winterfresh さん プロフィール

  •  
winterfreshさん: 働きながらグローバル育児!
ハンドル名winterfresh さん
ブログタイトル働きながらグローバル育児!
ブログURLhttps://ameblo.jp/winterfresh/
サイト紹介文米アイビーリーグ卒、外資系勤務30代、二児の母。DWEユーザー。自分なりの子育て論を模索中。
自由文自分の子供が20年後、幸せな社会人になれるよう、周囲の優秀な人々と話してみたり、本を手当たり次第に読んでみたりして、いま母としてできることを探索中。そこで出会った色々な考え方や、自らの実践内容などを紹介してます。DWE、CTPユーザー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 170日(平均0.8回/週) - 参加 2012/09/04 00:11

winterfresh さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • DWEミッキー出てこない問題
  • ここ数日はDWEのことを書いてます。昨日は、主な教材のうち、一番最初に使うPA!をご紹介しましたが、1つ重要なこと(?)を書きそびれていました。それはPA!にはディズニーキャラクターが出てこないことです! これはネットでもよく書かれてるのでご存知の方も多いかもしれません。だからPA!には、一切ディズニー感はありません。代わりに、フロッギーとバニーという、カエルとウサギの着ぐるみがメインキャラクターです。このカ [続きを読む]
  • DWE全貌(2)Play Along!
  • 昨日はDWE全貌を書きました。今日から、各教材の詳細を、使ってみての感想など含めながらご紹介します。まず主な教材からお話しします。昨日ご紹介した、主な教材のリストは、記事の一番最後に載せておきますのでご参考ください。この主な教材は、大きく分けて、PA! と、その他(SA!, Straight Play, Step By Step)の2種類あります。DWEを購入後に、通常一番最初に使うのが、PA! です。PA! はゼロ歳から3歳くらいまでを想定した [続きを読む]
  • DWE全貌
  • ここ数日はDWEのことを書いてます。前回は、DWEはあくまでお家英語のお助け教材であって、なんとなく使ってるだけでは決して効果には繋がらないこと、親のやる気が肝であることを書きました。今日からは、そもそもDWEの教材はどんなものがあり、親はどのように使うことが求められてるのかと、その難しさ(使いこなす上での難点)を書いていきたいと思います。まずDWEの教材ですが、そもそもこれ自体がかなり複雑で、一式揃えた我 [続きを読む]
  • DWEを完全に無駄にしたわけ
  • 昨日、DWEでちょっと嬉しかったことを書きました。また少し前には、DWEの成果と娘の驚きの行動も書きました。この2つの記事は、実はちょっと互いに矛盾していて、娘のDWEの進み具合に、私が満足しているのかしていないのか、どっちなの?!と感じる方もいるかもしれません。自分の中ではそこは整理されてるので、後々書かせて頂くとして(モヤモヤしたままでスミマセン)、DWEに関しては色々思うところがあるので、購入者として [続きを読む]
  • DWE聞き流しの効果?!
  • だいぶ前のことですが、息子が生後半年を過ぎたころ。 それまで車に乗せてもあまりぐずらなかったのですが、だんだんと泣くことが増え、手こずっていました。 普段車に乗るときはDWEをかけ流していたのですが、息子が泣きわめく中ではどんなにステキな音楽でも騒音にしかならず、CDは止めていました。 そんなある日、娘がどうしても音楽を聞きたいというので、息子の泣き声が響き渡る中、車のオーディオを立ち上げました。ちょうど [続きを読む]
  • こどもちゃれんじ退会を考えてます
  • 今3歳の娘が生まれた当初から、こどもちゃれんじに入っていました。でも、今年度になって、そろそろ辞めようかなと考えてます。乳児期は、ちゃれんじに本当にお世話になりました。下の子を通じて出会った、1人目ママにも、聞かれたら迷わずオススメしてます。まず、子供の成長にあったおもちゃが定期的に送られてくるのがとても有り難かったです。1人目の時はどんなおもちゃをどのタイミングで買えばいいのか迷うし、おもちゃま [続きを読む]
  • 「悪い人」って、なに? を考える
  • 先日、3歳の娘と難民の話題になりました。 きっかけは、文京シビックセンターで展示されていた、難民アスリートの写真展。 そもそもは、劇団かかし座「魔法つかいのおとぎばなし」という影絵の上演を当センターに見に行ったのですが、ちょうどその直前にNHKのニュースで、例の写真展が紹介されていたので、せっかくだから見に行こうと思って立ち寄ったのでした。 難民の話なんて3歳の子供には難しすぎるかな?と思ったのですが、 [続きを読む]
  • Kids Duoに通い始めました(2)
  • 少し前から週二回、Kids Duoに通っています。ちょっと繰り返しにはなりますが、通うまでの経緯をご説明すると、元々DWEとは別に、アウトプットをする場が欲しいと思って、英語のジムに通い始めたり、DWEユーザー会を立ち上げたり、英語を話すお友達と交流する場を増やしたりと、育休中に色々試してみました。でもやはり量を確保するのは難しく、定期的に話す機会を作るのは週末だけでは大変なので、平日、保育園の後に何かするのが [続きを読む]
  • 英語の発音をどこまで気にする?
