服部 さん プロフィール

  •  
服部さん: 北大阪発!服部の駅巡り日記 二代目
ハンドル名服部 さん
ブログタイトル北大阪発!服部の駅巡り日記 二代目
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/niaszs2007-hatst_r/
サイト紹介文北大阪の地から駅を追い求めてます。基本遅筆です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2012/09/16 22:44

服部 さんのブログ記事

  • 服部の駅紹介 JR東北本線、仙石線、仙山線 仙台駅
  • 杜の都こと仙台市の中心駅であり利用者数も東北地方最大を誇る駅となっています。東北線や常磐線、仙山線、仙石線など多くの路線が発着する東北地方最大のターミナル駅となっており、終日多くの利用者に賑わいを見せています。長年裏口感が大きかった東口も、近年は再開発や東西自由通路の改良などで整備が進み、今後も更なる発展が期待されています。駅舎新幹線側及びメイン側の西口。巨大なぺデストリアンデッキが有名な高架駅舎 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 長町駅
  • 地下鉄南北線との乗換駅で乗り換え客も多く、日中は多くの利用者で賑わいを見せています。太子堂駅同様、かつての機関区跡地の開発が盛んに行われており、利用者はここ10年でかなり増加しています。駅舎2006年に高架化された駅舎となっています。駅名標駅ホーム島式1面2線ホームとなっています。太子堂駅←(白石、福島方面)長町駅(仙台方面)→仙台駅駅でーたっ!開業日:1896年(明治29年)2月21日所在地:仙台市太白区長町利用者数( [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 太子堂駅
  • 1999年に廃止された長町機関区の再開発により、2007年に開業した比較的新しい駅となっています。駅周辺は今なおマンションや商業施設の開発も盛んで、利用者は年々増加傾向となっています。駅舎高架工事完成とほぼ同じタイミングで開業した駅となっており、駅前も綺麗に整備されています。駅名標駅ホーム島式1面2線ホームです。画像右側には東北新幹線の高架も走っています。南仙台駅←(白石、福島方面)太子堂駅(仙台方面)→長町駅 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 南仙台駅
  • 駅名の通り仙台市南部の新興住宅地の中に駅があり、この駅から仙台市内へと入っていきます。2000年以降利用者の増加がめざましく、利用者数は仙台,あおば通,名取に続いて県内4番目の多さとなっています。駅舎利用者の規模と比べるとやや小さめの平屋駅舎です。駅舎内にはNEWDAYSも入居しています。駅名標駅ホーム2面3線ホームです。名取駅←(白石、福島方面)南仙台駅(仙台方面)→太子堂駅駅でーたっ!開業日:1924年(大正13年)9月 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 名取駅
  • 名取市の中心駅で駅周辺にはマンションも多く、利用者数は仙台,あおば通に次いで県内3番目の多さとなっています。仙台空港へ向かう仙台空港アクセス線の分岐駅で、アクセス線から来た全列車が仙台方面に直通しています。駅舎メイン側の東口。ガラス張りの綺麗な橋上駅舎です。反対側の西口駅舎駅前にはサッポロビール仙台工場が広がっています。駅名標(東北線)駅名標(仙台空港アクセス線)2番線にある仙台空港アクセス線専用駅名標 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 館腰駅
  • 国鉄末期に仙台空港へのアクセス向けに開業した駅であり、2010年までは仙台空港への連絡バスがこの駅から運転されていました。とは言え、仙台空港アクセス線開業後も利用者の変動はそれほど無く、元から近隣の住宅地からの通勤需要の方が高かったようです。駅舎メイン側の西口。切符売り場の小屋こそありますが、特に駅舎らしい駅舎はありません。国道側の東口駅前はロードサイド店舗も多く、こちらの方が賑わいがあります。駅名標 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線、常磐線 岩沼駅
  • 仙台のベッドタウンとして開発が盛んな岩沼市の中心駅で、利用者数は震災後徐々に増加傾向です。東京日暮里で分岐していた常磐線の終点駅となりますが、全列車は仙台方面へ直通しています。駅舎市の中心駅らしい大きな駅舎です。駅舎内にはNEWDAYSや地元のコミュニティFMなどが入居しています。駅名標(東北線)駅名標(常磐線)駅ホーム3面5線ホームで、常磐線は駅舎側の1,2番線を使用しています。槻木駅←(白石、福島方面)岩沼駅(仙 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線、阿武隈急行 槻木駅
  • 柴田町東部の住宅地の中に駅があります。かつての国鉄丸森線である阿武隈急行との分岐駅で、1日数本は仙台方面に乗り入れています。駅舎駅名標直通列車がある関係上か、阿武隈急行への記載もあります。駅名標(阿武隈急行)駅ホーム2面3線ホームとなっており、阿武隈急行は真ん中の2番線を使用しています船岡駅←(白石、福島方面)槻木駅(岩沼、仙台方面)→岩沼駅東船岡駅↓(阿武隈急行線 福島方面)駅でーたっ!開業日: 1891年(明治 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 船岡駅
