warazaemon さん プロフィール

  •  
warazaemonさん: 山好き warazaemon の ひねもすだいありー
ハンドル名warazaemon さん
ブログタイトル山好き warazaemon の ひねもすだいありー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/warazaemondayo
サイト紹介文あれやこれや、心の備忘録。あの山、この山、憧れの山、つれづれに綴ってまいります。
自由文アウトドアに目覚めた50代男子。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/09/08 19:40

warazaemon さんのブログ記事

  • ??天城〜越〜え〜?? de 蜂??と鉢合わせ編
  • 幸か不幸か(少なくとも 不幸では、無いわなぁ‥)実は、生まれてこのかた、まだ蜂??に刺されたことの無い( 無かった ) 隊長でがす。何を 前振りしているかと言いますと、とっくにお判りでしょうが、刺されてしまったんでガス、ついに、金髪豚野郎に 否  蜂 ?? 野郎に‼?※犯人を もとい 犯虫を 記憶を元にモンタージュしてみたんでげすがそのものビンゴの画像は見つかりませんでした…この屈強な蜂の画像の 6掛けくらい [続きを読む]
  • ??会津磐梯山 んはぁ〜 宝〜の山よ〜??
  • 両親共に、会津盆地の片田舎出身の隊長にとって、そう、??会津磐梯山んはぁ〜 My Soul mountain‼?東京に生まれ育ったにしても、DNAの中には しっかりと その名前と姿が刻み込まれているわけでしてそれは日本人にとっての富士山と全く同じなのであります。断言しましょう、もし 目の前に世界中の ありとあらゆる山のミニチュアを並べられてもその中から迷うことなく選び出せると…(多分)なのに、うかつにも、山を始めたにも関わ [続きを読む]
  • 涼を求めて奥多摩、 川苔山へ 【ソロ編】
  • 行こうと思っていたちょうど前の週に某NHKテレビの山番組で 取り上げられていたのが、川苔山(川乗山)。その影響なのか どうなのか、案の定、その日 ホリデー快速1号の終着駅 奥多摩駅は、たくさんの老若男女、有象無象、欅坂46、反政府デモなどの人達(嘘)やハイカーで溢れかえっていました。川苔山への入り口、川苔橋へのバスは、駅を出てすぐ右手のバス停から出ています。改札を出ても、人でごったがえしてます。ペチャクチャ、 [続きを読む]
  • ? 乾徳山、春蝉にぎやかな山 ?
  • 山に登るようになるまで、“春蝉” なるものを 正直 知りませんでした。あれは確か、初めて八ヶ岳の 編笠山、権現岳に登った帰り、麓に下りてくるに従い 森全体、いや 山全体がその声に包まれていて「こりゃ一体 何じゃー⁈」と、思ったものでした。その後、この季節、奥秩父〜八ヶ岳 周辺の山に登るたびに 頻繁に耳にするようになり、その正体は 登り合わせた方から教えてもらいました。が、まだ 声はすれど、その姿を直に目にし [続きを読む]
  • 畦ヶ丸 初見参‼?
