あられ さん プロフィール

  •  
あられさん: 映画でござる
ハンドル名あられ さん
ブログタイトル映画でござる
ブログURLhttp://sei0010.exblog.jp/
サイト紹介文映画が大好き!新作映画の感想です。ネタバレはなしです。映画好きの方、ウェルカムで〜すvv
自由文映画が大好き!
新作映画の感想を書いてます。
感性のみで書いてますが、ネタバレはしないよう心がけてます((^^;)
映画好きの方、一緒に感想をお話しましょ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/09/12 20:27

あられ さんのブログ記事

  • 光をくれた人
  • 舞台はオーストラリアの孤島にある灯台。そこで灯台守として働く夫婦・トムとイザベル。立て続けに流産で子供を亡くしたイザベルは渋るトムに懇願し、ボートで流れ付いた赤ん坊を自分らの子として育てることに。しかし、やがて思いがけない真実が明るみになって行く。遥か海上から望む陽の光の美しさ美男美女の美しいカップル登場する子供もまた愛くるしくてすべてにおいてため息が出そうに... [続きを読む]
  • ゴールド 金塊の行方
  • 歳を重ねるにつれ、渋カッコいいオヤジになって来たマシュー・マコノヒーが!? ゆるんだメタボ腹にハゲ頭へとまさかのデニーロ・アプローチ! 詰め物であって欲しいと祈った腹は、紛うことなくリアル・ミート ここまで気合い入れて臨んだ作品ならば、見に行かにゃぁ義理が立たねぇってことで 『金鉱を掘り当てる』 その夢に取り付かれた男達の浮き沈み激しい人生を、90年代に起こった「今世紀最大の詐欺事件」と... [続きを読む]
  • ローガン/LOGAN
  • 無敵を誇っていたウルヴァリンが プロフェッサーが... そりゃ確かに「老い」は生きとし生けるもの全てに訪れる宿命 たとえ能力者といえど避けては通れないって分かっちゃいるが 目の当たりにすると切なすぎるぜ!(TT) なかなか感動的なストーリーでありましたが、そんな姿のウルヴァリンは観たくなかった... というのが正直なところ ヨボヨボした主演2人もショッキングでしたが 幼い女の子が凄まじい... [続きを読む]
  • 怪物はささやく
  • 昔から普通のファンタジー物はどうも苦手でして。飽きちゃうんですよ、最後まで楽しめない。けれど、これはダーク・ファンタジーっていう触れ込みだったから『パンズ・ラビリンズ』級のを期待して行ったんだけど...でもね、そうだった、この監督は「永遠の子供たち」を作った人ストーリーも忘れたけれど、イマイチ感だけはハッキリ憶えてるそして、どうしても受け入れがたかった「インポッシブル」の... [続きを読む]
  • わたしは、ダニエル・ブレイク
  • わたしは、ダニエル・ブレイク勝手な思い込みなんですが、ケン・ローチ監督作品は、重い作風かつ社会の問題提起重視でエンタメとは真逆な作風が多く、それでも「天使の分け前」はイケルんじゃないかと見てみたけど、やっぱり肌に合わず...しかし、今回は友達に勧められて劇場へGO観に行って良かった!本当に良かった!ダニエルは長年大工として働いていたが、心臓病を患い、ドクターストップ... [続きを読む]
  • LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
  • 上映も終ってしまっていますが自己満足の記録ですゆえ、ご容赦を^^; 私的に最近、赤丸急上昇中のデブ・パテル 彼が主演ということと、アカデミー賞にもノミネートされていましたので観に行きました 感動的な実話でありましたが、一番目を引いたのは、インドでのストリートチルドレンの実態 数年前に公開されたタイが舞台の「闇の子供たち」ではかなりの衝撃を受けましたが、インドのスラムでも変わらないのだなと... [続きを読む]
  • メッセージ (ネタバレ無しョ)
