世捨人 さん プロフィール

  •  
世捨人さん: 今日のくそったれ(道路交通編)
ハンドル名世捨人 さん
ブログタイトル今日のくそったれ(道路交通編)
ブログURLhttp://38moto3.blog83.fc2.com/
サイト紹介文交通安全ジャーナリスト世捨人が公道を遊び場とする道楽集団、競技用自転車乗りを糾弾します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/09/19 00:00

世捨人 さんのブログ記事

  • 「暴走自転車規制」老人に物申す
  • ▼とある投書(朝日新聞4月16日都内版)に度肝を抜かれた。86歳の老人による怒りの投稿だ。東京・府中市の多摩川サイクリングロードで暴走自転車に激突され、な、なんと頭蓋骨(ずがいこつ)を折ったというのだ。▼激突の状況は明らかでない。歩行中の出来事なのか、自転車に乗車中のことなのか。そして、転倒し頭を地面に強打したのかわからない。▼いずれにせよ老人が、交通事故で頭部を損傷しながら、一命をとりとめたという [続きを読む]
  • ロードバイクに「アース」を義務づけよ
  • ▼競技用自転車は軽いギアでペダルを高速回転させて動かす乗り物だ。ケイデンス90以上、すなわち1分間に90回転以上の速さで、せわしなくペダルをこいでいるのだ。▼当ブログでは、爆走阻止の願いから、「競技用自転車のギア比1:38」という軽いギア義務づけを提唱している。ただ、高速回転ペダルの代償は大きい。▼太ももとサドルが触れることによる摩擦で、静電気が発生しやすい環境にあることが否定できないからだ。あの [続きを読む]
  • 「自転車ナビルート」を封鎖せよ
  • ▼都内に激震が走っている。道路の路肩付近に「自転車ナビルート」なるものが所狭しとペイントされているからだ。自転車の図柄と矢印を組み合わせたもので、走行位置を自転車利用者に明示したものだという。▼由々しき事態は自転車ナビルートが乱発されていることだ。画像を見よ。バス停付近(①)のみならず「パーキング」(②、③)を挟むようにナビルートが表示されているのだ。▼ご案内のとおり、車道は4輪のクルマの走行を想 [続きを読む]
  • ロードバイクに「スイングヘッド」を義務づけよ
  • ▼クルマを運転していて合図不履行の割り込み二輪車ほど不愉快極まりないものはない。動画をみよ。バイクがウインカーを出さずにクルマの前に突然現れる場面だ。▼合図不履行で厳しく追及すべきところだが、ライダーは顔を右に向けながら車線変更しているのがわかる。これは後方確認のためでなく、後続車に進路変更の合図を送ったものだ。▼すり抜けスラロームでハンドル操作が忙しく、ウインカーを出す余裕がなかったのであろう。 [続きを読む]
  • ロードバイクに「電動ストッパー」を義務づけよ
  • ▼期待にこたえて電動アシスト自転車を試乗した。ペダルを踏むとスーッと抜けたような感じで、力を入れることなく突き進む。あっという間に時速24キロに達し、アシスト機能が解除され人力頼みでペダルが重くなる。▼こぎはじめや上り坂、逆風下でも、立ちこぎすることなく楽に自転車をこぐことができ、中高年の女性に受け入れられているようだ。次の瞬間、交通安全ジャーナリストならではのひらめきで血が騒いだ。▼電動アシスト [続きを読む]
  • 左側通行の自転車が招く悲劇をなくせ
  • ▼報道(※)によると、昨年1年間に出合い頭で乗用車が他の車両とぶつかった死亡事故を警察庁が分析したところ、交差点で右側から進入してきた自転車と衝突するケースが目立つという。▼ドライバーが交差点進入時に左側からのクルマに気を取られ、発見の遅れにつながっていると分析している。自転車側にも飛び出しなどの法令違反があるという。▼右方からの自転車に気づくのが遅れるのは、左側端に沿って自転車が通行しているから [続きを読む]
  • ロードバイクに赤布を義務づけよ
  • ▼前を走る競技用自転車に接近したまま追走する自転車をよくみかける。接触事故を起こしかねず危険極まりない。なぜ、車間距離をあけないのか。▼原因は競技用自転車の後輪に反射板付きフェンダーがないことだ。700×23Cという極細タイヤが地面と同化し、錯覚で後続の自転車は距離感がつかみにくいからでないか。▼ご案内のとおり、トラックの荷台からはみ出す積載物の先端には、赤色の布をぶらさげることが法令で義務づけら [続きを読む]
  • ロードバイクにサポートカーを義務付けよ
  • ▼競技用自転車はギアカバーや泥よけがないなど、シンプルな構造となっている。部品類がむき出しというわけで、代償として何かとメカトラブルに見舞われやすい。▼事実、競技用自転車乗りは工具類や予備チューブ、携帯空気入れの携行を強いられている。また、耐用年数に難があるカーボンフレームのヒビ割れ放置は大惨事になりかねない。▼長時間にわたってペダルを高速回転させれば、機械といえども悲鳴をあげる。現に自転車レース [続きを読む]
