yuu777 さん プロフィール

  •  
yuu777さん: 家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫!
ハンドル名yuu777 さん
ブログタイトル家庭菜園 簡単野菜栽培で大収穫!
ブログURLhttp://katesai.jp/
サイト紹介文家庭菜園での簡単な野菜の栽培から収穫までを分かりやすくご紹介。
自由文おいしく安全な野菜をたくさん収穫しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/09/11 11:22

yuu777 さんのブログ記事

  • トマト 摘芯とわき芽かき
  • トマト、大きくなってきましたトマトの実を大きく、味の良いものにしたければ、摘芯とわき芽かきは欠かせない作業です。摘芯とわき芽かきはなぜ必要なのでしょう?どのようなタイミングで、いつ行うとよいのでしょう?■トマト 摘芯とわき芽かき1.トマトの摘芯とは?トマトの摘芯とは、ある程度生長した時点でトマトの生長を止めることです。トマトの芯である枝や葉、つるの先端を切り取ってしまいます。2.トマトの摘芯が必要な理 [続きを読む]
  • FleurTown(フルールタウン)吉本花城園|ミニトマト3種
  • 大人気! フルーツミニトマト食べ比べ3種セット人気のフルーツミニトマトの食べ比べが出来る、人気のセットがこちらです!楽天市場の苗物(野菜)のランキングでも、上位の商品ですので、フルーツミニトマトがとても人気なのかが、分かります。甘いフルーティーなトマトでありながらも、ミニサイズですから、子供たちも大好き♪ 争って食べることになります(笑トマトの食べ比べ、今年もします♪■フルーツミニトマト食べ比べ3 [続きを読む]
  • トマト 苗の選び方
  • 【てしまの苗】H29年4月上旬より順次発送【1株】大玉トマト苗 ホーム桃太郎 断根接木苗  9cmポット10P18Jun16野菜苗価格:258円(税込、送料別) (2017/3/1時点)↑こちらの苗で、昨年、桃太郎大玉トマトがいっぱいできました!こんなに元気に美味しくできました!トマトは家庭菜園の人気野菜で、3月くらいに、ホームセンター、園芸店に行くとたくさんの種類のトマト苗が並んでいます。どのような苗を選べばいいのか、どこを見て [続きを読む]
  • 家庭菜園 ハーブ
  • ローズマリーなどハーブが何種類かあると、とても便利です トマトやナス、ダイコンなど、野菜を栽培する家庭菜園もいいですが、もっと手軽に家庭菜園を楽しみたい方は、ハーブに挑戦してみてはいかがでしょうか?定番中の定番、青ジソが1株あれば、冷や奴などの薬味として、十分まかなえますし、バジルが2〜3株あれば、手軽にトマトとあわせたり、手作りトマトソースもサッと作れます。ローズマリーやタイムなどを料理の風味付 [続きを読む]
  • 間土(まつち)とは?
  • 耕耘完了し肥料を入れる畑■間土の意味苗、種イモ、株を、花壇や畑、ベッドに植える時、根が直接肥料や熱に触れて傷まないよう緩衝役を果たす土を指します。以前は元肥えといえば、鶏ふん、魚粉、油かす、草木灰、海草、貝殻、など有機質肥料がほとんどでした。有機質肥料にとって「発酵」させる過程は大切です。施肥した後、土壌バクテリアの働きで、有機質肥料に含まれる栄養素は、土中で微生物に分解されることにより、無機化さ [続きを読む]
  • サトイモのプランター栽培|土寄せ分のスペースを確保します
  • サトイモは株の大きさが幅60〜70cm、草丈100〜150cmと大きく育つためプランター栽培はムリと思われる方も多いですが、ポイントを押さえれば、プランター栽培、トロ箱栽培も可能です。■サトイモのプランター栽培のポイント1.大きな容器で栽培します2.土寄せを行うので、用土を入れる際はスペースをあけます3.乾燥させないよう、こまめに水やりをします サトイモのプランター栽培のポイントは、早生品種を選ぶことです。 [続きを読む]
  • サトイモの植え付けのコツ
  • サトイモ、収穫が抜群に楽しい野菜ですサトイモを剥くと手がかゆくなることがありますが、塩を手につけて剥くとかゆくなりません。また、サトイモを食べるとエグミを感じたりします。このかゆくなったり、エグミを感じたりするのは同じ成分で、熱や酸によって分解されます。サトイモの収穫は11月くらいです。その美味しさを知ってしまったら、ぜひ、家庭菜園で育ててみてください。タネイモの植え付けは4〜5月です。マルチングをす [続きを読む]
  • サトイモの育て方|土寄せを定期的に水切れに注意します
  • サトイモ畑元気に育つサトイモサトイモは、親イモや小イモのほか、葉柄(芋茎 ずいき)も食べられる種類があり、様々な楽しみ方ができる野菜です。   ■サトイモ栽培のポイント1.植え付け前に水やりをして土を湿らせておきます2.定期的に土寄せをします3.水切れに注意します サトイモは、植え付けたタネイモの上に親イモができ、さらにそのまわりに子イモ、孫イモができる仕組みになっています。主に親イモを食べる品種 [続きを読む]
  • ショウガのプランター栽培|芽出しをしてから植え付けます
  • ショウガは、プランター栽培もできますショウガは高温・多湿・日光を好み、乾燥には弱い野菜です。水切れに注意すれば、プランターでも簡単に栽培できます。■ショウガのプランター栽培のポイント1.根腐れを起こさないように鉢底石は多めに入れます2.”芽出し”をしてから植え付けます3.水切れしないよう、土が半乾きのうちに水やりをしますショウガには、大ショウガ、中ショウガ、小ショウガがありますが、プランター栽培に [続きを読む]
  • ショウガの育て方2|追肥と土寄せで根の太りを促進!
