トミモ さん プロフィール

  •  
トミモさん: トミモの『中国原書とドラマを求めて・・・』
ハンドル名トミモ さん
ブログタイトルトミモの『中国原書とドラマを求めて・・・』
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomimo-youmei/
サイト紹介文中国語の小説・ドラマ・雑誌など、自分のフィルターに落として日本語でお裾分けします♪
自由文色んな国をお引越しする人生を歩んでいます。

外国語の習得。特に中国語!が大好きな、
語学オタクです(‐^▽^‐)
大陸のドラマや原書小説、中国映画などにたくさん触れて、
色々紹介していけたらいいなぁ、と思っております。

どこの国に住んでも、そこの人々に仲良くしてもらえるように、
言葉をはじめ、その国の歴史文化習慣を学びたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/09/10 15:43

トミモ さんのブログ記事

  • 66-「解密」 by 麦家
  • 私にとって66作品目の原書になります。                 麦家著 「解密」 海外33カ国語に翻訳されたほど有名な作品らしいです。麦家さんの作品は「暗算」に続いて2冊目でしたが、やっぱり私にはピンと来なかったです。途中で何度か「なんで著者はこの物語を描いているのだろう?」「何を伝えたいの?」と冷めた気持ちになってしまうのです。単にフィーリングが合わないだけなのか、最近私の感受性アンテナ感度が鈍 [続きを読む]
  • 65-「残酷翻篇,即是温柔」 by ?樾
  • 私にとって65作品目の原書になります。             ?樾著「残酷翻篇,即是温柔」 エッセイです。著者の?樾さんは司会者やプロデューサーとして活躍中で業界キャリア20年のベテラン選手のようです。 本書のエッセンスになっているのは「無人島」。子供時代読んだ「トムソーヤの冒険」から、ホラー映画の思い出まで綴られています。エッセイ自体は4部構成になっていて「??」という名の短編小説がそれぞれの始まりに [続きを読む]
  • 64-「舞男」 by ?歌苓
  • 私にとって64作品目の原書になります。              ?歌苓著 「舞男」 40代で高学歴高収入の独身女性蓓蓓(ペイペイ)と、20代のダンス講師・??(ヤン・トン)の物語です。 正直シチュエーションからして、仮に前半多少甘い部分があっても「痛い」「苦い」「悲しい」要素が多い展開になる?っと、あまり乗り気でなく読み始めました。 そして確かに「あっちゃー」という箇所が幾つかあるものの、終盤は私の予想を超え [続きを読む]
  • 63-「三重?」 by ?寒
  • 私にとって63作品目の原書になります。             ?寒著「三重?」 読了したのは1ケ月前。感想文を書く気力と体力が殆どありません。 自分用の記録としてコメントを残すにとどめると・・・・?寒さんの描く作品でも読みにくいものが存在する事に驚き!・主人公の少年の性格の悪さにドン引き!でした。 バンガロールから遼寧省へ飛ぶのに片道トランジット2回で3本飛行機を乗り継ぎます。3月は出張が3回あったた [続きを読む]
  • 62-「世?已无?金芳」 by 石一?
  • 私にとって62作品目の原書になります。           石一?著 「世?已无?金芳」 1冊の中に表題作以外にもう1作品入っていました。2つとも主人公は語り手の男性ですが、表題の「世?已无?金芳」は、?金芳(チェン・チンファン)という女性の事を描いています。そしてもう1つの「地球之眼」は、大学時代の2人の友人男性の学生時代の様子と、卒業後この2人が対照的な変化をとげた関わりを描いています。個人的には、後 [続きを読む]
  • 「如果?牛有?情」(中国)
  • 2016年中国で放映されたドラマです。           「如果?牛有?情」(全21話) 「???」の王?さん&王子文ちゃんコンビの刑事モノです。王子文ちゃんの演技と役作りに敬服しました!!題名「?牛(カタツムリ)」は、王子文ちゃん演じる??を指しています。心理学を専攻して公安刑事課へ就職したものの、元来のカラダの弱さとオットリした身のこなしに王?さん演じる上司の季白から「おっせーんだよ、カタツム [続きを読む]
  • 「琅琊榜」(中国)
  • 2015年中国で放映されたドラマです。          「琅琊榜」(全54話) 「???」の感想をアップした際にコメント欄で天天さんから「?装者」と一緒にこのドラマを教えてもらいました。 感想。素晴らしいです!!!終盤の方は先を知りたい気持ちと同じくらい、見終えたくない(日常の一部であり続けてほしい)!この2つの思いが葛藤してわざと途中休憩を入れたりしていました 筋書き・構成・展開・映像美・キャスティ [続きを読む]
