warazaemon さん プロフィール

  •  
warazaemonさん: 山好き warazaemon の ひねもすだいありー
ハンドル名warazaemon さん
ブログタイトル山好き warazaemon の ひねもすだいありー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/warazaemondayo
サイト紹介文あれやこれや、心の備忘録。あの山、この山、憧れの山、つれづれに綴ってまいります。
自由文アウトドアに目覚めた50代男子。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/09/08 19:40

warazaemon さんのブログ記事

  • ?私バカ尾根〜、おバカさん尾根〜? 丹沢山で春のキャンプイン!! 編(後編)
  • チャプター ?さてさて、そんな訳で、我隊の春季キャンプ地、丹沢山は「みやま山荘 」にも、間もなく朝がやって来ます…こんな綺麗なグラデーション、やはり山にいればこそ、だねしばし ご堪能あれ ちょっと 楽して、山小屋の部屋の窓から撮っちゃいましたがそれでも十分に、ご来光が出るまでの時間を楽しめました。山小屋の中に 朝日が差し込み、そこかしこに生気が宿ります。我隊の泊まった 2階の客室。手入れの行き届いた、清 [続きを読む]
  • 放蕩三昧に狼狽⁈ もとい、宝登山に蝋梅を見に‥
  • え〜、ダジャレシリーズのタイトルにもだいぶ無理を感じるこの頃です‥そもそも 宝登山は、正しくは「ほどさん」と読みます‥「ほうとう」じゃないよ 【放蕩】イメージ思い出すなぁ〜まだ山登りなぞ 意識して いなかった頃、うっかりと足を踏み入れてしまったのが 今回の “長瀞アルプス”。ん? 埼玉にアルプスなんて あったんだぁ⁈ なんて‥我ながら ウブだったじゃありませんか今日も夜明け前に家を出ますその後 ふとしたきっ [続きを読む]
  • 始まりはいつも、雨⁈ 入笠山 登り初め編
  • すっかりご無沙汰でございましたよ、へえ、正月もあっという間に過ぎ、そろそろ身体動かさないと鈍っちまうでげすなぁ、ってタイミングで登り初めを計画したんでごぜえますがインフルエンザやらなんやらで延期結局、月末ギリギリの山行となったんでごぜえます、へえ前日までは 平年並みに冷え込んでいたんでごぜえますが、29日(日曜)30日(月曜)と、暖気を伴った気圧の谷の通過。はたしてどうなるか 一抹の不安を感じながら‥ん⁈♪ [続きを読む]
  • ?ダイヤモンドだね〜、?あ、あ〜 ♪ 裏高尾‼? 編
  • ( ブログの神様 )こりゃ、わらざえもん、お主 モタモタしておるから、年が変わってしまったではないか、バカも〜ん‼?っていう 初夢を 見ました …  ん?!さて、昨年、暮れの登り納めに行ったのは、世の “浮かれポンチ” どもが ( ↑↑↑ 口は悪いのだけど、他意はございませんので お許しを‥ )吾輩の誕生日をダシに 浮かれ騒ぐ 耶蘇の祭り の日のことでございます。  ん⁉? おたく、クリスマス生まれなんだっけ ⁈ [続きを読む]
  • この冬の 雪山事始め、北横岳 編
  • 前回の山行から、一ヶ月も間が空いてしまい、とうとう大晦日…( だって 忙しかったんだもん ) 今冬も暖冬かと思いきや、ありゃりゃ⁈ 先月末には東京でも 雪を観測、ことほど なかなか読みきれない冬将軍様の動向ですが、 ある程度以上の標高の山には それなりに雪があるようで、毎日 、他の人の雪山報告を読んでは心を はやらせていたわけでございます、ハイ‥年内、泊まりの山行に最後のチャンスの2連休、取り敢えず天気は [続きを読む]
  • 雲取山へ、錦繍の山道編(後編)
