タバコ研究会 さん プロフィール

  •  
タバコ研究会さん: 悪玉はタバコ?それとも人工物質?
ハンドル名タバコ研究会 さん
ブログタイトル悪玉はタバコ?それとも人工物質?
ブログURLhttp://kankyo117.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文健康を維持するには?事実を追求し、発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/09/08 01:33

タバコ研究会 さんのブログ記事

  • 今世紀最大の公害・LED、危険な実態とメカニズム、研究者からメディア黒書へ情報提供
  • MEDIA KOKUSHO【リンク】からの転載です。LEDは公害?危険な実態。これが本当だとすれば、恐ろしい。転載開始LEDによる人体影響や環境への影響を指摘する声が、メディア黒書にも寄せられている。次に紹介するウエブサイトは、LEDのリスクを指摘した貴重な情報源である。■LEDってなあに? [ Part 1 ]LEDの植物への影響を調査した際の具体的な写真なども多数掲載されている。LEDの影響を調べる実験も紹介されてい [続きを読む]
  • 食品添加物の危険性
  • 「最高の子育て」さん よりリンク食品添加物は「発ガン性」「アレルギー性」「遺伝毒性」の3つの毒性があるということが疑われています。戦後急速にガンやアレルギーが増えていますが、その大きな原因になっています。食品添加物の肯定派や食品産業、厚労省などはその検査基準を訴え、安全だとしていますが、そこには大きな矛盾があります。① 許容摂取量の問題食品添加物の安全性は、物質の分析結果、動物を用いた毒性試験結果 [続きを読む]
  • 鉛の波紋~アメリカ市場最悪の水汚染公害から住民を守った科学者~①
  • リンク2015〜16年にかけて米国を震撼させた、ミシガン州フリントの水汚染公害。機能しない行政に代わってこの問題を解決したのは、環境エンジニアのマーク・エドワーズと学生たち、そして地域住民だった。発生から61年を迎えても“終わっていない”水俣病に、東日本大震災がもたらした放射線被害を経験してきた日本も、他人事ではない。フリントに学ぶ「シチズンサイエンス」の可能性と、市民を巻き込み、コミュニティを [続きを読む]
  • 「髪染め」と「ガン」の恐るべき関係性
  • NY在住の医学博士が、髪染め液やパーマ液が血中に吸収されることで起こりうるリスクについて警告しています。リンクより転載します。********************************■ストレートパーマと髪染めの害ということで、僕は経皮吸収されるものの害が存在するということは意識していました。しかし、その説をサポートする信頼できる科学的根拠が20年前は多くはありませんでした。がんが先進国の中で深刻な社会問題となっている今、そう [続きを読む]
  • 知っておきたい石鹸生活の基礎知識
  • 石川貞二という人がいます。元鳥羽市水産研究所所長でノリ・ワカメ養殖の指導、アワビの種苗生産などを行うかたわら、合成洗剤問題研究会の事務局長を務められ、合成洗剤追放運動を推進、その闘いの途上では何度も辛酸をなめてこられました。「現場主義」をつらぬき、合成洗剤の問題点に警鐘を鳴らし続けた人です。(リンク)「石鹸百貨」というサイトに、この方のエッセイが大量に掲載されています。日本の石鹸運動の歴史を詳細に [続きを読む]
  • この数十年で精子の数は52.4%も減少している
  • 少子化の原因は性の衰弱だけでなく、人口物質による精子数の現象も大きく影響してそう。以下リンクGigazineより-*-*-*-*-*-*-*-*-*-これまでに発表された研究内容やデータから、ここ数十年で男性の精子の数が減り続けているという見方が研究者らによって示されています。「精子の数が減っている」とする主張には懐疑的な目を向ける研究者らも存在しますが、新たな研究では、約40年の間に行われた200近い研究内容が分析され、現在の [続きを読む]
  • 化学生成の窒素肥料、残留し蓄積する硝酸塩の危険性
  • 現在、化学肥料としてメジャーな「窒素肥料」ですが、その残留物質の危険性が指摘されています。窒素は空気中に多量にあるのですが、非常に安定した(化学変化が起き難い)物質であるため、植物はこれを有効に取り入れる事ができません。なんらかの状態で窒素がアンモニア等の状態で存在すれば、これを取り入れる事ができます。唯一マメ科の植物は、その「根粒」の中に共生する細菌が、空気中の窒素からアンモニア等を生成しこれを [続きを読む]
