自然の摂理研究会 さん プロフィール

  •  
自然の摂理研究会さん: 生命の原理・自然の摂理
ハンドル名自然の摂理研究会 さん
ブログタイトル生命の原理・自然の摂理
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gensenkeijiban-seimei/
サイト紹介文現代が自然の摂理に則った社会になるには?分析と追求をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/09/08 00:12

自然の摂理研究会 さんのブログ記事

  • 外圧の“記憶”は体細胞と生殖細胞の連携で次世代に受け継がれる
  • ある世代の個体がストレス(外圧)を受けると、神経系と腸でストレス応答に関わる遺伝子群が作用する。それらの中のある遺伝子が、生殖細胞のDNAに結合するタンパク質(ヒストン)に働きかけて外圧の記憶を形成する。このように、体細胞と生殖細胞が連携することによって、次世代の個体に耐性が受け継がれ、自身が経験したことのなかった外圧に対して適応する力を発揮することが解明された。DNAそのものの変異以外の仕組みをも駆使す [続きを読む]
  • 奇跡のリンゴはこうして生まれた①
  • 人間ががんばったのではりんごががんばった。人間と自然の共生とは本来どうあるのか考えさせられます。以下mag2ニュースより以下引用ですリンク木村秋則さんは、満月の下、リンゴ畑の間の道を通って、黒い影となってそびえる津軽富士こと岩木山に向かって歩いていた。手にはロープを握りしめ、誰にも見つからないところまで登って、そこで首を吊って死のうと思っていた。長年の労苦で老人のように皺が刻まれた顔は、死を決意した解 [続きを読む]
  • 奇跡のリンゴはこうして生まれた②
  • 人間ががんばったのではなく、りんごががんばった。 人間と自然の共生とは本来どうあるのか考えさせられます。 以下mag2ニュースより以下続き引用ですリンク・「そうだ。この土をつくればいい。」こうして万策尽きた昭和60(1985)年7月31日、木村さんは死を決意して岩木山に登っていった。そして偶然、山中の斜面に立つ美しい木を見つけたのである。走って近づくと、それはドングリの木であることに気がついた。しかし、リンゴの [続きを読む]
  • 奇跡のリンゴはこうして生まれた③
  • 人間ががんばったのではりんごががんばった。 人間と自然の共生とは本来どうあるのか考えさせられます。 以下mag2ニュースより以下続き引用ですリンク・9年ぶりの涙の花見翌年の春、その光景を最初に見たのは、隣のリンゴ畑の持ち主、竹屋銀三さんだった。「あいつ、とうとうやりやがった」と思わず、声をあげた。竹屋さんはお祝いを言いたくて、木村さんを探したが、見当たらない。方々探し回って、人に借りた田で農作業をしてい [続きを読む]
  • ケイ素を中心とすると、すべての宇宙の出来事と繋がっていく
  • ケイ素の効用やソマチッドとの関係を書いている表題記事の紹介です。リンクからの転載です。(前略)■昔話の不思議な現象はケイ素で説明がつく東:自然現象をいろいろ研究すると、ケイ素で多くのことがつながります。日本昔話はとてもよく出来ていて、あれは事実なんだと思うんです。花さか爺さんが灰を撒くでしょ。そしたら花が咲く。 思い出して枯れた藤の花に火山灰を撒いたら、翌年花が咲いて本当に元気に蘇りました。日下部 [続きを読む]
  • 「波動」と「断食」は、新医学の2本柱
  • 「波動医学」とは何かリンク より「波動」と「断食」は、新医学の2本柱である!船瀬氏達は、これまで「新医学宣言」を広く訴えてきた。そのルーツは、千島・森下学説に端を発する。半世紀前に世に出たこの斬新な学説こそ、新医学の宣言そのものである。その理路整然たる論理と実証には、圧倒される。生物学と医学は、この論説によって、さらなる高みのステージに到達するはずであった。しかし、この千島・森下学説は、非道な弾圧の [続きを読む]
  • 植物は指令中枢細胞が連携して脳の働きを担っている
  • 植物が種を存続させていく上で、発芽するタイミングは極めて重要ですが、指令中枢として機能する細胞群が存在しており、それらが周囲の環境状況を捉えて最適な時期を判断していることが確認されました。また、複数の細胞がホルモンの交換・伝達による“会話”を行い、合意したときに発芽を開始することで、適応可能性を高めているようです。植物は同類や外敵の認識・判別能力も備えており、“脳”という器官は持っていないものの、 [続きを読む]
  • エコロケーション
  • 五感と潜在思念の関係を探る中で、聴覚機能が予想以上に凄まじい機能を持っていることにビックリ。下記以外にも調べていくと全盲者ではなくても、例えば、一流の音響設計士も同様のエコロケーション能力を保有している。一般の人々にも、質的な差はあるものの日常的に、意識はしていないがエコロケーション能力を駆使している。また、努力次第で体得できる可能性があることを知り、更なる追求を続けたいと思いが生起してきています [続きを読む]
  • 「1週間」は人工的な周期、体の歪みを蓄積させるリズムだった!
