散歩人 さん プロフィール

  •  
散歩人さん: 海山散歩人
ハンドル名散歩人 さん
ブログタイトル海山散歩人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/efmry-takahashi
サイト紹介文近隣の海と山が大好きで、定年退職してからは、のんびり、まったり過ごしたい、極楽トンボのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2012/09/11 15:50

散歩人 さんのブログ記事

  • 三浦薬師如来霊場お開帳
  • 三浦薬師如来霊場を巡り歩いてみたいゴールデンウイーク第1日目、先ずは第一番霊場の逗子・神武寺を参拝して御朱印をいただくことにした。三浦薬師如来霊場は昭和59年以来、33年ぶりの大開帳らしい。神武寺は大好きな場所で、年に何回かハイキングで来ている。以前にも薬師如来像を見ることができた記憶があるが、33年前だったのだろう。JR東逗子駅からの参道を歩き上ったら大開帳の看板が設置されていた   歩いている [続きを読む]
  • 春の中潮、今季二度目の潮干狩り
  • 前々から計画していた潮干狩りの日春の中潮は、大潮と同じくらい大きな満ち引きであり、干潮時は絶好の潮干狩り日である。ゴールデンウイークを過ぎると、大ぶりのアサリはいなくなる。平日の今日が最後のチャンスと思って、干潮時間の1時間以上前に駐車場に到着した。まさか平日がこんなに混んでいるとは、驚いた!いつものベストな駐車場は満車である。しょうがなくいつものエリアから離れた駐車場に止めることにしたが、そこも [続きを読む]
  • 初夏の家庭菜園、鉢植えが気持ちいい
  • 初夏というには少し早いかもしれない爽やかな暖かさの過ごしやすい日、気持ちがワクワクして身体も軽くなり、屋外で何かしたくなる。近所を散歩していると鉢植えの藤の花が満開である。これなら我が家の庭にも置けそうだし、地植えと同じような景色を楽しめると思った。咲き誇った藤の木を買うつもりでホームセンターに行ったが、売られているのは苗木ばかり、今満開の庭木を売っているはずがない?近所の花藤は育てたものだった、 [続きを読む]
  • カヤックとラジオで昼寝の日
  • 久しぶりの漕ぎ日和であるマイフィールドから漕ぎ出たのはいつだったろうかと振り返ったら、4月に入ってからはまだ漕ぎ出していなかった。先日、座間味島に遠征していたからか、いつもの浜が懐かしく思える。「おっ、久しぶり」「今日は近場で昼寝ですよ」「その辺まで一緒に漕ぎましょう」、久しぶりのFさんとツーリングすることになった。少し北風が強く、岸沿いに漕いで北上するそろそろ寝る場所を確保しようと、あちこちと浜 [続きを読む]
  • 御朱印帳
  • 年一回の健康診断の日葉桜の横を散歩しながら、予約していた診療所に行って受付して、身長、体重、血圧測定、血液検査と、外来患者の隙間をすり抜けるように検査が行われる。仕事をしていた何十年も毎年受診していたからか、今も1年に一回は受診しないと不安になる。朝食を抜いて受診に備えて来たせいか、終了するとそのまま帰宅するのが勿体ないような気がした。どこかに出掛けてどこかで朝昼食を食べることにした。ふらりと鎌倉 [続きを読む]
  • 八重桜のお花見
  • 桜観賞の第二章が始まった沖縄・座間味村から帰ってきて、アルバムを整理していて何気なしに庭を見たら、八重桜が咲き始めている。ソメイヨシノは咲き終えて、初夏の陽気になってきたけれど、毎年、遅咲きの桜が楽しませてくれる。桜の種類も相当多いのだろう、日当たりの違いもあるのだろうが、いつも咲く時期に微妙な時間差がある。ちょうどそんな日に、小学生の女子孫がピアノ教室の帰りにおやつ休憩に立ち寄った。こうなると従 [続きを読む]
  • 慶良間諸島、カヤック、スノーケリング、など等々
  • あっという間にシーカヤックツアーが終わってしまった座間味島・村を拠点にして、無人島を目指してのロングツーリングやスノーケリング、洞窟を通り抜けたり、夜は参加者で乾杯ディナーの三日間、小生にとって初めての経験であった。帰ってきて、早速画像を整理していると、夢の中にいたような三日間であった。画像の整理に時間がかかりそう、それでもブログはアップしたい、今日は身体を休めてパソコン操作の日である。「4月14 [続きを読む]
  • 座間味島に来ています。
  • 座間味村に着て三日目の朝あっという間に二日間が過ぎてしまった。那覇から高速船で到着して、その日、次の日とシーカヤックツーリング、スノーケリングと満足度100パーセントの二日間であった。サンゴ礁で泳いで、熱帯魚を見て、ウミガメにも会えた。民宿前の歓迎者たち村の路地を散歩、写真で見た景色の中を朝散歩今日は、午前中カヤックを漕いで、夕方、那覇に移動する。もう少し、非日常的時間を楽しませてもらいながら、ブロ [続きを読む]
  • 那覇に着きました