  • また 更新さぼってしまいました改めて 丹沢は 山深いなぁ〜 と、思った先月の山行、さてさて、振り返りましょう‥小田急線の新松田は伊勢原、秦野や渋沢が表(東)丹沢の玄関とするとさながら西丹沢の玄関口⁈ ってとこでしょうか‥御殿場線も交差してるし、なかなか 侮れない駅です。ここから 本当の玄関の「西丹沢自然教室」まで、小1時間ほど バスに揺られる必要があります。今回、相棒は、(通称) 「お兄ちゃん」‼? きゃー [続きを読む]
  • 朝寝坊、金峰山
  • 目覚しのセット、オッケー。携帯だけど、5分違いで鳴るようにセットしたし、大丈夫??1度目の音でちゃんと起きて、軽い朝食も、歯磨きも、トイレもテキパキ テキパキ、余裕かまして 朝刊までしっかり目を通し、まだ余裕あるから デザートも 食べちまおうかな、とリモコンでテレビをつけながら 冷蔵庫に向かう僕の背後で時報の音とともに アニメ番組の主題歌が流れて‥ん⁈んっ⁈何か変⁈日曜の朝 6時から、なんでアニメ⁈振り [続きを読む]
  • #雲取山、曇っとりますがな?! (^^;)
  • のっけから、寒いタイトル、失礼いたしました(^^;)気を取り直して…         都心の桜がすっかり葉桜になってしまった4月半ばでも、奥多摩の桜は まだ見頃です。ところで、このところ、雪崩による遭難や、春山残雪期の滑落事故の報が多くないっすか⁈ 毎年 この時期に目にすることの多い悲報ではありますが、山をやりだしてから特に、全くの他人のことではあってもとても気になります‥山で死んではいけない、本当にそ [続きを読む]
  • 白駒荘、シロクマ草、白子 不味そう、城 混むそう、白 虚無僧、‥‥②
  • さて、昨晩は結局、我が隊の他には女の子を連れた三人家族が1組だけ。別に個室を希望した訳では ありませんでしたが白駒池を正面に見下ろすベストなお部屋をあてがってもらえ、朝を迎えることとなりました〜夜通し、池の上には星が瞬いていて、寝入る前、池の対岸の辺りで、チラチラと 光が動いて見えていたのは多分、テン泊の人の灯りだったのでしょう‥え? おサル君⁈すカピー、すカピー、すカピー と、静かなものでした今日の [続きを読む]
  • 白駒荘、シロクマ草、白子 不味そう、城 混むそう、白 虚無僧、‥‥①
  • 今年は桜が?? 思いの外、長く楽しめましたねぇ〜、イヒヒそれもこれも、春先になってからの寒の戻りの影響で関東周辺の それ程標高の高くない山も冬の終わりかけの雪で思いがけずの“雪山”祭りそんな状況を楽しまれた方も多いのでは‥もともと、残雪の中の登山を考えていた我が隊、久しぶりに八ヶ岳あたりどうかな〜と、イロイロ 検索をしているとん⁈ 「山と渓谷」の中の、と ある記事に目が止まりました。白駒池の畔の『白 [続きを読む]
  • 美ヶ原、天上 魅惑のホテル‼?(後編)
  • さて、満天の星空を ぬくぬくとした部屋で満喫した翌朝です。すかぴーすかぴー すかぴー と寝息を立てる おサル君を横目にまだ明けやらぬ東の漆黒を眺めると既に 地平ラインには何とも言えないグラデーションが‥これは期待できそう‼? そーっと 布団を抜け出してカメラ片手に?? 屋上の展望テラスへ向かいますさすが王ケ頭ホテル、「おされ」な 共有 スペースが そこかしこにあります。では しばし、サンライズショーを ご堪 [続きを読む]
  • 美ヶ原、天上 魅惑のホテル‼?(前編)
  • さて、年度末の連休。( 我が社は2月決算 )3月に入った途端、毎年 殺人的な繁忙期が始まります。なので 貴重な連休なんです、はい。のんびりしたいねぇ〜 温泉⁈  いい! いい‼?   極楽っす!!イメージ ??極楽温泉の図??でも、山には居たいしなぁ…そう言えば 何かの旅番組で 以前見た、何て言ったっけ、ちょっと言いづらい名前のホテル、すごい ホスピタリティが良いらしいじゃん!んー‥ ‥ なんとか頭ホ [続きを読む]
