TokiOwl さん プロフィール

  •  
TokiOwlさん: TokiOwl's Blog
ハンドル名TokiOwl さん
ブログタイトルTokiOwl's Blog
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/jetowl
サイト紹介文ふと浮かんだ気ままな詩が多いです。たまに、ショート・ショートストーリィも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/09/02 09:36

TokiOwl さんのブログ記事

  • ☆彡詩「色づく街で」☆彡
  • AO AKA KIROたくさんの綺麗な色たちが外の色をまとい始めてわたしもよそ行きの服を彩って気持ちが弾む柔らかい風が緊張のこころ溶かしていつもの道輝ていて見えるね届くかなほら真っ直ぐな気持ちここに抱いて伝えたいから色づく街の景色や影がたくさんの言葉で染まって踊る気持ちが迷って見つからなくなる時もあるけれど今この目に映る色が話し始めるとまた迷わずついていけるあなたと一緒にいたいからAO AKA KIROあなたの右手 [続きを読む]
  • ☆彡詩「偶然の出会いなんてありえない」☆彡
  • 偶然の出会いなんてありえないその時その思いその扉を開けた瞬間もう運命の歯車がきみへと向かってまわり始めるのだからきみへと続く真っ直ぐな一本の線途中で消えそうになっても大丈夫もちろん消されそうになっても大丈夫そんなことやあんなことも織り込み済みできみえと続いているんだからちょっとした神さまのいたずらでキミに合えたなんてありえないぼくだって簡単にきみにあえるなんて思っていやしないさただ ふたりがある日 [続きを読む]
  • ☆彡詩「SFちっくな生まれ方」☆彡
  • 握るステアリングが震えたここが限界か心の中で汗が流れるアクセルステップを思い切り踏み込んで最後のあがきのようにさらに加給量子ポッドに無限のホールから流れ込む反物質を放り込む12次元ジェネレータはそれでも次から次へと消滅し合うそのエネルギーをもてあます一瞬というには長すぎる今の自分には時間とは言えないこだまが過ぎて誰にも気が付かれないまま僕はまた違う世界へとジャンプしたあたりが真っ暗になって自分の体 [続きを読む]
  • ☆彡詩「季節の廻り」☆彡
  • この日が来ること知っていたけれど心の中では泣いているの見せる笑顔で 堪える涙の数を数えているわあなたと私一緒に過ごした時間がただ大切になる今これからも愛し続けて生きていきたいこみ上げる寂しさ今はどうすることもできないのただただ あなたを見送るこんなわがままな私をあなたはそっと抱き寄せて「ごめん」って言ってくれたのねたぶん今度出会うこと出来たなら きっと今日と変わらない日がやって来て また笑顔で泣く [続きを読む]
  • 詩☆彡「心の日々」☆彡
  • 遠い未来何が変わっているだろう近い未来ですら見通せない今何度も知りたいと思っていても遥か先へと続く道に立ち塞がる諦め手を差し出せばきっと繋がるはずなのに道の上に広がる夜明けを知らせるわずかな光がそのこと教えてる少しづつ聞こえてくる呼び声がきみのことだときっとわかる時がきて透き通った水面の波がその答えをうつしだす太陽の明かりで見えなくてもそこにある月はいつでも美しく輝いている儚いと思っても激しい情熱 [続きを読む]
  • ☆彡詩「今日という日」☆彡
  • 今日という日が去って明日という日が今日になる大切な約束のようにいろいろな想いを抱いてまた会おうねと交わした昨日の人々だれでも繰り返しのようにその日を過ごし繰り返せない何かをみつけ 繰り返すことできる何かを伝えるそれが今日という日思い出そうあの時のこと思い出そうあの気持ち一人一人が今日という日を大切に過ごすそして明日もその次の日も一緒に過ごす人はいつでもそばにいるから [続きを読む]
  • ☆彡詩「今日という日」☆彡
  • 今日という日が去って明日という日が今日になる大切な約束のようにいろいろな想いを抱いてまた会おうねと交わした昨日の人々だれでも繰り返しのようにその日を過ごし繰り返せない何かをみつけ 繰り返すことできる何かを伝えるそれが今日という日思い出そうあの時のこと思い出そうあの気持ち一人一人が今日という日を大切に過ごすそして明日もその次の日も一緒に過ごす人はいつでもそばにいるから [続きを読む]
  • ☆彡詩「きみたちへ贈るメッセージ」☆彡
