おおいた手織物語り さん プロフィール

  •  
おおいた手織物語りさん: 大分手織物語り
ハンドル名おおいた手織物語り さん
ブログタイトル大分手織物語り
ブログURLhttp://ooitateori.exblog.jp/
サイト紹介文手織物のある暮らしの中で心にとまるエトセトラ・・・制作をしながら、別府市で教室もしています。
自由文 織らぼ − こたに −
  場所:東別府駅より徒歩10分(車で3分)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/09/08 23:39

おおいた手織物語り さんのブログ記事

  • 第64回 日本伝統工芸展
  • 週末の台風で大分県も各地に被害が出てしまいました。皆さまが 早く穏やかな日常を取り戻されますように。さて、明日から 第64回日本伝統工芸展がはじまります。会期:9月20日(水)〜10月2日(月)会場:日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー(入場無料)時間:午前10:30〜午後7;30(最終日は午後6時閉場)今回、私は出品していないのですが特別お知らせしたいのは大分市在... [続きを読む]
  • 白い麻の作品二点
  • 今週水曜日の教室から。白い麻で織っていたKさんとHさんの作品が機から降りました。Kさんは織成技法で。パープルのモール糸をずらしながら織り込みシャープなラインを出すデザインです。仕上げは今からなので「少し遠目で撮影して」とKさん。細部は作品展の時に披露しましょうか・・?Hさんは白一色でキャンバス織のストールです。初めての麻なので40番3糸で。ストールとしてはやや太いか... [続きを読む]
  • ラトビア展行ってきました。
  • 昨日の10日(日)、大分市の布屋ビルさんで開催中の「持ち帰りたいラトビア展2」に行ってきました。今回は竹町通りに面した一階空き店舗スペースでの開催なのでとてもオープンな雰囲気。道を歩く方も「なにかしら?」と気軽に覗いていきます。中はラトビアの素敵な雑貨がいっぱい!どれもこれも、持ち帰りたくなってしまいます。定番のミトンもかなりの数。こちらはミトンのキットとても、しっかりし... [続きを読む]
  • 持ち帰りたいラトビア展2
  • 今週の土曜日、9月9日から大分市の布屋ビルさんにて「持ち帰りたいラトビア展2」が始ります。バルト三国の真ん中に位置する、自然豊かなラトビア共和国。バスケット、織物、編み物、木工品等、ラトビア人が暮らし中で大切に使ってきた美しい手仕事の品々が届くそうです。昨年春にあった「持ち帰りたいラトビア展1」は足を運べなかったのですが教室の二人の生徒さんが 買ったバスケットを見せてくれま... [続きを読む]
  • N・Tさんのレップ織
  • 9月に入り別府も朝晩涼しくなって秋を感じるようになりました。先週、今週と織体験の方も数人来られて新しい出会いが とても嬉しいです。10月には教室の作品展も控えています。皆さんの制作が熱気を帯びている今日このごろです。さて、作品展を意識して少し長めに織ったN・Tさんのレップ織が機から降りました。北欧の織を取り上げた本で、レップ織のマットに魅かれたTさん。その作品の織... [続きを読む]
  • Aさん織り上がり。そしてヤノフ絵織物の本
  • お盆前にAさんの織成技法のタペストリーが機から降りました。麻に藍の裂き布が織り込まれています。図案はもちろんAさんが作成。有機的なモチーフは観る人によって様々な印象に。イマジネーションが自由に広がる素敵な作品です。お盆に帰省する息子さん、お孫さんに丁度披露できる・・とAさんご機嫌でした。さて私のところにも[ポーランド ヤノフ村の絵織物]の本が届きました。... [続きを読む]
  • ミツバチのささやき
  • 今日はひさしぶりに映画の話題を。「ミツバチのささやき」1973年公開の映画です。何回かリバイバルになり気になりつつ チャンスがなくて観れていませんでした。7月に大分市のシネマ5にデジタルリマスター版が、かかるということでようやく足を運びました。セリフが極端に少なく、画面も暗いので前半の10分ぐらいは不覚にも居眠りをしそうだったのですが主人公アナの姉による悪戯のあ... [続きを読む]
  • 夏の教室で、いつも思うこと
