Martin さん プロフィール

  •  
Martinさん: Martin Island 〜空と森と水と〜
ハンドル名Martin さん
ブログタイトルMartin Island 〜空と森と水と〜
ブログURLhttp://martin310.exblog.jp/
サイト紹介文伊豆に住み、八ヶ岳を巡り”空と森と水”の美しい風景を求めて。---Martinのフォトエッセイ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2012/09/01 16:49

Martin さんのブログ記事

  • キャンプ設営時のメイキングphoto。2ndカメラから拾ってみた。
  • 撮り貯めた写真画像を見返してみても、設営時のキャンプシーン画像はほとんどなく、ある程度レイアウトも完了してからのものしか残してありません。それは、撮る方の自分が余りに設営作業に忙しく、撮影どころでないので当然なのですが、それをツレのカメラのプレビューを見ると、意外な場面が残されていたりします。気まぐれに途中経過をスナップしているようで、見るとそこには、自分ではまず撮らないようなシ... [続きを読む]
  • 天までとどけ、我が足場?!・・・漸く屋根のてっぺんまで到達。
  • キャンプへ出掛けたり、雨で作業出来なかったりで、足場を掛けかけたままになっていた母屋の外壁塗装、夏本番のような灼熱の晴天のもと、作業を進め、漸く終了することが出来ました。その過程をちょっと振り返ってみると、なにしろ、二階の尖がり屋根の先端まで、この自分の右手が届かずには塗れないわけで、そこまで足場を組み上げるのに、たいへんな労力を要しました。最後のあと2メートルというあたりが、最... [続きを読む]
  • YouTube動画「森の中で梅雨キャンプ」の完成。
  • 先日行った、清里・丘の公園オートキャンプ場でのキャンプの模様を動画にまとめてYouTubeにアップしました。設営の労力に気力も体力も萎えて、ロクに動画撮影が出来ていなかったものの、静止画と合わせて、それでもなんとか14分弱の映像に作ることが出来ました。撮って来たものを見直してみて、これじゃものにならないと、一度は匙を投げた格好でしたが、せっかくの数少ないキャンプの記録だからと、も... [続きを読む]
  • 夏キャンプの宵。 @清里・丘の公園オートキャンプ場
  • 今までのキャンプで、今回は一番早く現地着が出来たのにもかかわらず、設営を開始するとこれがなかなか終わらず、気がつくとあたりは大分暗くなって来て、夕が近づいていました。おかしいな、何にそんなに時間がかかっているのか、ほとんど時計を見ることなく、やるべき作業を黙々と進めていただけなのに、いやに時間だけが早く経っているなぁというのが、このときの感覚。実際は、設営作業で手を動かしながらも... [続きを読む]
  • 夏キャンプ。サーカスTC初張り + ムササビタープ連結。
  • 梅雨空の合間を縫って、漸く1ヶ月ぶりにキャンプに繰り出しました。我が家では、トップシーズンになる盛夏はキャンプ自体が逆にシーズンオフになるので、今回のキャンプがぎりぎり盛夏前のラストになります。どこもかしこも込み合うようなシーズンには、経験上、まったく勘弁なので、ガラ空きのとき以外はキャンプはしばし封印です。(笑)で、今回の宿営地は、今までまったくキャンプ地として考えになかった... [続きを読む]
  • 夏キャンプに向かう道すがらの富士の雄姿。
  • トップシーズンの混雑の前に、スキスキの快適キャンプを狙って、一路、伊豆の我が家から山梨方面へと向かいました。梅雨のさ中、雨さえ降らなければと天気予報を日に何度も確認しつつ、頻繁に予報が変わる毎にやきもきしていたところに、最悪の台風到来とはこれ如何に・・・。それでも奇跡的に台風の影響がなく、次第に天気回復という僥倖に恵まれ、予定どおりいざ出発とあいなりました。海に突き出た半島から... [続きを読む]
  • 気になっていた“アンモボックス”、キャンプシーンに仲間入り。
  • キャンプグッズを買い集めたり、過去のものから買い替えたりするうち、徐々にワイルド感を求めて、ややブッシュクラフト的なものや、アーミー調のものなどを取り入れはじめるというのはよくあることです。気がつくと、我がキャンプスタイルにも若干、そんなテイストも傾向として流れはじめているようで、いわゆる軍ものといわれるものなどについ目が行ってしまうようなことが多くあります。そんな中で、“アンモボ... [続きを読む]
  • セルフ足場組み(続編)。未だ屋根のてっぺんまで届かず。
  • 先週に続き、今週も外壁塗装用の足場組みを続行中ですが、未だにとんがり屋根のてっぺんまではまだ届いていません。2階部分の組み上げは、1階よりさらに時間がかかります。なにせ、まわりに何も囲いのないところに、その囲いを組んでいくのですから、怖いのなんのと、恐る恐る慎重に体重移動しながら作業を進めなければなりません。パイプの手渡しにしても、高さが高さですから短いものは段々届かなくなり、... [続きを読む]
