内山和也 さん プロフィール

  •  
内山和也さん: 自分を好きになれば、人生うまくいく!
ハンドル名内山和也 さん
ブログタイトル自分を好きになれば、人生うまくいく!
ブログURLhttp://ameblo.jp/kazucym/
サイト紹介文うつは自分でしか治せない!現役サラリーマン魂のブログ
自由文有料相談を開始致します。気楽にご連絡ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2012/09/17 22:17

内山和也 さんのブログ記事

  • 最大のコミュツールとは?
  • 現代の悲劇。それは過密とも思える人口密度。明らかに私たちの祖先が適応してきた密度をはるかに越えています。 確かに、自ら作った檻(都市)に入ったことで、猛獣に襲われることはなくなった。でも、同胞である「人」が人の脅威になっている……その原因はもちろん、ストレスです。そもそも人類が生存に必要なテリトリーと人数の関係は何十万年も変わらなかったはずです。当然、私たちの遺伝子にも深く刻まれていることでしょう [続きを読む]
  • 血糖値を安定させる!
  • 血糖値のコントロールはとても大切です。体だけでなく、精神にも大きな影響を与えているからです。 例えば、血糖値が下がると人はイライラしますし、血糖値の急激な上昇は身体が脂肪を蓄えやすくなるため、肥満の原因になるといわれています。もちろん、腹八分目、よく噛むのは当たり前ですが、食べる順序も大事です。以下を目安に食べてみて下さい。1.野菜などの植物繊維やお味噌汁、スープなど2.肉、魚などのタンパク質3. [続きを読む]
  • 転職?天職?
  • 僕もそうでしたが、仕事で悩んでいる人は多いと思います。一方で数は少ないですが、心から楽しんで仕事をしているうらやましい人もいます。 ですが、初めから天職にめぐり会えるラッキーな人は本当にまれです。ですから、落ち込む必要はありません。本来ファーストだったセカンドを探す。 ここでいうセカンドとはあなたの天職のことです。本来ならファーストであるべきだったのですが、人生の選択の中で気付かなかった、いや気付 [続きを読む]
  • 歪んだ承認欲求
  • 色々なトラブルを起こす人の特徴にこの「歪んだ承認欲求」があります。 「承認欲求」自体は、多かれ少なかれ誰もが持っているものです。人であれば誰かに認められたら素直に嬉しいものです。 また、SNSでの「いいね」がたくさん付くと嬉しいのも「承認欲求」が満たされるためです。 一方、この「歪んだ承認欲求」の持ち主とは、「コミュニティ・クラッシャー」と言われます。 この方がいるとコミュニティーは内部崩壊します。 [続きを読む]
  • 自己中心感覚
  • 「自己中心感覚」というのをご存知ですか? 自分が宇宙の中心だと感じる感覚のことです。「そんなばかな!?」と、普通は考えますよね。 でも、事実なんです。それは宇宙が無限だからです。つまり、宇宙の中心も無限にあるということ。 だから、あなたが宇宙の中心でもまったく問題ありません。ただ、そう感じられるかどうかが重要なんです。 でも、俗に言う「自己中」になれと言っているのではありません。「あなたは宇宙の中心 [続きを読む]
  • 人はみな発達障害?
  • 普通に話しをしていたら急にキレられたという経験はありませんか?コミュニケーションで困ること、その背景には以下の様な要因が隠れているかもしれません。・気分障害(うつ病、双極性障害)・パーソナリティ障害(自己愛性PD、境界性PD)・成人の発達障害(広範性発達障害、注意欠陥性障害)これらは障害というより、ハンディキャップとして受け止める必要があります。その人らしくない状態だと感じる場合、そこには何らかの理由 [続きを読む]
  • 病気もどき?
