トリステーザ さん プロフィール

  •  
トリステーザさん: のびやかな暮らし
ハンドル名トリステーザ さん
ブログタイトルのびやかな暮らし
ブログURLhttp://bossanovaday.hamazo.tv/
サイト紹介文ボサノバ好きのトリステーザののびやかな暮らしブログ
自由文ボサノバ好きです。ダイエットや健康法にも興味があります。お気楽に日記やつぶやきを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供691回 / 365日(平均13.3回/週) - 参加 2012/09/12 16:18

トリステーザ さんのブログ記事

  • 話題の松居一代さんと幼少期からの「しつけ」との関連性
  • 昨日は、松居一代さんの話しが出ましてね。松居一代さん。今、話題ですね。風水にご熱心とかで、聞き及んでいました。どういう風水を処方しているのか知りませんが、この手の呪術に興味のある私としては、松居一代さんは憶えていたものでした。ところが最近の松居一代さんはご乱心気味。文春にも何やら書いてありますね。本当なのかどうかわかりませんが、小さい頃から、お金重視やお金持ちと付き合う「しつけ」を受けたとか。で、 [続きを読む]
  • nitsua「Lost In Translation」
  • nitsua - Lost In Translation nitsuaの「Lost In Translation」。いい。ずーっと聞き入ってしまう。鼓動のように、静かな響き。静かでありながら、エネルギーが満ちあふれ。ただよう感じ。気持ちいい。やすらぎの天界のようだ。願わくば、兜率天へ。Nitsua / Dayscape 【CD】 [続きを読む]
  • 繊細な響きのドビュッシーが気持ちいい
  • Clair de Lune - Debussyドビュッシー「月の光」。いい響きだあ。この繊細なハーモニーが織りなす響きは気持ちいい。月の光は、今では、有名な曲になっています。ドラマや映画などでも随分と使用されているとか。その影響もあって、「月の光」ファンは、平成の今では多くなっているとか。それはいいことです。昭和の時代とは隔世の感があります。ラン ラン - クロード・ドビュッシー 『亜麻色の髪の少女』 同じく、ドビュッシーの [続きを読む]
  • パワースポット、霊性、目には見えない世界の価値
  • お金とか、権威、人気、ステイタスといった「外側のモノ」に価値を置いて、それで人を評価する方もいますが、やっぱりそれっておかしんですね。幸いなことに、私は、そういう「外部」のものに動かされる人とは、どうも、そりが合いません。このことに気づいたのは、年齢を経てからだったものでした。って、おっさんやな^^;月並みですが、人間性を大切にする姿勢って健全だと思うんですね。で、人間性の向こうには、自然を愛で、 [続きを読む]
  • ShinSight Trio「Early Dayz Amazement」
  • ShinSight Trio - Early Dayz Amazement いやあ、これもいいセンスしているなあ。ループに持ってくるサウンプリングネタがいい。昔のレコードとかを聞いているんでしょうな。ピアノのかすれ具合の音、ローファイなサウンドは、やはりいい。◎ShinSight Trio[BIOGRAPHY](シンサイト・トリオ[バイオグラフィー])http://www.imperialrecords.jp/intl/artist/shinsight-trio/biography/Shallow Nights Blurry Moon [ ShinSight T [続きを読む]
  • Angel Pocho Gatti「Francisca」
  • Angel 'Pocho' Gatti - Francisca「Angel Pocho Gatti(エンジェル・ポッチョ・ガッティ)」による「Francisca」。60年代らしい、ラウンジの響きです。やっぱり、この頃のラウンジ系ミュージックはいいですなあ。今では、すっかりヒップホップの音源元になっています。やはり、時代は変わっても、いい音はいい。そういうことなんだと思います。で、この「Francisca」は、名曲そろいの1967年リリース「Amore E Musica」に収録 [続きを読む]
  • ドビュッシーの調べに誘われて
  • Peter Frankl plays Debussy "Pagodes"ドビュッシーの「塔」。やはり、いいですなあ。このガムランのような響き。いえいえ、ガムランの響きをピアノで表したのが、この「塔」であるといいます。素晴らしい。ドビュッシーは、空気やエネルギーを音で表す天才だと思っています。この「塔」もまさに、そういう気感があります。思うに、病的な状態になっていない健常者は、正攻法の瞑想がお勧め。病的な状態−−たとえばうつ病、神経症 [続きを読む]
  • Yutaka Hirasaka「Letter」
