堤防 さん プロフィール

  •  
堤防さん: 会津の自然と汽車
ハンドル名堤防 さん
ブログタイトル会津の自然と汽車
ブログURLhttp://shinanomachi.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文東京から会津若松に転勤になり30数年間眠っていた鉄の血が騒ぎ始めました?!
自由文会津の自然の中を走る汽車の虜になりました!
 C57 D51 C11といったSLに583系と懐かしい主役が会津の山々を走ります。 
 SLばんえつ物語はじめ皆さんの撮影のご参考になればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2012/09/05 20:03

堤防 さんのブログ記事

  • (特集)早出川橋りょうの魅力(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 早出川橋りょうの魅力 2017/5/21 下り 早出川橋りょうの魅力はなんたって、築100年を超える由緒ある橋りょうや橋脚です。そして早出川の清流、夕陽やトワイライトが旅愁あるシーンを盛り上げてくれます。早出川の魅力をまとめると (1)由緒ある早出川橋りょう(2)夕陽のギラリとシルエット(3)トワイライト(4)早出川の清流(5)橋りょうに登る築堤(6) [続きを読む]
  • (245)中前田踏切(堂島→会津若松)
  • 戻る磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 中前田踏切 2017/7/22   会津若松も近い磐越自動車道手前の中前田踏切付近には、沿線では貴重な蓮田があり、7月には綺麗な蓮の花を求めファンが集まります。このあたりはばんえつ物語は速度が速いです。付近は未舗装の狭い道なので駐車には気を付けてください。【夏】 2017/7/22   当然蓮田には入れませんのでアングルは限定されます。晴れた日は逆光になります。既にハスの花は終 [続きを読む]
  • ばんえつ物語(2017/7/22下り)
  •  下りの頃になっても30度を超す陽気ですが、途中津川の辺りから想定外の青空に太陽が出てきました!よもやの夕陽の期待が膨らみますが...今日の1枚 2017/7/22 新関→東新津 新関駅先 百日草は時としてとても面白い絵になることがあります。バックの豆畑も綺麗で梅雨を締めくくるシーンとなりました。 2017/7/22 姥堂→会津豊川 姥堂駅先  上りの締めは会津若松近くの蓮の花でしたが、下りのスタートは姥堂駅先の蓮の [続きを読む]
  • ばんえつ物語(2017/7/22上り)
  •  関東は梅雨明けしてますが、東北は梅雨前線が北上してこの週末も雨マークです。会津盆地では34.5度でしたが煙と夏の花の行方は...今日の1枚 2017/7/22 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう  今年は30数度の暑さの中でもここは煙がでてくれます。並んだ花が橋りょうに合いました。 2017/7/22 東新津→新関 大関道踏切先  今日のスタートは新関駅手前のいつもの場所です。ここのアジサイは結局咲かず百日草のシーズンになり [続きを読む]
  • はじめての「やまぐち」へ
  •  1973  山陰本線 D51911 1973/8 山陰本線 浜田 C57101  昨晩は磐越西線で知り合ったT氏の縁で、T氏の友人の友人と鉄の飲み会でした。はじめてお会いしたつもりだったのですが、磐越西線で何度も遭遇していたとのこと?!しかも高校からの先輩とあれば旧知の知り合いのようでした。 そしてその先輩方にご一緒させていただいて、9月にはじめての山口線に行くことになりました。中国地方といえば現役時代はやはり山陰本線で [続きを読む]
  • (特集)尾登の魅力(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 尾登の魅力 2015/8/9 下り 小さな駅、尾登駅付近には地元の方が季節の花を大切に育てられています。線路際には小さな畑ですが、一面の菜の花やコスモスが咲きます。また駅の両側に桜の木があり、春先楽しめます。 下りは愛宕山トンネルが11‰、上りも駅手前まで少し上ってくるので駅までは煙が期待できます。花の尾登駅の魅力は  (1)桜(2)菜の花(3)百日草 [続きを読む]
  • (特集)上野尻の魅力(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 上野尻の魅力  2017/4/2 上野尻駅を出てカーブを右に曲がると広い田園地帯に出ます。細田新田踏切付近の畑には季節の花があり、バックの飯豊山と共に見せ場となります。下りについては上野尻国道オーバークロスからの田園地帯を行く姿が絵になります。上野尻の魅力は  (1)残雪の飯豊山(2)桜(3)季節の花(4)ススキ(5)水田の四季(6)俯瞰  こんなとこ [続きを読む]
  • (特集)五十島の魅力(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 五十島の魅力 2015/6/22 ばんえつ物語は五十島駅を通過すると吉津トンネルに向けて猛ダッシュをかけます。途中踏切先の築堤あたりには花が咲き、五十母川橋りょうではサイドや正面からいろんなシーンが楽しめます。一方下りも爆煙の時があり、馬鹿にできないです。最近は橋りょうより築堤付近の方が人気となっています。  (1)踏切先の爆煙(2)季節の花(3)五十 [続きを読む]
