マスコミを研究 さん プロフィール

  •  
マスコミを研究さん: マスコミの暴走
ハンドル名マスコミを研究 さん
ブログタイトルマスコミの暴走
ブログURLhttp://gensen7keijiban.blog.fc2.com/
サイト紹介文現代社会の事実はどこにあるのか?マスコミの情報では分からない事実を追求・発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/09/09 00:57

マスコミを研究 さんのブログ記事

  • 電通ブラック企業騒動の「解釈」でIQテスト
  • メディアを支配している筈の電通が、ブラック企業ということでテレビ・新聞・雑誌ネットで叩かれてる状況って、なんかオカシイですね? そこでこの状況をどう解釈するかであなたのIQが判定できるテストを作りました。① この騒動は、電通が実際にはメディアを支配していなかったということの証拠である。電通陰謀論はネトウヨが作り上げた妄想で、それは今電通がメディアに叩かれてる現実が証明する。→ おめでとうございます [続きを読む]
  • 都知事の女「小池百合子」大陰謀の第二幕
  • simatyan2のブログ【リンク】よりの転載です単なる小池劇場だと思っていたら、シナリオは予想外に練られていたようです。 転載開始 豊洲市場の地下水 環境基準の79倍のベンゼン シアンも検出リンク という結果が出て、小池知事は、「想定超え 驚いている」と、当事者(責任者)でありながら、まるでコメンテーターのような無責任発言をしていました。 また再び調査をするとも言っています。つまり保留ということですね。 でも、 [続きを読む]
  • 人工知能が新聞記者に〜人間にとって追求することがもっと重要に
  •  西日本新聞が人工知能が執筆した記事を公開した。記事の内容は気象協会から受領したデータを利用した福岡県の気象概況の説明だ。設定に数日かかったとのことだが、人工知能がデータ解析と執筆に要した時間は1秒程度だという。 人工知能ができることはまだまだごく単純なことに限られるが、データ解析のスピードこそ、人間には全く真似が出来ない。単純な労働こそ人工知能に任せて、それこそ人工知能をどのように使ったらよいの [続きを読む]
  • どうも社説がおかしい。元旦から大迷走する大手新聞各紙の「展望」
  • トランプ政権登場で「自由主義」「民主主義」の行方は? ──思い惑うばかりの新聞各紙の元旦論調元旦の新聞各紙がやたら分厚く重い割には読むところがないのはいつものことであるけれども、今年はなおさら酷くて、その最大原因はどうも、トランプという異形の米大統領の登場を目前にしてこれと一体どう付き合ったらいいのか、各紙の論説とも思い惑っているらしい。mag2ニュースより以下引用ですリンク毎年、圧倒的なボリュームで [続きを読む]
  • 問題根源は2015/12の日韓玉虫合意文言にある
  • 国同士の合意文書にはとかくあいまいな部分が多く、それを自国に都合の良いように解釈することが多い。このようなまるでお互いの騙し合いのようなやり取りが、後々のトラブルを招く。植草一秀の『知られざる真実』(リンク)より引用します。*******************************韓国・釜山の日本総領事館前に昨年末、慰安婦を象徴する少女像が新たに設置されたことを受けて、安倍政権は長嶺安政駐韓大 [続きを読む]
  • 「禁煙運動」という危うい社会実験②
  • 愛煙家通信web版コラム「禁煙運動」という危うい社会実験リンク******************************(続き)たばこは脳に溜め込んだ無秩序を清算する なぜ人はたばこを吸うのかというと、脳の研究者として私はこう考えている。 仕事や勉強をするという行為は脳の中で「秩序を生み出す」行為である。秩序を生み出すにはエネルギーが必要で、エネルギーを消費するとエントロピーが増大し、無秩序が生 [続きを読む]
  • 「禁煙運動」という危うい社会実験①
  • 「反捕鯨」「禁煙」「地球温暖化」いずれも欧米発のキャンペーンで、ごく短期間のうちにに世論を形成してきた。異論を許さぬ空気を醸成し、過去に例のない大増税、罰則付き法規制が向かう先は「ファッショ社会」なのか。愛煙家通信web版コラム「禁煙運動」という危うい社会実験リンク****************************** 養老孟司 東京大学名誉教授「禁煙運動という危うい社会実験」国が押しつける [続きを読む]
