阿部 さん プロフィール

  •  
阿部さん: 海外法人設立サポートセンター
ハンドル名阿部 さん
ブログタイトル海外法人設立サポートセンター
ブログURLhttp://ameblo.jp/kaigaihoujin
サイト紹介文海外法人設立を強力にサポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/09/11 17:52

阿部 さんのブログ記事

  • 当面、ブログ休止します
  • 楽しみに見ていただいている方には申し訳ありませんが、当面、連載は休止します。月1回くらいは書くかもしれませんが、少々充電期間をいただきます。号外などのアナウンスはこれまで通り書きます。なお、これはブログ投稿だけのことなので、通常の業務は今まで同様、対応します。よろしくお願いします。オフショア投資ブログランキングに参加しています。応援、よろしくお願いします。===================== [続きを読む]
  • 新規法人口座開設についての雑感
  • 香港、特にHSBC香港は厳しいですね。パナマ文書の影響で更に混乱が増したような感じです。ところでこれから新たに法人口座を開きたい、という場合、香港の銀行はとても厳しい審査を行なってますので、そのクリアに相当な労力を取られてしまいます。まあHSBCでなくてもよろしければ比較的簡単に開けそうな銀行はあるのですが、「HSBCがいいんだ!」 という人はとても厳しいと思います。銀行機能が使えるようになること [続きを読む]
  • パナマ文書2
  • パナマ文書が話題をさらってますが、再度、こういう立場からモノ言います。今回の問題は、明確に加害者と被害者がいます。誰が加害者で、誰が被害者かというと・・・・加害者 タックスヘイブン地域を悪用している富裕層、指導者層・被害者 タックスヘイブン税制を採用している各国、各地域です。再度明確にしたい点は、タックスヘイブンという軽課税地域(国)または免税地域(国)自体は、何も悪くない、ということです。(以下 [続きを読む]
  • パナマ文書1
  • パナマ文書が話題になってます。この事について触れるかどうするか若干考えましたが、認識を明確化するためにやはり触れておきましょう。あらためて明確化しておきたいことがいくつかあります。もちろん 「日本人を前提としえ」 です。 それは、1.オフショア地域 (香港も含めて) に法人を設立することは、法律違反ではない。2.オフショア地域 (香港も含めて) に銀行口座を開設することは、それが法人口座であっても [続きを読む]
  • 海外法人設立代行会社がきちんとしたいい会社かどうか?見分け方
  • 香港法人の設立を代行する会社というのは、たくさんありますよね。もちろん弊社もそのうちの1社なのですが・・・・実は簡単に香港法人の設立代行会社の良し悪しを見分ける方法があります。とは言えこの方法は馬鹿みたいに簡単なので、「良い会社」 については見分けられません。しかし、「良くない会社」 とか、「問題のありそうな会社」 については、高い確率で分かります。もちろんこの投稿を書いている弊社は・・・・この方 [続きを読む]
  • 一人で起業して、果たして仕事こなせるの? 3
  • 1.仕事や物事を抱え込まない2.仕事や物事は、人に振って振って振りまくる3.忘れる (というか、気にしない)この3箇条は重要で、4つ目に 「これを忘れない」 ということは、長く続けたいからこそ、仕事をこなすスタイルを身につける、ということです。とある際、私はほぼ同時に12社の海外法人設立を受けたことがあります。しかも、すべてが別のお客様でした。香港法人、イギリス法人、オフショア法人と、偏らずにまん [続きを読む]
  • 一人で起業して、果たして仕事こなせるの? 2
  • 仕事を抱え込まないためには、1.仕事や物事を抱え込まない2.仕事や物事は、人に振って振って振りまくる3.忘れる (というか、気にしない)そして、この3つを忘れない。これがポイントです。簡単な例を出します。一人で起業した場合、とにかく道具を徹底的に上手く使いこなす必要があります。わたしに言わせると、もっとも重要な道具の一つが、「リマインダー機能を自分に対して設定できるメールソフトやカレンダーソフト」 [続きを読む]
  • 一人で起業して、果たして仕事こなせるの? 1
  • 会社員だった人が不安に思うことの一つに、一人で起業して、果たして仕事こなせるの? ということがあります。今までは同僚がいて上司がいて部下がいて、アシスタントがいた。社を左右するような大きなことや予算が大きい仕事は上司がフォローし、手間がたくさんかかる仕事は同僚とこなし、業者や下請けなどの取引先との折衝や通知は部下が行い、資料作成や管理はアシスタントが行ってきた。経理は専門部署に任せておき、社内の細 [続きを読む]