  • ?私バカ尾根〜、おバカさん尾根〜? 丹沢山で春のキャンプイン!! 編(後編)
  • チャプター ?さてさて、そんな訳で、我隊の春季キャンプ地、丹沢山は「みやま山荘 」にも、間もなく朝がやって来ます…こんな綺麗なグラデーション、やはり山にいればこそ、だねしばし ご堪能あれ ちょっと 楽して、山小屋の部屋の窓から撮っちゃいましたがそれでも十分に、ご来光が出るまでの時間を楽しめました。山小屋の中に 朝日が差し込み、そこかしこに生気が宿ります。我隊の泊まった 2階の客室。手入れの行き届いた、清 [続きを読む]
  • 放蕩三昧に狼狽⁈ もとい、宝登山に蝋梅を見に‥
  • え〜、ダジャレシリーズのタイトルにもだいぶ無理を感じるこの頃です‥そもそも 宝登山は、正しくは「ほどさん」と読みます‥「ほうとう」じゃないよ 【放蕩】イメージ思い出すなぁ〜まだ山登りなぞ 意識して いなかった頃、うっかりと足を踏み入れてしまったのが 今回の “長瀞アルプス”。ん? 埼玉にアルプスなんて あったんだぁ⁈ なんて‥我ながら ウブだったじゃありませんか今日も夜明け前に家を出ますその後 ふとしたきっ [続きを読む]
  • 始まりはいつも、雨⁈ 入笠山 登り初め編
  • すっかりご無沙汰でございましたよ、へえ、正月もあっという間に過ぎ、そろそろ身体動かさないと鈍っちまうでげすなぁ、ってタイミングで登り初めを計画したんでごぜえますがインフルエンザやらなんやらで延期結局、月末ギリギリの山行となったんでごぜえます、へえ前日までは 平年並みに冷え込んでいたんでごぜえますが、29日(日曜)30日(月曜)と、暖気を伴った気圧の谷の通過。はたしてどうなるか 一抹の不安を感じながら‥ん⁈♪ [続きを読む]
  • ?ダイヤモンドだね〜、?あ、あ〜 ♪ 裏高尾‼? 編
  • ( ブログの神様 )こりゃ、わらざえもん、お主 モタモタしておるから、年が変わってしまったではないか、バカも〜ん‼?っていう 初夢を 見ました …  ん?!さて、昨年、暮れの登り納めに行ったのは、世の “浮かれポンチ” どもが ( ↑↑↑ 口は悪いのだけど、他意はございませんので お許しを‥ )吾輩の誕生日をダシに 浮かれ騒ぐ 耶蘇の祭り の日のことでございます。  ん⁉? おたく、クリスマス生まれなんだっけ ⁈ [続きを読む]
  • この冬の 雪山事始め、北横岳 編
  • 前回の山行から、一ヶ月も間が空いてしまい、とうとう大晦日…( だって 忙しかったんだもん ) 今冬も暖冬かと思いきや、ありゃりゃ⁈ 先月末には東京でも 雪を観測、ことほど なかなか読みきれない冬将軍様の動向ですが、 ある程度以上の標高の山には それなりに雪があるようで、毎日 、他の人の雪山報告を読んでは心を はやらせていたわけでございます、ハイ‥年内、泊まりの山行に最後のチャンスの2連休、取り敢えず天気は [続きを読む]
  • 雲取山へ、錦繍の山道編(後編)
  • さてさて、朝です。若干 地平に近い辺りは霞みがちだけど雲一つない、ぴーかん です。ピーせん の 缶 ですが、何か?!いつものように テキパキと用意を済ませ、( ところで 問題です、忙しい出発前、テキパキと準備を進めるコツは?! )簡単です、口で 『テキパキ、テキパキ』と唱えながら行動するとだんだん、テキパキと動ける様に( 動けているような気に)なってきます。最初は 周りの人から うるさがられたり、胡散臭げに見られたり [続きを読む]
  • 雲取山へ、錦繍の山道編(前編)
  • さて 年内の山行も、あと何回行けるかなぁ、とそんな時期になりました。ここ数日の冷え込みで(11/7現在)3,000m峰はもとより 2,500程度の山からも、初冠雪の便りが‥うずうずする気持ちもあるんだけど深まる秋をまだ十分に楽しめていないと感じている、不完全燃焼な自分もいて、相変わらず悩み多き( 多感な ) 隊長でゲス。いやんで、迷いつつ、向かった先は‥ 雲取山‼?関東にお住みの方なら当然ご存知でしょうがええ、言わず [続きを読む]
