管狸人 さん プロフィール

  •  
管狸人さん: 下天の内
ハンドル名管狸人 さん
ブログタイトル下天の内
ブログURLhttp://blog.z-plus.net/
サイト紹介文オリーブオイルソムリエが紹介する京都の神社情報。(笑) 普段は海外面白画像で隙間を埋めてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/09/02 13:37

管狸人 さんのブログ記事

  • 初夏の花18
  • 通勤路に植えられているコバノランタナ。高いところに鉢が設えられていて、見事に垂れ下がっている。 画像は で別窓拡大する。実は毒だそうだ。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花17
  • ウチの近所の公園に咲いているオウバイモドキ。こいつは普通のやつより花が遅くて、いつもGW頃に満開になる。今年はさらに遅れていて、まだこんな感じだ。 画像は で別窓拡大する。毒があるかどうかはわからない…    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花16
  • ご近所のバラ、全部違うお家だ。 画像は で別窓拡大する。 ピンク。 赤。白。 もちろん食えるが、食用のものにしておいたほうが安全だ。w    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花15
  • なんかいい香りがするなって思ったら、道沿いにジャスミンの花が咲いていた。 画像は で別窓拡大する。こいつは多分ハゴロモジャスミンだから、お茶の着香用に使うのとは異なる品種だが、毒はないんじゃないかな。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花14
  • 珍しくもないはずなのだが、久しぶりに見たサンシキスミレ。園芸品種であるパンジーやビオラの元になったとも言われる植物だが、関係は明らかじゃない。 画像は で別窓拡大する。花の大きさは、短辺で1センチぐらいしかない。 サンシキスミレって、パンジーの和名じゃないかと思った人は年寄り認定(笑)。それは随分昔の話らしい。 でもって、こいつは食える。しかも薬効成分が結構あるのだとか。 &nb [続きを読む]
  • 初夏の花12
  • 毎年放って置いてもちゃんと咲いてくれる、我が家の白雪姫。トラデスカンティア・シラモンタナと言う正式な名前もある。 画像は で別窓拡大する。ツユクサの仲間ではあるが、食べられるかどうかはわからない。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花11
  • シロツメクサだ。こいつも初夏だけではなく、晩春から秋までいつでも咲く。 画像は で別窓拡大する。青酸配糖体を含む有毒植物だが、茹でて水晒しする程度の毒抜きで食えなくもない。 青酸配糖体と言っても、青梅などのバラ科植物に見られるアミグダリンではなく、マメ科に多いリナマリンと言う物質だ。マメ科ではないが、タピオカの原料になるキャッサバにも含まれているので、アレも毒抜きして加工している。&n [続きを読む]
  • 初夏の花10
  • 今年もカルミアが咲き始めた。大好きな花だが、ウチにはないので、毎年他所の木を楽しませてもらっている。 画像は で別窓拡大する。ツツジの仲間で、同じ毒をより強く持っているから食べてはいけない。特に羊の人は食べないように。w    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花9
  • 浮釣木(ウキツリボク)だ。チロリアンランプという商品名でも売られているらしい。 画像は で別窓拡大する。こやつの毒性は不明だが、同じアブチロン属の別種になる木立性のものには毒があるそうだから、これも食べないほうが良いと思う。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花8
  • 赤花のシャリンバイ。中央分離帯がキレイになっていいよな。 画像は で別窓拡大する。 毒ではないが、タンニンの含有量が半端ないので渋くて食えない。実はブルーベリーとよく似ているので要注意だ。w    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花7
  • 仕事用で借りているガレージの奥に咲いていたチェリーセージ。アメリカではサルビア・リトルキスと言う名前で売られているようだ。 画像は で別窓拡大する。メキシコでは薬用ハーブティーとして利用されているらしい。日本ではアブラムシ除けのコンパニオンプランツだそうな。w    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花6
