龍龍 さん プロフィール

  •  
龍龍さん: PSW研究室
ハンドル名龍龍 さん
ブログタイトルPSW研究室
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/psw-ryu
サイト紹介文大学教員の精神保健福祉士のブログ。精神保健医療福祉イベント情報、PSW求人情報など不定期更新中。
自由文最新記事タイトル:広田伊蘇夫さんの一周忌、沖縄の人たちの気持ち、地域移行・地域定着支援事業の存続要望、リカバリーフォーラム2012、実務家教員の賞味期限、PSW求人情報、
精神障害をめぐる法制度のゆくえ、ケアマネジャーの国家資格化?、生活保護「不正受給疑惑」問題への見解、第3回社大PSWフォーラムの開幕、PSW課程テーマ別実習報告会、実践家参画型形成評価プロジェクト、日本PSW協会の新執行体制、他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/09/20 13:05

龍龍 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • PSW実践の可視化を考える
  • 大阪から帰る新幹線の車中です。今回は、第53回日本精神保健福祉士協会全国大会運営委員会に出席させてもらいました。実に1980年の第15回大会以来、38年ぶりの大阪大会になります。今年から協会は構成員が1万人を超え、代議員制に移行しました。例年6月に行われていた総会は代議員総会となり、9月に全国大会が移動しました。既に協会のホームページで告知されていますが、現在一般演題募集中です。メインテーマは「ソーシャ [続きを読む]
  • 2016年師走にあたり:近況報告とご挨拶
  • いよいよ年の暮れ、師走の季節、今年も結局、あちこち走り回っています。もう、さすがに若くはないので、疲労も溜まり、移動中はしばしば爆睡していますが。それでも、ようやく来週で仕事納めかと思うとホッとします。先週からの1週間、あちこちでお世話になった皆さまに感謝申し上げます。16日(金)は、名古屋市社会福祉協議会の社会福祉施設研修会にお邪魔しました。精神障害をお持ちの方へのアセスメント面接について、講義 [続きを読む]
  • 「今、変えて行く勇気」を問う学会
  • 台風と大雨の印象しか残らない夏は過ぎ、もう涼しい秋の気配です。慌ただしいうちに日々が過ぎ去り、会議と授業に追われ、数多の宿題も山積みです。やらなければならい雑務が多く、やりたいことに取り組めないでいます。自分が本当にやりたい仕事に取り組める日は、いつ来るのでしょう?さて、日本病院・地域精神医学会総会が、今年もなぜか東京で開かれます。2年続けて東京開催は異例のことですが、予定されていた開催県が先送 [続きを読む]
  • 当事者と共に地域移行支援を考える
  • すっかりブログが間遠になってしまいました。ようやく前期の授業がすべて終わりました。前期後半は、最多で週15コマという担当授業数となりました。(学部の授業や帰校指導、専門職大学院のスーパービジョンも含めてですが)そのせいか、熱が出て、1日だけどんより過ごしていましたが、今は大丈夫です。今週からは、いよいよ学部PSW課程の実習巡回指導が始まります。実習先の皆さま、若いPSWの卵たちをよろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 専門職大学院のフォーラム・同窓会・メーリングリスト
  • 怒涛の日々は続き、もう7月になってしまいました。この場をお借りして、日本社会事業大学専門職大学院の皆さまにご報告とお知らせです。去る6月26日(日)に「専門職大学院フォーラム2016」を行いました。日本社会事業大学学内学会の会期中の企画として、急きょ開催されたものです。公式プログラム印刷にも間に合わず、広報はFacebookだけでしたので、何人にご参加頂けるか不明でした。それでも、OB・OGの方を中心に56名の方が参 [続きを読む]
  • 地域福祉学会とこころのバリアフリー研究会
  • 昨日、6月から7月にかけて行われる「初夏の学会シーズン」のご案内をさせて頂きました。改めて、今日から明日の二日間開催される、二つのイベントをご紹介しておきます。お時間のある方は、どうぞお出掛けください。日本地域福祉学会の第30回大会は、勤務先の日本社会事業大学が会場です。土曜日ずっと学内にはいるのですが、専門職大学院の授業が重なっていて参加できません。何もお手伝いできないことも心苦しく、ブログで広報 [続きを読む]
  • 初夏の学会シーズン到来
  • 明日から、社大の通信教育科精神保健福祉士短期養成課程のスクーリングが始まります。スクーリング初日ですので、夜には懇親会もあります。今年はどんな逸材がご参加されているのか、新しい出会いに期待しています。授業科目としては、例年通り「精神保健福祉の制度とサービス」を担当させて頂きます。知識の習得もさることながら、歴史を踏まえた上での「価値」は大切にしたいと思います。社大の通信課程がこだわってきた「PSWの [続きを読む]