  • 錦繍の那須、のはずが‥ 飛ばされてまうがなぁ〜(温泉・紅葉編)
  • 三斗小屋温泉 煙草屋さん、売りはもう、ズバリ温泉っす‼?初日、着くなり汗を流しに飛び込んだ内湯は夕食前までは男湯( 本来は 混浴らしいっす )キャーッ    先客が三名伺うと、皆さん 今日、峰の茶屋、牛ヶ首を通過していらしたそうで曰く「 もう生きた心地がしなかった 」「 気をぬくと まじで 体ごと吹き飛ばされされそうで地面に這いつくばって通過した 」「 何回か転びかけ、来た事を後悔しかけた 」「 人の世話なんて、 [続きを読む]
  • 錦繍の那須、のはずが… 飛ばされてまうがなぁ〜編(前編)
  •     身辺でいろいろありまして…   気づくとすっかり秋でございます。    お天気野郎、相変わらず機嫌が悪く週末ごとに台風を呼び寄せるもんで山のほうもちょっと暇を持て余しているような、そんな感じ?!で、10月に入りました。思い起こせば 我隊、涸沢、北穂に木曽駒、表銀座(半)縦走、乗鞍に上高地と例年 この時期には、ずいぶんと山に入ってます。さて、今年は…?!ブログやフェイスブックの投稿を見ていると涸沢 [続きを読む]
  • 箱根へ クールダウン登山?!ってか… (明神ヶ岳)
  • 9月に入りました。前回の北アルプス 裏銀座山行からの帰京前後から、列島はさながら 台風ラッシュ…ニュースで台風の事に触れられない日は無く、毎週のように新しい輩が発生します。「いい加減にしなはれ!!」と、叱ったところで 日本語の通じる相手ではありません。 はぁ? プッ、多分、何語も通じないと思いますよ…しっかし、こいつの迷走ぶりったら…長野方面 ?   八ヶ岳方面 ?      那須、上越方面 ?アウトッ [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(その4)
  • 浅い、浅いなぁ〜お布団に入っていても、眠りの奥で意識が完全には寝ていないのがわかっています‥相部屋の人の 寝返りをうつ音軽い寝息、 ん⁈       イビキ か⁈夜の闇の中で、皆、どんな夢を見ているんだろうまた イビキ! しかもだんだん大きくなるし、うるせ〜っ‼? と、悪態つこうとした瞬間気付きますハッ‼? 自分でかいてるイビキじゃん‼? また、おサル君に足蹴飛ばされてしまいました、とほほ [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(その3)
  • その晩、夢を見た。ヘロヘロになって たどり着いた双六小屋で、受け付けてくれた小屋番のお兄さんに、着くなり サイコロを振るように言われ、出た目は六。マス目を 六個進む‥一、二、三、四 、五、六!ゲゲゲっ‼? 振り出しに戻る⁉? はっと 目が覚める。おサル君に 足を 思いっきり蹴飛ばされていました。すいません、怪獣のようなイビキをかいていたようです ‥ 昨晩、調子に乗って 双六小屋のビールの売上にだいぶ貢献し [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(その2)
  • 更新、ちょっと、さぼってしまいました。 さて、この夏のメーンイベント、『北アルプス裏銀座 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回』。許された時間は three days …ス、ス、 スリーデイズ!?上田 一(うえだはじめ)ならずとも、こだわるのは そう、スリーデイズ!!行程はこう。初日の今日は 早朝より新穂高温泉から歩きはじめ、わさび平を抜け鏡平小屋まで登り最後にもうひと頑張りして 双六小屋まで。二日目は双六小屋に余分 [続きを読む]