森つねと さん プロフィール

  •  
森つねとさん: もりもりジャーナル
ハンドル名森つねと さん
ブログタイトルもりもりジャーナル
ブログURLhttp://morimori.blog-mmo.com/
サイト紹介文日本共産党衆院北海道3区国政対策院長 森つねと がもりもり情報をお伝えします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/09/06 21:25

森つねと さんのブログ記事

  • 虚構の3分の2
  • 週末は雨天に悩まされました。特に小学生のお子さんを持つ札幌市内のご家庭は運動会の開催をめぐって、ぐったりされたのではないでしょうか。街頭宣伝も一苦労でした。しかし、雨に打たれながらも旗を持ち、手を振り続ける後援会員、党員の姿を見て、身が引き締まる思いで訴えました。 安倍政権の暴走が止まりません。安倍首相は2020年に新憲法を施行したいと改憲を「宣言」。自衛隊の違憲性を認めて憲法9条に明記し、無制限の [続きを読む]
  • 衆院法務委員会で強行採決!
  • 今日、午後1時10分すぎ、衆院法務委員会で「共謀罪」法案が可決しました。正確に言えば、可決した「らしい」。街宣の合間、リアルタイムで中継を視聴していましたが、状況がよくわからないほど急展開で、抗議する野党議員らの怒号が響き渡るなかでの強行採決でした。約束されていた安倍首相の出席もありませんでした。 賛成したのは自民、公明、そして維新。修正案の賛成討論に立った維新の丸山穂高議員は「委員長、もういいで [続きを読む]
  • 行き着く先は戦争国家
  • 「(安倍政権が)恐ろしいです。頑張ってください」雨の中、札幌市内で行った今日の街頭宣伝。玄関先で最後まで演説を聞いてくれた初対面の女性から願いを託されました。頬を伝ったひと粒の涙にすべての思いが込められていました。国会は「共謀罪」法案をめぐって緊迫した状況が続いています。政府・与党は衆院での審議時間が30時間を超えることを理由に審議を打ち切り、17日の衆院法務委員会で採決、18日の本会議で衆院を通過 [続きを読む]
  • 家族とともに
  • 連休明けで体が追い付かないという方もいれば、連休中もお仕事だった方もいると思います。みなさん、お疲れ様です!私も連休中は何かと走り回っていましたが、束の間の休日を家族と過ごしました。遠出も考えましたが日程が合わず、息子が小さいこともあり、近場での外食と公園で散歩。それでも十分に楽しめました。公園の桜は見頃を少し過ぎていましたが、気持ちのよい風が吹き、家族そろった時間を息子も満喫している様子でし [続きを読む]
  • 立憲主義破壊の「改憲宣言」を許さない!
  • 安倍首相が改憲にむけて異常な執念を燃やしています。日本会議が事務局の改憲集会で3日、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」とビデオメッセージで述べました。行政府の長が期限を区切って改憲を主張すること自体、立憲主義を踏みにじる大問題であり、首相の資格がありません。もちろん、改憲の狙いは憲法9条です。「自衛隊を合憲化する」と述べ、9条の1、2項を残しながら自衛隊を書き込む考えを示しています。 歴代 [続きを読む]
  • 「ハッピーバースデー日本国憲法」
  • 昨日、5月3日は札幌の大通公園で行われた「戦争をさせない北海道委員会」と「北海道弁護士連合会・札幌弁護士会」主催の2つの集会とデモ行進に参加しました。日本国憲法の施行から70年目のこの日、23度まで気温が上昇するなか、大勢の市民が憲法を守る決意をあらたにしました。デモが終わった地点で、ある男性と出会いました。道庁前の反原発抗議行動で立ち続け、いつも鋭い言葉で問題提起をしている男性。この日はとても穏や [続きを読む]
  • 「フーフーするね」
  • 今日は札幌の南区で活動した後、千葉なおこさんからプレゼントをいただきました。クリップです。たすきをかけるとき、そのままでは肩からずり落ちるのでクリップで留めます。事務用品として使われる普通のクリップなのですが、たすきの色と同色でかわいい顔もついたもの! 「百均なので〜」と謙遜されていましたが、値段ではなく気持ちが本当に嬉しい。もったいないので、大事にとっておきたいと思います。小さな娘さんも一緒 [続きを読む]
