ナインノーツ さん プロフィール

  •  
ナインノーツさん: 古いギターはいい音がするのさ。
ハンドル名ナインノーツ さん
ブログタイトル古いギターはいい音がするのさ。
ブログURLhttp://9notes.jugem.jp/
サイト紹介文ギター工房ナインノーツではリペア、改造、チューンナップを行っています。人文、音楽、美術好き
自由文忌野清志郎の楽曲「温故知新」の一節に「古いギターはいい音がするのさ」と云うのがあります。大人になるのって案外いいものなんだぜ、と語ったバンドマン・清志郎。歳を重ねてよくなるものもあるのです。ギターもそのひとつ。新しいギターでは出せない音があります。ホンキートンクなギターをギターケースから取り出して、ご機嫌なブルースを奏でるギターにしてやろう。私にお手伝いさせて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/09/04 09:39

ナインノーツ さんのブログ記事

  • リペア ファイル その301
  • モーリス M−001N  / 駒はがれ・再接着 ブリッジ(駒)がめくれ上がってしまっています。アコースティックギター弦の張力は、6弦全部合わせると60キロ以上あります。なのでこんなことも起きるのです。この楽器は合板トップでしたので、板が引き裂かれていました。 少しづつパレットナイフを差し込んでブリッジを外します。なるべく表板のダメージに与えないように慎重に進めます。外したらブリッジが [続きを読む]
  • Katayama Guitar インフォメーション
  • 調整にやって来た「Katayama Guitar(片山ギター)KE−13」をリポートします。 この楽器の特徴は新しいPUシステムが搭載されていいるところです。”SMPU”と名づけられたこのPUは従来の”アンダー・サドル・タイプ”ではなくサドルとブリッジピンの間に取り付けられています。このPUは”コンタクト・ピエゾ”で、弦振動とトップ振動の両面を拾うことで「エアー感」のあるサウン [続きを読む]
  • リペア ファイル その300
  • ギブソン J−200 / 「スモークド乾燥」処理・フレット交換(オーバーバインディング)ナット交換・サドル交換・ブリッジ調整  「激鳴り!」という謳い文句で入手したJ−200が「看板に偽りあり」レベルの鳴りだったので、「スモークド乾燥」処理を所望されました。2本まで入れることができますので、以前調整したことがあるモーリスMG1002もいっしょにスモークしました。(パーツ脱着、クリーニング・バフ [続きを読む]
  • SINOMAN インフォメーション 4
  • "SINOMAN"のファンフレット・クラシックギター シノマンのスタンダード・シリーズではないのですが、お客様の探して見えた「ファンフレット・クラシックギター」が試作機として上海事務所で在庫確認できたので取り寄せました。大変珍しいギターです。スティール弦のアコギでは、ちょいちょいお目にかかる「ファンフレット・ギター」ですが、クラシックギターではほとんど作例を知りません。    12フレットが指 [続きを読む]
  • リペア ファイル その299
  • Otto Vowinkel 1998 / フレット打ち換え・ネックアイロン矯正・弦高調整 弦高が高くなって弾きにくくなってきたため、調整に来ました。点検するとネック12フレットから起き上がってしまい、仕込み角度が不足しサドル側では、弦高調整不能でした。「ネックアイロン矯正」だけで仕込み角度を付け直すと、12フレット以降が徐々に弦高が高くなってしまうため、ハイポジションを頻繁に使うクラシックギターの演奏には [続きを読む]
  • リペア ファイル その298
  • マーチン D16−A /  PU取り付け・ロッド調整・指板クリーニング・全体磨き マーチン・ギターにL.R.BAGGS ( エルアールバックス ) / Ibeam Active を取り付けました。 エンドピンジャックを取り付けるには、専用のリーマーが必要です。一度に大きな穴を開けずに、小さなリーマーを使って下穴を開けてから、大きなリーマーをドリルに装着して穴を広げます。 PUがサドルの真下に着くように位置決ジグを使 [続きを読む]
  • 小沢健二と小沢一郎
  • 新聞半面の広告に”小沢健二”のエッセイが載っていました。19年ぶりの新曲発表に合わせた広告ですが、お金が掛かっているね。 楽曲を紙面で伝えることはできないですが、”オザケン”の世界観を伝えることはできます。成功しています。いいクリエイターがついていますね。 その昔”フリッパーギターズ”の音楽性は趣味ではなかったですが、なぜか好きでした。「渋谷系」とか言われてお [続きを読む]