  • 偏った食生活、慢性的な睡眠不足、悪い姿勢(呼吸が浅く酸欠状態、内蔵の血行不良)、口呼吸(細菌感染)、運動不足(新陳代謝の低下)…… もちろん、精神的な問題として、健康意識の有無、物事のとらえ方などの影響も大きいでしょう。俗にいう不摂生な生活を続けていけば、病気になるリスクは確実に高くなります。でも、これら生活習慣が原因でなってしまった病気は、果たして病気と言えるでしょうか?一方で、悪いと気付いてい [続きを読む]
  • 心理的スコトーマ(盲点)
  • もともと眼科の用語で盲点を意味する言葉ですが、最近では心理学などでも使われるようになってきました。心理的盲点という意味になります。簡単にいいますと、意識していないもの、興味のないものは見えない。つまり、意識できないということです。僕がよく引用する話がこれです。1次元生物:点と線の上で生活している生き物2次元生物:平面の上で生活している生き物3次元生物:空間の中で生活している生き物 ←私たち1次元生 [続きを読む]
  • 人生という舞台
  • もし、人生を舞台にたとえるなら、あなたは間違いなくあなたという舞台の「主役」です。人生における苦しみとは、脇役が主役になる。つまり、主役であるあなたが、脇役に主役の座を奪われたことが原因です。 自分が主役であるはずの舞台で主役になれない…… こんな滑稽で悲しいことはありません。そもそも通常の舞台であれば、脚本、演出の段階で、舞台監督がそうならないようにしっかりコントロールします。 ところが、あなた [続きを読む]
  • 体力は維持できる
  • 見かけ上の体力は体が死ぬ準備を始めるまで維持できる。最近、そう直感しました。確かに、年齢とともにある程度体力が落ちていくのは当たり前です。ただ、年齢を重ねることによって勝ち得た経験値でその衰えをカバーできる可能性があるのです。 それも補って有り余る程に。もちろん、健康であることが大前提です。定期的な運動、正しい生活習慣が前提なのは言うまでもありません。例えば、年を取れば取る程、走るのが速くなると信 [続きを読む]
  • 武道とは正しく怖がること
  • 武道家は怖がりではないとか、武道をやる人は怖がりではなくなるとか思っていませんか? そんなことはありません。 武道家であっても怖いものは怖いです(苦笑)。ただ中には、怖くないと装っている武道家がいるだけです。(その多くは商売のための印象操作です) 武道家としての立場で言わせてもらいますと、一般の方よりも、正しい怖がり方を知っている、もしくは、正しく怖がることができるというのはあります。 もちろん、 [続きを読む]
  • 病気とはなんだ?
  • 僕もよく考えます。病気とは一体何なのか。なぜ、人は苦しまなければならないのか……。一つの考え方ですが、間違った考え、間違った生き方をした時に、それに気付かせようとして病気になる。そんな気がしています。病気とは大切なお知らせ事実、病気になって大切なものに気付いたという人は多いです。中には、大切なものに気付いたら、病気そのものが治っていたという人もいます。病気とは、人生からの贈り物なのかもしれません。 [続きを読む]
  • 人生を楽しむ!
  • なんでも楽しんだもん勝ち。それには流れに逆らわないで生きること。人生の流れにまかせて生きると直感が冴えてきます。当然、問題は減り、小さくなります。 それは「自然体」だからです。人は自然体のとき最大の能力を発揮します。そして、楽しむから長続きもする。もちろん、努力なんていらない。世の中に溢れている自己啓発書にはよく「どうやったらモチベーションを保てるか?」について書かれていますが、答えは簡単。 「好 [続きを読む]
  • 男女のすれ違いの原因
  • 一言で言えば、脳そのものの特性が違うのです。 男性は「問題解決型・ローコンテクスト」女性は「情報共有型・ハイコンテクスト」 とは言え、個人差も大きいので万人に当てはまるという訳ではありません。あくまでも大きな傾向と思って下さい。 もう少し簡単に言いますと、男性は問題解決に主眼をおいた考え方が得意で、結論ありきなので言葉は少なめです。 一方女性は、情報を共有することに主眼がおかれ、共感を得ることが目 [続きを読む]
  • 神との付き合い方
  • まず初めに、ここでいう「神」とはある特定の宗教を指すものではありません。サムシンググレート、ハイヤーセルフなどと同じく、一般的な概念ととらえて下さい。神に関して、悩んでいる人、苦しんでいる人、病気の人に共通する問題があります。特に宗教を信じている人に多いのは、「神を疑い、自己矛盾におちいっている」ということ。無神論者を除くと、神との付き合い方は大きく3つ。どう信じるか。1.神は信じているが基本的に [続きを読む]
  • 自己実現できないワケ
  • どんなに自己啓発セミナーを受講しても、どんなに成功哲学を勉強しても上手く行かない……。 僕も含め、むしろそちらの方が多いのが現実ではないでしょうか。そもそも自信がないから何事も始められない、始めても続かない……。 あの有名なマーフィーの法則でさえ、実際に実現した人の割合は1割程度と聞いたことがあります。 一部の人にしか適用できないのなら、それは法則とは言えませんよね。原因の一つに、「エフィカシー( [続きを読む]
  • 絶望の中に光を見る
  • 絶望を知らないで生きられるのならそれが一番いい。でも、今、絶望しているあなたに言いたいことがある。 絶望とは、あなたが人生を真剣に生きている証。真正直な人間であるということ。絶望とは精神のメタモルフォーゼ(変容)絶望を経験した人間は強い。それを乗り越えたとき、精神は解放され、その心は限りなく自由に満たされる。そして、まったく別の人間にでもなったかのような感覚を覚える。絶望とは漆黒の闇漆黒の闇では、 [続きを読む]
  • 思い通りにならない
  • よく考えれば、世の中、思い通りにならないものの方が多いと思いませんか?例えば、自分の感情、体調、トイレのタイミングですら思い通りになりません。ましてや他人ならなおさらです。よく考えれば当たり前のことですよね。それに、意外とどうでもいいことは比較的思い通りになるけど、重要なもの程思い通りにならない…… そんなことを感じませんか? 「いや、私はすべて思い通りになっている」という方は読む必要はあ [続きを読む]
  • 真の限界は?
