先生 さん プロフィール

  •  
先生さん: 先生のブログ
ハンドル名先生 さん
ブログタイトル先生のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/hattaribetu33/
サイト紹介文日本の政治について語ります。借金が許せません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/09/14 17:21

先生 さんのブログ記事

  • 老後3014
  • 「分かりやすい悪役」  ある漫画家が言う。「今の国会は考えなくても漫画になる」。国会でのやり取りが漫画そのものであると言う事だろう。最近は漫画とは言わない。漫画ではありえない話が展開される。漫画は責任など取らなくてもいい。強引に結末をつけても誰も文句は言わない。架空空間である。有り得ないドタバタ喜劇。一つ二つ真実が有ればいいのである。小林よしのり氏などは真実を追求して漫画を描いているのであるが。 [続きを読む]
  • 老後3013
  • 「硬い岩盤に穴をあけるドリル」  岩盤に穴をあけるならもう少しましなドリルが必要だろう。今回のドリルは土に穴をあけるのでさえ心配になる軟弱な刃先である。よくこんな安物のドリルで岩盤に向かったものだ。性能が極めて劣悪。中国製の安物ではないか。中国にも立派なドリルがあるだろう。中国製でも安物である。ドリルの先端になるのが山本なんたら特区担当大臣である。 名前を忘れる。そのうち思い出すだろう。岩盤を開け [続きを読む]
  • 老後3012
  • 「嘘の上塗り」  実に嫌な人間である。特区担当の山本大臣である。ヒラメ大臣。確か就任時うんちくを披歴して誤りが判明謝罪をした人である。どうしてもずるがしこい顔に見えてしまう。謝罪も軽薄だから人質も軽薄なのであろう。謝罪の程度で人の軽重が決まると思う。この人の一存で加計が決定したのであればこれほど杜撰、まやかしになるのだろう。一存であるはずがない。全て安倍の指令で決まった事であることを国民は知って [続きを読む]
  • 老後3011
  • 「立派な人になりなさい」  安倍の政治は支持率が大きいことが中心になっている。数字が勝ち負けを決める世の中になっていると言える。今日宮台氏の話を久しぶりにじっくり聞いた。宮台氏はこれほど奥のある人であったかと舌を巻いた。彼の話の中心かもしれない言葉は「立派な人になりなさい」であった。数字で勝つ世界と「立派な人になりなさい」との乖離は大きい。数字は余韻が無い。数字は変わる。「立派な人になりなさい」 [続きを読む]
  • 老後3010
  • 「世の中が混乱すると英雄が出てくる」  東京新聞の望月記者が菅官房長官に食って掛かるような質疑を続けなかったら文科省の再調査も無かったと書いた新聞は無かったのだろうか。私は見ていない。見ていないと言っても新聞は何時もほとんど読まない。私の情報源はほとんどyoutube,videonwseなのである。NHKも出来るだけ視聴しないようにしている。只今私の嫌悪する報道はNHKと読売。私は後幾らも長く生きられない年齢であるので [続きを読む]
  • 老後3009
  • 「仮定の話にお答えできません」  特に菅官房長官がよく使い言葉であるが最近政府関係者も官僚も使うので森友、加計で使用されたこの言葉の総数は多い。仮定は答えられないと言う事になればあらゆる政策が止まってしまう。政策は全て仮定ではないか。山本太郎氏がこれについてよく言う事。特に加計について考えると加計学園が先端学問を作ると言うのは仮定である。同じグループの千葉何とか大学では学生の程度が低くて中学校程 [続きを読む]
  • 老後3008
  • 「やりたい放題」 長い間専制君主、暴君など見られなかった。私が生を受けて77年間初めてではないだろうか。稀にみる奇観である。昔語られた専制君主、暴君を自分の時代で見られるとは思わなかった。これは大いに楽しまなければならない。私は江戸時代に紛れ込んだ自分を想像するのが好きな人間である。現在で将軍様の権威の下にある江戸情緒のほんのわずかでも俯仰できるのか。 加計学園での内閣におわす最高権威、首相のお声が [続きを読む]
  • 老後3007
  • 「只今民主主義成熟国対発展途上国並みの後進国日本」  一時嫌韓のテロップがyoutubeに簾のように並んでいた。今でも散見するが数えるほど。理由は韓国が国の財産を私物化した大統領を牢に入れて日本では安倍による数々の国有財産の私物化を許している。いくら馬鹿でも対比が余りにも鮮明で舌鋒も鈍るだろう。安倍によって日本は後進国にされてしまった。民主化の熟度は重要なのである。国際社会で民主主義でないことは各種の国 [続きを読む]
