むぎぽん さん プロフィール

  •  
むぎぽんさん: ich will spielen!
ハンドル名むぎぽん さん
ブログタイトルich will spielen!
ブログURLhttp://ichwillspielen.blog.fc2.com/
サイト紹介文海外産を中心に管理人所有のボードゲーム・カードゲームをご紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/09/02 14:32

むぎぽん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Age of Craft拡張♯2 〜建築同盟〜
  • ゲームデザイン:チキンダイスゲームズプレイ人数:2〜4人国の建築祭りに新たな風が舞い込んだ。従来は競い合うはずの互いが、手を組むことでこれまでにない斬新な建物を生み出す。利害が入り乱れる競争は、更なる熱を帯びることだろう。ダイスを使ったドミニオン風建築ゲームの拡張第二弾。元々は購入リストから外れていたのだが、ブースに立ち寄った際にイベント価格で売られていたのを機に勢いで購入。新カードの合同建築カー [続きを読む]
  • ストリートファイターライバルズ
  • ↑画像引用 JELLY JELLY CAFE様制作:カナイセイジプレイ人数:2人傷だらけの体を支えながら、両者は一歩も引かなかった。次の一撃で全てが決まる――!互いの思惑が一致したその瞬間、二人は地につけた足に力を込め、その距離を一気に縮めた。かつてデザイナーのカナイセイジ氏が制作した『アール・ライバルズ』というカードゲームがあった。その後カプコン協力の元、同氏はこのアール・ライバルズに更なる改良とバランス調整を [続きを読む]
  • 教授ヘアーサロンへようこそ。
  • 制作:植民地戦争+αプレイ人数:2〜4人「ウチの学校の教授達ってすげぇ髪型ばかりだよな」「まあな」「あれってさ、どこでセットしてもらってんのかな?」「なんだお前知らないのか? あれはなぁ……」世の中には、『教授』と呼ばれる職業の人々がいる。彼らは常人には理解し難い髪型を披露し、時に我らの度肝を抜く。そんな彼らが人目を忍び、足繁く通う場所、それこそが『教授ヘアーサロン』である。プレイヤーはサロンの店 [続きを読む]
  • ロストゲムマ
  • 制作:まどりやプレイ人数:2〜4人前人未到の地、ア・リアーケ。古代遺跡ビク=サイートが、その地に眠っているという。遺跡の奥に幻の宝石が存在する事を知ったあなたは、危険な地下への道のりを進もうとしていた……。今回紹介するゲームは、かの有名カードゲーム『ロストレガシー』のシステムを公式に借り受ける『ロストレガシーライセンス』を元に作られた、短時間で互いの思考を読み合う濃厚な内容となっている。遺跡に眠る [続きを読む]
  • ぷよか〜ど
  • 制作:ものづくりや。プレイ人数:2〜4人同色モンスターを4つ揃えると時空の彼方へ消し去る呪文、オワニモ。このしょ〜もない魔法を世に解き放った一人の少女は、今日もライバル達と勝負しつづけるのだった。ばよえ〜ん!ゲームマーケット来場に備えカタログをペラペラ眺めていたところ、見覚えのあるキャラを見かけた。我が青春の1ページとして刻まれた、魔導物語のキャラ達。公式サイトを探ってみたところ、あの落ち物ゲーム [続きを読む]
  • アサンテ
  • 制作者:リュティガー・トルンプレイ人数:2人ここ中央アフリカの商業の盛んな地域では、様々な商品が取引される。塩、果物、貴金属、毛皮……。そして沢山の商品を買い付けたり、馴染みの客に店の店主は大きな声で感謝の挨拶を叫ぶのだ。アサンテ!(スワヒリ語でありがとう)皆様、あけましておめでとうございます。昨年も多くの皆様にお越しいただき感謝の極みでございます。今年もグダグダした展開にはなるかと思われますが、 [続きを読む]