  • 久しぶりに我が家の花、ハコネウツギだ。 画像は で別窓拡大する。いわゆる源平咲きではなくて、白く咲いて赤く終わるタイプの花だ。 酔芙蓉のように一日で花が終わるのではなく、こいつの場合、白は当日、赤は前日に開花したものだ。夜の間は閉じている。 本来、この季節だけと言われているが、うちのこの木は、気が向けば冬以外いつでも咲く。(笑) 毒はないようだが、食えるという情報もなかった。 [続きを読む]
  • 初夏の花5
  • 昨日に続いてクレマチス。今度は白い花だ。略して白クレ(嘘)。 画像は で別窓拡大する。色が違っても食っちゃいけないことに変わりはない。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花4
  • クレマチスだ。初夏の花って感じでいいねぇ。よそのお家の花だが。w 画像は で別窓拡大する。キンポウゲ科のご多聞に漏れず、毒草である。食べてもいけないし、人によっては触るだけでかぶれることもある。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花3
  • 去年までは春の花シリーズに入れていたが、今年は咲くのが遅れ気味なシラン。 画像は で別窓拡大する。球根は漢方生薬だそうだ。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花2
  • 道端のアスファルトの隙間から生えている、アレチマツヨイグサ。初夏の花というより、初夏から晩秋まで咲く花って感じだな。 画像は で別窓拡大する。食ったことはないが食えるそうだ。湯掻いて水晒し、あとは好きに味をつけるといい。粘り気があるそうな。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 初夏の花
  • うっかりしていたが、昨日は立夏だったんだな。ってことで、春の花シリーズは昨日で終わりにした。で、今日はドワーフ・ライラック。 画像は で別窓拡大する。食えるかどうかは、調べてみたが判らなかった。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 春の花37
  • 完全に時期を逸してしまったハナモモ。 画像は で別窓拡大する。一本の木で、左から白・紅・ピンクの三色咲きという珍しい木なので、時期遅れだけど撮ってきた。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 春の花36
  • ツツジが見頃を迎えた。 画像は で別窓拡大する。 前にも話したように、ツツジには毒性があるので食べないほうが良い。 ただ、この花は大丈夫かな。京都市立病院の救急入口近くに咲いているから、食べて倒れてもそのまま病院に放り込める。w 京都市立病院がある五条御前交差点から北に向けては、植え込みがきれいなんだよな。 なんか、色移りしてるし。誰か一緒に洗ったのか?    [続きを読む]
  • 春の花35
  • 昨日に続いて園芸品種で野生種が存在しないアヤメ、ジャーマンアイリスだ。こいつは色変わり変種で、メジャーなのはやはり青紫なんだけどね。 画像は で別窓拡大する。もちろんこれもアヤメ属で毒があるので食ってはいけない。 3日連続でアヤメが毒だとやってると、明後日の端午の節句絡みで気になるのは、菖蒲湯に入っても大丈夫なのかってことだよな。 実はショウブはサトイモ科ショウブ属で、アヤメ科ア [続きを読む]
  • 春の花34
  • ダッチアイリスである。園芸品種なので野生種はない。 やはり、イチハツより早く咲いていたみたいで、ほとんどの花が終わりかけていた。 画像は で別窓拡大する。こやつもアヤメ属なので全草に毒がある。食っちゃだめだぜ。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 春の花33
  • 今年はいいタイミングで見に行けた。上御霊神社のイチハツだ。 画像は で別窓拡大する。奥行きを気にしていたら、花びらの下のほうが切れてしまった。^^; アヤメ属のご多分に漏れず、全草に毒があるので食べてはいけない。    ←応援ぽち、よろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • 春の花32
  • オオツルボだ。シラー・ペルビアナと言う、学名由来の名前で売られているのをよく見る。 画像は で別窓拡大する。 坩堝ではなく蔓穂なので、間違えないように。 こいつも5月の花だが、もう明日から5月だし良いだろう。たまたま遠くから見かけた時に、アガパンサスが咲いているように見えたんでびっくりして近寄ったらこいつだった。アレは梅雨時の花だからねぇ。全体像はこんな感じ。近寄ってみるとアガパン [続きを読む]
  • 春の花31
  • すっかり雑草化している園芸品種、ゼニアオイ。近縁種のウスベニアオイはあんまり見ないな。見分け方は葉っぱの形。丸いのがゼニアオイで、掌状に切り込みの入ってるのがウスベニアオイだ。 画像は で別窓拡大する。花びらを乾かしてハーブティーにできる。ハーブティーは、リトマスのように酸性で色が変わるから、レモンを入れて遊べる。子供が喜ぶかもな。 さて、予定していなかった春の花シリーズも、道 [続きを読む]