TOYOHARU KOMURA さん プロフィール

  •  
TOYOHARU KOMURAさん: 相談屋本舗
ハンドル名TOYOHARU KOMURA さん
ブログタイトル相談屋本舗
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/murakoujin/
サイト紹介文なんでも相談できて なんでも解決できる
自由文解決事例もたくさんあります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1593回 / 365日(平均30.6回/週) - 参加 2012/09/07 14:10

TOYOHARU KOMURA さんのブログ記事

  • よくある相談5098・・ 天倉貯金
  • 快晴で山がみえない?黄灰色化学スモッグです。これでやられて不健康な人が多い。今や0,5pmが多い従って何処へでも入っていくヒ素、鉛、水銀・・・硝酸系、硫酸系・・こんなものを毎日吸って???アーオーウーエーイ−日頃から自分の弱い患部(例えば、風邪ひくとすぐ鼻が…胃が…やられる)から化学物質をぬいておかないと半病人になる。昨日も、甲状腺機能低下症の相談やら、眩暉症の相談が多かった。 [続きを読む]
  • 難病・難問解決にとって大切なことは・・運命とはこの世の中には、・・・内面では如何に問題を抱えている人が多いか? 色々な方々の、千差万別のご相談を受けていますと、共通して言える、最大公約数的に誰にでも当てはまる答えが、次第に解ってきました。 いろいろ、取り組んだが答えでない。失敗の連続で更に膠着状態に追い込まれる。 遂に来るところまで来た。病気の人はあと数ヶ月の生命。又、離婚しかないとか、倒産しか [続きを読む]
  • 慢性腎臓病
  • 腎臓は…1 老廃物を体から追い出す!2 血圧を調整する!3 血液をつくる司令官4 体液量・イオンバランスを調整する!5 強い骨をつくる! 腎臓の働きが慢性的に低下していく病気を慢性腎臓病(CKD)といいます。あまり耳にしないかもしれませんが、実は患者さんは1,300万人(20歳以上の成人の8人に1人)いると考えられ、新たな国民病ともいわれています。CKDが進行するにつれ現れる症状夜間尿   むくみ   [続きを読む]
  • 金正男暗殺はベストタイミング
  • 増田 俊男氏 フーチ85%米軍産複合体の対日、対韓兵器販売促進は北朝鮮の軍事脅威なしにあり得ない。THAADにはAN/TPY―2という、発射位置にかかわらず敵のミサイル発射と同時に標的を探知するレーダーが搭載されている為中国の最新型多標的同時発射ミサイルMIRVの対米優位度が低下する。トランプ・安倍会談で安倍首相がアジアの安全における日本の役割増大を約束した正にその時北朝鮮の暴挙を見せつけられた [続きを読む]
  • [ギラン・バレー症候群](急性多発性神経炎)
  •  末梢神経が短時間で麻痺におちいる、本来は、治りやすい病気です。●感染後におこる多発性神経炎 この病気も自己免疫異常のひとつです。末梢神経に対する抗体が血液中に出現し、神経の機能を一時的に麻痺させるというしくみが考えられています。治りが比較的よい病気というのもそうした理由からです。発病に先だってかぜの症状があることが、なにか抗体の出現に関係している可能性があります。かぜの症状がおこってから一週間 [続きを読む]
  • 不整脈の対応
  •   殆どの人が不整脈 十万回(一日) 症状 イ、急に始まり、急に収まるーーー突然死につながる    ロ、胸騒ぎ、血の気が引く 血圧の低下ーーー危険    ハ、胸が苦しい ーーー狭心症    二、数日続き、身体が苦しくなるーーーー心不全の可能性 一、脈が飛ぶ 期外収縮  心筋症・狭心症・弁膜症(過労、ストレス) 二、異常に早い 発作性頻拍症 脈拍150〜200 めまい、息苦しい、失神    心房細動 常 [続きを読む]
  • ビッグデータでわかったこの薬をのんではいけない 鎮痛剤のロキソニン、安定剤のデパス、炎症抑制のプレドニン、眠剤のハルシオン、認知症のアリセプト、便秘のプルゼニド、眠剤のマイスリー、レンドルミン、血栓所のワーファリン…。 [続きを読む]
  • 耳鳴り
  • ある研究によると、耳が上手に休められていないと、耳の感度が20〜50歳で75%低下(4分の1になってしまう)、20〜30歳でも67%低下(3分の1になってしまう)するそうです。「耳の何が疲れているのか?」耳が疲れて聞こえが悪くなっているとき、具体的にどこが疲れているかというと、内耳の中の蝸牛(カギュウ)という器官の中にある「毛」なのです。蝸牛の中に並ぶ有毛(ユウモウ)細胞にはえている毛は150万本あります。そ [続きを読む]
