ぴぴ さん プロフィール

  •  
ぴぴさん: つれづれなるままに〜モラハラナル夫の記録〜
ハンドル名ぴぴ さん
ブログタイトルつれづれなるままに〜モラハラナル夫の記録〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/pi-pi-ko-ko/
サイト紹介文モラハラ夫から平成23年夏の終わりに逃げ出しました。
自由文何があったのか・・思い出すのは辛すぎるけれど、少しずつ綴っていこうと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 84日(平均1.8回/週) - 参加 2012/09/08 23:18

ぴぴ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 添い遂げるべきなのに
  • お仕事お休みの今日は朝からゴロゴロ携帯ゲームしながらテレビを見て時々お掃除時々お料理そんな気ままな1日でした。が、そんなぐうたら時間のネットサーフィン途中に出会った記事に考えさせられてしまいました。多分姫と同じ年頃のお嬢さんの書かれたものなのですが実家を出て一人暮らしをされてるようです。その彼女が言うには実家は居心地が悪かった。早く出て行きたかった。常に怒鳴り散らしている父親も嫌だったしそんな父親 [続きを読む]
  • 年金事務所に電話をしてみました
  • ナル夫からマイナンバー教えろの脅迫まがいの電話があった翌日私は早速年金事務所に電話をしました。正確には最寄りの役所に国民年金の住所変更のことなんですけどって最初に電話したら本来は住民票変更の時に同時に変更されるはずなんですがまずは年金事務所で変更されてるかどうか聞いてみてくださいと問い合わせ先を教えてくださったのです。年金事務所の職員の方(男性)はとても親切で最後の方は人生相談みたいになってしまって [続きを読む]
  • マイナンバー
  • 暑い夏の間なかなかパソコンに向かう気力が出ずうだうだと過ごしておりました。そうこうしているうちにどうやらパソコンが壊れたらしく姑のお葬式前後のことを書き残しておこうと思ってはいるもののまだお通夜にも至ってないのに立ち止まっているという、、ていたらく、、トホホ、、です??納棺から御通夜お葬式に至る出来事を書くのは相当な気力がいることだと思い知らされています。まあ、焦らずボチボチ行くしかないかなーと、 [続きを読む]
  • 封書
  • 『マンションを売る気があるなら資料を送りますがいかが?』などという突然降ってわいたようなラインが届いて何があったんだろうと考えるより何よりナル夫とまた繋がってしまったという気持ち悪さからどん底に落ちてしまい・・・ようやく這い上がれるかなと思い始めたころ 今度は・・郵便受けにナル夫からの封書が届きました。紛れもなくナル夫の筆跡で書かれた私の宛名・・またもや頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けました [続きを読む]
  • ライン
  • ナル夫から突然ラインが届きました。しばらく何のかかわりもなかったのに・・・久方ぶりにザワザワドキドキと心が震えて泥沼の奥深くに心が落ち込んでしまっていました。。。すぐに削除したし何の返事もしていないし何がどうというわけではないのですが既読はついてしまっているでしょう。。ナル夫と何かしら繋がったということがショックでした。 家を出た当初はメール攻撃を受け続け 思い切って受信拒否にして電話にも出ないよう [続きを読む]
  • 居場所
  • 今までにない猛暑が続く毎日でエアコンは24時間フル活動。。昨夜もそして先ほども警報が出るほどの酷く強い雨が雷と共に過ぎ去りました。嵐が過ぎ去った今安全で快適な家の中にいられる幸せをかみしめています。 この家を出て行けと言う人は誰もいない。。 ワンコも大嫌いな雷に怯えてはいましたが雷が治まった今リビングの隅に居場所を見つけて安心したようにぐっすり眠りこんでいます。 6年前、私が家を出た直後で次男も借家探し [続きを読む]
