服部 さん プロフィール

  •  
服部さん: 北大阪発!服部の駅巡り日記 二代目
ハンドル名服部 さん
ブログタイトル北大阪発!服部の駅巡り日記 二代目
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/niaszs2007-hatst_r/
サイト紹介文北大阪の地から駅を追い求めてます。基本遅筆です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2012/09/16 22:44

服部 さんのブログ記事

  • 服部の駅紹介 横浜高速鉄道みなとみらい線 元町・中華街駅
  • 駅名の通り中華街の他、山下公園など横浜の観光エリアの玄関口となっており、終日観光客で賑わっています。予定ではこの先本牧や根岸方面への延伸計画があったようですが、採算の問題もあり進んではいないようです。駅入口山下公園側の3番出口。中華街側の出入り口は終日大混雑ですが、こちらの出口は人もまばらです。駅名標馬車道同様駅名標のフォントが変わっています。駅ホーム御堂筋線を彷彿とさせる、大きなアーチ状の駅ホー [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 JR山陽本線 寺家駅
  • 東広島市街地端に位置する新興住宅地の中に駅があり、地元請願駅として2017年3月に開業した。駅前はまだ発展途上ですが、国道沿いの高立地なこともあり、今後の発展に期待です。駅舎メイン側の南口、バリアフリー完備の綺麗な橋上駅舎です。反対側の北口いずれの駅前も建設中の建物や空き地が多く、まだまだ発展途上の雰囲気です。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです。八本松駅←(広島、岩国方面)寺家駅(三原、岡山方面)→西条 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 横浜駅
  • 神奈川県内最大のターミナル駅である横浜駅の北側地下に立地し、利用者数も東横線の中では渋谷駅に次ぐ多さとなっています。かつてはJR横須賀線ホームのあたりに乗り場があり、この駅から高島町を経由して桜木町まで乗り入れていましたが、2004年のみなとみらい線開業時に地下ホームに移転、桜木町までの区間も廃止されています。駅舎メイン側の西口駅舎。いつまでも工事が終わらないことで有名な横浜駅ですが、現在は西口駅舎が絶 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 反町駅
  • ポイズンな俳優つながりで「そりまち」と呼びたくなる駅名ですが、駅名の読み方は「たんまち」となっています。横浜駅へも比較的近い立地なこともあってか、利用者数は東横線内最小となっています。駅舎2004年のみなとみらい線開業時に横浜駅同様地下化されています。左側に写っている高架はかつての線路で、現在は遊歩道として整備されています。駅名標駅ホーム島式1面2線ホームです。列車発着時を除いて基本的には閑散としていま [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 東白楽駅
  • 神奈川区中部の大きな県道を跨ぐ位置に駅があり、東横線内の駅のなかでは比較的開放感のある環境となっています。JR東神奈川駅や京急仲木戸駅から近い立地なこともあり、利用者はかなり少なくなっています。駅舎高架駅舎となっていますが、この写真だけ見ると高速道路の高架下にある地平駅舎っぽい風景です。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです。散々見飽きたこの景色もこの駅でおしまいです。反町駅←(横浜、元町・中華街方面) [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 白楽駅
  • 神奈川区と港北区の境界付近の丘陵地に挟まれた住宅密集地に駅があります。地形と近年目覚ましい横浜周辺の住宅開発も相まって、駅周辺はかなり狭苦しくなっています。駅舎古くからある東口駅舎。橋上駅舎となっています。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです。東白楽駅←(横浜、元町・中華街方面)白楽駅(渋谷、池袋方面)→妙蓮寺駅駅でーたっ!開業日:1926年(大正15年)2月14日所在地:横浜市神奈川区白楽利用者数(乗降):44,898 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 妙蓮寺駅