  • 英単語をちょこちょこ言う3歳の娘ですが、発音がいまいち(単にちゃんと言えてないことも含めて)なことが多くて、心配になることがありました。 例えば、単純なモノで言えば、ABCs の "C" "Z" "X" とか。 C は、正しい sí? (seeと同じ)ではなく ?í? (sheと同じ)Z は、正しい zí? (zebraと同じ)ではなく d?í? (Jesusと同じ)X は、エックシュ (最後の s が shu) になってしまっています。 他にも、Fourのエフが唇 [続きを読む]
  • Kids Duoに通い始めました(1)
  • 少し前からKids Duo(英語の学童)に通い始めました。 前々から、DWEのインプットのほかに、アウトプットを日常的にできる環境が欲しくて、色々模索してはいたのですが、私の復職も控えてあまり考える・試す時間が確保できないことを考えると、お金で解決できることはお金で解決してしまえ〜!ということで、英語の学童にしました。 保育園をインターに変えるという選択肢も少しは考えたのですが、、、 ①保育園には園庭があってほ [続きを読む]
  • DWEバイリンガルサイエンス研究所のフォーラム参加報告
  • 少し前のことですが、8月20日に、DWE関連の、バイリンガル育児フォーラムに参加してきました。 「発達脳科学と第二言語習得学からみたキッズ未来フォーラム」 〜バイリンガルのすすめ〜 主催: ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所     (World Family Institue of Bilingual Science) 興味深いことがたくさんあって、全部をまとめるのは大変なので、個人的に特に印象深かったことを列挙します。重要な部分だ [続きを読む]
  • NHKのニュース、英語で観る
  • 我が家のテレビは、NHKしか映らないことは娘もよく理解していて、朝起きてから&夕食後は、「7時のニュース始まっちゃうよ〜」と急かしてくれて、それ以外の番組を観たいと言うことはありません。 (私は根っからのテレビっ子なのですが、子供がいる前ではNHK以外は歯を食いしばって我慢して、子供たちが寝てから夜な夜な観てますw どうしても子供がいる時に観たくなったら、「NHKスペシャル」とか「仕事の流儀」「72時間」とか、N [続きを読む]
  • 開成が海外トップ大進学に本腰を入れ始めた
  • 少し前の話だが、今年の春は、開成高校から米名門大学への合格者が一気に増えたことが、巷で話題になった。 http://istimes.net/articles/922(色々なメディアで記事が出てますが、うち一つをどうぞ。) 2017年度 開成学園 海外大学合格人数※引用 開成学園HP 私は米大学の卒業生で作るネットワークに参加しており、その関係で、日本から米大学へ進学したい学生(高校生に限らず、一番若い子では小学生もいた)と交流する機 [続きを読む]
  • 「原因と結果」の経済学
  • ある人に勧められてまずは即買い、そして速読 が、読み始めてすぐに気づいた 「これは『学力の経済学』と同じだー」 数ヶ月前に、これまた話題書の「学力の経済学」を読み、ふむふむと共感 。 それに関しては別途書くとして、同じ中室牧子氏が共著の「『原因と結果』の経済学」は、一変、目新しい内容はなく、1時間強で読み終えた 冒頭で、著者はこう問う。 「メタボ健診を受けていれば長生きできるのかテレビを見せると子ども [続きを読む]
  • 東大に息子を3人入れた母の教育論!・・・に惑わされないゾ
  • 子供にとって何が良いのだろうとネットサーフしてると、常々気になる、この「子供を○○大に入れました!」系の本とかブログとか教育論とか。 子供が生まれてから、何度これらに惑わされそうになったことか・・・。 最初に言いますが、そういうお母様方を真っ向から否定しているわけでは全くありません。全く! ただ、これらは全て結果論であって、何がその子に効いたのかは、子供の個性、環境、時代で大きく変わることだと思うの [続きを読む]
  • 最高の子育てベスト55
  • “Zero to Five: 70 Essential Parenting Tips Based on Science”Tracey Cutchlow = 著鹿田昌美 = 訳 オリジナルのタイトル通り、「科学的なデータに基づく実践的な子育てアドバイス」。 ジャーナリストで母親でもあるトレーシー・カチロー氏自身が、「日々の疑問の即戦力になってくれる子育て本」が欲しい!と思ったことから出版に至った本。 ん? 70? 英語版は70だけど日本語版は55。違うバージョンがあるのか?と思い調べて [続きを読む]
  • DWEの成果と娘の驚きの行動
  • 我が家はDWE (Disney's World of English) を受講しています。 娘が生後数ヶ月の時に購入したので、もうすぐ受講歴3年です。 決して真面目な生徒とはいえず、本来、毎日少しずつでもよいから教材に触れましょう、という趣旨に反して、我が家では娘や私が気が向いたときのみにDVDやCDを流す程度。 DWE受講3年だと、早い子なら簡単な会話はできる子もいる中で(これ、本当。この教材の成果はすごいと思います。) [続きを読む]
  • GRIT 〜やり抜く力〜
  • アメリカでベストセラーの本のオリジナル版が日本上陸した。 "Grit: The Power of Passion and Perseverance"by Angela Duckworth, 2016 和訳版「やり抜く力」は以前から日本で売られていたけれど、英語で書かれた本を日本語で読むのが私は嫌いなので、オリジナルが売り出されるのを待っていた。 約300ページある内、まだ1/3しか読めていない。けれど何となく著者が言いたいことはわかった。 ○生まれ [続きを読む]
  • はじめに
  • 子育て。 自分では「これでいい!」と思っているけれど、他のことを実践している人の話を聞くと、不安になる。 でもそれは、自分の中の考えが確立していないからだと、常々思う。 もちろん子育ては、結果が分かるのが10年、20年以上先のこと。もしかしたら結果は死ぬまで分からないかもしれない。だから正解・不正解も分からない。 だからこそ、頼りになるのは、自分の信念に尽きる。 にも関わらず [続きを読む]
  • 過去の記事 …