  • 老後3006
  • 「民主主義の力」  誰かグラフを作ってくれないかなと思う。どういう傾斜で民主主義が失われているかと言うグラフである。ある時このグラフがポキット折れて異なる政治体系になる。その地点に辿り着くのにどのくらい時間があるかなど見えるグラフである。急速に民主主義が破壊されていることがもはや身体で感じられる実感になっているだろう。共謀罪まで作ってしまえばその運用によってはもう戦前の東条内閣の時代の全体主義的 [続きを読む]
  • 老後3005
  • 「文科省大臣が嘘をつく世の中」 私は定年まで教師をしていましたが教育行政のトップが嘘をつくようになっていよいよ日本も終わりかなと深い落胆を覚えます。大臣と言えば校長より偉い人でしょう。教育に嘘をつけと書き込むことはさすがに無いでしょう。文科大臣がTVに出て嘘をつく時代になってしまった。 副大臣も嘘をつく。出会い系バーと嘘を比較すれば嘘の方が罪が重いと考える。出会い系バーに行く学生は少ないだろうが嘘は [続きを読む]
  • 老後3004
  • 「どうしたらあんな低次元の審議が出来るのだろう」  どう見ても弱いとはいえ野党は正義の側である。政府の答弁が酷い。そのためか政府の大臣も官僚も嘘をつくため答弁する時は伏し目がちになる。正面を見て嘘が言える人は少ない。安倍はその少ない人間の一人である。堂々と嘘を言う。小学生のころから安倍は嘘をついていたと言われる。安倍の嘘は培われて今や病気になっている。 度重なると嘘の構造も明らかになる。それでも嘘 [続きを読む]
  • 老後3003
  • 「国民を馬鹿にしている」  「国民を馬鹿にしている」と言う声を散見する。最近この声が多くなった。数年前から私も思っていた。大臣や官僚の発言の多くが子供騙しの嘘である。誰でもわかる嘘をつく。最近の白眉「同姓同名のものはいる」会場からも失笑が聞こえた。私も笑った。これが政府の答弁なのである。国民を馬鹿にした発言だろう。今私は安倍の発言に殆ど笑ってしまう。息をつくように嘘を言うと言われている男。 それで [続きを読む]
  • 老後3002
  • 「常軌を逸する」  安倍が常軌を逸してきた。以前から続く現象だが昨年の戦争法案から今年にかけて上昇を続けて今ピークに向かう前線基地に殆ど一人で安倍は立ち尽くしている感じ。改憲が目前。周りも付いて来れないほど一人で進んでいる。 何より嘘を量産している。これまでも大量な嘘があったがさらに加速されて嘘を重ねている。「関係していたら首相を止める」これを繰り返し国会で述べる。この繰り返しが全部嘘。「年金が少 [続きを読む]
  • 老後3001
  • 「惨敗、日本の野党」  Youtube を見ている限り日本の野党は惨敗である。日に幾度もyouyoubue を見ているが安倍の一強は変わらず野党の扱いは惨たんたるものである。支持率が減少している現状も見ている限り恒常的に変化がない。民進党の支持が10パーセントを切ったのはそれほど昔ではない。民進党も社民党の衰退をなぞる趨勢である。流言飛語が乱れ飛んでいる。民進党によほどに決定的な弱点があるのか。今民進党しか国民は頼 [続きを読む]
  • 老後3000
  • 「面白くて退化を続ける安倍政権」  とうとう3000、感無量。あと500で10年。それまで頑張ろうと思う。生きていればの話であるが。  面白いと言う感覚になった。安倍内閣は面白い内閣である。安倍内閣は極端な政治をする。極端が続くが国民の反応は鈍い。可もなく不可もない平々凡々の政権であれば対抗することもない。少し前から何やらチャンスがやってきた感がある。戦後山あり谷ありで激動もあったがその後2,30年は鳴か [続きを読む]
  • 老後2999
  • 「東京新聞望月記者」  菅官房長官の記者会見などを視聴する私の選択はない。安倍と同じ嘘が多い官房長官の話を性器を抜き取られた宦官のようなジャーナリストが黙って聞くだけ。面白くもおかしくも無い。たまたまyoutubeをリサーチして した画面に菅氏の面白くなさそうな顔が映っていた。消そうと思ったがしつこく質問を続けている女性記者が居る。記者の質問は我々庶民が聞きたい内容が重ねられていた。面白くなったが [続きを読む]
  • 老後2998