  • さてさて、朝です。若干 地平に近い辺りは霞みがちだけど雲一つない、ぴーかん です。ピーせん の 缶 ですが、何か?!いつものように テキパキと用意を済ませ、( ところで 問題です、忙しい出発前、テキパキと準備を進めるコツは?! )簡単です、口で 『テキパキ、テキパキ』と唱えながら行動するとだんだん、テキパキと動ける様に( 動けているような気に)なってきます。最初は 周りの人から うるさがられたり、胡散臭げに見られたり [続きを読む]
  • 雲取山へ、錦繍の山道編(前編)
  • さて 年内の山行も、あと何回行けるかなぁ、とそんな時期になりました。ここ数日の冷え込みで(11/7現在)3,000m峰はもとより 2,500程度の山からも、初冠雪の便りが‥うずうずする気持ちもあるんだけど深まる秋をまだ十分に楽しめていないと感じている、不完全燃焼な自分もいて、相変わらず悩み多き( 多感な ) 隊長でゲス。いやんで、迷いつつ、向かった先は‥ 雲取山‼?関東にお住みの方なら当然ご存知でしょうがええ、言わず [続きを読む]
  • 錦繍の那須、のはずが‥ 飛ばされてまうがなぁ〜(温泉・紅葉編)
  • 三斗小屋温泉 煙草屋さん、売りはもう、ズバリ温泉っす‼?初日、着くなり汗を流しに飛び込んだ内湯は夕食前までは男湯( 本来は 混浴らしいっす )キャーッ    先客が三名伺うと、皆さん 今日、峰の茶屋、牛ヶ首を通過していらしたそうで曰く「 もう生きた心地がしなかった 」「 気をぬくと まじで 体ごと吹き飛ばされされそうで地面に這いつくばって通過した 」「 何回か転びかけ、来た事を後悔しかけた 」「 人の世話なんて、 [続きを読む]
  • 錦繍の那須、のはずが… 飛ばされてまうがなぁ〜編(前編)
  •     身辺でいろいろありまして…   気づくとすっかり秋でございます。    お天気野郎、相変わらず機嫌が悪く週末ごとに台風を呼び寄せるもんで山のほうもちょっと暇を持て余しているような、そんな感じ?!で、10月に入りました。思い起こせば 我隊、涸沢、北穂に木曽駒、表銀座(半)縦走、乗鞍に上高地と例年 この時期には、ずいぶんと山に入ってます。さて、今年は…?!ブログやフェイスブックの投稿を見ていると涸沢 [続きを読む]
  • 箱根へ クールダウン登山?!ってか… (明神ヶ岳)
  • 9月に入りました。前回の北アルプス 裏銀座山行からの帰京前後から、列島はさながら 台風ラッシュ…ニュースで台風の事に触れられない日は無く、毎週のように新しい輩が発生します。「いい加減にしなはれ!!」と、叱ったところで 日本語の通じる相手ではありません。 はぁ? プッ、多分、何語も通じないと思いますよ…しっかし、こいつの迷走ぶりったら…長野方面 ?   八ヶ岳方面 ?      那須、上越方面 ?アウトッ [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(その4)
  • 浅い、浅いなぁ〜お布団に入っていても、眠りの奥で意識が完全には寝ていないのがわかっています‥相部屋の人の 寝返りをうつ音軽い寝息、 ん⁈       イビキ か⁈夜の闇の中で、皆、どんな夢を見ているんだろうまた イビキ! しかもだんだん大きくなるし、うるせ〜っ‼? と、悪態つこうとした瞬間気付きますハッ‼? 自分でかいてるイビキじゃん‼? また、おサル君に足蹴飛ばされてしまいました、とほほ [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(その3)