  • 第88回メーデーに参加して
  • 今日は第88回メーデーでした。北海道集会に参加。ひんやりとした気温でしたが雨も上がり、多くの労働者・市民のみなさんが力強く要求を掲げました。「共謀罪」や「教育勅語容認」の閣議決定の問題に触れた発言も少なくありませんでした。 ILO(国際労働機関)憲章では冒頭で、「世界の永続する平和は、社会正義を基礎としてのみ確立することができる」とうたっているように、貧困や格差のない「人道的な労働条件」をつくること [続きを読む]
  • 愛おしい笑顔
  • 「お子さんは元気ですか」。先日、地域で活動していると、ある若い女性が声をかけてくれました。この女性に限らず、多くの方が息子を気遣ってくれます。本当にありがたいことです。早いもので1歳10カ月になりました。658?だった体重も10倍近くまで増加。つかまり立ちは慣れたもので、細い足で器用につたい歩きできるようにもなりました。好奇心旺盛で何でもチャレンジしようとする姿勢に私も刺激されています。 もっとも、発 [続きを読む]
  • 思いを背負った「初質問」
  • 昨年の参議院選挙で私は北海道選挙区の候補として、岩渕友さんは比例代表(北海道・東北地域)の候補としてたたかいました。「そろって国会へ」と道内で訴え、私は落選。岩渕さんは国会へ。責任感だけでお礼回りをし、街頭に出続けた投票日後の1週間は、生きている心地はしませんでした。そんなとき、岩渕さんからフェイスブックのメッセージが。一文、一文、私を気遣いながら綴られたメッセージで、こう呼びかけてくれました [続きを読む]
  • 「共謀」を判断するのは警察です
  • 先日、札幌中部民商と同共済会の合同定期総会があり、あいさつさせていただきました。営業と暮らし、権利を守る取り組みをすすめる民商(民主商工会)は、中小業者の強い味方です。あいさつでは共謀罪(テロ等準備罪)の問題にも触れました。中部民商が活動エリアとするススキノではこの間、風俗営業法(風営法)の許可を取らずに「接待」したとして、スナック経営者らが相次いで逮捕されています。「談笑の相手になり、お酌を [続きを読む]
  • こんな採決があるか!
  • 今日の札幌は断続的な吹雪でした。南区の街頭から訴える私たちの体にも容赦なく飛びかかってきます。しかし、雪に負けるわけにはいきません。昨日、衆議院の厚生労働委員会では、介護保険利用料の3割負担導入を含む介護保険法等の改悪法案を自民、公明の与党と維新の賛成で強行採決しました。委員長自身が「(採決は)まったく承知していなかった」と述べるほど、突然で一方的な採決。民進党議員が首相に森友学園問題を質問し [続きを読む]
  • 「原発ゼロ」の政府を
  • 2011年夏、福島から札幌に来たある家族を「しんぶん赤旗」記者として取材しました。原発事故による自主避難者です。地元の人間関係や仕事も失う苦渋の決断でした。わずかな家財道具しか持ち出すことができず、扇風機さえない生活。すべては放射能から子どもを守るためでした。 (復興相の発言に対し怒りと悲しみに包まれた道庁前反原発抗議行動=4月7日)「国や県は自主避難している人たちの行動の正当性を認め、保障してほ [続きを読む]
  • 「アベ政治を許さない」
  • 自民、公明の両党は「共謀罪」(テロ等準備罪)法案を明日6日から審議入りすることで合意したといいます。犯罪行為がなくても、共謀・計画したと捜査機関が判断すれば処罰される同法は、刑法の原則を覆し、憲法19条の思想・良心の自由を脅かす現代版・治安維持法であり、絶対に許されません。日本共産党、民進党、自由党、社民党の野党4党は、結束して「共謀罪」法案の廃案をめざすことで合意。これからの世論と運動の高まりに [続きを読む]
  • 野党の出番
  • 森友学園問題は籠池泰典理事長の証人喚問を経て、深刻な問題に発展してきました。国有地の値下げをめぐって安倍昭恵夫人の関与が浮き彫りに。安倍首相は「私や妻が関わっていたのであれば、総理大臣をやめる」と答弁していたのですから、政権の屋台骨を揺るがす事態です。 「私たちは消費税を払っているのに、こんなムダ遣いはひどい」。非正規で働くある若い女性は怒りをあらわにします。国民の財産を私物化する安倍政治に、 [続きを読む]
  • 野党と市民の共闘で「共謀罪」法案阻止を!