  • リペア ファイル その297
  • Bossa guitar / フレットすり合わせ・ロッド調整・フロイトローズ再設定・トグルスイッチ交換 昨今はBASS作製専一になっている”BOSSA”ブランドのギターです。ハイエンド・ギターの分類されるハイ・スペックなギターです。しばらくぶりにオーナーが演奏を再開されるそうで、ネック調整および全体の調整を依頼されました。 フレットが磨り減っています。またネックの反りもあります。ロッド調整 [続きを読む]
  • リペア ファイル その296
  • Hermann Hauser? ハウザー?世 AD2000 / フレット交換・サドル交換・ナット調整 クラシックギターの世界では、かならず名器に上げられるハウザー家。セゴビヤはハウザーを愛用していましたね。高貴な香りを持っており”ドイツ皇帝”のような存在です。 ネックがやや「順反り」かつ既存のフレットが低く感じるとのことで、背の高いミディアムフレットに交換することになりました。指板上で少し [続きを読む]
  • リペア ファイル その295
  • ギブソン J−45 /  「ANTHEM」PU取り付け 先に取り付けてあったPUシステムのノイズがひどいとのことで、新たにL.R.BAGGS社の「ANTHEM」に載せ換えました。エアー感のあるシステムゆえ、グレードアップをも狙っての依頼です。 L.R.BAGGS社が単体でも販売しているシステムの、ブリッジ下に貼り付けるマイク”Lyric”「Tru-Mic(トゥルーマイク)」とサドル下に取り付けるピエゾ「Element」が合 [続きを読む]
  • リペア ファイル その294
  • マーチン Dー35  / 弦長不足(サドル溝位置を後方に移す)・ナット交換・サドル交換・PU取り付け加工 FISHMAN ( フィッシュマン ) / RARE EARTH の取り付けを依頼されました。楽器全体をチェックしていたらサドルに不自然な加工がされています。どうやら「ピッチが合わない」のでサドルピークをいじっているようです。弦長を調べてみるとサドルの位置が適正な位置よりやや前に付いています。どこかで聞きましたが70 [続きを読む]
  • リペア ファイル その293
  • JAPAN ディ・アンジェリコ Jazz Line/ ネックアイロン矯正・フレット交換(オーバーバインディング・フレット端丸め処理)ナット交換 弦のゲージを上げるため(12−51)ネックが強度不足になり「反る」のを防ぐため、同時に高めのフレット希望のため ジェスカー♯♯55090にフレット交換しました。(フレットタングでネックを逆反りさせてネック剛性を高めるトラスロッドのないマーチンやクラシックギターでや [続きを読む]
  • リペア ファイル その292
  • Dieter Muller 2016 8弦 / フレット調整・サドル作製・サイドポジション入れ・全体調整 気鋭の新人ギタリスト・大手文明氏 所有の8弦クラシックギター ”ディッター・ミュラー”です。先にミュラー一族 ”フリッツ・ ミュラー”の調整をさせて頂きましたが、今度はその本家です。セラック仕上げのギターで大変完成度が高く、気品があります。私は楽器の値段で仕事の質を変えるこ [続きを読む]
  • リペア ファイル その291
  • ヤマハ F Gー401 W   / ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・ブリッジピン穴調整 珍しいヤマハの古いギターです。ブリッジが”アジャスタブル”になっていてギブソンのJ−45の”アジャスタブル・ブリッジ”を彷彿させます。この手の仕様は振動ロスが大きいのですが、それが却って独特のサウンドキャラクターを生み、個性のある楽器として存在感を醸し出します。    ネックが反 [続きを読む]
  • リペア ファイル その290
  • マーチン00−45 / バインディング剥がれ・ブリッジピン穴修正 華麗なマーチン・ギターです。小脇に抱えて歌の伴奏に最適な”00”タイプです。”45”なのでゴージャスでもあります。この楽器の代表的な使用者としては『ジョーン・バエズ』が有名ですが若い人には「?」かも知れませんね。ノーベル文学賞をもらった『ボブ・ディラン』の同志です。(『同志』という言葉自体が古典か?)   [続きを読む]
  • リペア ファイル その289
