ナインノーツ さん プロフィール

  •  
ナインノーツさん: 古いギターはいい音がするのさ。
ハンドル名ナインノーツ さん
ブログタイトル古いギターはいい音がするのさ。
ブログURLhttp://9notes.jugem.jp/
サイト紹介文ギター工房ナインノーツではリペア、改造、チューンナップを行っています。人文、音楽、美術好き
自由文忌野清志郎の楽曲「温故知新」の一節に「古いギターはいい音がするのさ」と云うのがあります。大人になるのって案外いいものなんだぜ、と語ったバンドマン・清志郎。歳を重ねてよくなるものもあるのです。ギターもそのひとつ。新しいギターでは出せない音があります。ホンキートンクなギターをギターケースから取り出して、ご機嫌なブルースを奏でるギターにしてやろう。私にお手伝いさせて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/09/04 09:39

ナインノーツ さんのブログ記事

  • リペア ファイル その315
  • ホセ・ラミラス 1980 clase 1a  / 裏板割れ補修・修理 側板に”シープレス”と”ローズ”が張り合わせてある「ラミレス」は高価ですが、その出音から価格うんぬん抜きに納得できる楽器です。裏板に杢目が複雑なローズ(ハカランダに似たローズだと思う)を使ってありましたが、乾燥で割れてしまっています。『裏板割れ』の補修作業内容です。 中央に長い割れ(下から上まで)、左右に腰の部 [続きを読む]
  • リペア ファイル その314
  • マーチン D−28  / フレット交換(リフレットともいいます)・ナット交換・サドル調整 比較的新しいマーチンD−28ですが、よく弾き込んであります。ナット溝が擦れて低くなっていたところもあったので「ナット交換」を先に打診されましたが、フレットもややあやしいということで、状態を見てからになりました。やはりフレットがだいぶり減っていましたので「交換」となりました。当工房ではナット交換代金はフレッ [続きを読む]
  • リペア ファイル その313
  • マーチン D−28  / バインディング剥がれ補修・ペグ交換・弦高調整・各種調整 店頭で試奏し選んだギターで、名より質を選んだ結果が『マーチン』だったようです。たしかに軽く弾いても反応がいいです。裏板の腰の部分のバインディングが剥がれていました。エンドピン周りのバインディグも少し浮いてきています。セルは経年変化で縮んで来るのでこういう現象が起きます。 3プライの途中からと元からと縮ん [続きを読む]
  • リペア ファイル そのファイル312
  • グレコ MRー800(or 600) / ブリッジ・アース加工 アウトプットジャック交換・ポット洗浄 1970年代に製造された「グレコ/Greco」のアーティストモデルです。バッド・カンパニーのギターリスト『ミック・ラルフス』のモデルとして作られたようで、依頼主は80年代の入手したとのこと。ダブルカッタウエイですが、ギブソンのそれとはデザインが違います。まさにオリジナルモデルですね。 「弦高が高い、ノ [続きを読む]
  • インフォメーション
  • ダブルトップのクラシックギター「Guo Yulong」の日本代理店だった「輝カンパニー」と「9notes」の取引が今月6日に終了したのに伴い、「Guo Yulong」と「シノマン」の販売を終了します。今後はリペア・修理にますますに力を入れて行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。 -------------------------Please clickブログ「よごれた顔でこんにちは」ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つ [続きを読む]
  • リペア ファイル その311
  • フェンダー・ジャパン J M & グレコ・LP  / フレットすり合わせ・ロッド調整・弦高調整・オクターブ調整 お客さんがお客さんを紹介してくれたら、こんなに有り難いことはないですね。信用してもらっていると感じます。で、2本いっしょに仕事に取り掛かりました。1本目は音詰まりやビビリ音で安定しないジャズマスターです。ブリッジでの弦の進入角度が浅いため、構造的に軽い音(ブラッシングトーン)になる [続きを読む]
  • リペア ファイル その310
  • マーチン D−35/ ネックアイロンヒーター・フレット交換(オーバーヴァインディング)・ブリッジ削り合わせ 友人のマーチンです。他県に住んでいたのに中津川市が”フォークジャンボリーの地=聖地”であったので移住して来た人です。その感覚はなんとなく私にも分かります。私にとっては『伝説』の”中津川フォークジャンボリー”ですが、伝説になる土台がこの地にあったということです。中津川・ [続きを読む]