  • 復縁
  • 姫が幼稚園の頃から高校3年生になるまでずっとお世話になっていた習い事の先生からLINEが来ました。 幼稚園時代から一緒だった習い事の先輩のWちゃんが結婚されたこと・・そして・・Wちゃんが中学生の頃離婚されたご両親が再婚(復縁)された・・とのこと。。そのお祝いに久々にママたちの同窓会をしませんか?というお誘いでした。 幸せそうに笑っているウェディングドレス姿のWちゃんや満面の笑みの妹のKちゃん・・「も [続きを読む]
  • 従兄弟の場合
  • 昨日の夕方携帯が鳴った。発信人を見ると京都の伯母のところにいる従兄弟からだった。 「もしもし、そろそろかなと思って。。無事に着きましたか〜?」電話の向こうでとても優しい口調の従兄弟が話し出した。「??うん??ぴぴですけど・・」と声を出すと「あれ?・ぴぴちゃん??ごめんごめん間違えたみたい。。実は家内も京都に来てて今日帰ったからそろそろ帰るころかなって思って電話したん。間違えたみたいやね、、ごめんね [続きを読む]
  • 納骨とお通夜 −7−
  • そこからあとの記憶は不思議なことに本当に曖昧で納骨に同行していたはずのチビワンコをどうしたのかそんなことすら思い出せないのです。動物霊園から直接ナル夫宅に向かったので多分連れて行き納棺の間屋外に繋いでいたと思うのですが・・会館でのお通夜にはチビワンコがいた覚えはないので納棺の後次男が自宅に連れ帰ったのかもわかりません。 そんな不思議な状態で連続した一連の出来事としての記憶は蘇ってきません。ナル夫宅 [続きを読む]
  • 納骨とお通夜 −6−
  • 「急がなあかんわ。」なるべく平静な声で子どもたちに告げました。 「おばあちゃんの納棺の時間が3時やねんて。ワンコの納骨だけ済ませて合同法要は参列せんとあっちに行ったら間に合うわ。」 私達の大切なわんこ・・その四十九日の法要に参列できないのは申し訳なくて悲しいけれどそのために姑の納棺に行かないというのは許されないことなのかもしれない。。止むを得ない選択をワンコもきっとわかってくれる・・と思い込むことに [続きを読む]
  • 日常の中での非日常
  • しばらくぶりですm(_ _)m月に一度の非日常の週末リフレッシュ中のぴぴです。 三男一家と姫が住んでいる東京、、、孫娘が誕生してから月に一度4日間くらいで来るのが恒例になっています。 そうなった経緯はまたいつか書く、、かな?...書かないかな?(笑) まあ色々あってそんな生活をすることになっています。 日常チマチマと暮らしている私ですが、ここ東京にいる間は贅沢をさせてもらってます。 銀座の美容室に行くのも恒例にな [続きを読む]
  • 揺り戻し??
  • 2年間お休みしていたブログを書き始めたからなのか 心穏やかに暮らしています。。 なんて言いながら全然心穏やかでない自分に気がついています。 考えないように考えないようにしつつ常にナル夫を意識している日々、、 最近夢の中にまで出てくるから参っちゃううなされて目が覚めて夢でよかったとホッとする・・ すれ違う車がナル夫の車と同じ色だと緊張してナンバーを確かめて違うとホッとする。。 夜車に乗っているとき後ろか [続きを読む]
  • 納骨とお通夜 −5−
  • 姫からはお昼前に最寄駅に着くと連絡がありました。長男家族とは動物霊園の近くのお寿司屋さんで待ち合わせをしてみんなで一緒ににお昼ご飯を食べて動物霊園に法要に向かうことになっていました。 霊園から姑のお通夜に直接向かうつもりで私と姫と次男の礼服を車に積み込みました。 三男はお通夜には間に合うように到着すると私に連絡がありました。 長男家族と次男と姫と私…姑のお通夜を前に遠く離れた場所でナル夫抜きで仲良く [続きを読む]
  • パトラッシュ…僕はもう疲れたよ・・・ふたたび・・