  • その晩、夢を見た。ヘロヘロになって たどり着いた双六小屋で、受け付けてくれた小屋番のお兄さんに、着くなり サイコロを振るように言われ、出た目は六。マス目を 六個進む‥一、二、三、四 、五、六!ゲゲゲっ‼? 振り出しに戻る⁉? はっと 目が覚める。おサル君に 足を 思いっきり蹴飛ばされていました。すいません、怪獣のようなイビキをかいていたようです ‥ 昨晩、調子に乗って 双六小屋のビールの売上にだいぶ貢献し [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(その2)
  • 更新、ちょっと、さぼってしまいました。 さて、この夏のメーンイベント、『北アルプス裏銀座 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回』。許された時間は three days …ス、ス、 スリーデイズ!?上田 一(うえだはじめ)ならずとも、こだわるのは そう、スリーデイズ!!行程はこう。初日の今日は 早朝より新穂高温泉から歩きはじめ、わさび平を抜け鏡平小屋まで登り最後にもうひと頑張りして 双六小屋まで。二日目は双六小屋に余分 [続きを読む]
  • 北アルプス裏街道? 双六〜三俣蓮華〜鷲羽周回(導入編)
  • 世の中が リオオリンピックで浮かれている時実は極秘プロジェクトが進行していたのでした‥そう、目立たぬように お盆明けの週末、その三連休は組まれました。何を隠そう、世の耳目が エンディングを迎えるリオに注がれた その三日間にどさくさに紛れて 遊び呆けてやろう、という魂胆、です。ふっふっふっ… 前夜発にすれば 丸々三日間、山の事だけに集中できる、我隊にとっての この夏のメーンイベントです、さーて、どこを目指 [続きを読む]
  • 西沢渓谷へ、涼を求めに…編
  •  8月に入りました。やっと天候も安定して、Facebook なんぞ見てるとみんな、 夏山満喫しとるなぁ〜実に羨ましい‥週末にかけて三連休取ったものの、今回は墓参りと 独り暮らしの親父殿の様子を見に帰省。夏空の遠くに連なる福島の山を見ながら心は雲上の山の上に‥まぁ、普段から山を楽しんでいられるのも、親が元気でいてくれるからこそ、有難いことです。なら、たまには顔を出さないと、ね、親父殿!! 志村喬って、親父という [続きを読む]
  • 蝶、(超)気持ちいいっす‼? 槍穂展望の山、蝶ヶ岳(超高速下山編)
  • 前夜、7時過ぎ には くたばっちまった我隊‥ へへっ夕食前から談話室のテレビを前に大相撲千秋楽を肴に生ビール ?? 4杯 ロング缶ビール ?? 2本ワイン フルボトル ?? 1本 も 二人で空けりゃあ出来上がっちまうのも当たり前でさぁ、旦那 ※そう云えば、こんな赤提灯掲げてる山小屋もあったっけ… ※リアル イメージ画像 あの日 ヒュッテに居合わせた方たち、テレビの前でくだを巻いていたのあれ、私たちですすいません [続きを読む]
  • 蝶、(超)気持ちいいっす‼? 槍穂展望の山、蝶ヶ岳(鉄人伝説編)
  • やっと梅雨が明けましたね〜、はい。夏山シーズン到来でございます、イヒヒ。※イメージ我隊がこの夏最初に目指すのは、槍ヶ岳や穂高岳を一望に出来る山として知られる『蝶ヶ岳』 。※イメージ※イメージこの頃なら 夏空 間違いないだろうと押さえた連休、早めに狙いを定めて予約した 、夜行『爽やか信州号』 ( しかも 三列シートのグリーンカー でございますですよっ‼? )イヒヒ、胸が高まりますっ‼?なのに なのに、未だ梅雨明 [続きを読む]
  • 秩父 二子山、ついでの登山編
  • どうも いけない。本末転倒 だ。お山に登る、ついでの寄り道なら まぁ許そう。(イベントの) ついでの登山って、どうなのよ?!朝日新聞の夕刊の片隅に載っていたこのイベントの記事の事が頭のどこかに引っかかっててん?! 横瀬って、あの武甲山の麓の町だっけへ〜、こんなイベントやってるんだ…と 云うのが何日か前の記憶。さて、月初の連休。おサル隊員とお休みのタイミングが相変わらず合わないものの、日帰りなら天気も持ち直し [続きを読む]