  • 羽田からの一人旅無事に那覇市に着きました。昨年、国内線を利用したとき、まさかJALとANAのターミナルビルが違うとは知らずに、週刊誌を読んでいて、何の迷いもなく京急を下車してしまい、慌ててバスで移動したのです。昔は同じビルだったなどと言っても、全く無意味であり、あの時の経験を受け止めて、イラつく事もなく到着できた。那覇空港に無事到着スマホは便利である、時間、道案内を任せてホテルに到着した。モノレー [続きを読む]
  • シーカヤック遠征・パッキング
  • 今週末、座間味島に遠征する近々、荷物をまとめようと思っている内に、出発日の前日になってしまった。いつもお世話になっているショップが企画した、シーカヤックツアーに参加して、初夏の沖縄・座間味島の海を、思い切り漕いで潜って、運が良ければザトウクジラとツーリングできるかもしれない。そんな大それた期待を抱えて、荷物をキャリーケースに詰め込んでいたら、あれもこれもと予想以上に多くなってしまった。パドリングウ [続きを読む]
  • 久しぶりの二日酔い
  • 朝、目が覚めたとき酒気が抜けていない感じ退職前に経験した頭がボーっとしている感じ、鼻に酒の匂いが残っている感じ、久しぶりの二日酔いである。前日、生まれ育った実家から甥が訪ねてきて、我が家に宿泊して懐かしい話や仕事の話など、盛り上がってしまった。何年ぶりで我が家に泊まってくれただろうか、家業を継いでいて、ときどき出張で東京へきているが、葉山のお店との取引を始めたらしく、その帰りに立ち寄ってくれた。小 [続きを読む]
  • 今日も雨、今年の桜はどうなるだろう?
  • 雨が続いている、二週間海に出ていない一週間に一回はマイフィールドに行ってみる。もしかしてと思って海を見にきても、やはり大荒れでとても漕ぎ出せる状況ではない。予想していても期待は見事に砕かれた思いになるこんな海でも、スタンドアップパドルボードのスクールが開かれている、と思ったらインストラクターの研修だった。これから夏に向かって、スクールマニュアルの確認や安全研修を行うには絶好のコンデションである。実 [続きを読む]
  • 雨の日は・・・・・
  • 暖かくなってきたら晴天が途切れとぎれになってきた春の気候が不安定なのは承知しているつもりでも、雨の日が連続すると少しイラッとしてくる。朝起きて愛犬の散歩もできず、掃除をして身体を動かしてからビデオ観賞になり、ビールを嗜んでひと眠りしてから、久しぶりに絵でも描こうかと、そんな気分になる。スケッチは好きである。デジカメで撮ってきた画像をiPadに保存している。気が向いたとき開いて暫らく眺めて、どうしようか [続きを読む]
  • 楽しかった露店の景品くじ
  • 露店のくじに景品・一等賞の当たりがない?そんな記事を読んでいて、何ともさびしい気持ちにさせられた。景品を手に入れるため、くじを大量購入して多額の支払いをしても当たりがなく、警察に通報して詐欺罪で露店アルバイトが逮捕されたという。子供の時のくじには、今思うと、いやその当時も、多分一等賞の当たりはないだろうと思っていた気がする。親にも、当たる訳ないから、一回で止めるように注意されたものである。駄菓子屋 [続きを読む]
  • ついに餌台に鳥が来た
  • 先日作った庭の餌台にやっと鳥が来た餌台を作ったとき、これなら直ぐにいろんな鳥たちが来てくれるだろうと思ったら、中々止まってくれない。餌台の下に撒いたお米や芝生をついばみに来くるのだが、台の上のお米は食べてくれない。柑橘類が好きそうだと思い、半切りにしたオレンジを置いていたら、烏が来て、あっという間に銜えて持って行ってしまった。今日の朝、餌台を据え付けてから十日経ち、ついに小鳥がきて止まって、しばら [続きを読む]
  • 四十九日を終えました
  • 親戚の法事に出席して叔母さんが亡くなって四十九日、ここまでお通夜、告別式を終えて、いよいよ納骨の日である。故人と別れる告別の日は、遺族の悲しみやいろんな思いが伝わってきて、見ている方も辛くなるような気持ちになる。あれから7日が七回続いて、四十九日の法要で御仏になる日がきた。小生の感覚では、遺族は、火葬場で煙を見て骨壺に納まるのを見届けると、少し平常心に戻ってその後の数十日を過ごす。そして、四十九日 [続きを読む]
  • カヤックメンテナンスの日
  • 週末は雨っぽいし、日曜日は親戚の法事である週末シーカヤックの海散歩はできそうにない、久しぶりにカヤックのメンテナンスをすることにした。やはり一週間に一回は艇に触れないと物足りないし、そろそろメンテナンスしなければいけないと気になっていた。なんといっても大海原で自分を乗せてくれている、事故らないように全体を点検していて間違いはないし、奇麗にしたカヤックに乗るのが気持ちいい。平日の艇庫は貸切で使用でき [続きを読む]
  • 孫の手も借りる初潮干狩
  • 今日がベスト、潮干狩りの日、大潮の日ひとりで行くのも何か物足りない。春休みの孫達・小学生の二人を連れて行こう、この二人だったら小生にも面倒みれそうだし、アサリ掘りの戦力にもなりそうである。駐車場も昔は1日500円だったと思うが、潮干狩りファンで込み始めてからか、現在は1時間310円である。一人で掘るより三人で掘ると効率が良い、一人の持ち帰り量は2キロであり、3人では6キロ持ち帰ることができる。干潮 [続きを読む]
  • 「そして誰もいなくなった」 あのロケだ!