  • 食道裂孔ヘルニア症候群 ヘルニア迄はいっていないのですがーー  胃腸が風邪の為におかしくなった。 コクサッキーウイルスが引き金で下痢、嘔吐、当然時空研的には   ウイルスを抜きヘリコバクターピロリを抜く  又その他の方法で治っても、膨満感が残って物が食べれない。腹部圧迫感。 この場合 裂孔ヘルニア迄はいっていないが、   食道裂孔周辺横隔膜が、ウイルス、へリコにやられていることが大半  食道下部 [続きを読む]
  • 天倉貯金について
  •  1.何となく今までと違って何もかも上手くいく 2.周囲の人間関係・物事の段取り 3.健康・体力…4.ありえない良い事にめぐり合う   神様に感謝!! [続きを読む]
  • 2020年問題
  •  空き屋は増加。不動産価値は暴落。2040年には地方都市が消滅。2040〜2050年、日本の地方都市は、人口減少が加速。2050年には、人口減少で日本の国土の約6割が無人になる。 千葉県人口、45年後には188万人減、地方創生の総合戦略案も。奈良県、市町村の3分の2が「消滅可能性都市」。 人口減少→空き家が増える→不動産価格は暴落。 [続きを読む]
  •   メニエール様症候群
  •  イ、眩ショウ症(キツイふらつき、立って居れない)    耳石、耳石膜、その有毛細胞にEGを入れ、ウイルス、抗体、活性酸    素抜く ロ、起立性調節障害 血流調節不能(高血、低血、所謂、自律神経失調)      立ちくらみ、疲れ     自律神経、視床下部、延髄からウイルス等を抜く ハ、クッシング症候群 ステロイドホルモン分泌過剰 慢性疲労、ふらつき      顔の肥満、胴体と首の後ろが太る  [続きを読む]
  • 高齢者タウオパチー
  • タウオパチーとは,微小管結合蛋白のひとつであるタ ウ蛋白が,細胞内に蓄積する状態を指す名称である.成 人脳でのタウ蛋白には isoform が 6 つあり,微小管結合 部位が 3 カ所のもの(3 リピートタウ)と 4 カ所のもの(4 リピートタウ)が存在する. 高齢者タウオパチータウオパチーとは,微小管結合蛋白のひとつであるタ ウ蛋白が,細胞内に蓄積する状態を指す名称である.成 人脳でのタウ蛋白には isoform が 6 つあり,微小管結合 部位 [続きを読む]
  • 超弩級最終究極ハウツウ難しい議論は医者、学者におまかせ 嗜銀球(嗜銀顆粒)は生命活動の糞尿痰である(フーチ) 従ってこれのお掃除が、癌、認知症・・・難病の完治の決め手の様です。ではどうすれば良いか・・・今の所、時空研シカ出来ないが、全身全細胞、患部等から嗜銀球を抜きまくる 又、嗜銀球完璧除去に関わる百兆個のソマチッドに(p)で良い!!MRI等に写らないナノの大きさの嗜銀球、寄生虫、カンジダ、蛋白顆 [続きを読む]
  • 悪魔の農薬・ネオニコチノイド
  • ミツバチ絶滅、人も狂う船瀬 俊介氏フーチ 90% いまや自然豊かな渓谷に、ミツバチの姿はいっさい見られない。チョウチョの羽ばたきも、トンボの回遊も、一年間、まったく眼にすることはない。まさに、沈黙の春…。お茶、イチゴ、ブドウ…残留EUの300〜500倍!園芸用、ゴキブリ駆除、ペット用ダニ取りなどにも使用。 [続きを読む]
  • ナノベースのMRIにも写らない
  •  菌、顆粒、糞尿痰・・・等が難病の大きな原因→此れ等を芥として体中の嗜銀球他芥を除去すれば難病快癒する。超健康、アンチエイジングの決めて従って、氏名0000之体内一切の嗜銀球、寄生虫、カンジダ、顆粒、糞尿痰等の完全除去に関わる数百兆個のソマチッドに(p)で答え出る様です! [続きを読む]
  • よくある相談5095・・ 『ムー大陸ハウツー三昧』
  • 世界中がグローバルに絡み合って出口の見えないセッチンズメ・・・・・・・・・・・・でも太陽が昇り今日が始まった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・実在でないものは我ではない・不壊なるものこそ我・・・・・・死せざるものこそ我・・・・・・・・・・・・・全世界を大調和しよう!!(大調和スピンで、又12鏡による大調和の祈り!!アーオーウーエーイー [続きを読む]
  • 『ムー大陸ハウツー三昧』 普段の生活や仕事において何かあると即、「ムー大陸ハウツー」で即解決するのが日常的になってしまいました!知らない人が見たら、超能力者か魔法使いなんじゃないかと思われそうなことですが、「ムー大陸ハウツー」というのは、いわゆる超能力や魔法なのでしょうか。一度、超能力者の方に聞いてみたいところです。 でも恐らく時空研流に言うと、ただ単に量子力学で説明できる非常に科学的な現象が起 [続きを読む]
  • 起立性調節障害
  •  25%の子供が(小学校高学年・中・高校生)是に罹っているがあまり気がつかない。(本人も、家族も医者も) 立ちくらみ・朝起きれない・動悸・息切れ・吐き気・立って居れない・乗物酔・・・遂に登校拒否・引き篭り・うつ病の原因にもなる。是は自律神経の調整機能不良と、内分泌系のコントロールが不能が原因。 対応 神経系 視床下部・自律神経(交感神経・副交感神経)にEG入れ、風疹ウイルス・風邪のウイルス・HT [続きを読む]