  • 61-「克拉恋人」 by 李捷
  • 私にとって61作品目の原書になります。            李捷著 「克拉恋人」 題名の「克拉」はダイヤモンドの重量単位「カラット」この本は久々に来たーーー!!「大ハズレ!」憶測ですが宝石会社の広告宣伝目的で製作されたドラマと、放映に合わせたノベライズ本で原作ではないのかも。動画チェックしてドラマも第1話だけ鑑賞しましたが、数分でギブアップしてしまいました この残念さは私だけ?っと気になり、ドラマの評 [続きを読む]
  • 60-「暗算」 by 麦家
  • 私にとって60作品目の原書になります。           麦家著 「暗算」 舞台は中国の国家機密機関。電波傍受や暗号読解の様子、そこで働く人々の人生も絡めて描いています。 色んな外国語に翻訳されているシリーズ作品らしく、本書は「解密」の第2弾だと読後に知りました。少し時間をあけて「解密」も読んでみようと思います。 物語としての個人的感想は、正直あまりピンと来なかったです。どのエピソードもそれなりに [続きを読む]
  • ”オンライン原書会 「2016年この一冊」”
  • 天天さんの企画に乗ってみようと思います!          まず自身も忘れてしまっている2016年に読んだ原書。一覧にして書き出してみます-「兄弟」 by 余?-「杜拉拉升??」 by 李可-「杜拉拉升??2 ?年似水」 by 李可-「杜拉拉升??3 我在??斗的一年里」 by 李可-「杜拉拉大?局 与理想有?」 by 李可-「活着」 by 余?-「我?没有在一起」 by 吴忠全-「声音??」 by ?歌-「??惊心」 by 桐?-「便衣警察」 by 海岩 [続きを読む]
  • 59-「王立軍火併簿煕來」 by 黄式稔
  • 私にとって59作品目の原書になります。          黄式稔著 「王立軍火併簿煕來」 2012年、重慶副市長兼公安局長だった王立軍が夜中白人マダムに変装し、自宅から脱出して高速道路を使い成都のアメリカ領事館へ駆け込み亡命を依頼。結果的に亡命は拒否され北京護送となるも、重慶から武装勢力の戦車が包囲した他、当時の重慶市共産党委員会書記・薄熙来のスキャンダル暴露で政界に大きな波紋を巻き起こした事件です。 本書 [続きを読む]
  • 58-「王立軍前傳」 by 周力軍
  • 私にとって58作品目の原書になります。            周力軍著 「王立軍前傳」 あの事件についてもう少し勉強したくて、でも大陸にはモチロン売っていない!2年前のオーストラリア旅行時、最後空港でAUDを残さず使ってしまおうとユーカリプタスの精油と一緒に購入しました。香港で出版された繁体字の本です。 『ルポタージュ』とされているのですが、王立?(ワン・リーチュィン)だけ実名で、他は実名を少しいじって変え [続きを読む]
  • 57-「极花」 by ?平凹
  • 私にとって57作品目の原書になります。             ?平凹著 「极花」 これぞ文学!魂を削って届けられる波動にクラクラしました。 人身売買、そして都市化と対局の地方過疎化、この大きなテーマに著者は挑んでいます。本作品執筆のきっかけは、実際に起きた友人のお嬢さんの人身売買事件との事。でも、あまりにも衝撃で酷で10年間小説化できなかったそうです。とんでもない長編になってしまうかと懸 [続きを読む]
  • 56-「最漫?的那一夜」 by 蔡?
  • 私にとって56作品目の原書になります。            蔡?著「最漫?的那一夜」 19の短編小説から成り立っています。主人公は全て著者の蔡?さんという設定で、100%実話もあれば、現実の出来事をエッセンスにそこから織りなした物語もあるそうです。 読んでいてホロッときた箇所、私なりの和訳(意訳)と原文を下記にタイピングします。ちなみに「第17夜」、実話だそうです。【和訳】何年も前、ある女の子に [続きを読む]
  • 「?装者」(中国)
  • 2015年大陸で放映されたドラマです。                 「?装者」(全48話) 前回ハマっていたドラマ「???」の感想をアップした際「共演者が沢山かぶっていてオススメ!」と、天天さんにいただいたコメントが鑑賞のきっかけです。結果大いにツボで、年末年始かなり熱中しました本当に役者さん達が多くかぶっていてビックリ ?医生は阿?で、小???は大姐。何より??が大哥とは最初気付きませんで [続きを読む]
  • 2017年は果敢に!
  • あけましておめでとうございます。大晦日&年明けはバンガロールで迎えました。 朝はいつも通り掃除の後リスちゃんにエサやりをし、 夜はインドで働いている日本人女子の友達を家に招いて、バンガロールの夜風に吹かれながら夕食♪お持たせでいただいた豚の角煮に舌鼓を打ち、インド人シェフ・シヴァさんに自宅用手配してもらったお刺身や鳥のから揚げ、ナス味噌で乾杯!味玉燻製等をスモークしてゆっくり語らいながら、 [続きを読む]