  • 日本がデフレを脱却する方法
  • 日本のデフレってどうやれば脱却できるでしょうか?まあここに書くのは、経済学者ではない私が、テキトーに暴論を吐いている、程度のものですので、決して信じず、決して他言無用にてお願いします・・・wwwwwwデフレ脱却方法は、デフレになる理由を逆さまにすればいいのではないでしょうか?デフレになる理由とは、「欲しい商品(サービス)、必要な商品(サービス)が無くなる」 でした。ということはこの逆、「欲しい商品 [続きを読む]
  • 今更ながら、デフレを理解する 3
  • デフレ化の日本でモノを売るにはどうしたらいいか?白物家電を輸入して売れ、という意味じゃないですよ。全然違います。生活必需品や生活のためにお金を使う、というロジックでは苦しむだけだと思うのです。なぜなら、デフレというのは自分の給料も伸びませんから、生活コストの切り詰めに必死となってしまいます。しかしその一方、生活コストではない部分ではお金をつかう場合もあるでしょう。例えばですが、切り詰め生活でお金を [続きを読む]
  • 今更ながら、デフレを理解する 2
  • デフレを脱却できない日本ですが、デフレの仕組み上、今の日本がデフレを脱却できないのは当たり前です。デフレの仕組みが分かったところで、では事業家はどうしたらいいでしょうか?ここでひとつのヒントとなるのは、中国や韓国の企業をだして悔しいのですが、中国企業であるハイアールや鴻海 (台湾企業というのは表面だけで、中身は中国企業です)や韓国のサムソンなどでしょう。いずれも白物家電をやっているか、やろうとして [続きを読む]
  • 今更ながら、デフレを理解する 1
  • 経営者となるなら、または経営者であるなら、軽くでもいいので経済的な知識を身につけておいたほうがいいでしょう。特にデフレを理解することは生き残るために必要です。インフレならまだいいんですけどね。デフレを知らない人に、ごくごく簡単に説明してみましょう。デフレを一言で表すなら、「欲しい商品(サービス)、必要な商品(サービス)が無くなる」ということです。「そんなことないよ、車も買い換えたいし海外旅行もした [続きを読む]
  • お父さん、何で家にいるの? 2
  • しかし最も避けたいことは、家庭内不和を考えて事務所を持とうとしたり、知り合いの会社に頼んで机一つだけ置かせてもらったり・・・・ということでしょう。事務所を持つと、コストは倍になります。家賃、通信費に光熱費。交通費、その他雑費などです。初期のサバイバル期を乗り越える間だけでも奥さんや子供さんを説得して自宅で頑張ってみるべきでしょう。その際、もうひとつアドバイスがあるとすればそれは、「奥さんに仕事をや [続きを読む]
  • お父さん、何で家にいるの? 1
  • 会社員だった人が起業した。しかも私が個人的に勧めているように、1人で自宅起業した場合に問題となるのがこの言葉です。「お父さん、何で家にいるの?」家は女の城、ではないですが、やはり亭主元気で留守がいい、のでしょう。これが女房の言葉ならまだいいですが、これが自分の可愛い子供に言われた言葉ならどうですか?子供が帰ってきた時に、今までは全然いなかった父親が家にいる。最初は子供も喜んでいたけど、週末と違って [続きを読む]
  • 起業する際に用意すべき金額 2
  • 起業当時は自己資金しかありませんから、自己資金をいかに上手く回すか、の勝負です。仕入れ費用、家賃、営業費用、電話やネットなどの通信費、雑費、そして生活費。起業当時はお金には羽根が生えている、ということを本当に実感できるときです。以前にも書きましたが、この時期はサバイバルなのですね。いかに節約しながら売上を伸ばし、生き延びるか。当然、売上を伸ばして利益を残すことが何よりも重要ですので、その他のあらゆ [続きを読む]
  • 起業する際に用意すべき金額 1
  • 起業はタダではできません。お金がかかります。もし会社を登記するなら、登記にかかるコストが必要です。しかし・・・実は日本法人でも海外法人でも、実は登記にかかるコストなど微々たるものでしかありません。もっと重要なのは運転資金と生活資金です。日本で締め支払いを行うなら、売上が上がってから現金化するまで、少なくでも60日は見ておいたほうがいいでしょう。仕入れが日本国内からなら、仕入れも掛けでできれば楽にな [続きを読む]
  • 納税を回避する、ということ 3