  • リペア ファイル その309
  • ROSE 1971 M100C / 駒外れ・再接着・ヒール部補修・弦高調整 古いクラシックギターです。1960年後半から1970年代にかけて「ギターブーム」があり、その時期に作られたギターでしょう。多くの普及品は合板製でできていますが、それが普通でした。ネック強度とトップの剛性不足が否めませんが、若かりし日に購入したギターは生涯の友であることに違いありません。修理にはそれなりの費用がかかりますが、楽器は [続きを読む]
  • リペア ファイル その308
  • テイラー Taylor 812-C / ピックアップ交換・サドル下にスペーサー/シムを挿む 初期のテーラーの生ギタータイプで後付けでLRバックス社の『デュアル・ソース』が搭載されています。小振りボディで各弦のバランス優れ、倍音豊かで 依頼主によって弾きこまれおり よく鳴っていました。 『デュアル・ソース』を同じくLRバックス社の『Lyric(リリック)』に交換することに。『デュアル』のアン [続きを読む]
  • リペア ファイル その307
  • マーチン D−35 / ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ マーチンのD-35はバックが3ピースになっているだけじゃなくて、指板に”白のバインディング”が入っています。28や18との正面フェイスの違いはここです。 ネックが「順反り」しています。トラスロッドが入っていないタイプなので調整が出来ません。そこで「アイロンヒーター」を使ってネックを「矯正」して真っ直ぐに直します。 [続きを読む]
  • リペア ファイル その306
  • ギブソン J−45 /  表板の膨らみ矯正 トップのブリッジ後方にやや膨らみが出ています。いわゆる「妊娠」という現象で、弦のひっぱり張力にトップの剛性が耐えられなくて表板が膨らんで来ます。クラシクギターやアコースティックギターでは、構造的な問題で膨らみが進行してしまいます。こうならないようにするには、力木を強くすればいいのですが、そうなると「鳴り」も抑えられてしまいます。 元々、 [続きを読む]
  • リペア ファイル その305
  • マーチン D−28 / ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・PU取り付け 比較的新しいマーチンですが、「ネック元起き」「ネック順反り」しています。ロッド調整で「順反り」はある程度戻りますが、「元起き」とロッド回しの余裕を取り戻すため、「アイロンヒーター」を使ってネックを矯正します。 14フレットで「腰が折れる」ようにネック(正確には指板が)が曲がっています。マーチンギター(ほかの [続きを読む]
  • リペア ファイル その304
  • カスタム ストラトキャスター / スモークド乾燥処理・ネック調整・ネックすり合わせ・ネット交換 前回のLP(リペアファイルその303)に続いて「スモークド乾燥」処理したギターのリポートです。 カスタム塗装が施されたストラトボディを「スモークド乾燥」。熱と薫煙によって変色しないか心配しましたが、ほとんど変色がなく一安心。赤系塗料などは不安定なので変色することもあります。また、焼け色(色 [続きを読む]
  • リペア ファイル その303
  • フジゲン FG N  NLP  / スモークド乾燥 処理 フジゲン製LPとカスタムSTとネック1本を「スモークド乾燥」処理を行いました。主な依頼は「ネックの反り」の矯正とその安定化のために「スモークド乾燥」処理を使うことです。同時にギター/ネックを燻すことによって「音響効果」アップを計りました。(煙で姿が見えない) 30時間燻すことによって、塗装済みのギターにも「スモーク」効果が現れるようになり [続きを読む]
  • リペア ファイル その302
  • ヤマハ L−8  / フレット交換(ナット交換)・ネックアイロン矯正 ヤマハの名器L−8です。国産アコギならでは「エゾ松」をトップに使用してあり、全体的な作りには品が感じられます。 ネックが14フレット先で「く」の字に曲がってしまう「ネック元起き」状態で弦高が高くなっていたので、「ネックアイロン矯正」と「フレット交換」時期でしたので指板面で仕込み角度調整を行い、サドルを下げずに適正な弦高に [続きを読む]
  • リペア ファイル その301
