有里 さん プロフィール

  •  
有里さん: ふる里が有るかぎり
ハンドル名有里 さん
ブログタイトルふる里が有るかぎり
ブログURLhttp://ameblo.jp/awakening-road/
サイト紹介文向こう見ずな人間が、愛・命・人を知りたくて、自転車に乗って世界一周をする。想いを詰めたブログ
自由文このブログは長旅の伝言板であり、語り合う場である。

自分勝手でへたくそで、わかりにくい文章ももちろんある。


けれど、ほんのちょっとのことでも沢山の人とシェアしたくて

みんなで、何かを感じたくて

みんなで、世界を変えたくて

だから、みんなと自分の心に呼びかける。

ねえみんな
一緒に、この乾いた世界に雪を降らせてみたいと思わないか?!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/09/06 11:45

有里 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Wall Flower
  • Dear friendsこれから観る作品、これまで出会ってきた作品について、今の自分なりに検証してみたい。映画を含め、芝居やダンス、それ以外のものにもふれてみようと思う。今回は「ウォールフラワー」(映画版)原作は、スティーブン・チョボスキーというアメリカ作家さんの作品。今回その原作が映画化されたのである。ちなみに、読んだことはない。(読んでみたくなった…)今回はとりあえず言葉を羅列していこうと思う。というか [続きを読む]
  • 今宵も我が身はマックかな。
  • Dear friendsおはよう。この原稿を書いているのは、24h営業の店内だ。最近よくありすぎる朝帰りパターンなわけ。表現することについて突っ込みたいっていう衝動で、劇団の研修生という役柄に飛び込んでみた訳なんだけど。今までは全身のどこかで、制御してきた自分の姿っていうか、いい意味で、崩壊してきてる。ほんと、自転車の旅をしていた時よりも泥臭いよな。(笑)正直、週の半分は終電を逃してる。なにやってんだろう、まだ [続きを読む]
  • グレーゾーン再来。
  • Dear friendsこんばんは。とっても自然な日記を書いていたはずなのに・・・。途中で頭の集中が切れてしまう。今の自分は自分にぶつかって、なにもできずにいる。以前より、体力的には追いつける状態(稽古のね)にはなってきているのに、精神がついていかない。覚悟が出来ていないというか、どこかで、踏みとどまってる。進むことを辞めてしまっている気がする。なにが面白いんだろう。なにが、自分を越えて表現するということな [続きを読む]
  • 表現について考えるとき、はたまた語るとき。
  • Dear friendsこんばんは。もはや、このブログはメモ書き状態・・・いやそれ以下な気がする。書いていこう、と思えど家に帰れぬ日々が続いたり、頭の中がごちゃごちゃであったりと、しかし、こうして言葉として整理しておくことは、話すときのアウトプットが遅い自分にとってはとても重要な訓練であり、欠かせない行為なのだ。と言いつつ、ここまでサボり続けてきたわけなのだが。「演技」について考えた。そもそも、去年の今頃ま [続きを読む]
  • 第一稿目 
  • Dear friendsみんな、久しぶり。とは言っても、1年半も休んでいたし、ほとんど読む人はいないだろうし。いたとしても「はじめまして。」だろうな。なぜ、いま、また書き出すのかといえば、誰かに向ける言葉として、紙に言葉を書くことが億劫だからだ。自分だけのメモはいくらでも書いているんだけど、それだけじゃ足りなくなってきた。自己紹介は、とりあえず、過去の投稿のまま。とにかく日々の記録をここに残していきたい。で [続きを読む]
  • なにもない言葉
  • Dear friendsこんばんは!こんなよる遅くにちょっぴり書いてみる。本当に久し振りだ。なんだかんだで、やっぱり、今まで以上に身の回りのことに夢中になってしまっているのかもしれない。いや、ただコントロールできていないだけかもしれない。ここ2ヶ月が過ぎ、懸念していたガッツリ看護学生生活にもなんとなく付き合ってきた。まあ、この先どう転んでいくかは二進も三進も予測することはできないのだが。・・・ってこれって言 [続きを読む]
  • なにもない夜のつぶやき
  • Dear friendsこんばんは!そして、お久しぶりです^^このブログを書くのはかれこれ・・・  一ヶ月ぶりかもしれません。 これまでずっと、何かと理由をつけて「書く」ということを避けていたような気がします。それでもやはり、文字に起こすという行為は、自分にとってはあってはならない行いのような気がして・・・結局、戻ってきたわけですが。(笑)戻るきっかけになったことといえば、いろいろあって、いつも描いていた国 [続きを読む]
  • 過去の記事 …