  • 納税したくない、という気持ちを分析すると、大きく2つの理由が存在することに気が付きます。ひとつめは、単純に自分のお金が減ること。これはもう、悔しいなんてものではありません。血の涙がでるときもありますよね。そしてふたつめは、納めた税金が無駄に使われているかもしれない、ということ。無駄に使われるなら払いたくない、と思うのは当然です。しかし、やはりそこはぐっと我慢し、国民の3大義務の一つとして、納税する [続きを読む]
  • 納税を回避する、ということ 2
  • 富裕層が納税する場合、金額が大きいので物凄いインパクトがあります。逆に言えば、富裕層が納税を回避する、ということは、一般人が何人も、何十人も納税を行わないことと同じだけのマイナスインパクトとなります。なので、説得は出来ないと思いますが少しは考えてほしいな、と思ったのでこの投稿を書いております。まず、私達の納税分で公共インフラが整えられ、公的サービスが維持発展されます。お子さんがいらっしゃるなら学校 [続きを読む]
  • 納税を回避する、ということ 1
  • 私が許せないことの一つに、「富裕層の納税回避」 という行為があります。もちろん私は富裕層ではありません。ちなみに富裕層の定義を簡単に書くと、「不動産を除く金融資産が100万ドル以上の投資可能資産を所有する世帯」 です。100万ドルは現在の為替レートではおよそ1億1300万円です。しかし皮膚感覚で言うと、2億円未満の金融資産であれば富裕層というのは語感から言っても少しどうかな、と思うのですが・・・ち [続きを読む]
  • 起業するときに捨てなければならないもの 3
  • 昨日の続きです。彼が失敗した大きな理由は、会社員時代の人脈ややり方が独立後にも通用する、と思ったことにあります。会社員時代の人脈も、独立後に使えるならそれはとても役に立ちますが、基本的にそれらを頼りにしたやり方は成功を遠ざけることになります。会社員時代の人脈は使えないものと思うこと。そして会社員時代に持っていたブランド力も営業力も組織力も、すべてを完全に失った状態で独立することになる、と思う必要が [続きを読む]
  • 号外:口座付き転売法人、あります
  • HSBC香港の口座付き海外法人の転売物件、あります。ご関心のある方は、左脇のメールフォームからご連絡ください。ただし、同業他社さまはご遠慮ください。オフショア投資ブログランキングに参加しています。応援、よろしくお願いします。=====================================海外法人設立サポートセンター ( 香港秘書役服務有限公司)Director 阿部   jpsupport@kaigaihoujin.com [続きを読む]
  • 起業するときに捨てなければならないもの 2
  • 昨日の話の続きです。結果として私は彼が入った数年後にその会社を辞め、紆余曲折を経て独立し、何とか自分の力で食っていけるようになった頃。私から遅れること数年後に彼も会社を辞め、起業しました。実は私も他の共通の友人も、随分影で心配したものでした。なぜなら、彼のようなスタイルでは独立してもなかなか大変だろう、と思ったからです。そして案の定、彼の起業は失敗しました。それまで勤務していた会社では持っていたブ [続きを読む]
  • 起業するときに捨てなければならないもの 1
  • もう10年以上前のお話です。私の古〜い友人が、私が独立起業した数年後に独立起業しました。彼は見栄っ張りの営業マンでした。彼は会社員時代は良い肩書きを異様に求めていました。営業ではその会社のブランドを上手く使い、営業テクニックも高く、お酒の席では雰囲気を作って寝技に持ち込むかのごとく努力もしてました。会話術もあり、笑顔をつくって人当たり良く、値引きや値段以外の条件を上手く出し入れして交渉をすすめ、落 [続きを読む]
  • 起業すると、お金をたくさん稼げるのか? 2
  • ではなぜ起業して事業家となった方がお金がより多く残るのでしょうか?前提は昨日と同じ、とします。つまり、経営後に残った黒字額が、自分が会社員だった時代と同じ金額だった、という前提です。比較しやすいですからね。そして更に分かりやすく、税引き前の額面で比較することにしましょう。会社員時代に受け取っていた給料の税引き前年収から大きく税金を差し引かれて自分のお財布に入ります。つまり、会社が支払う給料から税金 [続きを読む]
  • 起業すると、お金をたくさん稼げるのか? 1
  • 起業すると、お金をたくさん稼げるのでしょうか?実はこの問いは、前提条件として、「事業が失敗しなかった場合」がつくでしょう。どんな事業でも、売り上げがゼロなら稼ぎようがありませんし、売り上げがあっても利益が残らなずに赤字なら金銭面での体力が尽きたら終わりです。なので売り上げがあり、利益計算をすると何とか自分の給料分くらいは利益が出た、というパータンから考えた方がいいでしょうね。ではこの、「利益計算を [続きを読む]