  • 雪が降った朝最初に歩いた誰かの足跡重ねるようにして歩く先で向かう方向が分かれてゆくそこからはいつも自分が最初そうして通った日々もあと僅かこれから描く足跡は新たな未来の道の先へと向かう始まるこれからのこと始まるこれからの出会い今までの自分によくやって来たねと祝福与えてこれからの自分に幸あれと祈るこれはたった一人のことではなくきみたちみんなへ贈るメッセージ決して頑張る必要もないし決して勝ち負け考えるこ [続きを読む]
  • ☆彡詩「ささやかな願いあれ」☆彡
  • 優しい人たちよ弱気者たちを助けてください清く正しいく人々を導く人たちよあなた方のそのたゆまない希望を絶望の中で生きている者たちへ与えてください嘘 偽り 傲慢 などと無縁な人たちよその輝く笑顔を その聞き心地の良い声を涙も忘れた者たちへ届けてください見えている者たちへだけではなく見えていない者たちへもその美しい手を差し伸べてくださいいつでも優しき人のたくさんいるこの国はきっと未来も人々も明るく世界が [続きを読む]
  • ☆彡詩「わくわく夢の中」☆彡
  • 夢の中で逢いましょうそう思って布団に入ってもあっという間に朝夢で逢いましょうって約束して逢えた人っているのかしらん今日もいろいろあったからせめて夢の中だけでも手を繋ぎましょうあなたもわたしも不器用で大丈夫なんて言いながら大丈夫じゃない!そんな二人の間にもすぐ春がやってくるからそしたらピンクの嵐の中で二人ならんで歩きましょわくわくする季節はわくわくする仲で過ごしましょそれじゃ夢の中でおやすみ [続きを読む]
  • ☆彡詩「あるヒーロの詩」☆彡
  • だれにも言えないたった一つのこといつになれば笑って答えることができるだろう今日も鳴り響くアラームの音に覚悟を決めてこの扉をあけるきっとその繋いだ手がたくさんのこと叶えていると信じて孤独の中で剣を振り下ろす疲れた体を癒すのはたくさんの光輝く笑顔哀しみの中で流れる涙は見たくないからそれだけを叶えるために自分を責める相手がいることは幸せなこといつかは話せる時がきっとくると信じて静かにきみの手にこの手を添 [続きを読む]
  • ☆詩「もし僕が小説家だったら Ver2」☆
  • もし僕が小説家だったら、きっと、笑い転げる物語を書くだろう。それは、机に向かってペンを握る僕の隣で、笑い転げる君と、ちっちゃいもう一人のきみがいるから。もし僕が小説家だったら、たぶん、切なく、悲しく、泣きたくなる物語を書くだろう。それは、机に向かってペンを握る僕の隣で、おやすみって君と、ちっちゃいもう一人のきみが言うから。いつでも、君たちが吹く吐息が素敵な言葉の端っこ捕まえて、踊る物語が見えてくる [続きを読む]
  • ☆彡詩「ノスタルジックな想いは捨てて」☆彡
  • あの時 大切だと思っていなかったこと今になって探してるずっと変わらないからと笑顔で話した嘘つきの自分の心の破片いつか思い出すまでと胸の奥で忘れていたこと慌てて掘り起こしたけどどこかにいってしまったあの時の何か大人へと続く道をみつけて二人走り出したときいつも 聞いてるふりしてたきみの言葉流れる時なんていつだって取り戻せるなんて言うのが幸せだと思っていた止まったままの時計電源の入らないカセットラジオも [続きを読む]
  • ☆彡「可能性のジャンプ」☆彡
  • この世界でワープする旅人を見つけた彼はここから2千光年の彼方へとこれからジャンプするところだったぼくは彼に聞いたなにしにそこへ行くのか彼はただ首をななめにするだけだったそして次瞬間には彼は消えていたもしかするとここはただのワープする中継地点だと彼は言っていたような気もするここがそうだとすると僕を含めてこの世界の誰もがワープする旅人かもしれないワープして旅してきたことを忘れてしまった住人かもしれない [続きを読む]
  • ☆彡詩「ある恋?の終わり」☆彡
  • さようならいつも一緒にいたあなた私を離さず朝も昼もそして寝る時も私はあなたのそばにいたわ食事をするときも電車に乗ってでかけるときも車で出かける時もトイレ・・・・とにかく私はあなたのそばにいて同じ景色を見続けてきたわ夜はあなたのベッドの上で優しくときにははげしくなでてくれたのそれに貴方がわたしを見つめるとわたしはときたまぶるぶると震えたのサイコーだったのよ翌朝出かけた後に私が部屋でぽつんとしてると知 [続きを読む]
  • ☆彡R.I.P John Wetton Dont' Cry 2017☆彡
  • Hard times you had before you 大変な時をすごしてきたんだねI knew when I first saw you いつだってきみのことわかっていたのにYou girl you've always been mistreated, cheated 傷つくきみになにもできなかったSo leave it all behind you でもその過ごしてきたときのIt took so long to find you きみの中にぼくは見つけたんだI know that we can last forever これからの道のりをずっと一緒にever and more, more, oh [続きを読む]