  • 55-「1988 我想和?个世界??」 by ?寒
  • 私にとって55作品目の原書になります。          ?寒著 「1988 我想和?个世界??」 題名の「1988」は主人公が愛車に付けたニックネームです。彼の泊まるホテルに夜中、フリーランス「来ちゃった」系のデリヘル譲娜娜(ナナ)がドアを叩きます。ただの一見の客とオネエチャンという関係だったのが、翌朝警察のガサ入れに遭いしょっぴかれた結果二人とも罰金を払った事で、「同病相憐れむ」に近い奇妙な友情が生 [続きを読む]
  • 2016年中国十大流行?
  • 中国出張時、朝のホテル季節を問わず毎回判で押したように過ごします。 目覚まし時計は5:45amにセット実際の起床はダラダラして6時前後プールに行ってひと泳ぎ風邪を引きそうな予感がある日は、泳がずにジムへ行ってセルフヨガ運動後その足でカフェテリアへ。朝食時は極力TV間近の席を陣取ります。CNNが流れていると「服??,帮我?台吧。中央??台的新?」と、即チャンネルを変えてもらいます。ブッフェなので和洋中 [続きを読む]
  • ムンバイダッシュ!
  • 先週の海外出張。乗継に今回はムンバイ空港を利用しました。 ・バンガロール-ムンバイ間=【国内線】JetAirways・ムンバイ-成田間=【国際線】ANA まずバンガロール空港ですが、いくつか注意点があります(大事!)。 まず空港ビルに入るには、当日搭乗を証明しないと中に入れてもらえません。eチケットを紙面化して持参するのが一番スムーズです。電子系だと通信環境によってなかなか画面が出てこない時がありま [続きを読む]
  • 格安航空券の怖ろしさ
  • 今月は先月に引き続き、山東省&遼寧省のダブル出張がありました。 航空券これまでは総務経由で日本の旅行会社に取ってもらっていました。今年に入ってから方針が変わったらしく、各自オンラインで手配するよう指示されました。 日本-中国間はANAホームページから直接予約購入がシンプル且つ時短eチケットや領収書が即プリントアウト出来るのと、座席指定やマイルを活かしたアップグレードもラク! 問題は、バン [続きを読む]
  • 54-「?响」 by 畀愚
  • 私にとって54作品目の原書になります。               畀愚著「?响」 時代背景は第二次大戦中の上海を軸に重慶や香港の様子も出てきます。ヒロインは瑞香(ルェイシアン)彼女の生涯が描かれています。 著者の畀愚さんは中国で文学賞を受賞した作家さんらしいのですが、この作品において私には文学性の何かを感じる事がなかったです。文章及び使用語彙は平淡で新聞記事のようにシンプルです。つまり、 [続きを読む]
  • 53-「看?」 by 柴静
  • 私にとって53作品目の原書になります。             柴静著 「看?」 報道レポーター柴静さんのエッセイです。400頁という長編小説並みの一冊ですが、トピックが多岐にわたり、どれも興味深く退屈するヒマがありませんでした。同時に柴静さんの人となり、人々や社会に対する真摯な姿勢に惹きつけられました。ノンストップで頭脳、心、身体を駆使する仕事ぶり…彼女の生きざまにも非常に圧倒されました。中国 [続きを読む]
  • リスちゃん!
  • 時々聞かれます。「トミモさん、インドでお友達できたー?」と。 紹介しましょう!インドで出来た私の友達             リスちゃん前は時々庭のプルメリアの木で遊んでいたり、一番外側のレーンを駆け抜けていく程度だったのですが、最近は少しずつ距離を縮め始めています。Max4匹やって来ますが、飛び回っていてカメラに収めるのが難しいです。PENTAXの一眼レフが修理出しから戻ったので、上手く撮れたら少し [続きを読む]
  • 「???」(中国)
  • 2016年大陸で放映されたドラマです。               「???」(全42話) 10月に20年ぶりに再会した北京在住の友人(大学中国語学科の同級生です^^)から教えてもらいました♪ 北京ランチでの会話友人:「ブログ読んでるよー。トミモ、ドラマ好きだよね?」私:「うん、大好き!国を問わずドラマギークだから笑」友人:「最近まで大陸ですごく流行ったドラマがあるんだよ」私:「え〜〜!興味有り」友人:「 [続きを読む]
  • インドをなめるな〜!笑
  • 11月は大陸への出張から戻った翌週、実家の母&義母で『ダブルお母さん初インド旅行!』うちに泊まりました。 初日。軽く運動そしてリラックスしてもらおうと、私が普段通っているプール/ジム&サウナへ。天気が良いので写真でも!とカメラを向けるも・・・義母:「もっとインドらしい所で撮りたいわ」って 午後は土産に良質のスパイスでも、と高級スーパー(青山紀ノ国屋のレベル)へ連れていくも・・・義母:「トミモさ [続きを読む]