  • 柴田町の中心駅で、駅名の元になった船岡城跡は駅の西側700mほど行ったところにあります。仙台方面への通勤客の他、駅の南側にある仙台大学への通学需要も高い駅となっています。駅舎船岡城をイメージして建てられた和風の駅舎で、2002年には東北の駅百選に選ばれています。駅名標観光地仕様の駅名標となっています、白石川沿いの桜が有名なようです。駅ホーム2面2線ホームです。かつては2面3線ホームでしたが、中線は現在使用され [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 大河原駅
  • 大河原町の中心駅で、近年は住宅開発などが進み仙台方面への通勤需要も高くなっているようです。この駅辺りから各駅の利用者も増え始め、仙台都市圏の雰囲気が出てきます。駅舎三角屋根の特徴的な駅舎です。駅舎内にはNEWDAYSもあり、駅への需要が高いことが分かります。駅名標駅ホーム2面3線ホームです。北白川駅←(白石、福島方面)大河原駅(岩沼、仙台方面)→船岡駅駅でーたっ!開業日:1887年(明治20年)12月15日所在地:宮城県 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 北白川駅
  • 東白石同様、白石市北東部の白石川にほど近い位置に駅があります。東白石とは異なり駅周辺には住宅も多く賑わいはありますが、利用者はこの駅も少なそうです。駅舎待合設備しかない小さい駅舎です。駅名標駅ホーム2面2線ホームとなっています。元は2面3線ホームでしたが、中線は柵がされて使用できなくなっています。東白石駅←(白石、福島方面)北白川駅(岩沼、仙台方面)→大河原駅駅でーたっ!開業日:1911年(明治44年)12月19日 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 東白石駅
  • 白石市北東部の白石川沿いに駅があります。川の対岸には白石ICや国道4号線沿いの住宅地が広がっていますが、こちらの駅前は人家が数軒しかありません。国鉄時代は普通列車を含む多くの列車が通過するローカル駅でしたが、90年代後半から徐々に停車する列車が増えだし、現在は全ての普通列車が停車する駅となりました。駅舎待合室しかない小さな駅舎です。駅前も駐車場しかありません。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームとなってい [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 白石駅
  • 宮城県南部の主要都市である白石市の中心駅で、この駅から仙台方面では列車本数がほぼ倍増します。東北新幹線白石蔵王駅へは南東に1.5?程行ったところにあり、基本的にはバス連絡となります。駅舎駅名看板のフォントが時代を感じさせる地平駅舎です。駅前のロータリーもかなり広々としています。駅名標隣の東白石駅の他に二つ隣の北白川も表記があるのは、かつて東白石を通過する列車が多く設定されていた頃の名残だそうです。も [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 越河駅
  • 白石市南部の田園地帯に駅があり、この駅から宮城県に入っていきます。隣の貝田駅に比べれば人家も多く利用者はいそうな雰囲気ですが、ここも利用者は300人程度で少くなっています。駅舎国鉄末期に完成した地平駅舎です。駅舎の右半分は保線の詰所となっています。駅名標駅ホーム2面3線ホームとなっています。全体的に大きくカーブしています。貝田駅←(福島、郡山方面)越河駅(白石、仙台方面)→白石駅駅でーたっ!開業日:1891年( [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 貝田駅
  • 福島県と宮城県との県境の山間部に駅があり、東北自動車道国見SAも駅のすぐ裏に立地しています。駅周辺は人家も数軒しか無く、利用者も100人を切るほどの少なさとなっています。駅舎待合室と自販機くらいしか無い小さな駅舎です。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです。藤田駅←(福島、郡山方面)貝田駅(白石、仙台方面)→越河駅駅でーたっ!開業日:1952年(昭和27年)6月10日所在地:福島県伊達郡国見町大字貝田字竹ノ根利用者数( [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 藤田駅
  • 伊達郡国見町の中心駅で、町役場や東北自動車道国見ICも近くにあります。駅名の元になったと思われる藤田城跡は、駅から東に500mほど行ったところにあります。駅舎駅名標駅ホーム2面3線ホームとなっています。一部当駅始発の列車が設定されており、始発列車は2番線を使用しています。桑折駅←(福島、郡山方面)藤田駅(白石、仙台方面)→貝田駅駅でーたっ!開業日:1900年(明治33年)9月5日所在地:福島県伊達郡国見町大字山崎字北町 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 桑折駅