  • 「灼熱の魂」「プリズナーズ」「ボーダーライン」と、抗うことが出来ない重い現実を突きつけ、それでも人はどうあるべきかを問うて来たドゥニ・ビルヌーブ監督  この監督の描くSF作品ってどんなだ!? と興味津々と行ってまいりました 。 世界各国に突如、飛来した巨大な宇宙船  果たして何が目的でやって来たのか?  定期的に開く入り口から船内に入り、宇宙人とコミュニケーションを試みる 。 華美な装飾が一... [続きを読む]
  • ワイルド・スピード アイスブレイク
  • ポール〜! ポールがいないワイスピなんて絶対観るもんか! もう1人の主人公のポールが亡くなっても、金に目がくらんでサッサと続編作りやがって、あのハゲ! と、思ってたんですが、アクション好きで車好きな血が騒ぎ、やっぱり観に行ってしまいましたよ、とほほのほ〜 ( ̄▽ ̄||)    だんだんやることが派手になり、超高層ビルの隣から隣へと3棟分、宙を飛んで突き抜けるという「ありえねぇ〜!」な荒技を... [続きを読む]
  • スプリット
  • 今回、ネタバレを含みますので、これから観ようと思ってらっしゃる方は読まないでくださいね!! ビバ!マカヴォイ祭り! 多重人格者を演じるマカヴォイ君を愛でる、楽しむ、堪能する マカボイ・ファンにとっては、これほど嬉しい作品はありません? 23人の人格と言いながら、実際に演じるのは4〜5人 9歳の少年、女性、もしかしたらゲイ?、神経質な男 堪能しましたョ〜? これは監督のサービス精神でしょう... [続きを読む]
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • 失敗したなぁ〜と思ったのは、吹き替え版で観なかったこと! 押井作品の声優オールキャストで演じていると知ってれば 「初見は字幕で」なんて自己満的主義なんざ、しれっと無視して吹き替えで観たワサ!! そうすれば、「これじゃない」感が少しでも薄れたんではないかしら〜って思います 芸者ロボットのデザインや動きは『おぉ!??』でワクワクしましたが... 光学迷彩を身につけた少佐と敵が水辺で戦うアクシ... [続きを読む]
  • キングコング 髑髏島の巨神
  • 「デカイ」それは至宝! 「巨大」それだけで正義なんです! 大きいってだけで何故にここまでワクワクしちゃうのか ♪ はじめは全然興味なかったんですが たまたま動画で、あぁ〜んなデッカい怪獣みたいな二本足のトカゲもどきと戦ってるのを観ちゃったら、がぜん興味がわいて来ちゃってそしたらロキ様.. ではなく、トム・ヒドルストンが主役? そして、ご贔屓サミュエル・L・ジャクソンも出演 (これで空... [続きを読む]
  • ハードコア
  • これぞキワモノ映画の決定版! 主人公目線で進んで行くという(一人称視点というらしい^^;) まるで観客自身が主人公になったような気になる、斬新なアクション映画です ストーリーといたしましては 目覚めたら自分はサイボーグ! けれど記憶は全然無い 敵に攫われた妻を救うべく敵地に乗り込む! まるでゲームをしているような画面展開 ゲーマーさんには、とぉ〜っても魅力的な作品なんじゃないかと思います... [続きを読む]
  • たかが世界の終わり
  •   遅ればせながら観て参りました。    しかしですね、「はじまりへの旅」を観た翌日に観ちゃったもんで、家族愛を感動的に謳い上げたかの作品が、ヌル〜いお伽話に塗り替えられちゃって、どおしてくれんのぉぉおお!!( ̄  ̄;)  同監督作品「マイ・マザー」は、確かにこの若さで表現力豊かで演出も上手く、才能ある人なんだろうなと感じはしたけれど、思春期の子供のダダこねをずっと見せられたようで少々うんざ... [続きを読む]
  • はじまりへの旅
  • ヴィゴ様ったら今回はサイケデリックなヒッピーのような風貌 そんなお姿も素敵ィ〜? な〜んて、お気楽な気持ちで劇場へ 地に落ちた資本主義に物質主義も、さもありなんな状態の現代社会に見切りをつけ 腐敗した社会から子供達を守るため、森で狩りをし自給自足の生活をおくるヴィゴ様演じるベンと6人の子供達。 療養中に亡くなった母親のお葬式に出席するため街へ旅に出る 冒頭のシーンでガツン!と一発^^; ... [続きを読む]
  • 3月 DVDこんなの見ちゃいました?