  • 沈黙の春の主役「DDT」が最も古い化学物質のアレルギー
  • 環境汚染物質が、親から子、子から孫へと蓄積されていく。当時は夢の材料であったDDT、ダイオキシン、アスベストが、今では禁止物質。このような人工物質が大量に現在蔓延している疑いが濃厚だ。すこやかの庄 より転載です。リンク------------------------------------------------■2015/08/21 沈黙の春の主役「DDT」が最も古い化学物質のアレルギーアレルゲン探索の旅は、いよいよ大詰めに差しかかって来ました。前の記事で、約 [続きを読む]
  • ファーストフードのチキンで発がん性物質検出
  • 米国ではファーストフードのチキンから発がん性物質が検出されていたようです。また、コンビニのおにぎりや弁当には、眠くなる成分が添加されているようです。食品添加物が氾濫する社会では正しい情報収集が必要ですね。リンクより転載します。****************************私は以前、添加物や医薬品、その他の化学物質の安全性に関する研究所で、主席研究員として変異原性の実験に従事していました。突然変異性を示す物質と発がん [続きを読む]
  • 精神麻痺をも引き起こす添加物の恐ろしさ
  • 食の安全に関しては、ネットでも語られることが多くなって来たが、外食で済ますことの多い現代人は、添加物の恐ろしさは認識しておくべき。特に日本は海外に比べて、政府に使用が認可されている添加物の種類は異常に多いことが知られている。若者の自炊志向は正しいと思う。リンク■化学添加物の影響は? 世界的に有名なハンバーガーには80種類以上の化学添加物が使われています。子供が大好きなファーストフードですが人体への影 [続きを読む]
  • 「加工肉の発がん性」WHO組織が正式に認定
  • リンク「加工肉の発がん性」WHO組織が正式に認定世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)は、ベーコンやソーセージなどの加工肉を「人に対して発がん性がある」、牛や豚などの赤肉を「おそらく発がん性がある」として正式に指定した。T世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)はこのほど、ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉を、「人に対して発がん性がある」とする「グループ1」 [続きを読む]
  • 食品添加物普及の背後に政府の減塩政策
  • ■食品添加物はなぜこんなにも普及してしまったのか?リンクそもそも、何のために使われるようになったのか?という質問が多く当社に寄せられておりますが、ズバリお答えすると!実は「減塩」がその犯人だったのです。 GHQ(60年前の古い話で恐縮ですが)が、アメリカから連れてきた科学者のラット試験によって、日本人(といっても東北地方ですが)に、高血圧が多いのは塩分の多い食品の食べすぎという結論が出され、それ以来、今 [続きを読む]
  • 予防接種ワクチン驚きの成分を紹介:何も知らずに接種できますか?
  • 赤ちゃんに打つ予防接種の数は年を追う毎に増えているし、数年前までは有料だった新しいワクチンが無料になっていたりします。(無料といっても国が負担する)感覚的に必要なの?と思うお母さんは多いと思いますが、「打たなければ病気で死んでしまうかも」とか、「その病気かかったら障害がのこってしまうかも」などの脅し文句に騙される人が殆ど。では、予防接種ワクチンって何で出来ているのでしょうか。・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 携帯電話で脳腫瘍に? 電磁波で脳に悪影響
  • 携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める 伊裁判所2017年04月21日 12:11 発信地:ローマ/イタリアリンク --------------------------------------------------------【4月21日 AFP】イタリアの裁判所がこのほど、携帯電話の長時間にわたる使用が原因で良性の脳腫瘍ができたと訴えた男性の主張を認め、賠償するよう命じた。 訴えを起こしたのは、ロベルト・ロメオさん(57)。15年にわたり、仕事で日々3〜4時間の携帯 [続きを読む]