涼香 さん プロフィール

  •  
涼香さん: すずか*ぜ便り
ハンドル名涼香 さん
ブログタイトルすずか*ぜ便り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suzuka1583
サイト紹介文季節の花、風景、美味しいものなど身近なものを気ままに撮っています。
自由文美しい写真を目指し、日々中古デジイチで頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2012/09/16 10:23

涼香 さんのブログ記事

  • 『草間彌生 わが永遠の魂展』へ
  • 開催期間が長いのをいいことにのんびり構えすぎふと気づくと終了まじか・・・先週やっと国立新美術館に行ってきました。ヴィトンとのコラボも話題になったりして今ではカラフルな‘水玉模様’のアートですっかりおなじみとなった‘彌生ちゃん’。(以前あるテレビ番組で見かけた彌生さんがとても可愛らしく以来私は‘彌生ちゃん’と呼んでいます)劇的人生を送られてきた彼女なんですが、生み出すアートはとてもパワフル。(案内チ [続きを読む]
  • チューリップの森
  • ネモフィラ咲く丘に向かえば必ず目にする、チューリップに埋め尽くされたこの森は素通りするにはあまりにも魅惑的な存在でひと度撮り始めるとなかなか脱出できません。何回か訪れてそのことは十分承知しているので今回は「みはらしの丘」に直行。ネモフィラとの時間を十分楽しんだ後のチューリップタイムです。たくさんの種類のチューリップがあり目移りしまくりですが、どういうわけか気になるチューリップは毎年同じような品種な [続きを読む]
  • 霧降高原のヤマツツジ、見頃です。
  • お休みをもらったので昨日は日光・霧降高原へ。「つつじヶ丘」のヤマツツジが目にも鮮やかな花盛りを迎えていました。いつも見頃を逃がして、微妙なツツジばかりを見てきたのですが、つつじヶ丘のツツジがこれほど見事だとは知りませんでした。今回は純粋にツツジ目的で‘隠れ三滝’はスルー。でも、ちょっとだけ遊歩道を歩いてきました。あまりに素晴らしい咲きっぷりを早くお知らせしたくとりあえず今日は最初に撮った数枚を・・ [続きを読む]
  • レンゲソウ畑
  • ここもまた持ち主のご厚意により畑いっぱいのレンゲソウを見ることができる知る人ぞ知る地元の花名所の一つです。先日の「ひたち海浜公園」フォトにも登場したレンゲソウですが、実はこっちのほうが先。なかなかレンゲソウを撮る機会がなく、思い切ってこの畑を初訪問しました。県道脇の畑ですぐ後ろを車がビュンビュン走っているなか小さなピンクの花可愛さに撮りまくってしまいました。カメラ歴が長くなるに従い羞恥心が薄れてい [続きを読む]
  • 揺れる麦
  • 私地域ではいたるところでさわさわと麦の穂が風に揺れる季節になりました。珍しい風景ではないけれど、一面の麦畑が美しく毎年撮ってしまう麦フォトです。 [続きを読む]
  • ロケット桜
  • 自宅近辺の桜はそろそろ終了という頃、宇都宮に用事ができならば、と寄り道。日光に近い宇都宮は地元よりも若干気温が低くまだ桜が見られるかも、と思ったのです。前々から機会があれば撮りたいと思っていた桜風景がこれ。「子ども総合科学館」のH-Ⅱロケットとコラボした桜でした。実際に飛ぶロケットではないけれどそうそう見られない光景でしょ?見頃過ぎの桜でしたが遠目からはなんとか。同じアングルなのは科学館が休館日で敷 [続きを読む]
  • ブルー&ブルー 〜「ひたち海浜公園」‘みはらしの丘’にて
  • 予定していた外出が取りやめとなり、代わりにGW真っただ中の「ひたち海浜公園」へ出かけました。GWにネモフィラの見頃を合わせたとのことですから、美しく咲き揃ったネモフィラと空と‘みはらしの丘’の一面ブルーの世界は何度見ても素晴らしくやっぱり来てよかったと思えるのですが、延々と続く大行列には写欲ダウン・・・(GWに合わせなくていいですからーーー)自分もその行列の一員なんですけどね。海を合わせたブルー三重奏も [続きを読む]
  • チューリップと芝桜
  • 桜と芝桜に会いに行ったガーデンで思いがけずチューリップコラボ。桜の花びらもひらひら舞い春の癒やしのひと時です。チューリップフォトはもうこれで済ましちゃお、と思ったのですけどもっともっと咲いている所に行くことになりました。それはまた後日・・・(館林市・「東武トレジャーガーデン」にて) [続きを読む]
  • 毛はえ地蔵さん