  • ショウガ畑身体を温め、免疫力をアップしてくれるショウガは、今注目の野菜です。病気や害虫に強く、小さなスペースでも栽培できるので家庭菜園向け!収穫時期によって違った味を楽しめるのも魅力です。   ■ショウガ栽培のポイント1.芽出しをしてから植え付けます2.芽が出るまでは水は与えず、芽が出たらこまめに水やりをします3.追肥のたびに土寄せを行うことで、根の太りがよくなります ◎ショウガの呼び名ショウガは [続きを読む]
  • ショウガの育て方|湿度温度管理と施肥がコツ
  • 若いショウガを味噌などで食べるのも家庭菜園ならでは!ショウガの収穫隣人が採れたてのショウガ(生姜、ginger)をくださって、爽やかで深みのある味に感動してしまい、栽培しています。ショウガは、日本でも古くから利用されてきたアジアの香辛料です。多年草で、茎と地下茎を食用にします。葉茎もツマに美しく美味しいです。ショウガ畑   ■ショウガ 栽培のコツ1.乾燥させないように管理します2.高温を好むため、マルチ [続きを読む]
  • アスパラガスの育て方|苗から育てて翌年から収穫
  • アスパラガスの収穫です! 甘くて絶品!アスパラガスはタネをまいて収穫するまでの期間が長く、通常2〜3年かかりますが、苗を購入して植え付ければ家庭菜園でもすぐに収穫できます。また、ホワイトアスパラガスは軟白栽培するため家庭菜園では難しそうに思えますが、意外と簡単にできますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。アスパラガス、プロの畑です■アスパラガス栽培のコツ1.畑は深く耕し苦土石灰をまいて中和させま [続きを読む]
  • OOSUMI|お手入れの手間が楽な芝生TM9(ティーエムナイン)
  • ポイント5倍【芝生】ティーエムナイン(高麗芝) TM9は刈り込みと施肥回数が少ない手入れが楽!芝生の品種に悩んでいるかたは、とても多いです。その理由は、管理のしにくさにあります。芝生にしたいけど、綺麗に見えるものが良い、刈り込みなどの作業はなるべく簡単にできる品種にしたいなど、芝生の品種選びに、重点を置かれるかたが多いです。しかし、芝生の品種は非常に膨大。何を選べば良いのか分からない……、そんなかたにオ [続きを読む]
  • 3大肥料の効きめ
  • トマトは肥料の与え方が難しいですね10年以上栽培していますが、元肥を控えめにして、足らなければ追肥というのが良くできます。■3大肥料の効きめ3大肥料の効きめを覚えておくと野菜栽培に便利です。888などと表示されています。一般に、均等の肥料が使いやすいです。1.窒素枝や葉を育てるための肥料です。ある程度の大きさになるまでは必要ですが、窒素分が多くなりすぎると、つるボケの状態になり、花付きや実付きが悪くなって [続きを読む]
  • 家庭菜園 土づくり
  • 田起こしのようす家庭菜園において、土作りがとても重要であることは言うまでもありません。土が悪いと野菜の生育も悪くなりますし、病気にもかかりやすくなってしまいます。土作りで収穫量がぜんぜん違ってきます■標準的な土づくり1.クワやスコップなどで30cmほどの深さまでよく掘り起こし、  石などを取り除き、土の塊はくずします。2.タネまきや植え付けの2週間以上前に、1?あたり  100〜200gの苦土石灰をまいて、 [続きを読む]
  • べと病の症状と対策について
  • キャベツは発生しやすいです■べと病の発生しやすい植物・発生しやすい野菜キュウリ、カボチャ、メロン、カブ、キャベツなどです。・発生しやすい草花アスター、クリスマスローズ、ハボタンなどです。・発生しやすい果樹ブドウなどです。■べと病の症状べと病はカビによる病気です。梅雨時期や秋の長雨の時期に多く発生します。ウリ科のキュウリ、アブラナ科のハクサイ、キャベツ、ホウレンソウなどに発生し、それぞれ病原菌が違い [続きを読む]
  • スナップエンドウの育て方
  • 食感が良く美味しいですね最近人気のあるスナップエンドウは、アメリカから導入されたエンドウの品種のひとつです。豆が生長してもサヤが硬くならず、豆とさやの両方を食べることができます。スナップエンドウだけを炒めて食べてもおいしいですし、天ぷらにしてもサクサクとしてとてもおいしくいただけます。スナップエンドウを煮物などに添えると、鮮やかな緑色が彩りになり素敵です。■スナップエンドウ栽培のポイント1.良い越 [続きを読む]
  • ラディッシュの育て方|タネまきをずらし長期収穫
  • いろいろな品種があり楽しめますラディッシュは、ハツカダイコン(二十日大根)の名前の通り、生育日数20〜40日程度で収穫できるため、気軽に周年、作ることができる野菜です。   ■ラディッシュ栽培のポイント1.タネまきをずらせば長期間収穫できます2.水切れに注意します3.採り遅れないよう、早め早めに収穫します 「赤丸はつかだいこん」「レッドチャイム」赤くて丸いオーソドックスな品種の他にも、楕円形で首が赤く [続きを読む]
  • ニラが細い理由は?