  • リンク私たちの体の中には、「体内時計」と呼ばれる時間が備わっています。この体内時計を動かす源にあるのが「時計遺伝子」(体内時計をつかさどる遺伝子群)で、私たち人間の体はこの遺伝子によって、目覚める、お腹が減る、眠くなる、などといった生きるための基本的なリズムを刻んでいます。人体の活動の多くは時計遺伝子によって支配されているといってもいいかもしれません。■1週間という人工的なリズムが体に歪みを蓄積さ [続きを読む]
  • 「エントロピー増大の法則」に対抗する唯一の方法
  • 生命はどうやってエントロピー増大の法則に対抗して、その秩序を維持しているのでしょうか?そのことを端的に説明している文章を見つけたので紹介します。以下「academyhills」(リンク)より引用。■ ■ ■なぜ、私たちの体は絶え間なく合成と分解を繰り返さなければならないのでしょうか。シェーンハイマーはその答えを出していません。その後、「どうして生物が秩序を守り続けていられるか」について考察を巡らせた物理学者の [続きを読む]
  • 波動による秩序化〜調和のとれた水とは〜
  • 生命とは「秩序化に向かうもの」という認識をより深め塗り重ねていくために「波動」というものをどのように捉えるべきか。身近な水を例に考えてみる。****以下、所長のなんでもメモ帖・雑談日記より引用例えばお水をより調和のとれたお水にするというこは中性子と陽子と電子と原子核と原子を正常化して、さらに回転の仕方ですね、原子の回転の仕方とか回転半径とか速度とかそういうものがより調和のとれた周波数・波長・波形・振幅 [続きを読む]
  • 水という物質について
  • 私たちの身近にある水。生命にとっては不可欠のものですが、他の物質とは異なる、水の不思議性質が、この地球環境にも大きく関連があるのです。以下「水という物質について」(リンク)より引用します。■ ■ ■■水は謎めいた物質私たちの身の回りに豊富に存在する水は、地球上で最もありふれた存在であると考えられがちです。しかし水は、この世の中で最も不思議な性質を持つ、実に不可解な物質でもあるのです。たとえば摂氏0 [続きを読む]
  • 電子が磨く地球!生命エネルギーの根源は電子  1/2
  • 全ての物質は、元素から成り立っており、かつ、その各元素の物理的・化学的な性質は、主に外側の軌道にどのように電子が充填されているかできまる。上記から考えると、物質世界は「電子」が非常に重要な役割を担っている可能性は、極めて高いと考えられます。リンク より・・・・・・・・・・リンク『電子が磨く地球』幼い水は電子をホールドする暇もなく、生活用水や農業用水に利用される。幼い水はむしろ環境中の電子を奪うので [続きを読む]
  • 電子が磨く地球!生命エネルギーの根源は電子  2/2
  • 全ての物質は、元素から成り立っており、かつ、その各元素の物理的・化学的な性質は、主に外側の軌道にどのように電子が充填されているかできまる。上記から考えると、物質世界は「電子」が非常に重要な役割を担っている可能性は、極めて高いと考えられます。リンク より・・・・・・・・・・宇宙でも地球でも、すべての物質が電子によってカタチを維持し、電子のエネルギーによって活動しています。宇宙の一部である人間も同じで [続きを読む]
  • 生き残るため人間に進化を強いられた生物たち
  • DNAレベルの変異はもっと長時間を要するものかと思っていた。しかし、ここ数十年の短スパンで多くの生物が進化を余儀なくされているようだ。全ての生物は外圧に適応する為に進化するのだが、この短期間での変異を見ると、人間の存在が、いかに他の生物にとっては極限状態を生み出しているのかが分かる。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−生き残るため人間に進化を強いられた。人為的進化を遂げた10種 [続きを読む]
  • 食べずに健康でいられる方法とは一体何か!?