  • (特集)深戸の魅力(2017年版)
  •  いやぁナロネ21さんのコメントがなかったら今頃鹿瀬あたりに行って待ちぼうけしてました...ありがとうございます。!祭日なのに運転がないとはトホホ...撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 深戸の魅力  2016/9/10   深戸橋りょうから平瀬トンネル入口までは上り勾配が続き、ばんえつ物語も猛ダッシュする場所です。この煙のシーンに水田や畑の花を組み合わせて撮ることが出来ます。畑附近の築堤は草 [続きを読む]
  • 我が家のSカーブとアジサイ
  •  2017/7/15  今日は鉄はありません。長野信濃町の我が家のSカーブとアジサイです。渓流を逆Sの字になるよう石を積み上げました。手前にはアジサイがあるのですがまだ咲いてません。ヤマアジサイは綺麗に咲きました。磐越西線沿線にはヤマアジサイはあまりありませんが、五十母川橋りょうのトンネル寄りにありました。  2017/7/15  昨年は滝の下踏切で目の前でクマに遭遇、阿賀の里対岸でも遠くの線路を横切りました。昨日我 [続きを読む]
  • (488)芹沼(野沢→上野尻)
  • 戻る磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 芹沼 2017/7/22 芹沼にはタチアオイもあり安座川橋りょうからカーブを曲がってくる姿を撮ることが出来ます。上り下りともに煙は出る場所です。【夏】 2016/6/25  ここのタチアオイは少し品種が違うようです。  2017/7/8   ここは晴れると列車だけに夕陽が当たります。手前の花には日が当たらないので考慮する必要があります。 2017/7/8   煙は割と期待できる場所なので花はな [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  •  2014/8/31 五十島→三川 五十母川橋りょう  暑中お見舞い申し上げます。  関東は蒸し暑い日が続きます。磐越西線沿線は7月になって梅雨の本格的な雨でなく、曇りで一時雨といった天気が続いています。今日はカンカン照りになりそうですが、この3連休もそんな感じで、晴れマークは望めそうもありません。最近は夕陽がないとテンションが上がらないのですが、3連休も駄目そうで後半にアジサイを追いかけてみます。最近凝 [続きを読む]
  • (特集)黄昏を撮る(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 黄昏を撮る 2017/4/2 猿和田→五泉 早出川橋りょう 「黄昏」とは日没直後、西の空に夕陽の名残の茜色が残る時間帯です。ばんえつ物語では当然下りの野沢から先辺りが狙い目となります。日没後30分ぐらいは雲の有無等によって素晴らしい黄昏の茜色が演出される時があります。 2016/11/12 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進 [続きを読む]
  • (特集)夕陽を撮る(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 夕陽を撮る 2017/5/28 早出川や馬下の夕陽のギラリは大人気ですが、夕陽を入れたシーンも素晴らしいものです。日没ギリギリを狙うので列車が間に合うかもドキドキもんです。太陽を直接入れるので露出の失敗やゴーストの発生、シルエットにするかの判断も難しく、それだけに成功した時の感動もひとしおです。一般的には雲がない強烈な夕陽の時は、太陽が強すぎるのでギラ [続きを読む]
  • (489)第2中野踏切(北五泉→新関)
  • 戻る磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 第2中野踏切  2017/7/8  北五泉から新関の間は水田地帯を走り、第2中野踏切付近では夕陽バックやギラリを撮ることが出来ます。新関付近と並んで夕陽を横に撮れる貴重な場所です。【春】 2013/5/18 線路際まで水田があるので水鏡には絶好の場所です。来年は水鏡の時期にチャレンジしてみます。 2013/5/18  北五泉方向は残雪の山がバックになります。【夏】 2017/7/8   シルエ [続きを読む]
  • (244)東新津のSカーブ(新津→東新津)
  • 戻る磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 東新津のSカーブ 2017/7/8 東新津駅の手前、石付製油踏切を挟んで丸新道踏切手前までは長めですがSカーブとなっています。ここは石付製油踏切あたりまでは力行しますので煙は多少はあります。線路際には住民の方がアジサイやコスモスを育てていますが、小さな畑もあるので注意が必要です。両側には家がありますが、木もあるのでうまく撮れば街中に見えないSカーブとなります。【夏】  [続きを読む]
  • ばんえつ物語(2017/7/8下り)