  • モーリス M−001N  / 駒はがれ・再接着 ブリッジ(駒)がめくれ上がってしまっています。アコースティックギター弦の張力は、6弦全部合わせると60キロ以上あります。なのでこんなことも起きるのです。この楽器は合板トップでしたので、板が引き裂かれていました。 少しづつパレットナイフを差し込んでブリッジを外します。なるべく表板のダメージに与えないように慎重に進めます。外したらブリッジが [続きを読む]
  • Katayama Guitar インフォメーション
  • 調整にやって来た「Katayama Guitar(片山ギター)KE−13」をリポートします。 この楽器の特徴は新しいPUシステムが搭載されていいるところです。”SMPU”と名づけられたこのPUは従来の”アンダー・サドル・タイプ”ではなくサドルとブリッジピンの間に取り付けられています。このPUは”コンタクト・ピエゾ”で、弦振動とトップ振動の両面を拾うことで「エアー感」のあるサウン [続きを読む]
  • リペア ファイル その300
  • ギブソン J−200 / 「スモークド乾燥」処理・フレット交換(オーバーバインディング)ナット交換・サドル交換・ブリッジ調整  「激鳴り!」という謳い文句で入手したJ−200が「看板に偽りあり」レベルの鳴りだったので、「スモークド乾燥」処理を所望されました。2本まで入れることができますので、以前調整したことがあるモーリスMG1002もいっしょにスモークしました。(パーツ脱着、クリーニング・バフ [続きを読む]
  • SINOMAN インフォメーション 4
  • "SINOMAN"のファンフレット・クラシックギター シノマンのスタンダード・シリーズではないのですが、お客様の探して見えた「ファンフレット・クラシックギター」が試作機として上海事務所で在庫確認できたので取り寄せました。大変珍しいギターです。スティール弦のアコギでは、ちょいちょいお目にかかる「ファンフレット・ギター」ですが、クラシックギターではほとんど作例を知りません。    12フレットが指 [続きを読む]
  • リペア ファイル その299
  • Otto Vowinkel 1998 / フレット打ち換え・ネックアイロン矯正・弦高調整 弦高が高くなって弾きにくくなってきたため、調整に来ました。点検するとネック12フレットから起き上がってしまい、仕込み角度が不足しサドル側では、弦高調整不能でした。「ネックアイロン矯正」だけで仕込み角度を付け直すと、12フレット以降が徐々に弦高が高くなってしまうため、ハイポジションを頻繁に使うクラシックギターの演奏には [続きを読む]
  • リペア ファイル その298
  • マーチン D16−A /  PU取り付け・ロッド調整・指板クリーニング・全体磨き マーチン・ギターにL.R.BAGGS ( エルアールバックス ) / Ibeam Active を取り付けました。 エンドピンジャックを取り付けるには、専用のリーマーが必要です。一度に大きな穴を開けずに、小さなリーマーを使って下穴を開けてから、大きなリーマーをドリルに装着して穴を広げます。 PUがサドルの真下に着くように位置決ジグを使 [続きを読む]
  • 小沢健二と小沢一郎
  • 新聞半面の広告に”小沢健二”のエッセイが載っていました。19年ぶりの新曲発表に合わせた広告ですが、お金が掛かっているね。 楽曲を紙面で伝えることはできないですが、”オザケン”の世界観を伝えることはできます。成功しています。いいクリエイターがついていますね。 その昔”フリッパーギターズ”の音楽性は趣味ではなかったですが、なぜか好きでした。「渋谷系」とか言われてお [続きを読む]
  • リペア ファイル その297
  • Bossa guitar / フレットすり合わせ・ロッド調整・フロイトローズ再設定・トグルスイッチ交換 昨今はBASS作製専一になっている”BOSSA”ブランドのギターです。ハイエンド・ギターの分類されるハイ・スペックなギターです。しばらくぶりにオーナーが演奏を再開されるそうで、ネック調整および全体の調整を依頼されました。 フレットが磨り減っています。またネックの反りもあります。ロッド調整 [続きを読む]
  • リペア ファイル その296
  • Hermann Hauser? ハウザー?世 AD2000 / フレット交換・サドル交換・ナット調整 クラシックギターの世界では、かならず名器に上げられるハウザー家。セゴビヤはハウザーを愛用していましたね。高貴な香りを持っており”ドイツ皇帝”のような存在です。 ネックがやや「順反り」かつ既存のフレットが低く感じるとのことで、背の高いミディアムフレットに交換することになりました。指板上で少し [続きを読む]