  • 21年間何も食べず、太陽エネルギーで生きる“不食人間”出現!「サンゲイジング」の神秘を研究者がガチで調査中リンク より人間が生きていく上で最も重要だといわれる三大欲求の一つである食欲は、睡眠欲と並んで生存に関わる根源的な欲求だ。しかし、空腹を満たすのは必ずしも食物だけではないと主張する人物について、2月5日付の「Before It's News」が報じている。■食べずに健康でいられる方法とは一体何か!?ある男性によると [続きを読む]
  • 曼荼羅に隠された形と深い秘密
  • 曼荼羅の原型は「円型または輪」を形取っています。なぜ「円」なのか、そして「円」という形に深い意味はあるのか、さらに人々の在り方や願いがそこには込められているのか・・それを探っていきます。丸い地球に生きて住んでいる私達です。丸とか円は、あまりに当たり前のようなのですが、丸や円に、不思議があることに気を止めて見てはいかがでしょう。不思議で美しい世界、そして地球を知ることになります。1 丸や円という形「 [続きを読む]
  • 植物は土中で音や振動によるコミュニケーションをとっている
  • 植物や化学物質を発して危機を仲間に伝達したり、外敵を撃退したりしていることがわかっていますが、音や振動を発生させてのコミュニケーションをとっていることも確認されました。その音は根から発生させていますが、土中は大気中よりも伝播性能が高いので、広域の仲間とコミュニケーションをとる事が可能です。植物は“移動できない”という印象が強いですが、地中に根を生やすことで、“大地を通して常に仲間とつながっている” [続きを読む]
  • 植物と人間の一体性
  • 植物の緑色という色は効率の悪い光合成のためには最適で、そして、「歴史の中で、いつかは人間がそこからエネルギーをとることができる」ことを植物か、あるいは「誰か」がその時を待っていた。「色は基本的に単なる波長」で、そこに色はありません。しかし、私たち人間は、原初から「その波長の電磁波を、それぞれの色だと感じるように」作られている。それらに加えて、様々な物体にある「色」で様々な感情を持つことができるよう [続きを読む]
  • 地上部分(葉・茎)を失った植物は“根”で光合成を行う
  • 植物の多くは光合成を行ってエネルギーを取り出しています。その働きを主要に担っているのは細胞内小器官のひとつである葉緑体です。葉緑体はもっぱら葉において発達し、光合成を行いますが、この葉や根の役割分担は、植物ホルモンによって調節されています。地上部分(葉・茎)を失った植物においては、根における葉緑体の発達を抑制していたホルモン(オーキシン)の作用が解除され、葉緑体の発達を促進するホルモン(サイトカイ [続きを読む]
  • 植物は人間のように話し合う
  • 植物は自ら動くことはできない。それゆえに、生き延びるための不思議な戦略を発達させた。そうした中には、化学物質を利用して昆虫などとコミュニケーションを図る能力がある。それどころか、音楽を聴いたりする知性をも持ち合わせているようだ。以下、「植物の「心」について」リンクより転載です。 ==========================================================植物は動物のように鳴きません。声も出さないし、言葉も話さない。 [続きを読む]