  • 伊達郡桑折町の中心駅で駅周辺は多くの住宅が立ち並んでいます。とは言え、町の規模自体がそこまで大きくないこともあり、利用者はそれほど多くはありません。駅舎小奇麗な木造駅舎となっています。駅名標駅ホーム中線が使用されていない2面3線ホームです。左側には東北新幹線が走っています。伊達駅←(福島、郡山方面)桑折駅(白石、仙台方面)→藤田駅駅でーたっ!開業日:1887年(明治20年)12月15日所在地:福島県伊達郡桑折町大字 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 伊達駅
  • 駅名を見る限り伊達市の中心駅っぽいですが、駅自体は伊達市の西端に立地しています。市の中心部は阿武隈急行の保原駅であり、こちらの駅周辺に賑わいはあまりありません。駅舎東北の駅百選にも選ばれた歴史ある木造駅舎となっています。駅名標ホーム端の自立型駅名標にはラインカラー付きの駅名標も設置してあります。駅ホーム相対式2面2線ホームです。東福島駅←(福島、郡山方面)伊達駅(白石、仙台方面)→桑折駅駅でーたっ!開業 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 東福島駅
  • 福島市北部の住宅地の中に駅があり、阿武隈急行線卸町駅も比較的近い位置にあります。利用者数は県の中心駅の隣にしては少ないですが、駅の裏にはJR貨物の東福島駅があり、どちらかと言えばそちらの方の需要の方が高そうな印象です。駅舎赤い屋根が特徴的な木造駅舎となっています。駅名標駅ホーム島式1面2線ホームとなっています。福島駅←(福島、郡山方面)東福島駅(白石、仙台方面)→伊達駅駅でーたっ!開業日:1923年(大正12年 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 福島駅
  • 福島県の中心駅で、東北新幹線や山形新幹線、奥羽本線、阿武隈急行、福島鉄道など多くの路線が発着するターミナル駅となっています。県の中心駅の立ち位置ではありますが、駅前繁華街も空洞化が目立つほか、利用者数も県内では郡山駅に負けており全体的に苦戦を強いられている現状なようです。駅舎在来線側の東口。派手な上屋が印象的なコンクリート2階建ての駅舎です。反対側の新幹線口駅前には送迎用ロータリーが整備されており [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 南福島駅
  • 福島市の市街地南端にあたる住宅街に駅があり、列車発着時には利用者で賑わっています。駅前の市街地らしい風景や、駅の上を走る新幹線の高架など、ターミナル駅近くの雰囲気が醸し出されています。駅舎古めの平屋駅舎です。駅前の自転車の多さが印象的です。駅名標駅ホーム中線が撤去されている2面2線ホームです。右上を走る高架は東北新幹線です。金谷川駅←(郡山、黒磯方面)南福島駅(福島、仙台方面)→福島駅駅でーたっ!開業日 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 金谷川駅
  • 福島大学の最寄駅となっており、駅周辺は学生向けマンションが多く立ち並んでいます。郡山〜福島の中間駅で一番利用者が多く、利用者の大半は大学利用者が占めているようです。駅舎利用者数に相応しい大きな橋上駅舎です。こちらは大学側の東口。続いて反対側の西口こちらは学生向けマンションの他、古くからの住宅も多く立地しています。駅名標東北の観光地駅によくあるタイプの、名所写真つきの駅名標となっています。駅ホーム島 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 松川駅
  • 福島市南部の住宅地や工場が隣接するエリアに駅があり、ラッシュ時を中心に利用者で賑わいます。かつては川俣町の岩代川俣まで向かう川俣線が分岐していましたが、昭和47年に廃止されています。駅舎(2015年3月撮影)撮影時は駅舎改築のため仮設駅舎となっていました。この写真撮影1週間後の2015年3月20日に新駅舎が使用開始されています。駅名標一世代前の駅名標駅舎改築後も残っているのでしょうか。駅ホーム2面3線ホームとなって [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 安達駅
  • 二本松市北部の住宅地の中に駅があり、2005年まで存在した旧安達町の中心駅となっています。訪問時(2015年3月)は古い木造駅舎が建っていましたが、2016年に橋上駅舎に建て替えられています。駅舎(2015年3月撮影)開業当時からの木造駅舎だったそうですが、2016年1月に新たな橋上駅舎に建て替えられています。駅名標駅舎側にも国鉄時代からのモノと思われる駅名標がありました。どこかに移転保存されたりしているのでしょうか・・・ [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR東北本線 二本松駅
  • 二本松市の中心駅で、この駅辺りが郡山〜福島の中間地点となっています。利用者も2000人近くおり、特急列車が走っていた時代は特急も停車する主要駅でした。駅舎大き目のコンクリート造りの駅舎です。二本松城を意識した駅舎・・・らしいです。駅名標駅ホーム変則的な形の2面2線ホームです。中線は架線も撤去され、使用できなくなっています。杉田駅←(郡山、黒磯方面)二本松駅(福島、仙台方面)→安達駅駅でーたっ!開業日:1887年 [続きを読む]