かこ さん プロフィール

  •  
かこさん: 音と紅茶の時間〜ココロデザイン
ハンドル名かこ さん
ブログタイトル音と紅茶の時間〜ココロデザイン
ブログURLhttp://oto.cocorodesign.net/
サイト紹介文音楽と恋の話、想い出話、今の心模様に、紅茶を添えて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/09/06 18:16

かこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 梅の魔女
  • 梅シロップを漬けて2週間。すでにほぼ氷砂糖は溶けていて、炭酸で割って飲みはじめている。そろそろ梅の実を取り出して火を入れないと、と思う。小鍋に梅シロップを漉しながら入れる。とろりとした薄い金色の液体。弱火にかけながらゆっくりかき混ぜると、鍋の中心で、くるくると小さな氷砂糖の粒が回る。粘度のある透明の液体が、ゆっくり重くスプーンに絡みながら渦を描く。鍋底から小さな泡が生まれ、氷砂糖と一緒にくるくる周 [続きを読む]
  • 幸せとかいうもの
  • 自分で何をしているときが居心地がいいのか、ちょっといい気分になれるのか、嬉しくなってしまうのか、楽しい気持ちになるのか、そういうのを分かっていたいし、日々見つけたいなって思う。元気がでないときも、モヤモヤするときも、胃が痛いようなときも、ほんのひとときそこから気持ちを離して、ちょこっと楽しめることをしてみる。素敵だなってものに出会ったときは、じんわりとその素敵さと喜びに浸っていたい。ちょこっと嬉し [続きを読む]
  • お金の使い方
  • 最近、お金を支払うときの気持ちが少し変わった。以前は、受け取る品物の対価を支払う、という感覚だったのだけれど、今は、好きなものとそれを生み出してくれる方や企業が、これからも物作りやサービスを続けていけるように、お礼と応援の気持ちを込めて資金の一部を提供する、という感覚に切り替わった。何を購入するにしても、好きだなぁ、これからも続いてほしいなぁと思うことに、感謝や願いをのせていると思うと、安ければい [続きを読む]
  • 坂道下って、空を見上げて、帰ろう
  • 私の家は、坂の下にある。行きは上りで、帰りは下り。帰り道の坂は、いくつかあるのだけれど、私は、夕方、この坂を下るのが好き。空がとても広くきれいに見えるから。薄暗くなって、風が吹いて、空が夕焼けだったり、残った光が様々に見える。雲の形も季節や日によってぜんぜん違う。白く月が見えるときもある。写真に残そうとすると、電線がたくさんで、あまりいい絵にはならないのだけれど、目で見るときは気にならない。自転車 [続きを読む]
  • 2016夏ルピシアお茶の福袋(梅13梅15)ティーバッグ・ネタバレ♪
  • 今回も購入しました。LUPICIAのお茶の福袋。梅の福袋は、3240円で6480円相当のお茶が入っているというもの。いつもノンフレーバードのティーバッグを購入するのですが、たまにはフレーバーのある紅茶も少しは飲みたいなー、ルピシアは紅茶以外もおいしいんだよね、ということで、バラエティー(紅茶・緑茶・烏龍茶)も一緒に購入してみました♪一袋に各々10個のティーバッグが入っています。好きなのたくさん入ってましたよ♪■梅 [続きを読む]
  • やわらかなやさしさとしあわせとふあん
  • 転職して半年になるんだけど、大丈夫かな私、って不安になるの。そんなに忙しくないし、周りの人達は優しいし、失敗しても、指摘はされるけど怒られたりしないのね。あ、わかる、何事もないのに心配になってくるんだよね。私、ちゃんと役に立てているのかなぁ?って思う。任された仕事はしっかりやっているつもりなんだけど。大丈夫なんじゃない?冷たくされているわけじゃないんだよね。そうなんだよね。皆、穏やかで優しいの。長 [続きを読む]
  • つつじ〜ツヅキサキギ(続き咲き木)〜躑躅
  • つつじがね、ずっと咲いているの。と、彼女がつぶやいた。桜がつぼみをつける前から咲き始めて、白に赤紫に薄桃色に赤に色とりどりに咲き乱れて。桜が散っても、何も気にしていないように、花をびっしり咲かせて。チューリップが咲き終わっても、春人参の出荷が終わっても、春薔薇が咲いても、まだまだ花がたくさんついているの。しかもね、つつじは咲きながらしおれたり枯れたりしないから、いつまでも葉の上には綺麗な花しか咲い [続きを読む]
  • クリエイター or パクリエイター ?
  • 人は模倣から始める。素敵な言葉を紡ぎたいと思う人は、きっと心に響く言葉を読んで、自分でもそんな文章を作りたいと願ったのだろうし、素敵な写真を撮りたいと思う人は、きっと写真を見て心を打たれたことがある人なのだろう。歌いたい、楽器を弾きたい、踊りたい、絵を描きたい、アクセサリーを作りたいetc、いろいろな表現の方法はあるけれど、何かを作りたいと思う人は、過去に誰かが作ったものを受け取り、憧れ、自分もその [続きを読む]
  • 傷が治りゆく痛み
  • 親知らずを抜いた。麻酔をして、大きい歯だったけれど、素直にまっすぐ抜けて出血はあまりなかった。化膿止めと痛み止めが処方された。 今は出血が止まっているけど、どうなってるのかなって舌で触ったりすると、傷が開くから気をつけてね。 二時間経ったら、麻酔が切れるから、その前に一度、痛み止めを飲んでおくといいよ。引っ掻いたり、引っ張ったりして、傷ついたところが痛むはずだから。 それから、二・三日経った頃に、 [続きを読む]
  • 本を読むということ
  • 私は小さい頃、本ばかり読んでいて、頭でっかちな子供だったように思う。知識だけ貪るように吸収して、世界のいろいろなことを分かっていると過信していた。少し大きくなって、実際に自分の身を以て経験したとき、ああ、あの本に書いてあった文章は、こう表現されていた感情は、こういうことだったのか、と実感した。たとえば、身を焦がすような、という気持ちであったり。私は、本当は、何も知らなかったのだと。文章を読んで想像 [続きを読む]
  • 本の虫
  • 小・中・高校と、私は時間があれば、いつでも学校の図書室に行って、ずーっと本を読んでいた。本を開く時は、誰にも話しかけられず、誰にも気を使わず、一人になれる時間だった。今いる自分の場所ではない、本の中の異世界に没頭できる時間。いつもいる図書の先生。顔を知っているいつもの人ではあるけれど、言葉を交わすのは、本を借りたり、返す時だけ。その距離感が居心地よかった。本を読むのが好き、という中には、誰とも関わ [続きを読む]
  • 過去の記事 …