  • 緊急提言 ロードバイクのアイウエアを禁じよ
  • ▼残念なことに自分のことしか考えない競技用自転車乗りは多い。サングラス(アイウエア)を装着する輩(やから)がまことに多いからだ。▼当人は色つきメガネでキメているつもりかもしれないが、周囲の交通にとっては危なっかしい。安全の確保に不可欠な、目と目を合わせ意思確認する「アイコンタクト」ができないからだ。▼クルマの場合、スモークフィルムをフロントと前席両側のガラスに貼ることが法律(道路運送法保安基準)で [続きを読む]
  • ライト点灯自転車に右側通行を義務づけよ
  • ▼自転車用ライトは光量が乏しく玩具のようなものだ。遠くまで光を飛ばすことができないため、街路灯がない暗闇で使用したら、路上の障害物を発見できないほどだ。▼警察の講習はじめ交通安全の指導現場では、クルマに存在を示すため自転車ライトの点灯を徹底している。「航空障害灯」としての役割を期待しているのだ。▼ただ、欠点がある。道路を走行していても、後続のドライバーからはライトの光が見えないので、自転車の発見の [続きを読む]
  • ロードバイク練習中の交通事故を根絶せよ
  • ▼新年早々物騒な事件が舞い込んできた。5日午前5時ごろ競輪選手が静岡県清水区の国道150号を自転車で走行中、トラックにひき逃げされたというものだ。重体というが幸い命には別状はないようだ。▼驚愕の事実がある。それは「競輪の練習中」に起きた出来事なのだ。プロが一般道を使用してトレーニングしていたという狂気が見過ごされているのだ。▼練習内容は壮絶だ。報道によると、父親の運転する車の後ろについて追走してい [続きを読む]
  • ロードバイクをおちょくる輩(やから)
  • ▼愛知県在住のエージェントから緊急連絡を受けた。地元の中日新聞が競技用自転車の危険性を朝刊1面(12月6日付)で伝えたという。▼それによると、きつい前掲姿勢を強いられるドロップハンドル車は目線が下がるため視野が狭くなるという、大学教授との共同実験の結果を報じた。車を運転しながらスマートホンを操作する「ながらスマホ」に似ていて、危険だというのだ。▼ふざけるな!!と言いたい。ながらスマホの運転で事故を起 [続きを読む]
  • 自転車通学を全面禁止せよ
  • ▼登校中の小学生の列に自動車が突っ込む痛ましい事故が相次いだ。横浜市では死者がでるなど、世間を騒がした。ガードレ−ルが設置されていない歩道であり、段差のある歩道と合わせ安全な通学路へ整備が急がれる。▼一連の報道で確信したことがある。それは小学生による自転車通学解禁への道は完全に閉ざされたことだ。ヘルメットをかぶっていようが、子どもに危険な自転車通学させることなど絶対にありえない。▼自転車通学は、主 [続きを読む]
  • ヒルクライムロードバイクに「のぼり」を義務づけよ
  • ▼クルマを運転していてふらふら自転車ほど邪魔な存在はない。ヒルクライムと称し山間部で、競技用自転車がこう配のきつい上り坂をちんたら走行しているのが顕著だ。▼身体が向きだしとなる自転車にあっては風の影響をもろに受ける。上り坂での向かい風は想像を絶する事態となりかねない。逆風を回避するため大きくだ行したり、力尽きて突然停止するなど危険極まりない。▼肝をつぶすのは後続のクルマだ。密室空間で風を肌で感じる [続きを読む]
  • 点滅ライトで攻撃するロードバイク
  • ▼当ブログでは自転車の点滅ライトは禁止されている。対向する車や人の目を幻惑させとても危険だからだ。にもかかわらず、目立つとかバッテリー寿命が延びるなど身勝手な理由でライトを点滅させ交通の安全をおびやかしている。▼動画をみよ。反対車線は交通量が多く車の流れが滞っている。しばらくすると、大型トラックの陰から競技用自転車が現れる。道路のど真ん中を猛スピードで爆走している。▼緩やかな右カーブで目線の先に点 [続きを読む]
  • ロードバイク、これが「名古屋走り」だ 
  • ▼とある新聞報道によると、愛知・名古屋市民のクルマの運転マナーが悪いという。止まるべきである黄信号でも、速度を上げて突っ込んだり、ウインカーを出さずに車線変更するなど違法走行を繰り広げているそうだ。俗に「名古屋走り」と揶揄(やゆ)されている。▼名古屋走りは当地だけの?ローカルルール?なので、まだ救われる部分がある。ひるがえって競技用自転車。ご案内のとおり、マナーの悪い運転をする競技用自転車は全国共 [続きを読む]
  • 「車に自転車保護性能」にもの申す