  • 飴細工のようなカラマツソウ(タリクトラム)の咲く庭。
  • 庭をぐるっと眺めて、何か小さな淡いピンクの点景を見つけて、ぐっと近づいて行くと、そこには去年苗を植えたこの“カラマツソウ(タリクトラム)デラバイ”が花をつけていました。白はこの名の後に、“アルバ”が付きますが、ピンクと白、それそれぞれ1株づつ並べて植えていましたが、白はまだ花が遅いようです。この小さな花は、株をまとめて植えるようなタイプではなく、1株を身近に愛でるというものだと思... [続きを読む]
  • 足場だってセルフビルド。単管で屋根に届くまで。
  • 母屋の西側、1階部分の外壁の再塗装に続き、その上部、2階から屋根の破風までを行う為、足場組みをやり始めました。といっても、今までの単管パイプの本数では足りないため、追加で各サイズの本数を揃えましたが、これがまた在庫切れで、入手まで2週間もかかって漸くのことでした。図面であれこれシュミレーションして、組み方を模索して来ましたが、やはり思ったとおり、現実に組み始めてみると、まったく想像... [続きを読む]
  • 梅雨らしくなる前の庭便り。(現況)
  • 週間予報を見ると、いよいよ、じとじとと雨が降ったり止んだりという梅雨特有の時期がやって来そうな気配ですが、我が庭は、今でさえ、隙間なく緑が盛り上がって来ているところ、雨が増えれば、またさらにその度合いが増すようで、雨でしなだれて見栄えもよくなく、いっそうそのジャングル度は高くなることでしょう。初夏から真夏にかけて、昨年植えた宿根草類の花々が、順次花色を見せてくれはするものの、乱雑に... [続きを読む]
  • 西伊豆の山の上で外ランチ。(後編)
  • 外ランチの場所は、西伊豆スカイラインのどこか景色のいいところ、ということで、だいたい目星をつけてはいたものの、途中の船原峠から入ったので、どうも方向を間違えて、もう道路が終わる仁科峠にほど近いところまで来てしまいました。ここまで来てしまったら、もう適当な場所はないのでは?と思った瞬間に、道を外れた向こうに、なにやら崖の上の展望のよさそうな草地が見えました。未舗装の道をそこまで行っ... [続きを読む]
  • 西伊豆の山の上で外ランチ。(前編)
  • ※画面 でポップアップで1000px.に拡大します。 大きな画像でご覧ください予報では一日中カンカン晴れのはずの朝、太陽は見えず、雲が覆っていて、これで晴れとはどういうことだ?と、衛星画像を見る。すると、太平洋に極大な雲の太い筋が・・・。これにほんの少し、伊豆半島がかかっているのでした。気流の流れのルートがほんの少し変われば、快晴間違いなしと読んで、いざ、西伊豆の山の... [続きを読む]
  • わんこ3歳の日に・・・。
  • ※画面 でポップアップで1000px.に拡大します。 大きな画像でご覧ください。いつもカメラを向けても、一時もじっとしていないわんこの写真は、大抵、シャッターチャンスと思った瞬間からずれて、へんな可愛くない顔に写る。それを写真写りが悪いわんこと、わんこのせいにして、どうせ撮ってもと思って、なかなか撮らなくなって、プレビューを見直してみると、全然、わんこ写真... [続きを読む]
  • ブドウ棚の仮設置と最近の庭の花たち。
  • ミニログ(コスカA)の側面にある、花壇に植えたブドウ苗が、やたらと伸びて来て、木製の格子だけではもう伸びる場がなくなって来ました。行き場のない成長力旺盛な蔓は、もう仕方なくログ壁に貼り付いて上へ上へと伸びている始末。これは早々に何とかしないと、今にミニログがブドウ蔓に覆われてしまいそうです。ということで、急遽、その場凌ぎのブドウ棚を仮設置することにしました。当初、考え甘く、園芸... [続きを読む]
  • 緑の癒し・・・高原キャンプ。@高ソメキャンプ場 ―その2―
  • キャンプ場到着時は雲が多く空はどんよりして、陽光が射すというのは、ほんの雲の切れ間の一瞬という感じでした。予報では夕方にかけて小雨になるというので、どうも大気が湿り気を多く含んでいて、なんとなく設営もどうなのかな?という不安をかかえながらやっていました。暗くなるまでは空が持ったので、ひょっとしてこのまま雨粒が落ちずに済むかもと思いきや、夕餉の宴をはじめてから、辺りの峰々に雷鳴が遠... [続きを読む]
  • キャンプシーン画像にHDR風な処理を施してみた。
  • よくキャンプ関連のサイトやブログなどを見ていると、キャンプシーンの写真に何等かの画像処理がしてあって、普通の写真よりイラストや絵画に近いようなテイストのものを見受けることがあります。これは通常の簡単な補正だけでは出来ないもので、いったいどういう処理がなされているのか疑問だったのですが、いろいろ調べるうち、どうやら「HDR(High Dynamic Range rendering」とい... [続きを読む]