  • 3月の鑑賞メーター観たビデオの数:9本観た鑑賞時間:929分イレブン・ミニッツ [Blu-ray]監督の盛大な高笑いとともに強烈な最後ッぺをかまされたような見事なオチ!しかしテーマーは深淵!若造が監督だったら鼻につくが80歳近い監督だからこそ意味を持つテーマ性と人生観。お見事!!鑑賞日:03月04日 監督:イエジー・スコリモフスキストリート・オーケストラ [DVD]子供達視点で... [続きを読む]
  • アサシンクリード
  • ある組織に捕らえられた主人公カラムは、遺伝子から遠いご先祖の経験した記憶を強制的に呼び覚まされる 過去から続く対立する2つの組織が探し求める「ある物」 その行方を知る伝説の暗殺者の直系・カラムは否応無く巻き込まれていく... あまり評判良くないようですが もともとSF好きなんで、トンデモ設定でもスンナリ受け入れちゃう単純体質な私? 原作ゲームは、全〜然やってないですが、楽しめましたゾ! ... [続きを読む]
  • パッセンジャー
  • なんだか大作っぽいし ジェニファー・ロレンスだし SF好きといたしましては抑えておかなきゃいかんでしょってことで、割と楽しみにいそいそと見に行ったんだけども だがしかし? う〜ん..うぅ〜〜ん.... 冬眠から目覚めたのは2人きり 目的地到着まではまだ90年近くあって他の人達は起こせない 一体どうすりゃいいんだぁあああ! という設定はナイスだと思うんですが、いかんせん掘り下げ方が雑だし、... [続きを読む]
  • 雨の日は会えない、晴れた日は君を思う
  • 銀行マンとしては成功しているが机上の数字を追うだけの仕事に忙殺される日々 愛する気持ちも麻痺し、感情も無くした男が、妻の死をきっかけに心を取り戻すまでのストーリー ちまたでは意味不明、分かりずらいなどの不評も出ているようですが 『何で分かんないの!?』と叫ばずにはいられない ワタシにとっちゃぁ、どストライクでございました! だって、2回も見に行っちゃったんだモ〜ン? 身近の人の突然の死 ... [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • ホントはミュージカルは苦手なんだけど、オスカー取っちゃったし、話題になってるし。 「セッション」の監督だし。 とりあえず見ておくかというこで^^; オスカー発表数日後、初めての週末だから? 座席指定のはずなのに、入場口から列作って20メーター位並んでるんでビックリしたワ さらにビックリしたのは、ミュージカルって触れ込みだったのに。 オスカーだって取ってるはずなのに。 ミュージカルもどきの... [続きを読む]
  • マギーズ・プラン
  • ちょっと前に上映が終ってしまっていますが、自己満足の記録ですゆえお許し下さい^^; 主人公のマギーは、たまたま出会った学者兼作家のジョンと意気投合して結婚へ けれど、いまだ家計を支えるマギーは、小説の執筆がなかなか進まないジョンに徐々に不満がつのり... ジョンの元妻と共謀して、とある計画を立てる! 主人公マギーはグレタ・ガーウィグ 今回初めて知りましたが、ちょっと天然な感じの雰囲気が魅... [続きを読む]
  • ドクター・ストレンジ
  • アイアンマンことトニー・スターク?LOVEな私といたしましては、彼に関する出来事は全て把握しなくちゃいけないのン? という、ほぼストーカー的な思い込みのもと^^; 行ってまいりました〜 ヒーロー映画が当たりまくりで破竹の勢いのマーベル社 今作もお金のかけ方が桁違い キャスティングも『こんな人もヒーロー映画に出ちゃうの!?』ってな配役で デンマークの至宝といわしめたマッツ・ミケルセンがパン... [続きを読む]
  • ナイス・ガイズ
  • ライアン・ゴズリングにラッセル・クロウ演技には定評がある2人けれど個人的にはそんなに思入れもないんだけどこの2人でのバディ映画それもコメディって?予告編がとぉ〜っても面白そうだったんでイソイソと劇場へこれはコメディラスなライアンさんを楽しく愛でる!それに尽きる映画です!その他のことを求めちゃいけません!!ラッセル・クロウが『もしかして着ぐるみ着ている??』って... [続きを読む]