  • 電通:愚民政策推進の本部
  • 『電通:愚民政策推進の本部』(shanti-phula)リンクより転載します。 〜前略〜●配信元) Twitter 15/8/11 リンクなんじゃこ゛りゃぁあ゛ーっ!CIA支部?>伝ツー本社ビルがとんでもないことになっている…Lightworker19 「食べて応援」推進の大元が人口削減委員会の出先機関だったって本当!?リンク…●転載元) ウィキペディアリンク株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店。(前略) 概要 1901 [続きを読む]
  • なぜ「電通」が狙われているのか マスコミ支配からネット支配へ
  • 「電通」といえば、年商2.4兆円を超える日本最大の広告代理店であり、単体としては世界最大、グループでも世界第5位の「広告界のガリバー」と言われている企業で、就職人気企業としていつも上位にランクされている。いま、その「電通」が狙われている。東大卒の女性社員が超長時間の激務を苦に自殺したことから、異例とも言える厚労省・東京労働局の特別対策班(「過特」と呼ばれる過重労働撲滅特別対策班)の強制調査が入り、 [続きを読む]
  • シリアの「悲惨な現状」を訴える偽市民をRTが暴露
  •  これもグローバリストによるいわゆるフェイクニュースに近いのではないでしょうか? リンクより引用です。___________________________________________________________________ アレッポ発の情報がソーシャルメディア上で狂ったように拡散されている。死が間近に迫ったと訴える、よくまとめられた動画がマスコミのニュース枠にまで入り込んできているのだ。 しかし一つだけここで問題がある。彼らはただの市民ではなく、テ [続きを読む]
  • ネット上にスピリチュアル情報が蔓延する時代背景
  • スピリチュアル系という言葉を聞きます。一種のネット上の宗教のような話に関心を示す一団をいうのだと思います。地球がポールシフトを起こして大洪水が発生するとかアセンション(輪廻転生?)とかロックフェラーやロスチャイルドなど国際金融資本に関する陰謀系の話とか英国王室はレプテリアンという宇宙人であるとか実に様々な 話が出ています実社会でもインターネット上でもよくある「人を洗脳して操る方法」として、以下の方 [続きを読む]
  • 芸術離れも必然
  • 1年間のうち一度でも劇場、映画館・美術館・博物館などで、映画・公演・美術作品などを鑑賞した人は50.9%と、96年の前回調査より3.5ポイント減少したことが「文化に関する世論調査」で分かったそうです。鑑賞しなかった理由は「時間がなかなかとれないから」が47.1%で5.1ポイント減少、「あまり関心がないから」は39.5%と11.7ポイントも増加しました。つまりひまがあっても見に行かないという人が増え [続きを読む]
  • 1972年における政治とマスコミの「主従逆転」
  •  政治とマスコミの権力構図の転換を象徴する事件が、1972年にある。 1972年6月17日、首相官邸で退陣表明記者会見にのぞんだ時の首相、佐藤栄作はこう言ったのである。 「テレビはどこだ」 この言葉は、同年の流行語になったが、この言葉の全文は以下の通りである。『テレビカメラはどこかね。そっち?テレビカメラ、どこにNHKがいるとか、NET(現:テレビ朝日)……どこになにがいるとか、これをやっぱりいってくれない [続きを読む]
  • 政治家からマスコミへの権力移行の流れ
  • >70年貧困が消滅し、生存圧力を克服したとたんにこの絶対的な序列意識が音を立てて崩れていったように思います。70年当時の田中角栄首相も初めはマスコミに家を建ててやるなどして懐柔していましたが、最終的にはロッキード事件で失墜させられたのを皮切りに、その後の宇野首相の妾によるスキャンダル暴露など有力者が悉く力を失っていった事が序列崩壊を端的に現しているように思います。(59487)確かに'88のリクルート事件後に中 [続きを読む]