  • 二夜連続の2時間映画を観てしまった観ていて、「あの場所だ!!」今年初めに散歩していて、海の事故かなと思うほどの大勢で撮影していたロケ場所だった。アガサ・クリスティ原作の「そして誰もいなくなった」、二夜連続で放映する映画らしく、配役も豪華な俳優さんが勢揃いである。孤島に招待された著名人たちが一人ずつ殺害されて、最後には誰もいなくなる。誰が犯人なのか、どうやって殺害したのか、推理するシナリオが面白く時 [続きを読む]
  • 真冬に戻ったように寒い海
  • 日曜日の天気予報は寒い雨模様今週の漕ぎ出しは、土曜日の方がコンデションがよい、少し寒いが週一回のシーカヤックで身体を動かさなけれならない。毎週の義務感を抱えながら、マイフィールドに行ったものの、曇り空で予報どおりに風もあるし、寒い!誰もいない浜を前にして、車中でしばらくラジオの時間身体を温めて気持ちの緊張を解して、誰もいない浜から、北北東4mの風に向かって漕ぎ始めた、帰りは背中を押してくれるはず。 [続きを読む]
  • 庭に来る鳥の餌台・止まり木
  • いつか作ろうと思っていた鳥の餌台、止まり木掃除を終えて身体を動かしたら、やっと重い腰が上がって、よし!作ろうという気持ちになった。どんな形で作ればいいのだろう、インターネットで調べて最も簡単で、小生にも作れそうな形を決めた。午前中、天気もいいし暖かくなってきた、ホームセンターに台を据え付ける杭などを買いに行って、作業を開始した。記憶に残っている日曜大工で残った端材も利用して、十分な餌台・止まり木を [続きを読む]
  • 卓球の練習の日、証人喚問
  • 木曜日は卓球クラブの練習日何となく参加者が少ない、「なんか今日は少ないなあ」「皆国会の証人喚問を見ているのかな?」、そんな会話の一日だった。小生もビデオ予約してから体育館でラリーの練習をしている。他にも同じ予約をしてきた人が数人いたようだった。流石に皆さん完全退職して、平日の国会中継も見ることができる社会人である。休憩時間に、国会での某学園への喚問を話題にしながらも、流石に人生のベテランメンバーで [続きを読む]
  • ビーチクリーン、スノーケリング、春爛漫の海
  • 明日20日は、お彼岸のお墓詣りである海に行くなら今日である、と早めに駐車場を確保して車内でサンドウイッチを食べながら、そう第3日曜日はビーチクリーンだった。急いで、浜に集まった人達の中に入ってビーチクリーンに参加することができた。ひと月に一回の善行ができてホッと一安心できた。浜は今月も比較的きれいである、大きなゴミはなかった出艇しようとしたら、顔馴染のインストラクター3人組がスノーケリングをすると [続きを読む]
  • 卒業式で思ったこと
  • 卒業式で小学校の低学年は休校になった小生の孫達も小学校3年生と2年生は休校で、じいじ、ばあばの家に泊まりに来て遊んで帰った。仲良しの従兄妹で遊ぶのは見ていて楽しいし、会話も盛り上がるというか、小生達が子供を育てていた若い頃の楽しさを一晩だけ味わうことができる。孫達に付き合いきれずにパソコンでニュースを読んでいたら、防衛大学校の任官拒否の卒業生は、正規の卒業式には出席できないと報道されていた。卒業証 [続きを読む]
  • マイナンバーカードが届いた
  • そんなにも欲しいと思ったカードではないが.....そろそろマイナンバーカードを取っておこうかなと、申請していたらひと月ほどして、本人が身分証明証を取りに来るように通知が届いた。意外と速い対応であった。本年の確定申告を作成するときに、マイナンバーカードの写しを添付するようになっていた。マイナンバーカードがないと、通知カードの写しと身分証明証の写しが必要であり、ひと手間余分にかかってしまった。大した手間で [続きを読む]