行政書士試験WEBアドバイザー さん プロフィール

  •  
行政書士試験WEBアドバイザーさん: 行政書士試験〜無料合格ノート
ハンドル名行政書士試験WEBアドバイザー さん
ブログタイトル行政書士試験〜無料合格ノート
ブログURLhttp://gyousei-dokugaku.info/
サイト紹介文行政書士試験合格のお手伝い。主に民法、憲法、行政法、会社法の解説
自由文試験合格のお手伝いをいたします。主に民法を始め、憲法や行政法、会社法等の問題の解説をしていきます。少しでも受験生の方々のお役に立てれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/09/04 17:22

行政書士試験WEBアドバイザー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 人権の享有主体性について〜その2
  • では、法人の人権享有主体性についての判例を2つほどご紹介いたします。どの判例もとても有名ですのできっちりとおさえてしまってください。南九州税理士会の政治献金事件(最判平8年3月19日)【事案】強制加入団体である税理士会が、税理士法を税理士業界に有利なものにするため、その資金として会員の税理士から特別会費を徴収た上、それを政治連盟に寄付しました。それに対して怒った会員が、その行為は会員の思想・良心の自 [続きを読む]
  • 人権の享有主体性について〜その2
  • では、法人の人権享有主体性についての判例を2つほどご紹介いたします。どの判例もとても有名ですのできっちりとおさえてしまってください。南九州税理士会の政治献金事件(最判平8年3月19日)【事案】強制加入団体である税理士会が、税理士法を税理士業界に有利なものにするため、その資金として会員の税理士から特別会費を徴収た上、それを政治連盟に寄付しました。それに対して怒った会員が、その行為は会員の思想・良心の自 [続きを読む]
  • 人権の享有主体性について〜その2
  • では、法人の人権享有主体性についての判例を2つほどご紹介いたします。どの判例もとても有名ですのできっちりとおさえてしまってください。南九州税理士会の政治献金事件(最判平8年3月19日)【事案】強制加入団体である税理士会が、税理士法を税理士業界に有利なものにするため、その資金として会員の税理士から特別会費を徴収た上、それを政治連盟に寄付しました。それに対して怒った会員が、その行為は会員の思想・良心の自 [続きを読む]
  • 集中力が続かない…覚えられない(-.-;)
  • こんにちは。今日はこのようなタイトルで記事を書いてみたいと思います。「集中力が続かない…覚えられない(-.-;)」おそらく受験生であるなら誰しもがこのような思いをしたことがあるのではないでしょうか。私もH21年度の試験勉強のときには正直何度もこのような思いをしたことがあります。さぁ今日も勉強するぞ!と意気込んでも、30分後には…(-.-;)アウウウ…今日はやめておこう!明日頑張ろう!こんな感じになってしまうことが [続きを読む]
  • 集中力が続かない…覚えられない(-.-;)
  • こんにちは。今日はこのようなタイトルで記事を書いてみたいと思います。「集中力が続かない…覚えられない(-.-;)」おそらく受験生であるなら誰しもがこのような思いをしたことがあるのではないでしょうか。私もH21年度の試験勉強のときには正直何度もこのような思いをしたことがあります。さぁ今日も勉強するぞ!と意気込んでも、30分後には…(-.-;)アウウウ…今日はやめておこう!明日頑張ろう!こんな感じになってしまうことが [続きを読む]
  • 平成27年度行政書士試験まであと少し!
  • 受験生の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。平成27年度行政書士試験まで残りあと僅かとなりましたね。今年が初受験の方、今年こそはと意気込んでらっしゃる方、とりあえず様子見受験の方、様々かと思いますが、これまで努力して積み重ねてきたことが100%発揮されることを願っております。とはいっても、近年の行政書士試験…確かに難しいです。そう簡単に合格させてもらえない試験です。私はこの試験、意味不明に3回受験して3回 [続きを読む]
  • 平成27年度行政書士試験まであと少し!
  • 受験生の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。平成27年度行政書士試験まで残りあと僅かとなりましたね。今年が初受験の方、今年こそはと意気込んでらっしゃる方、とりあえず様子見受験の方、様々かと思いますが、これまで努力して積み重ねてきたことが100%発揮されることを願っております。とはいっても、近年の行政書士試験…確かに難しいです。そう簡単に合格させてもらえない試験です。私はこの試験、意味不明に3回受験して3回 [続きを読む]
  • (民法)債権者代位権〜その3
  • では、例外的に代位行使することのできる場合の判例です。名誉棄損に基づく慰謝料請求権の代位行使(最判昭和58・10・6)「思うに、名誉を侵害されたことを理由とする被害者の加害者に対する慰藉料請求権は、金銭の支払を目的とする債権である点においては一般の金銭債権と異なるところはないが、本来、右の財産的価値それ自体の取得を目的とするものではなく、名誉という被害者の人格的価値を毀損せられたことによる損害の回復の [続きを読む]
  • (民法)債権者代位権〜その2
  • 債権者代位権についての民法第423条です。民法第423条 債権者代位権1 債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。2 債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただし、保存行為は、この限りでない。今回は、債権者代位権を行使するための要件についてお話し [続きを読む]
  • (憲法)人権の享有主体性について
  • 日本国憲法には素晴らしい人権規定がいくつも列挙されていますね。(素晴らしいかどうかは人によりけりですが…)でもこの憲法で保障されている人権は、様々な理由により、無条件に誰に対しても何に対しても保障されるというわけではないんですね〜。人権を享有する主体とその範囲についてをお話していきます。具体的には、「天皇」・「未成年」・「法人」・「外国人」が問題となります。1、天皇の人権享有主体性肯定説、否定説、 [続きを読む]
  • (民法)債権者代位権〜その1
  • いやぁ〜だいぶ暑くなってきましたね〜。おまけに雨のせいで湿度も高いもんだから、なんだか息苦しさを感じている今日この頃です。さて、今回からは債権者代位権についてお話していこうと思いますが、受験生であればこの言葉を知らないなんて人はいないですよね〜??でも、実は中身についてはそこまで理解できていないなんて人は多いかもしれません。ところで、もう10年くらい前になりますでしょうか。私がまだ大学生だった頃、友 [続きを読む]
  • (民法)第714条〜責任無能力者の監督義務者の責任〜その2
  • 前回は、責任無能力者(ex,12歳以下程度の未成年者)の賠償責任は法定の監督義務者が原則負わなければならないということをお話しました。そして、714条但し書きにある一定の事項を監督義務者が証明することができれば、その責任を免れることができるというものでした。では、責任能力のあるとされる未成年者が負った賠償責任は監督義務者が負うことになるのでしょうか?[事例]中学3年のAはスマホをいじりながら自転車を運転中、同 [続きを読む]
  • 過去の記事 …