ヒマ トック さん プロフィール

  •  
ヒマ トックさん: タイに恋した男の物語
ハンドル名ヒマ トック さん
ブログタイトルタイに恋した男の物語
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/katuko1943
サイト紹介文マンゴとカエルと共に暮らすのヒマ トックが 日本を拠点にタイの内外の事を主にして書いて行きます
自由文タイの田舎町に暮らして7年住んで5年日本からタイを見るのも違った角度で気づく事も多いいと思う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 315日(平均3.1回/週) - 参加 2012/09/18 15:01

ヒマ トック さんのブログ記事

  •  エアーチケット
  •  地方からタイに行くのは、地元からのタイ行きが無くなって10年近くになるが、 復活の兆しはない、だから大きな都市の空港を利用しないといけないが、 一回だけ地元の空港から韓国経由でタイに行った事があるが、 その他はシンガポールやベトナム経由で往復した事が有るのだが、 航空運賃が安い代わりに、経由地の待ち時間が長く、一人で行く私は退屈で有る。 今年の1月は羽田経由でタイに行ったが、羽田の待ち時間が長い、 [続きを読む]
  •  男の甘さ
  •  ちょっと昔になるが、テレビを見ていると、綺麗な鳥で極楽鳥と言っていたと思うが、 メスの関心を引き出すために、踊り場を作り羽を広げて、踊っていたが、 下手な踊りだとメスは去ってしまい、又次のメス鳥を待って居たのを思い出した。 鳥もメス鳥の関心を引き付けるのは、大変だと思っていたが、 その後達成してメス鳥は去って行くが、又新しいメス鳥を見つけるため踊っていた。 人間の男性よりたくましいと思ったのだが [続きを読む]
  •  乗り越えなければ、ならない壁がある
  •  私はテレビ番組では、ドキュメント番組や歴史番組や、アメリカのドラマの、裁判や刑事事件や探偵ものが好きである。 予想が想像が付かない話や、緻密な番組構成などを、見ていると時間が経つのを忘れるのである。 振り返ってみると、自分は昔は問題が発生すると、人のせいにしたり、 その問題から逃げていたが、その壁を越えなければ、又同じことの繰り返しである。 今は完全に無くなったかと言えば?になるが、自覚し始めた [続きを読む]
  •  反タクシン派
  •  インラック元首相が息子を連れてドバイに海外逃亡したと、記事に出ているが、 日本の記事の中に注目する記事が有ったのだ。 インラック元首相があのまま裁判で、判決を受けていれば、 ミャンマーのスーチー女史の様に、タイの政治をリードする人間になっていたのにと書いて有ったが。 兄のタクシン氏の身代わりで選挙に立ったのに、兄が逃亡生活を送っているのに、 軟禁生活や刑務所暮らしが出来る訳はなく、又支持者はミャ [続きを読む]
  •  交通ルール
  •  中国でテレビの報道で、横断歩道で老人が止まってくれた車の運転手に、 丁寧に頭を下げるシーンが出て来る、放送を映していた。 日本のテレビが、中国の交通の現状を映したかったか、又日本との比較で 優越感を感じたかったのか、分からないけど東南アジアでは同じような状態と思う。 田舎町の中学と高校は同じ敷地にあり、街の中心より離れて郊外にある。 生徒は乗り合いのトラックや乗用車の相乗りで、学校に通っているが [続きを読む]
  •  タイ発祥の日本人のお店が消える
  •  ブログを見ているとカオサンに有る、日本食のお店が閉店すると、予告が有った。 店の契約期限が切れるので、奥さんの実家の方で日本食レストランを開店したいと言う事で有った。 昔カオサンロードをバスに乗って見学に行った時、探したが見つからなかったのであるが。 シーロム店の時は、ホテルの近くだったので、彼女が日本食が好きなので行って見たが、 時間帯が昼の営業時間を過ぎていて、夜の時間帯に行くつもりで有った [続きを読む]
  •  治療費1800万円
  •   訪日タイ人の女性が緊急搬送されて、1800万円の医療費が掛かったと言う事で有る。 道路で倒れていた時に、心臓マッサジを受けて搬送されて、一命をとりとめたらしいが。 タイで日系の子会社の社員だそうだが、何年かかっても支払うそうである。 私もタイで暮らしいた頃は、JRカードの保険しかなく、期限をオーバすれば無保険であった。 タイの保険に入ろうと思って事も有ったが、外国人の生命保険は保険料が高いので、 [続きを読む]
  •  日本でタイの気候を感じる