  • 真の限界は限界の先にあるつまり、自分が思っている限界はまだ限界ではないということ。かの有名なブルース・リーも「無限を以て有限と為す」と言っています。 「有限だと思っていることを無限に置き換えなさい。」という感じでしょうか。一言で言うと、限界を作るなということです。(ちょっと簡単に言い過ぎか…… 苦笑)また、僕の大好きなアメリカの詩人、サミエル・ウルマンの「Youth」という詩があります。 [続きを読む]
  • ファンメッセージをいただきました!
  • 今日、初めて「ファンレター」ならぬ、「ファンメッセージ」をもらいました。 その方は、わざわざ僕をネットで検索し、メッセージを送ってきてくれました。 まさに感無量! まず、読んでくれたことに感謝ですが、その上、メッセージまで送ってくださるとは! 恥覚悟でも書いてよかったです。 今回は、初の本格的な小説と言ってよく、稚拙な出来ではありますが、喜んでくれた方がいて [続きを読む]
  • 答えのない事態に耐えるカ
  • 「ネガティブ・ケイパビリティ」  「すぐには答えの出ない、どうにも対処しようのない事態に耐える能力」のことを言うそうです。 これは、「何かができる能力」ではなく、「できない状況を受け止める能力」とも言えます。 人生、簡単に解決できる問題ばかりではありません。「正解・不正解」と単純に分けられれば、どんなに楽かと思います。 しかし、現実はそうではありません。&nbs [続きを読む]
  • 若者の死因1位が自殺なのは日本だけ
  • 正直、こんな不名誉な事実はいらない。 厚労省がG7各国の若者の死因について分析した結果。1位が「自殺」だったのは日本だけだったという。 まさに、先日の経産省の若手次官たちがまとめた「不安な個人、立ちすくむ国家」にあるような「シルバー民主主義」の実態を浮き彫りにしているようだ。 若者たちが希望の持てない社会。 何度でも繰り返すが、憲法改正や共謀罪なんか議論して [続きを読む]
  • 引き寄せの法則
  • 何を引き寄せているか?ということに尽きます。一言で言えば「共鳴」。英語で言うと「レゾナンス」です。人は一日に2万ほどの思いが浮かぶそうです。その思いの中で一番強く、長く意識を向けものを引き寄せる。それが「引き寄せの法則」。別の言い方をすると、2万もの思いの中から何を検索しているかということ。 検索ワードが恨み・嫉み・妬み・恐れ・不安であれば、それに関係した事柄が強く意識される訳です。そし [続きを読む]
  • いくつもの自分
  • いくつもの自分を持つこと。それにより、あなたはより強くなれる。例えば……夫、父親、会社員、地域の役員、趣味に興じる自分、などなど。ちょっと考えてもいくつもの立場があることに気付きます。 そこでいつも問題になるのが、働いている立場の自分。みなさんも覚えがあると思いますが、一番ダメージが大きい…… それは、人生においての比重が重いからです。でも、いくつもの立場の自分がいることに気付くと、 [続きを読む]
  • 自分の知らない自分
  • ジョハリの窓というのをご存知ですか? コミュニケーション心理学などでよく用いられるモデルですが、4つの自己(窓)が存在すると説明しています。それは……1.自分も他人も知っている自分(解放の窓)2.自分は知っているが、他人は知らない自分(秘密の窓)3.他人は知っているが、自分は知らない自分(盲目の窓)4.自分も他人も知らない自分(未知の窓)人間にはいくつもの側面があります。あなたの知っているあな [続きを読む]