  • 乾徳山、ピストンダッシュ‼?編(後編)
  • ( 前回までのあらすじ )何年かぶりに 乾徳山を訪れた ネズミ隊長 と おサル隊員 のコンビ 、山頂を前に、おサル隊員 の用意してきた 思いがけない 夏らしい“山メシ”で気分をリラックス、目の前の樹林越しに見えるピークを目指し思いも新たに 再びザックを背負うのであった。( ↑↑↑ ぷぷっ、なんだ、それ )ところで 乾徳山へ 公共交通機関でアプローチする登山客が皆一様に頭を悩ますのが、最終バス問題。登山口バス停から [続きを読む]
  • 乾徳山、ピストンダッシュ‼?編 (前篇)
  •  え〜、トレランは しません。( 正確には、出来ません ハハッ )そもそも山道って、足元がゴロゴロしてたり、木の根っこもたくさん有ったりして、おまけに激坂だったり、ぬかるんでたり…そんなとこ、実際、この私が重いザック背負って、走れる訳がございません。だいたいにして、コースタイムも、ほぼほぼ 標準ペースの、極一般的な、山ラー でございます、はい。ところで、友人 山登ラー化計画は、その後 冬を挟んで 遅々とし [続きを読む]
  • 岩殿山で 岩場慣らし 編
  • え〜、岩場荒らしでは ありません、岩場 な、ら、し。岩殿山って、わずか数週間前に、横からその佇まいを見た山でやんすね!参考http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=51ec862031acae959e7a20f35010b099&p=1&disp=30我がブログ、ここんところ “中央線沿線シリーズ”で調子付いておりますが、この岩殿山もご多分にもれず、中央線沿線 ( ど真ん中 )。おサル隊員と、ここのところ 中々 連休を合わせられず、日帰り中心の山行が [続きを読む]
  • 檜洞丸 出航!! じゃなくて、ピストン一本勝負 編
  • 丹沢、大好きです!! だけど、暑くなると、出るんです、奴が!!こいつめ!! → 山ビル ← こいつめ!!なので、基本 春から初夏までと、秋から冬の間だけぷぷっ、なんだ、要するに夏以外ってことね丹沢に通うってわけでげす。プチ贅沢して、イヒヒ、ロマンスカーで ございます。残念ながら 「ロマンス」に 出会ったためしは ねえでゲスが…新緑の、西丹沢自然教室前から、今日は 檜洞丸 出航、じゃなくて、檜洞丸ピストンちゃんと [続きを読む]
  • 百蔵山〜扇山・君恋温泉 中央線沿線 小さな山旅 編
  • GWも 間も無く終わろうという土曜日。予報では 天気は申し分なく家でダラダラして無駄にするよりはどこか、近場の山へ、と朝早くに 出かけたのでございます、ええ家を出た時は まだ 薄く雲が垂れ込めていた空も、駅を下りて歩き出す頃には すっきりと晴れてきました。じゃん?ここは そう、中央道の 交通渋滞箇所で有名な、“『猿橋バス停』付近” です。( ちょうど後ろに見えるのが 、今日 登ろうとしている左・百蔵山と、右・ [続きを読む]
  • 残雪の立山 。ビビる隊長 おまけ鉄旅篇
  • さて、帰りもまた『アジアンツーリスト』のパワフルな御一行様と共に室堂を後にします。「美女平」からは ケーブルカー( 念のため、美女 が いないか 周囲を見渡します イヒヒ)富山電鉄 立山駅で、やっと にぎやかな御一行様から解放され、( 奴らは そのほとんどが貸切バスでのツアー客 )一路 のんびりと富山駅へ富山駅、とうちゃこ〜 (「しゅっ」とした かっこいい駅でがすね)楽しみな 腹ごしらえ前に、とりあえず、さっぱり [続きを読む]