政治研究会 さん プロフィール

  •  
政治研究会さん: アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
ハンドル名政治研究会 さん
ブログタイトルアメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nvno
サイト紹介文闇の支配勢力についえ分析・追及しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供430回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2012/09/07 23:52

政治研究会 さんのブログ記事

  • 問題は、北朝鮮ではなく、ワシントンだ
  • 北朝鮮脅威論は、ワシントンが望んでいることなのだ。マスコミに載らない海外記事リンク よりワシントンは、北朝鮮に対する軽蔑を隠す努力など決してしたことがない。戦争が終わって以来、64年間、アメリカは、この共産主義国を罰し、屈辱を与え,苦痛を味あわせるため、出来る限りのあらゆることをやってきた。ワシントンは、朝鮮民主主義人民共和国を飢餓にさらし、北朝鮮政府が外国資本や市場にアクセスするのを阻止し、経済を [続きを読む]
  • CIAが狙うのは麻薬生産大国の北朝鮮
  • 北朝鮮のヘロイン戦争リンクから引用させていただきます。---------------------------------------北朝鮮とアメリカに関して興味深い情報があります。北朝鮮は麻薬生産大国だということはご存知かと思いますが、戦争屋のCIA、ネオコン、ディープステートは北朝鮮の(米国民をターゲットにした)核開発はどうでもよく、北朝鮮のヘロイン生産、密売を妨害するために戦争を始めようとしているのだとか。。。日本に出回っているヘロイ [続きを読む]
  • CIA実態暴露資料公開 〜ウィキリークスより〜
  •  軍産複合体による戦争を公共事業としてきた米国ですが、その仕掛けにあたるCIAという組織も当然非合法活動により、戦争を誘導してきたことは枚挙に暇がありません。 このCIAの諜報活動は、今後あらゆるあ分野で独裁(独占)システムを作り上げる恐れがあります。リンクより引用です。__________________________________________________________________ 3月7日、内部告発のウェブサイトであるウィキリークスは、米国中央情報局 [続きを読む]
  • 米ロ協調路線は崩れていない
  • 米ロ基調路線は崩れていないリンク//////////////////////////////////////////////////・・・繰り返しますが、いい意味でも悪い意味でも、トランプの言うこと、やることを、そのまま受け取ってはならないのです。シリアへの空爆は、シリア側に実質的な被害をもたらしませんでした。・・・大統領選挙期間中、トランプは「米国は今後、他国への軍事介入を行わない」と言明しましたが、ことに北朝鮮に対しては、「トランプ軍事政権は [続きを読む]
  • 北朝鮮を非難できない、暗殺国家のアメリカ
  • 金正男の暗殺で北朝鮮が世界中から非難されています。しかし、世界の主だった国家は、暗殺部隊を持って世界を支配してきたのが事実です。その中でもアメリカは暗殺国家の最右翼。ケネディー大統領の暗殺はじめ、支配者は暗殺する事で反対勢力を撲滅して支配維持を続けてきたのです。日本でも中川代議士は、アメリカに暗殺されたと云われています。そんな中で、高齢で死にかけの元CIA職員が、37人の暗殺をし、その中はマリリンモ [続きを読む]
  • 米国発の円高シナリオ〜トランプと習近平の密約
  • トランプと習近平の密約「米国発の円高シナリオ」を加速させる3要因リンク より18日から始まる日米経済対話、米国側からはペンス副大統領が来日し、麻生副総理と会談が予定されていますが、アメリカはここで為替を「利用」してくる可能性が高いでしょう。■円高の主因は「北」ではなく「為替報告書」今の為替市場にはある種の動揺が見られます。先週、トランプ大統領の「ドル高は米国経済に負担」との発言を受けて、ドル円が一時1 [続きを読む]
  • 「ディープ・ステイト=陰の政府」についてマスコミが取り上げ始めた