  •  今日は17時を過ぎてもまだ32度の陽気の梅雨の中休みでした。久しぶりの夕陽が期待できそうですが今日の成果は...今日の1枚 2017/7/8 北五泉→新関 第二中野踏切  暫くご無沙汰していた夕陽のシーンです。今日はいつもの場所でなく、はじめての場所で撮ってみましたが、夕暮れの田んぼの緑がよかったです。  2017/7/8 喜多方→山都 舞台田踏切  下りのスタートは舞台田のタチアオイです。濁川橋りょうの塗装工事も [続きを読む]
  • ばんえつ物語(2017/7/8上り)
  •  今日は梅雨前線が南下して東北は暑い日になりそうです。アジサイ、タチアオイも終期で,スタートから30度を超え、会津盆地では34度になりましたが...今日の1枚 2017/7/8 鹿瀬→日出谷 寺前踏切  梅雨の合間の真夏日となりましたが、ここはいつものように爆煙でした。  2017/7/8 新津→東新津 東新津のSカーブ  今日のスタートは新津市街のアジサイです。スタートから30度の真夏日になりました。 2017/7/8 猿 [続きを読む]
  • (特集)一の戸橋りょうの魅力(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 一の戸橋りょうの魅力 2016/9/17 上り 進行左手の蕎麦畑より 一の戸橋りょうの魅力はなんたって百年を越す歴史を持つ高さ24m長さ445mにも及ぶ16連の橋りょうの迫力と、一の戸川の清流、そして周辺の田園風景とのコンビネーションです。一の戸橋りょうの魅力をまとめると (1)美しい橋りょう(2)爆煙(3)飯豊山(4)桜(5)菜の花(6)一の戸川の清 [続きを読む]
  • (特集)アジサイを撮る(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド アジサイを撮る   2016/7/2 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場   ばんえつ物語では意外に「アジサイ」とのコラボを撮れる場所は多くありません。線路端にあって有名なのが北五泉駅の前後と猿和田駅の馬下より、咲花駅の東下条よりぐらいです。また端村のゲートボール場は少し離れていますが人気があります。あとは個人のお宅とか数株程度の花になります。 季節的に [続きを読む]
  • (487)寺前踏切(日出谷→鹿瀬)
  • 戻る磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 寺前踏切 2017/7/2  鹿瀬小学校の先、鹿瀬駅との間には寺前踏切があり、上りは爆煙ですが下りも煙が出る場所です。踏切手前には毎年ピンクの背の高い立派なタチアオイが咲き絵になり、道路から撮ることが出来ます。【夏】  2017/6/24   16時を過ぎても30度の陽気でした。ようやくタチアオイも咲きましたが、まだまだ花は根元でした。 2017/7/2   本降りだったので、思い切っ [続きを読む]
  • ばんえつ物語(2017/7/2下り)
  •  今日は撮影予定はなかったのですが、なんとか時間が出来て17時から撮影開始となりました。しかし雨は本降りで、しかも到着してみるとばんえつ物語は四季島のトラブルの影響で30分近くも遅延していました。鹿瀬から盛期のタチアオイを撮りながら、今日の目的はようやく咲き始めた北五泉のアジサイでしたが、「(特集)雨の中で撮る」になってしまいました...今日の1枚 2017/7/2 津川→三川 京の瀬  梅雨のシーンとしては [続きを読む]
  • ばんえつ物語(2017/7/2下り速報版)
  •  今日は撮影予定はなかったのですが、なんとか時間が出来て17時から撮影開始となりました。しかし雨は本降りで、しかも到着してみるとばんえつ物語は停電の影響で30分近くも遅延していました。鹿瀬から盛期のタチアオイを撮りながら、今日の目的はようやく咲き始めた北五泉のアジサイです。通過は遅延の影響で19時も近く夜アジサイですが...今日の1枚 2017/7/2 五泉→北五泉 北五泉駅進入  北五泉のアジサイはようや [続きを読む]
  • (特集)水鏡を撮る(河川編)(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 水鏡を撮る(河川編)  2017/5/21 猿和田→五泉 早出川橋りょう 水鏡は線路際の田植え前後の水田が面白いですが、橋りょうが河川の水面に映る水鏡も楽しいものです。河川では水面がざわつくような風雨、あるいは流れがきつい日は条件が揃いません。逆にそんな中、水面に映る列車を撮れた時の喜びはひとしおです。磐越西線では阿賀野川をはじめ、支流の早出川あたりで [続きを読む]
  • (特集)立葵(タチアオイ)を撮る(2017年版)
  • 撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 立葵を撮る  2016/7/2 津川→鹿瀬 津川駅発車   昔から立葵の存在は知っていましたが、この時期はアジサイを撮るものだと、あまり気にしていなかったのですが、美しい赤やピンクの花がとても映えるのがわかって、撮り始めたらやみつきになってしまいました。 立葵は会津若松市の花でもあり、ちょうど梅雨の頃に咲き、畑の隅に植えられていることが多く、多年草なの [続きを読む]