  • ミュージックマン・スティングレーBASS / フレット打ち直し・指板塗装・ナット交換・電池ボックス再加工 唸る低音と多彩な音作りが可能な”スティングレー”、今やPBやJBと肩を並べるレオ・フェンダーさんの傑作ベースになりましたね。フレットが磨り減り「交換時期」になりました。      ここまで減ると「すり合わせ」で対応できません。すり合わせして低くなったフレット高では左手が疲 [続きを読む]
  • リペア ファイル その288
  • フェンダーPB /  穴埋め・簡易塗装・PG整形 (THE MAD CAPSULE MARKETS モデル仕様に) 持ち込まれたときは、依頼主の手でボディが塗りなおされ かつレリック加工されていました。これを「ザ・マッド・カプセル・マーケット」のTAKESHI UEDA・BASS仕様に作り変えて行きます。    ピックガード用のビス穴を木栓を作って埋めます。さらにメーカーが塗装時に使っただろう大きな丸穴もプラグカッターで [続きを読む]
  • リペア ファイル その287
  • wechter tradition / フレット交換・ナット交換・サドル交換 プロミュージシャンのアコギ。ライブとライブの間を使っての修理です。すでによく鳴っているのでその勢いを落とさないでフレットワークでプレイヤビリティーに貢献したいですね。    フレットをやや背の高いタイプに交換します。このwechterは、エレキからの持ち替えを想定した設計になっていて、指板幅が細めで指板アールもヴィンテェージ・ス [続きを読む]
  • リペア ファイル その286
  • ギブソン レスポール・カスタム / フレット交換(オーバーバインディング)・ナット交換・電装系チェック ”ブラックビューティー”のLPカスタムです。フレットが減って来たためフレットをジェスカー♯55090に打ち換えました。 ナットも同時に交換しますが、叩いても簡単に取れてくれません。こういう場合は無理して外すと木部を痛めますので、ノコギリで切れ目を入れてから割りながら外します [続きを読む]
  • 一年を振り返って (ネックアイロン矯正とネックリセットの比較)
  •   一年がこんなに早く過ぎてはしまうのか。 それでも今年もいろんな仕事をやらせてもらい皆様には「有り難い」のひと事しかありません。リペアは一本ずつ内容が違うし、状態も違うので仕事が右から左へ片付く少ないのですが、それでも一本ずつ確実にこなせば信頼も上がるし、腕も上がって来ることが実感できています。 * さて今年の仕事内容を振り返ってみると、アコースティックに限ると「弦高が高く [続きを読む]
  • リペア ファイル その285
  • ヤマハ CJ−12 / ピエゾPU取り付け加工 大きなボディの生ギター。エレアコ化するためにPUを搭載します。 お勧めはLRバックス社の「Iビーム・アクティブ」です。いろんな後付けピエゾが販売されていますが、本機がコストパフォーマンス的に優れているでしょう。ブリッジ裏に貼り付けるタイプで本体に大きな加工をしないのが利点です。アンダーサドルPUを評価する向きもありますが、出力バランスが [続きを読む]
  • リペア ファイル その284
  • ギブソン LG-1 / 弦高が高い(ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・ナット交換・サドル交換)ブリッジピン交換 ヴィンテージのギブソン・アコースティックLG−1です。小ぶりなボディで女性アーティストに人気のギターですね。入手後「弦高が高い」とのことで調整のため持ち込まれました。    点検すると「ネック元起き」「ネックの順反り」と「表板の膨らみ」が進行しているのが解りました。表板 [続きを読む]
  • リペア ファイル その283
  • FERNANDES PIE-ZO / 電装系チェック フェルナンデスのロングセラー商品”ZO−3”シリーズのBASSバージョン。マグネットPUではなくピエゾPU仕様なので「ピエゾー」の名を持つ。命名からして当たりでしたね。「ぞーさん」という名前とルックスがいいんです。スイッチを入れると目に当たる部分の赤いLEDが光るところが可愛いのね。 ボリュームノブやon-offスイッチを触る [続きを読む]
  • リペア ファイル その282
  • タカミネ NPT-110N / ネックアイロン矯正・フレットすり合わせ・サドル交巻 だいぶ以前にカスタムオーダーしたいう”Takamine ”。 スチール弦ですがナイロン弦なみのワイド指板に スロットヘッドを持つこのギターは、海外仕様を元に作られているそうで、”オールつや消し塗装”っていうのも含めて珍しいですタイプです。    「弦高が高くなって弾きにくい」とのことで点検しました。「 [続きを読む]