  • ▼先日、読売新聞に「車に自転車保護性能」という見出しで、はらわたが煮えくりかえる内容の記事があった。歩行者だけでなく自転車に乗っている人に対する保護性能を自動車に施せというものだ。▼記事によると、国交省は2021年度に保安基準に盛り込むため調査する方針という。自転車が車にはねられた際にどの程度の衝撃が加わり、乗っている人は車のどこにぶつかりやすいかなど事故のメカニズムを分析するとのこと。▼ふざける [続きを読む]
  • 折れ曲がりロードバイクを禁止せよ
  • ▼動画をみよ。信号待ちで停止中のこと。路肩を猛進する競技用自転車が次々とクルマを追い抜く。待機列の先頭に出ようとしているのだ。▼ところがどっこい、路肩が狭いためか直進できず、右に曲がりクルマの前を横切る。その後もあみだくじをするかのように、クルマの間を右に左に折れ曲がりながら突き進むのだ。▼クルマの前を横切るときは、手刀を切ったり頭を下げるのがマナーだ。クルマに接触しボディが傷つく恐れがあり、ドラ [続きを読む]
  • ロードバイク、これが玉突き事故の原因だ
  • ▼車道をノコノコと走る自転車の後ろで、車のドライバーは肝を冷やしている。動画をみよ。郊外の幹線道路。上りや下り坂が続く山間部。前を走るのはタンクローリー。道路幅いっぱいを使って走行している。▼交通量は少なく流れは順調だ。と思った次の瞬間、信号を通過したタンクローリーが急ブレーキをかける。このままでは追突する。ぶつかってタンクローリーの燃料が爆発すれば一大事だ。小刻みにブレーキをかけ玉突き事故を回避 [続きを読む]
  • ロードバイクにネクタイ着用を義務づけよ
  • ▼都内のタクシードライバーは真夏でもネクタイを着用している。お守り代わりとしているのであろうか。実際、ネクタイは防具となる。暴漢に襲われ傘の先など鋭利なもので突かれても、ネクタイの結び目が急所であるのどを守ってくれるからだ。▼ひるがえって、競技用自転車乗り。ヘルメット着用でかりそめにも頭部は保護しているが、首が無防備だ。手を滑らせてハンドルにのどを強打しようものなら致命傷になりかねない。「ネックプ [続きを読む]
  • 「ゼブラゾーン」で火花を散らすロードバイク(動画あり)
  • ▼先日、サーキットに間違えて侵入したとの錯覚に陥った。動画をみよ。とある郊外の一般道に2台の競技用自転車。信号機をスタートランプに見立て、シグナルが青に変わるやいなやタイヤを急回転させ発進。▼暗くて確認しずらいが、専用ウエアを身にまとった「レーサー」を、コンマ01秒で追走するのはノーヘルメットでカジュアルウエアの「黒服」。車の前照灯を頼りにミッドナイトバトルに挑む。▼先頭を走るレーサーは、小刻みに [続きを読む]
  • ロードバイクはコントラバスを奏でよ
  • ▼競技用自転車乗りは背中を丸めて走行している。恐怖で縮こまっているようにみえる。確かに身体がむき出し状態なので後続車両が追突すれば人体に直撃したり、飛来物が突き刺さる可能性も否定できない。危険は想像に絶する。▼特に無防備となる背面の防護対策は喫緊の課題だ。画像を見よ。自転車乗りが背負っているのは弦楽器「コントラバス」のケース。全長180センチはあろうか。頭部、首、背中、腰といった人体の急所を余すと [続きを読む]
  • 立ち飲みロードバイクを全面禁止せよ
  • ▼一般道を爆走する競技用自転車を見ると共通点が浮かびあがる。フレーム(ダウンチューブ)に水筒(ボトル)が備わっているのだ。ご案内のとおり、走行中に水分補給は当ブログで禁じている。▼で、「走行中でなければいい」という屁理屈をこねるかのように、信号待ちで停止中に水分補給する輩(やから)が最近目立つ。画像をみよ。見てのとおり「立ち飲み」だ。哺乳瓶でミルクを飲む乳幼児のように、顔を天空に向けのどを潤してい [続きを読む]
  • 「四輪自転車」で合法的に歩道通行する手法
  • ▼ご案内のとおり、自転車の歩道通行は法律で認められている。二輪または三輪の普通自転車のみ適用され、昨今、話題をさらっている「四輪自転車」は除外されている。すなわち、危険な車が往来する車道しか走行できないことになる。▼何ら手立てはないのか。画像を見よ。高齢者向けの四輪自転車。注目は前輪。並んだ二輪の幅が極端に狭いことがわかる。内輪差をはじめ機能面ほか事実上、三輪自転車とみなしても差し支えないであろう [続きを読む]
  • ロードバイクを最適化せよ
  • ▼「全日本GT選手権」はじめ自動車レースは市販車をベースに改造を加えたレーシングカーでコンマ1秒を競う。ポイントは原形をとどめないほど手を加えたド派手な外観だ。当然、レーシングカーでは公道を走れず、保安基準など規制をクリアする必要がある。▼ひるがえって競技用自転車。市販車であってもスピードレースに出場可能なスペックを備える。レース用途の自転車が公道を爆走しているわけで狂気の沙汰ほかならない。▼道路に [続きを読む]