  • パトラッシュ…僕はもう疲れたよ・・ 悪夢再びです愛犬家の皆様には怒られてしまいそうなんですが・・またまたやられてしまいました。 うちのワンコ・・何回目??? 次男にお昼ごはんよ〜〜と声をかけてもなかなか降りてこないのでそそくさと自分の分だけ食べて庭の草引きをして戻ってみたら・・・次男の代わりに・・おかずを一皿全部ワンコが食べてました〜〜〜 大変大変!!!ワンコには大敵のたまねぎを入れたジャーマンポテト小振り [続きを読む]
  • 納骨とお通夜 −4−
  • 早朝の枕経が終わるか終らないかの頃葬儀屋さんの担当の方が来られました。 リビングで打ち合わせをするナル夫田舎の風習で町内会長さんも同席・・H子さんも時々加わって何やら打ち合わせをしています。へえ〜〜家族葬でひっそりすると聞いてたのに町内会を巻き込んでの普通のお葬式なんや〜〜 私は話しに入るつもりもないので離れてぼーっと見ていました。次男が来てくれたのでお嫁ちゃんには先に帰ってもらいました。 今日はワ [続きを読む]
  • 書くということ
  • 実は・・この2年間書けなくなっていたこともありますが(どう表現したらいいのか・・・な・・・)書くことが怖くもなっていました。 有名な某芸能人ご夫婦の例の事件がきっかけとなりだんだんとモラハラという言葉が社会的認知をされはじめそれと同時に私のようなものの書いたものまでアクセス数も上がってきだしモラハラという言葉から簡単に検索される状況に陥り 見知らぬ方と共感できたり交流できたりの嬉しさの反面 知ってる誰 [続きを読む]
  • 納骨とお通夜 −3−
  • 間もなくして住職さんが来られ枕経が始まりました。その頃にはご近所の方たちもお悔やみを終えて帰られていたのでナル夫と近所に住むMさんとH子さん従兄弟夫婦と私とお嫁ちゃんと次男のみで手を合わせました。寂しい枕経でした。 姫は元々その日の午後にする予定のワンコの納骨に帰ってくる予定でしたしもちろん姑のお通夜やお葬式には参列するつもりでしょう。三男もお通夜の時間にはこちらに到着することになっていました。三 [続きを読む]
  • 納骨とお通夜 −2−
  • 納骨とお通夜の続きです。お線香をあげにお嫁ちゃんと次男とで行き悶々と眠れぬ夜を過ごし一夜明けました。枕経に来いと言われているけれど私一人では・・・ということで朝早くお嫁ちゃんが迎えに来てくれました。昨夜も遅かったし小さな子どもたちもいるのに本当にありがたい。。。子どもたちの面倒は長男が見ていて枕経に来る気はないようです。来るか来ないかわからない次男にはその時間だけを告げてナル夫の家に向かいました。 [続きを読む]
  • ご苦労さん
  • 「お前なんかなんの値打ちもない!一銭も持たんと出て行け!!」と言い放たれ「じゃあおばあちゃんの世話を一人でしてきたんはどうなるのん?」と言い返したら「骨折り損やったな!!」っと冷たくニタリと笑われて背筋がぞっとしたことはお話ししたことがありましたね。 私が家を出てすぐに姑は介護施設に入所して家に戻ることは一度もありませんでした。家庭内介護で私が全力で頑張っていたことは介護施設に入所させることによって解 [続きを読む]
  • 発達障害??
  • この2年間で(って遅すぎるわ!!w)気付いたことがあります。 ナル夫は「発達障害」だったのではないかということです。なにかの記事で読んだ発達障害の特徴がまるっきり当てはまってしまったのです。 なにかが変だ・・なにかが違う・・・ずっと思っていました。学歴はあるくせに社会の常識が通用しない・・初対面の人とでも敬語が使えずため語でしかしゃべることができない・・ なんで自分をそれほどバカに見せたがるのん??そう疑 [続きを読む]
  • あれから2年・・・
  • 更新もしない日が続きました。 モラハラという言葉すら見ることに吐き気がしてしばらくはパソコンを開くこともできず そして・・それが当たり前の日々になり・・ なんと・・あっという間に2年。。 もちろんその間ナル夫からの婚姻費用は滞ったままでその代りに何の接触もせず・・淡々と日常を過ごしておりました。 突発的に何回かは嵐が吹き荒れましたが嵐も過ぎ去れば過去のこと・・ 2年間で周りの環境は変わった部分もたくさ [続きを読む]
  • 過去の記事 …