  • 港北区南部の住宅地の中に駅があり、利用者数は東横線内ではかなり少なめです。駅名の元になった妙蓮寺は駅の東側に立地しています。駅舎メイン側の西口。東急の支線系統ではよく見かけるタイプの地平駅舎です。妙蓮寺側の東口2002年に新設された比較的新しい駅舎です。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです。白楽駅←(横浜、元町・中華街方面)妙蓮寺駅(渋谷、池袋方面)→菊名駅駅でーたっ!開業日:1926年(大正15年)2月14日所在 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 菊名駅
  • 周辺は特に何もない住宅地が広がる駅ですが、JR横浜線との乗換駅で乗り換え客で利用者はかなり多いくなっています。かつては東京メトロ日比谷線からの直通列車がこの駅まで乗り入れてきましたが、副都心線乗り入れ開始に伴い廃止されています。駅舎メイン側の東口。駅前にバス乗り場もありますが、相変わらず駅前は手狭です。反対側の西口右側に見える高架はJR横浜線です。駅名標駅ホーム2面4線ホームです。利用者数の割にホーム幅 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 大倉山駅
  • 港北区役所の最寄駅ではありますが、優等列車が止まるわけでもない普通の駅となっています。駅周辺は丘陵地帯にある新興住宅地となっており、ここから白楽駅あたりまでは車窓も郊外の雰囲気が漂っています。駅舎やや古さの目立つ高架駅舎です。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです。菊名駅←(菊名、横浜方面)大倉山駅(渋谷、池袋方面)→綱島駅駅でーたっ!開業日:1926年(大正15年)2月14日所在地:横浜市港北区大倉山利用者数(乗 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 綱島駅
  • 港北区中部の鶴見川そばの住宅街の中に駅があります。大正時代から昭和50年代にかけては温泉地として賑わっていたそうで、駅名も開業時は綱島温泉と言う駅名でした。駅舎高架駅舎となっています。駅前及び駅前を通る県道もかなり狭くなっており、万年渋滞に悩まされています。駅名標駅ホーム幅の広い相対式2面2線ホームです。大倉山駅←(菊名、横浜方面)綱島駅(渋谷、池袋方面)→日吉駅駅でーたっ!開業日:1926年(大正15年)2月14 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線、目黒線 日吉駅
  • 横浜市港北区北部に駅があり、横浜市営地下鉄との乗換駅であるほか、田園調布から東横線と並走していた目黒線はこの駅が終着となっています。駅東側には慶應義塾大学日吉キャンパスがあり、乗り換え客のほかに学生の利用者もかなりあります。駅舎メイン側の西口、東急百貨店の関連店の入居する大きな駅ビルです。駅舎は立派ですが、駅前は店舗がひしめき合いかなり窮屈です。慶應日吉キャンパス側の東口こちら側も西口に負けず劣ら [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線、目黒線 元住吉駅
  • 中原区南部の繁華街が広がる住宅地の中に駅があり、優等通過駅ですが利用者は多くなっています。駅の高架下には元住吉検車区があり、検車区の拡張やホーム延伸等で開業から2回移転を行っています。駅舎高架下に検車区への線路がある構造上、橋上駅舎となっています。こちらはメイン側の西口線路を挟んで向かい側の東口。いずれの入口も駅前はかなり手狭となっています。駅名標(東横線)駅名標(目黒線)駅ホーム外側に通過線がある島 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線、目黒線 武蔵小杉駅
  • 川崎市中原区の中心駅であり、近年は川崎市の副都心としてマンション開発等で発展が目まぐるしいエリアに駅があります。駅利用者の他にも、JR南武線や横須賀線への乗り換え客も多く、終日利用者で混雑しています。駅舎JR南武線側の北口駅舎少し古めの橋上駅舎となっています。東急側の東口駅舎撮影時は絶賛駅前工事中でしたが、駅前工事は2014年に完成しています。駅名標(東横線)駅名標(目黒線)駅ホーム2面4線ホームです。ラッシュ [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線、目黒線 新丸子駅
