麗 さん プロフィール

  •  
麗さん: 悠々茶庵
ハンドル名麗 さん
ブログタイトル悠々茶庵
ブログURLhttp://ameblo.jp/kukkityan2000/
サイト紹介文中国茶・台湾茶&中国台湾の家庭料理・スイーツを綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/09/07 19:11

麗 さんのブログ記事

  • 茶書と台湾音楽
  • 台湾帰国するたびに、お茶以外は食べ物買いたいです。スーツケース一杯ではなく、食べたい物を全部買って帰りたいです。とは言え、いつも限られる量です。後は、茶書とCDです。今回はとてもわかりやすい茶書を見つけました。台湾茶の品種から十大名茶と地方特色茶と茶館です。しかも、この本はもうすぐ英語版と日本語版が発売されます。台湾茶好きの方にお勧めの茶書です。 廸化街の茶館で懐かしいCDを買いました。台湾古 [続きを読む]
  • 茶旅〜1
  • 茶旅に行ってきました。今年は雨が少なく、製茶時期と生産量も影響されました。何人の茶農と製茶師と会いました。念願の台茶20号(迎香)と対面出来ました。 工場の中は四季春茶製茶中です。焙煎の茶香が漂いでした。 数年ぶりに食養山房に行きました。問茶茶人から聞き茶心。茶葉と向き合い。本当の茶人の心構えが気付き。感動でした。 ゆっくりと綴ります。 [続きを読む]
  • キャッチコピー
  •            やわらかに頬をくすぐる春の風              うららかに日差しに煙る花の影           蜜にたゆたう一煎のお茶に              身も心もほぐれゆく           仙境に遊ぶような至福のひと時・・・・                                                                  フリライター [続きを読む]
  • 珍珠泡沫奶茶
  • 来客のため、珍珠泡沫奶茶を作りました。インドアッサム茶葉を濃いめに出しました。 冬逆戻りの寒さので、冰入れずに、アッサムのバンチがミルクに合うですね。我が家で春水堂の珍珠泡沫奶茶を淹れました。大変好評でした。 [続きを読む]
  • 頑張る人
  • ブログをリニューアルしました。希望の通りに仕上げてくださったのは下関リンパスクール&サロン bulanさんです。震災の時、東京で知り合った方ですがお互いの家が近いかったです。その後、お互い別々の地に移住しました。 bulanさんとは目的の違い移住でしたが子供の安全一番考え、生まれた東京から離れ下関で頑張り、私より大変でした。それでも、生活のために資格を取り健康に関する活動を取り組み日々奮闘中です。 [続きを読む]
  • 吉備の春
  • 花見の週末になりますね。私も花見に行ってきました。吉備の春は、桃の花からです。 ここに来るとなにもかも忘れます。五感で感じます。 白い桜が美しいです。 桃花・櫻・菜の花競演中です。癒やされます。 [続きを読む]
  • 二胡演奏
  • 我が家のようなデイサービスチェリーへ二胡演奏に行ってきました。前回聴いていない利用者のため二回目行かせていただきました。天空窯の永井ご夫婦も応援にきてくださったです。予定していない曲「菊花台」を弾きました。大変気に入ってくださったです。今日は利用者の一人がお誕生祝ので、仲間の白神さんがハッピーバースデーを演奏されました。私たち二胡仲間は日々練習を重ね、小さいな活動をし、二胡の音色が好き、音楽を通じ [続きを読む]
  • 春眠不知曉
  • 朝起きても脳はまた寝てます。桜が咲く頃は、春眠不知曉を感じますね。今週は清明節です。明前も終わりですね。明前龍井茶は日本に到着されます。昨年明前梅家塢の茶葉を残してました。今朝のお茶は龍井茶を淹れました。 昨夜冷凍から取り出した茶葉も目が覚めました。美しい姿は緑茶の女王として座をしております。 充電中のこの頃そろそろ、茶旅から始まります。 [続きを読む]
  • 有縁千里來相会
  • 一年ぶりに円城にある天空窯へ。何と道を間違いました。車に乗せていったのは遥々香港とアメリカから来ていった仲良し二人です。昨年の夏、京都陶芸市で天空窯永井先生の器に魅了されて再び、来日をされて、わざわざ岡山に来て天空窯を訪ねてきました。天空窯永井奥さんに頼まれての通訳ですが私の通訳なくでも永井奥さんと香港の方はフランス語で通じてましたね。 天空窯もすっかり春ですね。お二人は先生の工房に着きまして [続きを読む]
  • 鳳梨酥の餡作り
  • パインが安売りしていたので買いたくなります。食べるではなく、鳳梨酥作りたくなります。鳳梨酥作る一番大変のは餡作りです。根気よくかき混ぜながら時間と闘うです。水分が飛んでから水あめを足して、再度混ぜながらどの状態で火を止めるのが難しいです。硬すぎたら、飴になります。柔らかいすぎると水分が残ります。 鳳梨酥の餡は冬瓜入りもありますが100%パインから作るが美味しいですね。出来上がった餡を丸め [続きを読む]
  • 春回大地