  • 「今年の暑さは尋常じゃないですね〜」皆さん、そう言いながら汗を拭きふき 教室に入ってきます。クーラーの前で、一息ついて汗が引いたら それぞれの作業開始です。時々楽しいおしゃべりもしつつ織と対峙するときは切り替えて真剣な眼差し。各自集中しているときは、踏み木、筬柄、シャトルの音とCDからの音楽のみ。涼やかで 静かな時間が流れます。そんな 皆さんの様子... [続きを読む]
  • ここから、さらに拡がります
  • 梅雨も明けて九州は猛暑に突入。駅やバス停から徒歩で教室にたどり着くと皆さん汗だくです。しばし エアコンの前で「ふーっつ・・」と涼む人多数。暑い中ですが織り始めると皆さん集中してそれぞれの布と向き合っています。今丁度、織物の変化組織のサンプル作りに取り組んでいる人が5人ほどいます。平織バージョンと 綾織バージョンのサンプルを一枚づつ制作。それに合わせて組... [続きを読む]
  • 思いがけない贈り物
  • 先週木曜日雲が切れて、久しぶりに強い日差しに恵まれました。「おっ、これはチャンス!」ということでカセ糸の糊付けをすることに。藍でグラデーションに染めた経糸用の糸を干したのですが湿度が高くて、気温が高いわりになかなか乾きません。夕方には室内に取り込んで扇風機の風を当てて ようやくからっと乾きました。外で干し作業中、ポストに荷物が届きました。送り主は布屋ビルさん。中... [続きを読む]
  • ヤノフ村の織物展、最終日
  • 9日、日曜日は大分市、布屋ビルさんの「ヤノフ村の織物展」最終日でした。以前からヤノフのフィン織に関心を寄せていた[アトリエひなぎく]ひなぎこさんが福岡から来ることになり私も2日に続いて、ひなぎこさんと一緒に再び布屋ビルへ。「最終日だから、どの位織物が残っているかなあ・・・?」と二人で心配していたのですが良かった!タペストリー、クッション、マットなどそれぞれ、良い物もま... [続きを読む]
  • 偶然なのですが・・・
  • 本当に偶然なのですが今教室では織成技法で織っている人が三人います。それぞれ他の人の作品に影響されたわけではなくてデザインを詰めていくうちに自然にこの技法で織ることになりました。Aさんは藍染めの裂き布を緯糸に。有機的な面白い形を織り出しています。Kさんはモール状の糸を緯糸に。図案は無しで一段ずつ拾っていく経糸をずらしながらシャープな直線を表現。Tさんは久留米絣の捨て... [続きを読む]
  • 豪雨被害
  • 少しずつ地域を変えながら九州は雨が降り続いています。大分県は日田市に大きな被害が出てしまいました。別府は台風の通過もあって電車、バスなどダイヤが乱れ火、水、金の教室にも来られない方が多数でした。今は、別府は落ち着いています。週末もまだ雨が続くようです。九州各地、被害が拡大しないように祈るばかりです。みなさんも気を付けてお過ごしください。にほんブログ村 ← ブログ... [続きを読む]
  • 一年ぶり。ヤノフ村の織物展
  • 今日7月1日から、大分市ガレリア竹町アーケードにある布屋ビルさんで、ポーランド「ヤノフ村の織物展」が始まります。7月1日(土)〜7月9日(日)営業時間11:00〜19:00期間中の火曜日・水曜日はお休みです。気を付けてください。布屋ビルさんでは約一年ぶりのヤノフ村の織物展。私は過去三回伺っていてヤノフの織物のファンなんです。技法は二重柄織。フィンランドやスゥエ−デンなどにも類... [続きを読む]
  • 第52回 西部伝統工芸展
  • 今日6日(火)から西部伝統工芸展 福岡展が始ります。6月6日(火)〜11日(日)【入場無料・展示販売】福岡三越9階=三越ギャラリー/岩田屋三越美術画廊期間中毎日正午から作品解説があります。染織関連では以下のとおりです。 6/8(木)松田えり子氏 6/10(土)松枝哲哉氏大分市の竹工芸家 河野祥篁氏が最高賞にあたる朝日新聞社大賞を受賞されました。大分で制作している私にと... [続きを読む]
  • Tさんの織成技法の作品
  • ほぼ一か月ぶりになってしまいました。少し体調崩したりしまして・・今はバリバリ元気です!織物教室の皆さんはとても良い感じで制作に励んでいます。まずは、活気がある教室の一コマ。昨日、Tさんの織成技法の作品が織り上がったのでご紹介します。月2回のペースで半年ほどかけてじっくり取り組んだ力作です。経糸は未晒のリネン40番双糸を使用。綿や麻など色々な緯糸をミックスして織込んで... [続きを読む]
  • 宝石のような裂たち