  • まだ若いニラ江戸時代は薬草として知られていたニラ。ビタミンやカルシウムを豊富に含み、免疫力を高める働きのあるニラは、薬草として栽培されていました。現在は野菜の仲間として親しまれています。野菜の仲間となったのは戦後だとか。お味噌汁の具にしたり、ニラ玉、そして餃子の具にはかかせない食材です。花もかわいいですね■ニラが細い理由は?ニラは宿根性の作物ですので、一度植えると数年は収穫ができます。暑さや寒さに [続きを読む]
  • ホウレンソウの育て方|加工されたタネで発芽率アップ!
  • 見るからに美味しそうなホウレンソウ畑ホウレンソウは栄養豊富であり、夏以外は比較的栽培が簡単で、しかも寒さに強いため、青物が少なくなる冬場に重宝します。   ■ホウレンソウ栽培のコツ1.有機質肥料を中心とし、化学肥料の追肥は行いません2.酸性土壌、過湿土壌に弱いです3.果皮がかたく発芽しにくいため、加工した種子を利用しますホウレンソウは栄養豊富ですが、シュウ酸や硝酸塩を含んでおり、えぐ味や渋みの原因 [続きを読む]
  • ニンニク 春植えはできる?
  • ニンニク、さまざまな品種があります「スタミナをつけるためにはニンニク料理!」焼き肉や炒めもの、明太子パスタなど、ニンニクが入っているととても美味しいですね。現在は国産以外のほとんどが中国から輸入されたものとなっています。自家製ニンニクができると嬉しいですし味の違いに驚きます。実は、家庭菜園でもニンニク栽培は、ポイントを押さえていけば成功します。葉ニンニクに向いた品種を選べば、春植えの葉ニンニクを味 [続きを読む]
  • アブラムシの防ぎ方
  • アブラムシ、ウイルス病を媒介しますので駆除しましょう■アブラムシの防ぎ方アブラムシは新芽が出る季節に一番多く発生します。新芽をはじめ花、つぼみ、若い茎などやわらかい組織に群れをなし、樹液を吸います。アブラムシは緑色の他にも黒、茶色など種類が多いです。株が枯れてしまうケースはあまりありませんが、見た目がまず悪いので見つけ次第駆除します。◎殺虫剤は?アブラムシは接触毒の殺虫剤を苦手としています。スミチ [続きを読む]
  • 家庭菜園 12月|防寒対策と畑の整頓
  • 冬の野菜畑 秋田県 大館市 12月に入ると本格的に寒くなり始め、霜が降りる地域もあります。植物たちの生長は、とてもゆるやかになり、野菜は寒さに当たり、甘みが増します。12月は、空いている畑やプランター、鉢の、土や残滓の整理と土作りや腐葉土作り、越冬する野菜たちの防寒対策をします。■菜園の管理12月に入ると、ビニールハウスでもない限り、タネまきは無理です。土をゆっくりと休ませ、次の季節に備えて力を蓄えさせ [続きを読む]
  • イチゴの実つきが悪い理由は?
  • イチゴがこんなになると嬉しいですイチゴが一番おいしいのは、収穫したてです。家庭菜園なら、収穫したての瑞々しいイチゴが楽しめますよね♪無農薬栽培できるのも、家庭菜園ならではです。■イチゴの実つきが悪いのですが、どうしてですか?イチゴの実つきが悪い理由は、いくつか考えられます。イチゴの受粉をしていますか?1.気温が低く、受粉が不十分だった通常、露地栽培をしているイチゴの受粉は、ハチやチョウなどの昆虫に [続きを読む]
  • イチゴの植え付けのコツ
  • イチゴの花がたくさん咲くと嬉しいですイチゴは様々な品種が開発されていますが、家庭菜園でも育てやすいのは、「ダナー」や「宝交早生」、スーパーなどでもおなじみの「女峰」などが、病気に強く、収量も比較的多いのでオススメです。その他にも、よく実のつく「北の輝」、甘みが強い「とよのか」「さちのか」、甘みと酸味のバランスのよい「アスカルビー」なども人気です。マルチングをすると、よりじょうぶに育ちます■イチゴの [続きを読む]