  • 春分の日庭の植物新芽が出始まり春回大地ですね。 有始有終花開花謝短暫人生珍惜当下 易経〜太初一元複始・萬像更新今日から新たに始まります。 [続きを読む]
  • 二胡のご縁
  • 連休の二日間は二胡でした。今日の午前はレッスン終えで、我が家で合同練習しました。今回は松林先生も加えました。ここは滑音あった方がいいとか。トリル要りませんとか。指導してくださり、いつもより上手に聞こえました。 練習をしながら、特別な気持ちが募りました。二胡を対する思い仲間に対する思いご縁を感謝です。 [続きを読む]
  • 手作りXO醤
  • 先日、漁師の知り合いから最高級の干しエビいただきました。乾燥貝柱と生ハムを使ってXO醤作りました。本来は金華ハム使いますが、生ハムでも大丈夫です。瓶詰めにして、大事に使いました。今日はささやかなおもてなし会をしました。前菜の一品は塩押し豆腐豆苗和え、XO醤のせです。干しエビのと貝柱の旨味が濃縮されて、なんでも合います。贅沢な一品です。 [続きを読む]
  • 吃胡椒餅、喝普洱茶
  • 台湾人気B級グルメ胡椒餅を焼きました。と言っても、中身の肉は脂肪少ない目です。胡椒と五香粉も少ない目、焼き方は家庭のオープンです。でも、味は悪くないです。甘いスイーツばかりではなく、点心が人気です。試食ともに脂肪の吸収を抑えるブーアル茶淹れました。2013年雲南西双版納六大茶山の莽枝茶山に行った時の毛茶です。 樹齢300年くらいの原生態茶山で摘み取った春茶です。肉ばかりいただくと、ブーアル茶が [続きを読む]
  • パクチ―
  • 茶席にパクチーのカッブ栽培を飾ってみました。春らしい色です。このところは料理復活です。台湾料理欠かせないパクチーです。ほしい時に、見つからないです。買ってすぐ使わないと傷んでしまいます。カッブに植えているパクチー見つけました。これなら、数日持ちますね。 [続きを読む]
  • 子猫
  • 出窓で日向ぼこしているクルミちゃんのそばに可愛い子ネコがいます。先日、神戸に行った時に連れて帰ってきたです。クルミちゃんに無視されましたです。一人子でいいです。 [続きを読む]
  • 白梅の家
  • 珍しい茶樹茸鍋の試食会に行きました。乾燥茶樹茸と岡山産の地鳥と出しを取り、新鮮な珍しい茸をいれた鍋です。奥深い味わい、絶品でした。また、この料理を紹介します。 この家の前に雪梅植えてあります。梅の種類はたくさんありますが純白な雪梅は実に美しいです。 お返しにお茶を淹れました。楽しいひと時を多謝! [続きを読む]
  • 香菇魯肉飯
  • 故郷の味を恋しくなったので大衆食「魯肉飯」作りました。 隠し味五香粉は欠かせないです。作り方はとても簡単ですが本場の味を出すのは難しいです。粗挽き豚肉使うですが本来は皮付き五花肉(ばら)使います。皮付きは苦手です。日本ではあまり手に入れません。煮玉子と一緒によく煮込みます。パクチーもあったので今日は台湾食です。 [続きを読む]
  • 花生麻?
  • 紅梅が咲く終わりごろ。春の足音が聞こえてきますね。紅茶に合わして台湾落花生餅作りました。台湾では花生麻?と言います。餡餅より落花生餅の方が人気です。庶民の味です。有難うございました。 [続きを読む]
  • 愛犬を偲ぶ
  • 時が経つのは早いものですね。愛犬の4回忌です。今日も写真を見て、東京で暮らしているのことを思い出します。調布に近い家の周りが銀杏の樹が囲んでいます。秋、カシャカシャの音を立てて銀杏の絨毯の上で散歩しました。この場所は一番好きなところです。すぐ下に京王線の駅があります。春は、タンポポが咲く公園で遊んでいました。富士山が遠く見えます。幸せ一杯の思い出を有難うね。 [続きを読む]
  • 武夷山から台湾へ
  • 中国茶もっと知りたいの続く武夷山から台湾南投県鹿谷郷の茶史南投県の話になると、ウキウキします。故郷ですからね。これから台湾茶旅に進みます。教室の玄関は紅白梅が凛とした姿が咲いてます。テーブルには牡丹です。冬牡丹咲く今頃ですね。牡丹は中国の国花です。梅は台湾の国花です。どっちも、美しいです。今日のお茶は東方美人茶まで辿り着きました。 一枝紅艶露凝香 茶旅は続く。今日も有難うございました。 [続きを読む]
  • バレンタンデーに慰問演奏
  • 今年のバレンタンデーは施設に慰問演奏へ行きました。施設の皆様から温かいおもてなしをいただき有難うございました。 初めて統一の衣装を着用しました。地味ではないかと言われましたが控え目でいいです。いくら曲弾けれるから、合奏になると大変難しいです。練習の時に良かったのに、本番になると音色が変わりますね。これからも日々練習をし、上達になりたいです。今年は大きなイベント二つ控えておりますので日本二胡学院 [続きを読む]
  • 聴壷・聴胡
  • 今週は二胡レッスンのない週末です。朝は丁寧にお茶を淹れました。                        聴壷                     自賞一盞好茶                自品其中的五味陳雑、与茶対話。 聴胡何回も何回も聞き直す心引かれる曲。この子は毎日休日です。幸せです。 [続きを読む]