  • ☆彡詩「きみの詩、ぼくのメロディ」☆彡
  • 重なるこの気持ちがずっと続くこの先へと響いてゆく寂しいときなんてなかったいつだって隣にはきみがいてくれたからぼくのわるい癖が幾度もきみを悲しくしてしたねでもきみの詩がいつだってぼくを気が付かせてくれたきみのことが大切なんだってぼくはキミのためにだけに奏でるよこのこころの震えをメロディにしてきみの詩をのせて二人飛び立つために唄いたいきみだけのためにこの先へと繋げるためにどんな夜が来たってきみはぼくに [続きを読む]
  • ☆彡詩「エッジを効かせて」☆彡
  • たまに見かけるエッジの効いた人目で見てわかるんじゃなくなんとなくすれ違いざまに感じるエネルギーのようなもの持ってるエッジの効いた生き方なんていい響きぞくぞくする他人に誤解されようが笑われようが否定されようが精一杯自分を受け止めてきた証し尖がっているわけじゃない威勢のいいわけでもないただ自分の持ってる魂の炎で進む道を照らして歩んできた時には殴られ時にはなじられ後ろ指刺されながらドブの中に突き落とされ [続きを読む]
  • ☆彡詩「命は同じ」☆彡
  • テレビがまた語ってるどこかで誰の命が消えたとテレビがほんの少しだけ語ってる大勢の人たちがその命をなくしたとテレビが大切そうに語ってる一人の有名な人の命が消えたとそれは長い時間かけて語ってるどうして同じ命なのに伝え方が違うのだろうどうして同じ命なのに僕たちはみんな大切に感じないのだろう誰の命だってみんな同じ命若者も年老いた者も善人も悪人も隣の人も地球の裏にいる人もみんな同じ価値の命を持っている消えて [続きを読む]
  • ☆彡詩「グッドナイト」☆彡
  • こんな時間までなにしてるのきみはそう言いながらぼくと過ごす時間をゆっくりと感じているぼくは言うきみを見てこの街の静けさを聞いていたんだとオレンジ色と混ざり合う色がちょうど赤に変わる交差点を見つめながらそれを聞いて微笑んだきみはきざなセリフをはく男にまわしていた手をそっと離すと窓辺に立ちながら眠りを知らない景色におやすみを言ったオレンジ色はまた青と混ざり合うところだったグッドナイト今日と言う日へ [続きを読む]
  • ☆彡詩「Winter's Night」☆彡
  • 吐く息がふわふわと顔の前から逃げてゆくのを見つめていた疲れた腕を休ませながらつかの間夜空を見上げて星の軌道を探し始める何かを語っているように小さな点がきらきら瞬き静寂な白の世界との境目に流れてゆく音のない景色凍てつく寒さも今夜はなぜか優しいなんだろうこの感覚陽の光がないこの世界今しか存在することできない冬の使者たちの想いが星たちへの別れの言葉となって上がってゆくからだろうかもう少しでやってくる朝の [続きを読む]
  • ☆彡詩「その一瞬が大好き」☆彡
  • カシャ!きみの一瞬いっただき!今のは最高じゃないときみは言うけどぼくには最高十分さここまでおいでよそうしたら 返してあげるきみの写真でもまたいただくよ ほらその表情でも本当に好きなのは変わってゆくきみそしてぼく今日が過ぎて明日になってまた明日が今日になって過ぎてゆくそのときそのときのきみを大切にしまって [続きを読む]
  • ☆彡詩「おめでとう新年 おめでとう新成人!」☆彡
  • はじめて見たような瞳してきみはぼくを見ているねそうだね初めましてその小さな手握ったままの手の中には神様からもらった幸せの種が入っているんだよ手を開くとその種が地面におちて君が大人になる階段が生えて来るんだほら今ぽとりと落ちてゆくよその開いた手もぐもぐさせてもう未来を掴もうとしているんだねほらママとパパの指をつかんでごらん君への愛情がそこから。。。よこにすくっと立っているきみを見ていたら最初に出会っ [続きを読む]
  • ☆彡詩「coming soon new year」☆彡
  • 通り過ぎてゆく風気づくまで知らなかったそこにあった光の環振り向いた先で聞こえた煌めきと忘れられない懐かしい声思い込んでいたずっと何もかもが取り出せない過去のときの中へと消えてしまったものだと一つの記憶がまるで色あせた写真の色をまた鮮やかにするようにこころが語りだしているやがてどこにいるのか分るときがきて一つの時代のページが開く透き通った水が宝石のように流れてその先どこへ行くのかそれを確かめに駆け出 [続きを読む]