香港IFA木津英隆a さん プロフィール

  •  
香港IFA木津英隆aさん: 香港IFA木津英隆のマネーは巡るa
ハンドル名香港IFA木津英隆a さん
ブログタイトル香港IFA木津英隆のマネーは巡るa
ブログURLhttp://ameblo.jp/kenshinhk/
サイト紹介文自分の年金は自分で作る時代。香港在住ファイナンシャルアドバイザーによるオフショア資産運用のススメ。
自由文1974年3月9日生まれ、長崎県出身、1996年青山学院大学法学部卒。香港在住歴10年の資産運用コンサルタント。ロイター通信、米系格付け会社S&Pを経て、2009年より現職。特に将来的な年金・保険・教育費対策プランニングを得意とする。Email: info@kenshin.com.hk
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/09/19 00:20

香港IFA木津英隆a さんのブログ記事

  • 私の履歴書(18)43歳の教訓
  • <前回より>私の履歴書(18)43歳の教訓40代も早いもので、あっという間に3年が過ぎました。今年の誕生日も所属IFAの美女同僚達と大学同窓会メンバーの仲間達に祝って頂き、楽しい時間を過ごすことができました。この1年を振り返ると、イギリスでEU離脱決定、アメリカでトランプ大統領が誕生、ヨーロッパでも極右政党が支持率を伸ばすなど、各国で自国を優先する保護貿易の傾向が強くなってきていることが今後の世界経済の懸念材料 [続きを読む]
  • 混迷する日本の社会保障改革(15)
  • 混迷する日本の社会保障改革(15)<前回より>内閣府は1月25日の経済財政諮問会議で、中長期の財政試算を示しました。黒字化をめざす2020年度の国と地方の基礎的財政収支は8.3兆円の赤字を見込んでいます。16年度の税収が円高で落ち込んだことで想定が狂い、赤字は昨年7月の前回試算より2.8兆円膨らんでいます。高い成長を想定し、19年10月の消費増税を織り込んでも財政健全化目標の実現は困難です。赤字解消には社会保障の抜本改 [続きを読む]
  • 【2/22東京開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ
  • 【2/22東京開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ年金支給額の上昇をおさえる「マクロ経済スライド」を強化する国民年金法改正案は衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決されました。今回の年金法改正案には、現役世代の将来の年金受給水準を維持するため、賃金の変動に合わせて年金額を改定する仕組みが盛り込まれています。これまでは物価よりも賃金が下がった場合には、原則として物価分だけしか支給額を減らさない [続きを読む]
  • 混迷する日本の社会保障改革(14)
  • 混迷する日本の社会保障改革(14)<前回より>年金支給額の上昇をおさえる「マクロ経済スライド」を強化する国民年金法改正案は11月29日午後の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決されました。今回の年金法改正案には、現役世代の将来の年金受給水準を維持するため、賃金の変動に合わせて年金額を改定する仕組みが盛り込まれています。物価が上昇しても賃金が下がり、年金額も下がる可能性があるため、野党は「年金カット法案」 [続きを読む]
  • NZドル建てプライベートエクイティ
  • NZドル建てプライベートエクイティ南半球の楽園と言われるニュージーランド(以下NZ)は人口470万人、一人当たりGDPはUSD44,294(日本はUSD37,540)、国土面積は26.8万平方キロ(日本の約72%)、主要産業は酪農製品・肉類・林産品・水産物等で、人間よりも羊の数が多いと言われております。人権自由度ランキング1位、世界平和ランキング4位、経済自由度ランキング5位との調査結果もあり、世界中の富裕層にとって魅力的な移住先の一つとな [続きを読む]
  • 海外口座の凍結にご注意ください!
  • 海外口座の凍結にご注意ください!中国人民銀行9月30日発表文にて、本年12月1日より「6ヶ月間入出金のない口座は凍結するように」との通達が出されました。これに基づき、凍結解除には身分証持参の上、口座を開設した当該都市の支店での手続きが必要となります。上記の通達に限らず、中国に駐在する日本人の方は、駐在期間中から定期的な資金移動計画を立てておくことが肝要と言えます。中国の銀行から個人で海外送金する場合、年 [続きを読む]
  • 香港の一国二制度は2047年以降も有効
  • 香港の一国二制度は2047年以降も有効香港の袁国強・司法長官はこのほど、雑誌『紫荊』のインタビューを受け、2047年以降の問題に言及しました。袁長官は「法的観点でみると香港基本法のうち第5条(現行の資本主義制度と生活スタイルを維持する)だけが『50年不変』を提示しており、他の条文にこの期限はない」と指摘し、基本法が返還後50年で自動的に失効するとの条文はないため、「2047年6月30日以降も法的効力がある」と強調しま [続きを読む]
  • 【10/24東京開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ
  • 【10/24東京開催】海外で作る自分年金セミナー開催のお知らせ敗戦を告げる玉音放送の半年後の1946年2月16日夕刻の渋沢敬三蔵相によるラジオ演説で国民は「国家財政の敗戦」を知らされました。「預金の支払制限 世帯主三百円」「新日銀券を発行」・・・。終戦直後の日本のインフレ率は568.1%。政府は国民の財産を吸い上げ、インフレで債務の実質価値を目減りさせて、戦時国債で借りたお金をなんとか返しました。70年後の日本、ネ [続きを読む]
  • MSFG金投資プラン
  • MSFG金投資プランMSFG社は香港に拠点を置き、貴金属現物取引、不動産担保ローン、不動産ファンド、保険仲介、貴金属卸売などの業務を行なっており、香港の金銀貿易場ライセンス、貸金業ライセンス、保険代理業ライセンスを保有しています。MSFG貴金属取引&不動産担保ローン投資商品は、顧客の預かり資産の30%を現金で保有、残り70%を不動産担保ローン、金スポット取引などの金融商品に投資されます。例えば、不動産担保ローンでは [続きを読む]
  • 混迷する日本の社会保障改革(13)
  • 混迷する日本の社会保障改革(13)<前回より>敗戦を告げる玉音放送の半年後の1946年2月16日夕刻の渋沢敬三蔵相によるラジオ演説で国民は「国家財政の敗戦」を知らされました。「預金の支払制限 世帯主三百円」「新日銀券を発行」……。元財務相の藤井裕久氏(84)は「旧円に証書を貼った紙幣を新円代わりにしたことをよく覚えている」と語っています。預金封鎖と新円切り替えの準備は極秘に進められ、新札を刷る余裕がなかったため [続きを読む]
  • ドル建て元本保証型個人年金プラン(5年〜20年積立型)について
  • ドル建て元本保証型個人年金プラン(5年〜20年積立型)について本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する元本保証型個人年金プラン(5年〜20年積立型)となります。本プランは高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入が保証されたプランとなります。年金の受取方法は、配当収入もしくは一時収入のいずれかを選択することができます。本プランの掛け金と保険料 [続きを読む]
  • ドル建て元本保証型個人年金プラン(60歳〜90歳満期)について
  • ドル建て元本保証型個人年金プラン(60歳〜90歳満期)について本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する元本保証型個人年金プラン(60歳〜90歳満期)となります。本プランは高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入が保証されたプランとなります。年金の受取方法は、配当収入もしくは一時収入のいずれかを選択することができます。本プランの掛け金と保険料は [続きを読む]
  • ドル建て元本保証型個人年金プラン(6年〜10年運用)について
  • ドル建て元本保証型個人年金プラン(6年〜10年運用)について本プランはカナダ系大手生命保険会社のサンライフ社が提供する元本保証型個人年金プラン(6年〜10年運用)となります。本プランは高格付け債券を中心とした運用となりますので、一定の運用期間を満たすことで元本以上の配当収入が保証されたプランとなります。年金の受取方法は、配当収入もしくは一時収入のいずれかを選択することができます。本プランの掛け金と保険料は予 [続きを読む]
  • イギリスよ、どこへ行く
  • イギリスよ、どこへ行く6月23日の国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まり、英国内の世論の亀裂が深まっています。残留を支持した首都ロンドンでは「独立」を求める署名に16万人超が名を連ね、国民投票のやり直しを求める署名も300万人を超えました。国論を二分した投票は地域間や世代間の溝を浮き彫りにし、次期政権に重い課題を突きつけています。国民投票の結果を受けて、スコットランド行政府のスタージョン首相は、2014年9 [続きを読む]
  • 香港式BBQ
  • 本日のブログネタは閑話となりますが、香港式BBQを紹介させて頂きます。香港式BBQとは日本のBBQとは異なり、先が二つに割れた鉄串に肉やソーセージを刺して、炭の上でじりじり焼くスタイルです。当然のことながら焼きあがるまでに相当の時間がかかり、なかなかお腹が一杯になりません。何事にもせっかちな香港の人達が、なぜこんなに手間のかかるBBQを好んでするのか最近まで不思議だったのですが、先日、香港人の友人の誘いで香港 [続きを読む]
  • 香港の景気が良く見える理由
  • 香港の景気が良く見える理由今年の香港経済は、中国人観光客が大幅に減った影響もあり、小売業を中心に店舗の閉鎖や縮小が続いており、不動産価格も下落に転じました。それでも香港の街中を歩いてみると、それほど景気が悪いと感じることはなく、繁華街では平日のかなり遅い時間まで客足が途絶えることがありません。香港の景気が良く見える理由は何か、お客様にも良く質問されますが、人材の流動化にヒントがあるように思います。 [続きを読む]
  • 私の履歴書(17)42歳の不惑
  • <前回より>毎年、自分の誕生日に「私の履歴書」シリーズを更新すると決めていたのですが、今年は忙しさにかまけて、更新が3か月以上も遅れてしまいました。誕生日前の直近1年間を振り返ると、公私ともども人生ワースト3に入る大変な年だったように思います。男性の41歳は本厄の年でしたが、年初に厄払いも何もせず、厄年を甘く見ていたことが裏目に出ました。これではいかんと思い直し、昨年10月、上杉謙信公の永遠のライバルで [続きを読む]