  • トランプ政権が誕生し、「ディープ・ステイト」=「陰の政府」との戦いを宣言しため、アメリカにおいて今まで否定するか、陰謀説のように嘲笑の対象にしてきた「陰の政府」について、マスコミ自らが取り上げる様になってきた。この動きは、陰の政府の力が明らかに弱まってきていることを示している。そもそもトランプ政権が誕生する時点で既に勝負はついていたと見るべきだろう。^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ [続きを読む]
  • 英ロスチャイルドがシリアのアサド政権を倒すよう要請
  • 国際問題の中心となっているシリア問題に対し、英ロスチャイルドはアサド政権の打倒を公言した。ロスチャイルドの意図は独裁政権を崩壊させ、中央銀行を導入するという戦略だろうと思われる。しかし、ロシアとの関係を考えるとそう簡単にはいかないと予想される。シリアを中心に世界情勢が大きく変化しようとしている。英ロスチャイルドがアサド政権を倒すよう要請!リンクより引用■■■■やはり。。。シリアの問題はロスチャイル [続きを読む]
  • 極東戦争への歴史的危機①
  • 韓国と日本は、地政学的な危機の可能性の、直前にあります。吉田繁治のビジネス情報源より以下引用ですリンク焦点になるのは、北朝鮮がもつ核兵器、サリン、ミサイルです。新着のニュースでは、米国は、シリアの反政府組織(ISISと言われる)の空港などの、59発のクルーズミサイルでの爆撃に続き、今度は、ISIS(イシス)の拠点とされるアフガン東部に、超大型の爆弾を投下しました。(注)クルーズミサイル(巡航ミサイル):長距離 [続きを読む]
  • 極東戦争への歴史的危機②
  • 韓国と日本は、地政学的な危機の可能性の、直前にあります。吉田繁治のビジネス情報源より以下続き引用ですリンク【金正男の暗殺:2月28日】金正恩の異母兄、金正男氏(きむ・じょんなむ)は、マレーシア空港で、神経系を麻痺させるVXガスとされるもので暗殺されました。暗殺されたのは、刺客をひどく恐れていた金正恩の影武者という説もありますが、おそらく、本人でしょう。金正男がしていた腹への入れ墨が見えなかったことが、 [続きを読む]
  • 極東戦争への歴史的危機③
  • 韓国と日本は、地政学的な危機の可能性の、直前にあります。吉田繁治のビジネス情報源より以下続き引用ですリンク【長距離弾道ミサイルの耐熱性の問題】ノドンのミサイルは完成していても、落下のときの温度が、外壁のセラミックが焦げるスペースシャトルのように、数千度になる長距離弾道ミサイルは、耐熱材料の問題から、北朝鮮は開発できていません。北朝鮮は「耐熱性を確認」と発表していますが、その確認には落ちたミサイルを [続きを読む]
  • 北朝鮮とは?〜CIA・ネオコン・北朝鮮のライン〜
  • 北朝鮮が15日に核実験かミサイル発射実験を行うとの観測が広がる中、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は北朝鮮問題について「対応する用意がある」と発言。これを受け、中国の王毅(Wang Yi)外相は14日、米国との間で緊張が高まる北朝鮮について、衝突は「いつでも」起こり得るとの見解を示しつつ、どんな戦争にも「勝者はいない」と警告。緊張が高まる状況ですが、北朝鮮とはどういう国家なのか?知っておく必要があ [続きを読む]
  • トランプのシリア・北朝鮮への同時介入の理由
  • なぜ、トランプがシリア・北朝鮮への介入を同時に始めたのか?プーチン・習近平と共謀して、・まず、シリアではなく、シリアISを攻撃する。・それにより北朝鮮を挑発、中国の人民軍も引き摺りだして中国との戦争を始めるというシナリオがあった。トランプの真の狙いは如何に?トランプの狙いは中国との戦争リンクから引用させていただきます。-------------------------------------トランプの政策はアメリカ第一主義。アメリカの [続きを読む]
  • 米のシリア攻撃は「国際法違反」=「国連機能不全」
  • 国連の機能不全から脱出する為には、欧米諸国が他国への援助(金、武器、エネルギー)と口出しをやめることなのだが、金貸し勢力の影響が強い現状ではほぼ不可能。まずは、機能不全の突破は、金貸しの駆除からか?【ロシア政治経済ジャーナル No.1536】より(抜粋)・・・・・・・・・・★なぜアメリカのシリア攻撃は、【国際法違反】なのか?世界情勢で今もっとも「旬」な話題は、「アメリカが、シリアの空軍基地をミサイル攻撃 [続きを読む]