  • 「みかも山公園」への行き帰りに気になりながらもいつも横目に通りすぎていたお寺・高平寺。道越しに見える境内の桜がどうにも気になり今年ついに行ってきました。駐車場からすぐ見える立派な桜の木。おやお地蔵さんが・・・なんですと〜!? 毛はえ地蔵さんですって。いろいろと体のトラブル続出のお年頃でして、やっぱりここはお参りしておかねば。なぜこのお寺に‘毛はえ地蔵’さんがいらっしゃるのかいまひとつわかりませんで [続きを読む]
  • 春の風物詩・巴波川(うずまがわ)と鯉のぼり
  • 少し前のことになりますが、この季節、鯉のぼりがないのはやっぱり寂しいので地元巴波川周辺をぶらぶらしてきました。中心街を流れる巴波川の上を毎年鯉のぼりが泳ぎます。右に見えるのは「横山郷土館」。かつて麻問屋と銀行を営んでいた商家です。(中の様子を撮った写真が眠っているので機会がありましたらいつかご紹介したいと思います)ここから散策スタート。メインスポットの幸来橋。幸来橋に立つと目の前に蔵の街らしい風景 [続きを読む]
  • 桜と春の花たち@東武トレジャーガーデン
  • 今年のガーデンは昨年まで一面芝桜が咲いていたエリアのたぶん半分くらいが‘シーズナルガーデン’という春の花いろいろ咲くエリアに代わっていました。カラフルすぎる花々と。ネモフィラと。花々と桜をコラボさせてみましたが、雑多すぎて正直どう撮っていいかわかりませんでした。やっぱり菜の花とが一番落ち着きます。桜とコラボはできないけれど、各花のエリアが分かれていてリナリア群生、ポピー群生などそれぞれの写真が撮れ [続きを読む]
  • 桜観る日々・その4 〜心惹かれる優美な姿のしだれ桜ペア@長福寺
  • 地元の長福寺は「桜寺」といってもいいくらい桜の木がたくさんあります。一番人気はこのしだれ桜。全国の名桜は樹齢何百年というものが多い中で70年はまだ若いのかもしれませんが、大きさも枝ぶりも立派でかつ優美な姿が魅力的な桜です。(いつもと違う角度から撮ったら真ん中に花がなかった)至近距離で撮れるのも人気の所以でしょうか。一方、手前のしだれ桜は樹齢200年。こちらも名桜と言ってもいいかもしれません。横の菜 [続きを読む]
  • みかも山の妖精・3
  • まだまだ‘桜まつり’開催中なのですが、ラストカタクリフォトを。いつまでもひっぱってすみません今年も光遊びを楽しみこんな感じの写真ばかりの中で自分でも驚いた1枚がありました。なぜか絵画風に。今までにない1枚ということで今年のベストショットか!?と思ったのだけど、花びらが少々難ありですね〜。細かいところまで目配りが大切なのはわかっちゃいるけど、毎度懲りません結局今年も残念〜!で終わった‘カタクリまつり [続きを読む]
  • 桜とハクモクレン
  • 初めて出会った孤高のしだれ桜の傍らに桜を見守るように咲いていたハクモクレン。桜のピンクとモクレンの白の組合せは最高にロマンチック。プリンセスをエスコートする白い騎士(ナイト)のイメージで撮ってみました。(栃木市・龍興寺にて) [続きを読む]
  • 桜と芝桜のある風景
  • いつもは桜散ったあと芝桜とネモフィラの見頃を待って訪れていたガーデンに今年は桜の満開と芝桜の見頃が重なった奇跡のシーン見たさに早めに訪問。ですが、時すでに遅く葉桜間際のソメイヨシノでありました。それでも初めて見る桜・芝桜コラボに心躍り、ワクワクしながらカメラを向けました。女子はこのピンクの世界にはテンションが上がりますよね。(館林市・「東武トレジャーガーデン」にて) [続きを読む]
  • カタクリとニリンソウ
  • 新たなカタクリ群生地に出会っただけでも嬉しいのに思いがけないニリンソウの大群生にまで出会えて今年ほどカタクリ撮影を楽しんだ年はなかったくらい。アズマイチゲとのコラボ写真は定番になってますが、今年はニリンソウコラボが加わりました。カタクリにはやっぱり白い花が似合いますね。(栃木市・「みかも山公園」大田和エリアにて) [続きを読む]
  • みかも山の妖精・2
  • 初めて訪れた「みかも山公園」のカタクリ群生エリア。花の規模は‘カタクリの園’に及ばないながらアズマイチゲやニリンソウもたくさん咲きより自然風なのがとても気に入りました。光もいい感じに差しているし。細長い葉っぱはたぶんキツネノカミソリです。夏には一面オレンジのカーペットになる大群生エリアなんですよ。初日は夕刻だったので青みが出ています。閉じかかったカタクリも可愛いですね。(栃木市・「みかも山公園」大 [続きを読む]
  • お寺と桜
  • 地元の名桜はお寺にあることが多く、いくつか回ってきましたが、‘お堂と桜’のシーンに限って言えば一番絵になるのは「太山寺」でした。本堂と岩しだれ桜。境内の階段を上がった先にある「観音堂」の周りにもたくさん桜の木がありました。建物も立派でこういうシーンは大好きです。お祀りされている千手観音様は秘仏とのこと。普段は見られないようですが、機会があれば拝見したいものです。 [続きを読む]