  • ウサギの黄金時代
  • 制作元:ショーナン・ロケッティアーズプレイ人数:1〜2人ウサギ族最盛の時代、2匹の優秀な宰相がいた。互いは腕を競い合うかのごとく、国の発展の為に様々な施策を巡らせていったという。やがて2匹の存在は歴史の1ページとしてウサギ達の記憶に残されていくのであった。ゲームマーケット2015秋シリーズ第一弾は、ゲムマ界でもすっかりおなじみとなった同人サークル『ショーナン・ロケッティアーズ』の新作。今回の新作は、ア [続きを読む]
  • ゲームマーケット2015秋リポート
  • 2015年11月22日……。ボードゲーマーの朝は早い……。というわけで、国際展示場にて開催されたゲームマーケット2015秋にお邪魔してみたので今回も写真付きで現地の様子をお伝えしたいと思う。今回の会場は以前に参加した2014春と比べ、キャパの更に多くなった東ホールにての開催となった。やはり近年の参加者の増加が更なる大きさの会場を要求している証拠なのでせう。午前9時過ぎ、現地到着。さっそくゲームを求める猛者達が今や [続きを読む]
  • タシュ=カラール拡張 極北の永久霜
  • ゲームデザイン:ヴラーダ・フヴァチルプレイ人数:2〜4人遥か北の地にてその勢力が動き出した事は、魔術に関わる者ならば誰もが注視せざるを得なかった。彼らにのみ許された秘術―――『氷結』。その力は、闘技場に新たな嵐を呼び込む事となるのだろうか……。以前にレビューした『タシュ=カラール 伝説の闘技場』に新たな拡張が登場。管理人は高評価、相方はいまいちな内容だったわけだが、どうしてもその内容が気になった管 [続きを読む]
  • ダンジョンロール
  • ゲームデザイン:クリス・ダーデンプレイ人数:1〜4人おや、お前さんもあそこにいくのかい?あそこには、ヤバイモンスターやドラゴンがうろついてるって噂だぜ?まあ、もし生きて帰ってこれたら手土産に冒険の話でも聞かせてくれよ一杯おごるからさ!今年の夏に相方と秋葉原に行く機会があり、リニューアルしたラジオ会館に足を向け、イエサブのショップを眺めていたところこのゲームを見つけた。実はこのゲームは以前にもゲーム [続きを読む]
  • ラブレター(宝石の国バージョン)
  • ゲームデザイン:カナイ セイジプレイ人数:2〜4人ここは宝石が自らの意思を持って生きる世界。あなたは様々な宝石達の中から、最も適したパートナーを見つけ出さなければならない。交錯する想いの中で、あなたはどんな宝石と出会えるのだろうか……。今年の初め頃に相方が、「今度出る漫画にゲームが付属するんだけど買う?」と聞かれ、自分で調べたところアフタヌーンで連載中の『宝石の国』という漫画の単行本にあのカナイセ [続きを読む]
  • ひつじとどろぼう
  • ゲームデザイン:坂下 裕一プレイ人数:2〜4人青い空と白い雲緑の広がる草原をちょっと探索してみましょうでも、気をつけて!ひつじを狙う悪い奴らが木陰から様子をうかがっていますゲームマーケットシリーズ最後をしめくくるのは、マップエディット型のこのボードゲーム。マップエディット型で有名なカルカソンヌが好物の相方はかなり気になっていたようなので遊んでみた。各プレイヤーにはそれぞれ、自分のカードをプレイする [続きを読む]
  • ヴィラネックス 〜合併競議会〜
  • ゲームデザイン:こげこげ堂本舗プレイ人数:1〜4人まったく!どいつもこいつもワシを馬鹿にしおってからに!ワシの村が一番栄えているに決まっておる!あんたもそう思うじゃろ?こうなったら、奴らに一泡ふかせて次の村長の座もワシのモノにしてくれるわ!ゲームマーケットで購入したミニマムゲーム集の最後の刺客。プレイヤーは点在する村々の一村長。村長としての力量を見せつけ、最も優れたプレイヤーには合併した新しい村で [続きを読む]
  • 過去の記事 …