  • Yutaka Hirasaka - Letter 「Yutaka Hirasaka」さんの音楽。これもミニマル・ミュージックなヒーリング・ミュージックです。ヒーリング系の音楽は、ミニマル・ミュージックになりますね。「Yutaka Hirasaka」は、今一つ、情報がありませんが、こちらは、ご本人のツィッターなんでしょうか。yutaka hirasaka(@yutaka_hirasaka)さん | Twitterhttps://twitter.com/yutaka_hirasaka [続きを読む]
  • haruka nakamura〜音楽のある風景
  • 音楽のある風景 haruka nakamura PIANO ENSEMBLE【Official MV】 「haruka nakamura」さんの「音楽のある風景」という作品。ショパンが入っている感じがしますね。たぶん、こういうのは、一般受けしやすいヒーリング・ミュージックじゃないかと思います。ウィンダム・ヒルもそうでしたが、ヒーリング・ミュージックでウケるのは、ショパン系、ドビュッシー系、この2つの折衷系と、おおむねパターンがあるように思います。「haruka [続きを読む]
  • パワースポットの楽しみ方
  • 秋山眞人(111)パワースポットのあり方、楽しみ方 秋山さんのお話し。いやあ、これまたいい動画ですなあ。てか、後半のパワースポットの楽しみ方は、自分が思っていることと、ほとんど同じことを言われていますので、まるで、自分が言っているかのような錯覚に陥るほど。なんで、ここまで似てくるの?って感じ^^;驚きますなあ。たとえば、・パワースポットとのつながりを感じながら、のんびりと過ごす。・パワースポットにある [続きを読む]
  • インチキ霊能者とホンモノ霊能者の見分け方
  • そういえば、しばらくの間、秋山眞人さんの動画を見ていなかったものです。で、何気にチェックしてみますと、いいことを言われています。秋山眞人(109)本者と偽者を見極めるいやあ、まさに、この通りですね。この動画は、日付を見ると、6月1日になっています。ちょうど、私が、神道に興味津々だった時期です。うーん、言われていることが、120%のシンクロ率。「自分かよ」と思うくらいです^^;まさに、その通り。秋山さ [続きを読む]
  • Cafe de Lux「Angel Eyes」
  • Cafe de Lux - Angel EyesCafe de Luxというミュージシャンの「Angel Eyes」。坂本龍一さん的なものがあって、いいですなあ。この手の響きは、昔からあります。で、手を変え品を変えても、よかったりしますね。Nitsua - Ocean In Dusk (Kaleo Remix) Nitsuaの「Ocean In Dusk」、いいですなあ。なんとも心地よいもんです。夏の夕暮れに、南国の海岸にいるような気分にさせてくれます。さて、本題。結局、マインドフルネス(瞑想) [続きを読む]
  • 悩み問題の根源は業(カルマ)というエネルギーに行き着くことも多い
  • こちらからの続き。第三回目。しかしながら、「我の強い人」に悩まされている場合の多くは、やはり一種の「業(カルマ)」が絡んでいることが多くなると思います。「業(カルマ)」の本来の意味は、「行為」ですが、運命的な拘束力としての「業(カルマ)」は、やはり存在しています。前世で、人を苦しめ、悩ませることをしたから、苦しい目に遭っているということですね。これが、「業(カルマ)」です。けれども「業(カルマ)」 [続きを読む]
  • 我の強い人に悩まされている場合の解決策は?
  • こちらからの続き。第二回目です。ところで、「我の強い人」に悩まされる側としては、どうすればよいのでしょうか?簡単に言ってしまいますと、「その人から離れる」。これがベストですね。これが、手っ取り早い解決策になると思います。しかし.その人から離れることができない場合があります。いや、実際は、こういうケースが多いかもしれません。こうした場合は、 1.耐える(自分の業として反省する) 2.相手の見方を変え [続きを読む]
  • 縄文人は日本人と韓国人の祖先だった、ほか〜2017.7.18書店巡り
  • さて、久しぶりに、恒例の書店巡りレビューでも。ちょっと前に書店へ行ったときに、目に付いた本です。面白そうなのが、結構ありますね。つい、手に取ってしまいます。◎日本人ルーツの謎を解く―縄文人は日本人と韓国人の祖先だった! この本は、前から知っていましたが、書店にもありましたね。この書は、かなりのインパクトがあります。韓国の本当の歴史がわかります。簡単に言ってしまえば、日本の縄文人が、韓国へわたり、韓国 [続きを読む]
  • おしゃれテレビ(野見祐二さん)のあの曲が^^;
  • おしゃれテレビ - Love Terrorist No. 1 (恋のテロリスト No.1) これはレアなものが。で、ヤバい^^;たぶんすぐに消されるでしょう。野見祐二さんの「おしゃれテレビ」時代の作品ですね。「恋のテロリスト No.1(ケイちゃんののってけミサイル)」。こちらに詳しいこちとを書いていますので、割愛しますが、いい曲ですなあ。◎吉永敬子さんさんとおしゃれテレビの「恋のテロリストNO.1」http://bossanovaday.hamazo.tv/e5743518. [続きを読む]