  •  日本の近頃の気候は、異常気象とは言いながら、雷が鳴り強風が吹き始めて、凄い勢いで雨が降り出す。 まるで熱帯地方のようである。 毎日エアーコンのお世話にならなければ、熱中症になるのは間違いないのである。 テレビの横の字幕には、毎日熱中症注意情報がテロップで、流されているが、 東日本は日照時間が短いために、農作物に被害が出ていると言っているが。 タイでは雨が降らず暑い時に、急に雷が鳴り、強風が吹いて [続きを読む]
  •  動乱のバンコクになるのか
  •  日本のバンコク大使館から、注意情報が出されていると、言う事で有る。 インラック元首相の裁判の判決が、8月の25日に出るらしく、 タイの東北部などから動員が出されて、バンコクに集まって来る心配が有ると言う事であるが。 地方役所の経費を使っての、動員手当だろうと言う噂もあるらしい。 私がバンコクでデモを見たのは、初めの頃の黄シャツと言われた、デモ隊であるが、 スクンピット通りをプロポン駅方面に向かっ [続きを読む]
  •  私の知ることが出来なかったイサーンの貧困家庭
  •  私はリビアの派遣の期間でも、りビヤ人の生活などに興味があり、色々な同じ職場のメカニックなどの、 家に招待されたりして、興味深く観察するのが好きであった。 タイに遊びに行きだしても、仲良くなった女性の住処を尋ねるのが、興味があり、 家に案内して貰っていたのであるが。 イサーン出身の女性と仲良くなり、どんな所に住んで、どんな生活をしているのか、 興味がわき案内させて、部屋を見る事ができたのでるが、  [続きを読む]
  •  田舎の家の犬
  •  日本の家には犬を飼っているを、多く見かける。 朝早く散歩をしていて出会うのは、犬を連れた人たちである。 鎖をして連れているから、安心であるし、予防注射もしているだろう。 タイの田舎の家には泥棒避けに、犬を飼っているが、放し飼いである。 親戚の家に行っても初めに出て来るのは犬である。 見知らぬ人を見ると吠え立てる、家の人間が出て来て犬を叱るのが、 何時もの光景である。 家から散歩したいと思って道を [続きを読む]
  •  タイ嫁の3パターン
  •  私がタイ移住生活で、外国人のタイ嫁を観察すると、3パータンに分けられると思います。 あくまでも私の観察で、個人的意見として捉えて貰いたいです。 まず初めに彼女の様な働き者の嫁は、外国人の嫁としては少ないと思います。 遊んでいることが嫌いで、私が働きに日本に帰ってる間でも、 車でバーベキュー店を開店して、タラート(市場)や学校の前で店を出していた。 だけど何か事業をして成功したいと言う夢が有り、  [続きを読む]
  •  タイに再び住めない理由
  •  タイで私と一緒に生活してくれるなら、家に帰って来ても良いと言っているが、 再び住むと言う事は、金銭的に大きな出費となる。 私がいない間は、家の補修はしていないし、車も10数年乗っているので、 変え替えの時期に入って居る。 家は新築当時から雨漏りがして、業者が修理しにきていたが、治らなかった。 瓦屋根なので葺き替えとなれば、相当の費用がいるだろう。 窓はサッシになっているが、ずさんの工事で、網戸は締 [続きを読む]
  •  下層階級タイ人の脱出方方は
  •  まず一番に誰でも考えるのは、娘を風俗で働かせて、外国人と結婚させて、 土地と家を買って貰い一緒に暮らす事で有るが、それも成功するのはほんの一部の人間と思う。 又外国人が全部お金持ちではなく、家を作るお金を持っていないファラン(白人)もいた。 運良くファラン(白人)等に土地や家を買って暮らし始めても、 ファラン(白人)の持ってきたお金を浪費して食いつくしてお金が無くなり、 ファラン(白人)は寂しく [続きを読む]
  •  タイ人の親子関係
  •   タイの田舎でも大学に進学する子供たちが増えているが、途中で退学する子供も多い。 その多くは恋人がいて勉強に興味が無くなって、退学するのと、子供が出来て等で有る。 相手の男は高卒で仕事をしていて、高校時代から付き合っていて、 大学を卒業すれば、田舎町から出て就職して、他の男に恐れがあるからと思うのである。 親も結婚して入り婿に来てくれたら、仕送りをする必要もなく、金銭的に楽になるからである。 親 [続きを読む]
  •  タイの日本食レストラン
  •  タイのバンコクで、日本食レストランの新規開店の店が多く進出している。 価格は日本と比べて余り変わらないと思うのだが、 タイには多くの日本の会社や、従業員も多く住んで居て、 又観光客も多いのだが、それだけでは採算が合うわけはないのと思うのだが、」 タイ人の客が多く見かけるのだが、値段的に言ってもタイ食の店よりも遥かに高額で有る。 タイの賃金が上がったと言っても、若いタイの男女の客を見ると不思議に見 [続きを読む]
  •  タイでの大きな勘違い