  • 更新、少し時間が空いてしまいました。新年度、家族にも変化があり私も、母、嫁、娘などいろいろな立場でちょとバタバタしておりました・・・さて、先日久しぶりにOPAM(大分県立美術館)へ足を運びました。現在、北大路魯山人の企画展とコレクション展「響きあう色彩」を開催中。まず魯山人展。それはそれは風流なしつらえで陶芸、書、を中心にその世界観を堪能できます。本や映像などで触れて... [続きを読む]
  • 藍染め糸による作品2点
  • 別府もようやく桜が開き始め週末は見ごろをむかえそうですが予報では、明日から4日ほど?のマーク。どうか花ちらしの雨になりませんように・・・。先週教室で藍染めの糸を使った作品が2点織りあがりました。紹介します。まずFさんの2重織りの作品。教室の8枚綜絖の機を使いました。おそらく麻?のテープ状の糸をFさんが御自分で染めて使用。透け感は有りますが、張りのあるしっかりした布地... [続きを読む]
  • またまた!手紡ぎマフラー
  • 大分県は桜の開花はまだのようです。暖かなので、そろそろなのでは?と思うのですが・・・。 さてこの冬の教室はいつになく、ウールの糸紡ぎに取り組む人が多く盛り上がりました。先週、機から降りた作品2点紹介しましょう。残すところ、あと御一人という感じです。Tさんは経糸にターコイズの中色を選び緯糸はパープル、グリーン、ブルーなどを混ぜて紡ぎました。房作りと縮絨はこれから。... [続きを読む]
  • 美しいキモノ 春号
  • 昨日は冷え込んで別府の鶴見岳にもなごり雪が降りました。明日以降、一機に暖かく春らしくなりそうです。さて、お知らせです。現在発売中の「美しいキモノ・春号」で風通織木綿が取り上げられています。風通織木綿を手掛ける作家5人の着物を本上まなみさんが 素敵に着こなしてくださいました。(私の着物も着ていただいています。)誌面では愛知県在住作家、小林佐智子さんの工房と制作の様... [続きを読む]
  • 使うのは次の秋?
  • 別府も かなり春めいてきました。道端には、ピンクや黄色のかわいらしい花が顔を覗かせ初めています。そろそろマフラーのシーズンは過ぎようとしていますが織物教室の皆さんの力作は、完成のラッシュを迎えています。Hさんの 緯糸が手紡ぎのマフラーオレンジとモスグリーン系の原毛を混ぜて丁寧に紡ぎました。初めてとは思えない仕上がりに。色や太さで、杉綾の組織が見え隠れするところが素敵です... [続きを読む]
  • 手織のバリエーション
  • 先週の教室は、タイプの異なる手織作品が2点織りあがりました。一つはFさんのラーヌ織。ノッティング用に掛けた経糸が残ったので経糸の密度を少し変えてラーヌ織を試みました。ノッティングと同じ緯糸を使いましたが全く違う風合いに。耳は 厚ぼったくなるのを防ぐために織り込まない部分も多くしています。茜で染めたウールが良い色です。バッグに仕立てるのが楽しみですね。一方、Aさんは... [続きを読む]
  • 教室レポートです。
  • 毎度のことで・・・制作がたてこむとブログがさぼりがちになる私です・・・さて、花粉の飛散が始り(汗)春の訪れが感じられる今日この頃ですが教室はウール手紡ぎマフラーの追い込みに入っている人が多数です。ほぼ全員が初めての糸紡ぎなのですがみなさん、楽しそうに紡いでいます。ストレートな綺麗な糸でなくても良いんです。そのほうが味のあるアートっぽいマフラーになることも・・。糸紡ぎに... [続きを読む]
  • 第63回日本伝統工芸展 福岡展
  • 久しぶりの更新です。第63回日本伝統工芸展 福岡展のお知らせです。会期:2017年2月3日(金)?8日(水)会場:福岡三越9階[三越ギャラリー]入館無料開館時間:午前10時〜午後8時 最終日は午後5時閉館作品解説,期間中毎日会場にて(各回約60分)。2/3(金)●正午から(漆芸)小森邦衛(重要無形文化財保持者)2/4(土)●正午から(陶芸)岡田裕(日本工芸会山口支部参与)  ... [続きを読む]
  • Kさんのマフラー
  • 寒くなりました。今日は別府でもちらほら雪が舞い、ちょっと驚きました。昨日の金曜日Kさんのマフラーが機からおりました。組織は破れ杉綾。緯糸を二本ずつ細いシマに織り込んでいます。経糸もカーキとグレーの間のような色を選択。Kさんらしい、深い色合いのマフラーになりました。巻いた感じも素敵ですね。房を仕上げて、縮絨は後日。さて、別府の老舗映画館ブルーバードで13日金曜日まで... [続きを読む]