵完成後は、ただひたすら整地作業に勤しむ。
  • 先週、無事、18メートルの土留め柵が完成し、今週はそこで出た小石混じりの土砂をフルイで、文字通りふるいにかけて、きれいな土だけで整地する作業を進めました。敷地の境界線まで崩した土砂が、土留め柵の下にかなり積んであったのですが、それには小石や木片や木の根など、いろいろ混じり込んでいて、とてもそのままではきれいではありません。これを園芸用の円形のフルイで、余計な粒の大きなものを取り除... [続きを読む]
  • ワンコを背負って下田町歩きと、笑えるワンコ動画。
  • 爪木崎ウォーキングの後は、下田の町に入り、この古い町の中をワンコを背負いながらの、のんびり歩きをしました。下田公園の無料駐車場に車を置いて、ワンコを古い登山用ザックに入れてさあ、町歩きに出発です。ペリー艦隊来航記念碑を過ぎて、角を入ればすぐペリーロードです。何度も立ち寄って、その都度、写真を撮っているので、今更ながらなのですが、まあ、一応、来た証に今日の様子を撮っていきましょう。... [続きを読む]
  • 伊豆下田の爪木崎にて、ワンコと灯台ウォーク。
  • 2月の初めからのロングランの土留め柵工事が一応終了したので、その骨休めも兼ねてワンコを連れて伊豆下田の「爪木崎」に行って来ました。爪木崎と言えば、1月に咲き誇る300万本の水仙の群生が有名ですが、今まで一度もその水仙祭りのエリアには足を踏み入れたことがないので、今はもう水仙の花はもちろんすっかり終わっていますが、どんなとこだろうと、爪木崎自然公園の無料駐車場から遊歩道を歩いて岬に向か... [続きを読む]
  • 18メートルの土留め柵が遂に完成! 二ヶ月に亘る作業が漸く終了だ。
  • 冬の一番寒い時期に、毎週の休みをほとんど費やしてやって来た、18メートルの土留め柵の改修工事が漸く終わりを告げました。ご覧のとおり、こんな不規則に傾斜した場所に、一直線に伸びる土留め柵を設置し直すという、予め図面で計算出来るようなものではなく、すべて現場主義で1ブロックずつやっては次を考えるという、なかなか自分にしては手強いDIYだったことは確かでした。途中、中央付近の支柱の位置... [続きを読む]