  •  私がタイに行き始めた頃は、各家には古びたバイクしかなく、車などは無く、 ファラン(白人)が持っていた、ぐらいで会ったが、日本に帰国する頃は、 中古車であるが、ピックアップトラックが、殆どの家に見られるようになっていた。 住み始めた時、タイの物価は安いし、タイ人の日当は安いし、毎日仕事が有るわけで無いのに、 良く生活出来ると思ったものだ。 田舎で住み始めて大きな勘違いは、自分は金持ちでタイ人とは違 [続きを読む]
  • タイで家を建てる
  •  ネットの中の相談でタイの田舎で嫁の里で家を建てると言う話が出ていた。 それも一寸した都市から2時間以上も掛かると言う事で、 嫁の両親の家にも泊まれない様な、貧乏な一家らしい。 家を建てると嫁の両親と一緒に暮らすと言い、牛小屋も建てると言う事で有る。 私も家を建てて、タイに住んで居ない時は、父親が危険と泊まりに来ていたが。 私が住み始めると自分の家で、義弟と暮らすという話がついていたのらしい。 タ [続きを読む]
  • 日本の物価の三分の一とテレビが言っている
  •  何気なくテレビを点けてチャンネルを回していると、タイの風景が映ってる。 若い日本人の娘が今日の主役らしい、近頃タイを取り上げた番組をテレビで良く見かけるが、 どれもお笑い系か、観光案内の様な番組が多い。 日本人の女性の職業は電話のオペレーターサービスで、日系の会社で日本からの電話の応対で、 日本語で話せるので他の国の言葉は必要ないと言う事だ。 現地採用と同じ位の待遇で、月給13万円と言っていた。 [続きを読む]
  • ナム トゥアム(洪水)の季節
  •  ネットを見ていると、タイに洪水の季節がやって来たように書いて有った。 タイの洪水は日本と違い、平野をゆっくりと水が流れているように感じるが、 実際近くで見ていると、本流はかなり流れが速く見えたが、 日本と違い高低差余りないので、向こう岸まで船で渡ることが出来たが、 大きな湖に水が流れている感じであった。 洪水に遭う家は2階建てで、下の階は洪水に遭っても被害が少なくなるように、 2階に主な生活用品を [続きを読む]
  • タイ人妻のタイに帰国
  •  日本からタイに帰国したタイ人妻の夫婦と、何人かの人と会って話をしたことがる。 定年などで退職して、日本の財産を処分して、タイで生涯暮らすと言う御夫婦は年齢が高い人が多かった。 又タイに家を建てて、日本とタイとを、半々の生活をしたいと言う人もいたが、 タイ人妻がタイに居ると急に強くなり、喧嘩の仲裁に入った事も有る。 日本で暮らしていたタイ人妻は、日本語が或る程度喋るので、日本人の夫はタイ語の習得が [続きを読む]
  •  日本は暑い
  •  暑い日が続いています、今の季節はタイの方が過ごしやすいとネット書いて有ります。 日本に帰国した当初は、タイに比べれば、大した事が無いと思っていましたが、 年々暑さを感じるようになりました。 タイの4月頃の暑さを体験して、あの熱風の風が体に吹き付けると倒れそうで、 何処か逃げるとこは無いかと探しましたが、何処に行っても暑かったです。 この暑いのに野球場は満員で、家でクーラの効いた部屋で、テレビを見 [続きを読む]
  •  海外送金なんて嫌である
  •  そもそもタイに送金を始めたのは、タイに行き始めて1年過ぎた頃と思う。 その頃は携帯電話も余り普及しておらず、手紙のやり取りの中で、病気の治療費が居るのでと言う事だった。 その娘はイサーン出身の娘で代筆であろう、手紙に書いて有ったのである。 今の私なら信用しないが、お目出度い事に信じて郵便局から送った覚えが有る。 郵便局からの送金は、面倒で時間が掛かり、くたびれた事をお思いだす。 タイに行って会っ [続きを読む]
  •  今日はカラオケ
  •  今日は月2回のカラオケの日である。 一人当たり1000円の会費で、カラオケボックス店に朝10時30分頃から4時頃まで、 歌ってジュース類飲み放題である。 弁当とつまみ等の菓子類を買い込んで、持ち込みはOKである。 しかし酒類は持ち込み禁止で、店で購入するのである。 歌は一人8曲位は歌うのであるが、人数が3人の時は一人18曲位歌う事がある。 タイでの日本人向けカラオケ店は、タニヤ通りやスクンピット通りにあり。  [続きを読む]
  •  近頃忙しい
  •  一昨日と昨日と忙しい日を過ごして、ブログ更新が出来ませんでした。 親族が亡くなったと前日電話が入り、葬式で車で1時間ほど掛かる県北に行き、 親族だけの葬式を済ませてきましたが、喪主の話だと家族葬だけで60万以上要ったとと言う話です。 あくる日は毎年盆の前に墓掃除を済ませるのですが、娘が婿とカンボジアのアンコールワット遺跡の マラソンに参加するので家に居ないと言うので、急遽朝午前4時起きで、 娘の [続きを読む]