  • 川崎市中原区北東部の繁華街に駅がありますが、武蔵小杉駅が比較的近いところにあるため、利用者は少なめとなっています。川崎フロンターレの本拠地である等々力陸上競技場のアクセス駅であり、発車メロディーにも応援歌が使われています。駅舎駅名標(東横線)駅名標(目黒線)駅ホーム2面4線ホームとなっています。利用者も少なめなためか、ホーム幅もやや狭くなっています。武蔵小杉駅←(武蔵小杉、横浜方面)新丸子駅(渋谷、池袋、 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線、目黒線、多摩川線 多摩川駅 
  • 駅名の通り多摩川そばの住宅地に駅があり、この先は川を渡って神奈川県に入っていきます。目蒲線から切り離された多摩川線との乗換駅であり、利用者数は少ないものの改札内での乗り換え客はかなり多いです。駅舎東口駅舎。高架駅舎となっています。駅前は公園くらいしか無く、人通りはまばらです。続いて南口駅舎僅かながらに商店等もありますが、相変わらず人通りは少なめです。駅名標(東横線)駅名標(目黒線)駅ホーム(東横線、目 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線、目黒線 田園調布駅
  • メトロ南北線や都営三田線に乗り入れている目黒線との分岐駅であり、この先日吉駅までは目黒線との並走区間となっています。駅周辺は都内有数の高級住宅地となっており、駅周辺は落ち着いた雰囲気が広がっています。駅舎東急スクエアガーデンが入居した駅舎となっています。1990年に解体されたものの、その後復元された旧西口駅舎現在駅設備等は無く、現行駅舎に抜けるゲートのような扱いとなっています。駅名標(東横線)駅ホーム( [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 自由が丘駅
  • 目黒区と世田谷区の境界近くに駅があり、大井町線との乗換駅でもあります。利便性も去ることながら、駅周辺は雑貨店や飲食店なども多く、住みたい街として人気が高い地域となっています。駅舎高架駅舎となっています。駅前にはロータリーもありますが駅前道路はかなり狭いです。駅名標(東横線)駅ホーム(東横線)東横線は高架2面4線ホームとなっています。駅名標(大井町線)駅ホーム(大井町線)大井町線は地上に相対式2面2線ホームが設 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 都立大学駅
  • 目黒区南東部の住宅密集地の中に駅があり、利用者数は普通のみ停車する駅の中ではかなりあります。駅名の元になった都立大学は1991年に移転している上に、大学そのものが首都大学東京と名前を変えてしまいましたが、こちらも学芸大学駅同様、地元の地名として定着しています。駅舎高架駅舎となっています。建物等がひしめき合っているエリアなこともあり、駅前はかなり手狭です。駅名標都立大学は撤退しましたが現在はトキワ松学園 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 学芸大学駅
  • 祐天寺同様、目黒区北部の住宅密集地の中に駅がありますが、利用者も多く急行列車が停車します。駅名の元になった学芸大学は1964年に小金井市に移転していますが、今となってはこの駅名も近辺の地名として定着しているようです。駅舎高架駅舎となっています。こちらは西口駅舎駅舎反対側の東口。いずれの出口も駅前には多くの商店が立ち並び賑わっています。駅名標駅ホーム島式1面2線ホームです。なかなか幅の狭いホームで、ラッシ [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 祐天寺駅
  • 目黒区北部の住宅密集地の中に駅があり、多くの利用者で賑わっています。通過線設置を含めた駅改良工事が進められており、2017年度中の完成を目指しています。駅舎小駅ではありますが立派な駅ビルです。現在は工事の影響で閉鎖されています。駅名標駅ホーム相対式2面2線ホームです・・・が、現在は工事が進み、通過線が1本追加される予定です。学芸大学駅←(武蔵小杉、横浜方面)祐天寺駅(渋谷、池袋方面)→中目黒駅駅でーたっ!開 [続きを読む]
  • 服部の駅紹介 東急東横線 代官山駅
  • 代官「山」の地名にもあるように、渋谷区南部の非常にアップダウンが激しいエリアに駅があります。駅周辺はおしゃれな店舗がエリアとして知られており、土日などは買い物客で賑わっています。駅舎いくつか店舗が入った小さい駅舎です。平日は人通りもまばらです。駅名標駅ホーム狭い相対式2面2線ホームです。地形上、半地下のような環境です。中目黒駅←(武蔵小杉、横浜方面)代官山駅(渋谷、池袋方面)→渋谷駅駅でーたっ!開業日:1 [続きを読む]