  • 「共謀罪」法案(「テロ等準備罪」法案)が閣議決定されました。テロ防止が目的ではなく、捜査機関の一存で犯罪の合意や準備行為を認定し、心の中を取り締まる「現代版・治安維持法」。明らかに違憲立法です。こんな劇薬を安倍政権に与えてはなりません。昨朝、この問題で出勤・通学途中の市民のみなさんに訴えました。すると、慌ただしい時間にも関わらず、立ち止まって聞いてくれる働き盛りの男性がいました。演説を終えて駆 [続きを読む]
  • 野党は共闘
  • 野党共闘の発展へ、また新たな歴史がつくられました。今朝、南区の真駒内駅前で共産党と民進党が「共謀罪に反対する南区実行委員会」のみなさんと共同で宣伝。民進党からは岩崎道郎市議とともに、道下大樹道議(民進党衆院道1区予定候補)も参加されました。私と道下さんがそろって街頭から訴えたのは初めてです。同会が今月20日、『共謀罪』を学ぶ南区集会を開くのに合わせ、共謀罪を許さない一致点で街頭宣伝が実現しました [続きを読む]
  • ある母の願い
  • 党員のみなさんと地域を訪ねると、日本社会の実情が見えてきます。ある高齢の女性宅を訪問したときのこと。生活保護を受けている女性は、厳しい暮らしの現状を語ってくれました。この間、生活保護費は毎年削減。一昨年の冬には冬季加算が減額されました。「3000円(の削減)は大きいよ。日中は暖房を使わないの」。冷えきった部屋で厚手の服を着てしのぐ女性。照明も極力使わずテレビの明るさに頼り、電子レンジの活用でガス代 [続きを読む]
  • 保守も革新もなく
  • 「森友学園」の問題に多くの方が怒っていると実感する毎日です。この問題で日本共産党の小池晃参院議員が「ある自民党国会議員事務所の面談記録」をもとに、森友学園による自民議員への働きかけの事実を告発。それに対する安倍首相の答弁は本当にひどいものでした。「どういう文書かわからない」「まるで私の事務所であるかのようなイメージを与えている」安倍事務所だなんて誰も言っていないでしょう・・。情報提供者を守るた [続きを読む]
  • 家族が復活!
  • 昨夕、インフルエンザで入院していた息子が退院しました。お気遣いいただいた皆さんに心から感謝します。4日間の入院。途中からベッドの柵でつかまり立ちするほど順調に回復し、予定より早く退院することができました。それでも、点滴で腕を自由に使うことができず、狭いベッドでの生活は苦痛だったと思います。不安を感じているせいか、夜何度も起きては私が背中をトントンして寝るのを繰り返していました。鼻づまりで酸素濃 [続きを読む]
  • 再び・・!
  • 息子がインフルエンザにかかり今日から入院です。日曜日の夜に発熱し、翌日受診すると、「インフルエンザではない」とのこと。次の日にはだいぶ熱が下がりました。ところが翌日から再び熱が上がり始めました。「私も具合が悪い・・」その間、妻も発熱。体力には自信がある妻が咳、悪寒、倦怠感などの症状で寝込んでしまいました。わが家の「非常事態宣言」です。今日の午前、ぐったりした妻と泣きわめく息子を車に乗せて、それ [続きを読む]
  • 「手話は言語」
  • 新しい政党ポスターは、志位和夫委員長が「野党+市民 力あわせ、未来ひらく。」と呼びかけるもので、党員や後援会員のみなさんが雪の中、懸命に張り出しています。志位さんの手の動きは手話で、「結束」という意味を表しています。先日、耳の不自由なろう者と手話通訳者など健聴者の方々でつくる、日本共産党のポプラ後援会の集いに参加しました。「憲法を無視する安倍政権が怖い」「野党共闘の効果は」など活発な議論が繰り [続きを読む]
  • 安倍政権は強くない
  • この間、西区、南区、中央区で活動し、終日街頭からも訴えました。天候に恵まれ、比較的暖かい日もあったものの、もちろん気温は氷点下。ときどきブルっと身震いします。でも、寒さに負けるわけにはいきません。「野党と市民の共闘の前進、日本共産党の躍進で暴走する安倍政権を倒し、野党連合政権を実現しましょう」思想・信条、基本的人権を蹂躙(じゅうりん)して国民を監視し、「戦争する国づくり」を強固にする「共謀罪」 [続きを読む]
  • 「コーヒーを飲んでいきますか」
  • 「コーヒーを飲んでいきますか」党支部や後援会のみなさんと行動した後、声をかけてもらうことがあります。そんなとき、どうしても時間がないとき以外はありがたくいただくことにしています。ご厚意を無駄にしたくないという思いと、思いがけないお話しや悩みを聞くこともあるからです。先日、中央区で活動したときのこと。少しだけ時間があったので、ともに行動した女性党員のお宅にお邪魔して1杯ごちそうになりました。しか [続きを読む]
  • 日本の政治の新しい時代をさらに前へ
  • この会議が後の時代から見て、歴史の分岐点になるかもしれません。日本共産党第27回党大会に参加しています。静岡県熱海市の伊豆学習会館を会場に、昨日から18日まで4日間の日程。全県から選出された代議員が一堂に会する、党にとって最も重要な会議です。この党大会に、党の歴史の中で初めて他の政党の代表が参加されました。民進党の安住淳代表代行、自由党の小沢一郎代表、社民党の吉田忠智党首、参院会派「沖縄の風」の糸 [続きを読む]