  • 「上書き」  安倍の政治は上書きである。何のことだかわかりますか。新しい問題を出してうまく行かない問題を覆い隠す。政治の世界、別に高尚な技術でなく不断に行われている普通のテクニック。これがバカ受けに受けて安倍内閣は4年半の長寿政権になった。上書きを4年半見てきた気がする。政権当時安倍は何といったかたくさん言ったので一々覚えていないが経済復活、財政再建だけはしっかり頭に残っている。この二つがそれぞれ [続きを読む]
  • 老後2997
  • 「醜い(みにくい)」  漢字が読めないと困るのでルビをふっておいた。このていどの漢字でも一瞬何と読むかと戸惑う。私は国語教師を定年退職した人物である。漢字の劣化が激しい。 醜いものを毎日見ていると醜い事のバブル状態。少しの醜さには反応しなくなる。それでも連日ギョッとする醜いものが出てくる。これでもかと醜いものを晒すのが安倍、官房長官をトップにした大臣などの政権の中枢、官僚。答弁が全て嘘に聞こえる。 [続きを読む]
  • 老後2996
  • 「人」  人は面白い。しかし人との関係は困難が多く忌避したくなることが多い。私はどちらかと言うと遁世的な生き方をしてきたのではないか。それでも周りは全て人なので接触はある。人に期待しないことが私の77年で得た人生訓である。77年も生きていると姿顔で判断する技術もそれなりに備わってくる。人と接触する時はまず話が出来るか人かどうかを査定する。それで声を懸けて会話になる確率は五分五分。 最近キャンプ場に居た [続きを読む]
  • 老後2996
  • 「人」  人は面白い。しかし人との関係は困難が多く忌避したくなることが多い。私はどちらかと言うと遁世的な生き方をしてきたのではないか。それでも周りは全て人なので接触はある。人に期待しないことが私の77年で得た人生訓である。それで人と接触する時はまず話が出来るか人かどうかを査定する。77年も生きていると姿顔で判断する技術もそれなりに備わってくる。それで声を懸けて会話になる確率は五分五分。 最近キャンプ場 [続きを読む]
  • 老後2995
  • 「安倍と前川氏」  Youtubeのいいところは左右を並べて番組を上程させるところ。今日は良い番組を見させてもらった。安倍と前川氏を並べて番組は作ってあった。インタビュウに応えている前川氏と安倍御用達のジャーナリストの番組に出演している安倍の比較。御用達のジャーナリストは仲間からも馬鹿にされている虚誤情報の常習者であるそうだ。 私はそこら辺の真実は分からないのであるがこのジャーナリストの顔が嫌いで彼の出 [続きを読む]
  • 老後2994
  • 「金田笑劇」  数々の珍答弁で大いに国民を笑わせてくれた金田放送。ぎすぎすした国会審議の中で笑いは救いになる。一種とぼけた風貌を持っているので役作りもなかなかな物。しかし金田氏が関係しているのは恐ろしい法律なのである。審議中に笑いが起こる代物ではない。安倍でさえ匙を投げて答弁を事務方に挿げ替えた。大臣が法案を理解していないと言う事が明らかになったからである。ちんぷんかんぷんな答弁が続いた。私は林 [続きを読む]
  • 老後2993
  • 「責任とれるのか」  首相がこの言葉を使うのを数回見たように思う。福島議員に向かって詰め寄っていた。嘘にはまるで責任が無い。安倍は息をするように嘘を言う人と評価が固定している。無数に責任を取らない人が福島氏に「責任をとれるのか」と詰め寄るのは滑稽であろう。それがおかしいと言う感覚を全く持っていないのが安倍。安倍の最新の嘘、「私は加計と関係ない」が嘘であると少なくとも国民の3分の2はすぐに判断してい [続きを読む]
  • 老後2993
  • 「責任とれるのか」  首相がこの言葉を使うのを数回見たように思う。福島議員に向かって詰め寄っていた。嘘にはまるで責任が無い。安倍は息をするように嘘を言う人と評価が固定している。無数に責任を取らない人が福島氏に「責任をとれるのか」と詰め寄るのは滑稽であろう。それがおかしいと言う感覚を全く持っていないのが安倍。安倍の最新の嘘、「私は加計と関係ない」が嘘であると少なくとも国民の3分の2はすぐに判断してい [続きを読む]
  • 老後2992
  • 「菅官房長官の暴力」  官房長官は官邸のトップであるそうだ。安倍内閣が長くなったのでその権威も相当に積みあがっているのだろう。権威の上に安定しているような官房長官に最近変化が現れた。不断のゆうゆう迫らぬ余裕がなくなった。日本最長の政権に近づきつつある安倍内閣で悠揚迫らぬ権力を謳歌してもいい立場であるのに。官房長官としての仕事に齟齬を来していると言う事だろう。それも最大限の規模で問題が起きている。 [続きを読む]