  • 信州安曇野のこと、むさしの会のこと
  • ちょうど1か月前の、先月27日には誕生日を迎えました。フェイスブックを通じて、多くの方々からお祝いのメッセージを頂戴しました。暖かい応援のメッセージを、ありがとうございました。本来であれば、お一人おひとりに返信のメッセージをお届けしなければならないのですが。今は、本務の業務や数多の宿題も含めて、日々まるで余裕がありません。もう1ヶ月過ぎてしまいましたが、日頃の非礼をお詫びするとともに、この場でひとこと [続きを読む]
  • あの日から5年
  • あの日から、5年が経ちました。2011年3月11日、午後2時46分。大学の研究室で仕事をしていたら、書棚がギシギシと揺れ、本が降ってきました。かつて体験したことのない揺れに、ただごとではないことは分かりました。廊下や中庭では、女子学生たちが座り込み、悲鳴を上げていました。少しずつ、各地の映像がネットやテレビで目に飛び込んできました。不気味に押し寄せる波に、街が呑み込まれていく風景を見ました。波間に浮かぶ [続きを読む]
  • 精神医療国家賠償請求訴訟の提起
  • 一人のPSWとして、以前から考え模索してきたことですが「精神医療国賠訴訟」を具体的に提起しようとしています。この国の長年の隔離収容政策による長期社会的入院患者の問題の責任を問い、国の精神医療施策を抜本的に改める一助になればと、今回有志と決意致しました。このブログをご覧の皆さまにも、本訴訟にご理解とご支援ご協力をお願いしたく、記事としてアップさせて頂きます。現在パンフレットを作成して、原告患者を更に募 [続きを読む]
  • PSW求人情報(17)
  • 東京近辺の精神保健福祉士の求人情報を、改めてお届けします。あちこちでPSWを求めているのに、応募者が少ないようですね。人材の需要に、供給が追い付いていないのですね。残念ながら、若い学生数の減少とともに、養成校も減少しつつあります。どこも、学生数の減少で定員を満たせず、募集停止した学校が増えています。支援を要する方は増えているのに、支援の担い手が減ってきています。国家資格を得た皆さんには、ぜひ現場 [続きを読む]
  • 当事者の目から見た「退院促進」
  • 今日は、日本社会事業大学の精神保健福祉士課程卒業生勉強会のご案内です。年1回、2月に行っていますが、今回は「退院促進・地域移行支援」を取り上げます。テーマは「退院促進の現在(いま)、そしてこれから」と銘打ちました。今回、長期社会的入院者の退院促進を考える報告を、2本立てています。一つは、社大でずっと取り組まれてきたタイソク(退院促進)研究班からの報告です。全国の精神科病院・地域支援機関と連絡を取り [続きを読む]
  • 専門職大学院へのお誘い
  • 本日は、勤務先である日本社会事業大学の専門職大学院について、宣伝させて頂きます。2004年4月に開学した日本社会事業大学の専門職大学院は、これまでに約550名余の修了生を送り出してきました。現場で働く社会人院生の教育ニーズに応えながら、年々カリキュラム改革を重ねてきています。新しい時代の社会福祉サービスに対応し得る、高度専門職業人の養成機関として発展してきました。しかし、残念ながら専門職大学院を志願する [続きを読む]
  • PSW求人情報(16)
  • 久しぶりに、精神保健福祉士(PSW)求人情報です。大学で勤めているので、あちこちの病院や事業所等から、求人への協力を求められます。最近は、どこも、求人を出しても応募者が少ないようで苦労されています。「いい学生がいたら、ぜひ」と言われても、なかなかタイミングも合いません。精神保健福祉士の職域がどんどん拡大して、需要に供給が追い付いていないのですね。人材供給側の養成課程を持つ学校も、残念ながら減ってき [続きを読む]
  • S-PSWフォーラムでオープンダイアローグ
  • 一昨日このブログで、第58回日本病院・地域精神医学会(東京多摩総会)のご案内をしたばかりですが。その学会の翌日、11月8日(日)に第9回「S-PSWフォーラム」を清瀬で開催します。「S-PSW」は、「社大精神保健福祉士」の略称です。日本社会事業大学には、学部、通信教育科に、精神保健福祉士の養成課程があります。また、専門職大学院、研究大学院にも、多くの現場PSWが多数学んでいます。身近なリソースを活かし、お互いの実 [続きを読む]
  • 第58回日本病院・地域精神医学会(東京多摩総会)のプログラム確定
  • 7月に開催した「第32回日本ソーシャルワーク学会」の告知以降、ブログの記事が途絶えてしまっていました。おかげさまで、ソーシャルワーク学会史上最高の参加者を集めて、無事終えることができました。小生自身はあまり役にも立たなかったのですが、大会事務局長として改めてお礼申し上げます。この暑い夏の間も、例年通りの実習巡回指導だけでなく、いろいろ関与するイベントがありました。8月上旬には、恒例となった「フクシマ [続きを読む]
  • 過去の記事 …