にゃご さん プロフィール

  •  
にゃごさん: 大人のバイオリン道は甘くない・・
ハンドル名にゃご さん
ブログタイトル大人のバイオリン道は甘くない・・
ブログURLhttp://ameblo.jp/nyago-violin/
サイト紹介文ちょっと小さい7/8サイズバイオリンと共に大人から始めたバイオリンレッスン日記です。
自由文楽譜読めない、リズム感悪い・・・なのに、大人になってからバイオリンを習い始めました。動いてくれない手と覚えきれない頭で悪戦苦闘しながらいつかは美しい音色を夢見て楽しい日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/09/20 23:55

にゃご さんのブログ記事

  • アンサンブル大会〜2
  • 今までの中で一番酷いです。 先生のキツ〜〜〜イ一言から始まった総評は厳しくても愛あるものでした。 アンサンブルは調和です、相手の音を聞く、自分を表現する、人と人が会話することと同じです。相手を尊重し、自分も尊重する。 先生には音楽を通じて、我慢や、人との関りや、想像力や、自己表現を学んでほしいと願っているようでした。 「バイオリンは練習すれば弾けるというものではありま [続きを読む]
  • アンサンブル大会〜1
  • さること5月14日の日曜日。 教室の「アンサンブル大会」がありました。練習を重ねてもなかなか難しいアンサンブル。 朝集合して会場の隣の用具室(机や椅子が収納されている部屋)で大人チームは“朝練” まずは通して弾いてみます。「ニューシネマパラダイス〜愛のテーマ」 う〜〜〜〜〜ん皆でうなだれてしまいました。バラバラで全く息が合っていません どうするんだ本番は目の前だというのに・・・・ [続きを読む]
  • 出張プロペラ機
  • またしてもまとめ日記先週末は仕事で山形でした。 山形はたぶん初めてじゃなかったかなぁ・・・? 仙台へ飛行機で飛んで、仙台からはレンタカーで山形に入りました。(ちなみに運転は若い女性社員さんが・・・ちょっと怖かった)仙台→山形は山道をひたすら走ります。 山形についたのは夕方も6時近くのころ。一応駅舎だけでも写しておくか・・・。 翌日は朝から駅近くの会議室で講習会。 人に何か [続きを読む]
  • スゴイというべきか
  • youtubeで見つけたバイオリニスト。 こういう弾き方もあるんですかねぇ。 4:15頃から「チャルダッシュ」になりますが、これがまた雰囲気満点な音です。バイオリンを上着にひっかけて構えているあたりも「へぇ〜〜〜」と感心してしまいます。 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ 今度の日曜日はいよいよ「アンサンブル大会」です。久 [続きを読む]
  • 音楽的に
  • …なんと、前回のブログ更新から一か月経ってしまいました…。 ここ数週間のまとめになりますがーーー。 まずはとある日曜日、アンサンブルの練習がありました。アルビーノのシンフォニア、モリコーネのニューシネマパラダイス、ビゼーのファランドール。どれもこれも自信がない 自信がないなりに練習を積んだ順番ニューシネマパラダイス→ファランドール→シンフォニア シンフォニアは皆さんがどうし [続きを読む]
  • あらら・・・
  • 春休みの世間に合わせて(???)それなりに忙しい3月が終わってあっという間に4月に突入!!! ブログはめっちゃサボっていましたがサボっている間になんだか変わってる バージョンアップ???あのぅ〜〜〜、使いやすさの追求より“慣れ”の方が私にはありがたいのですが・・・などという気持ちとは別に世の中全部『バージョンアップ』してしまいますね・・・ いろいろ迷って格安スマホに替えました。今 [続きを読む]
  • 視力、聴力を超えた物
  • 先生は厳しい・・・ってか、今までどれほどいい加減にやってきたのか?? 毎度そんな反省ばかりです。 今週のレッスンはスケールの最初の一音「ミ」で“ダメ出し” ちゃんとE線と共鳴していますか?E線が“白く”震えて見えますか?(共鳴すると白くぼやけて見える) あーーーどっちも自信がない。練習してきた(ハズの)自信が急に自分のなかでプッシュ〜〜〜っとしぼむのがワカル。 。:゚ [続きを読む]
  • ヴェラチーニの4楽章
  • 今週のレッスンはいつもにまして練習不足感がありました・・・。先生に指導してもらった弾き方が全然身についていないままだったので(T_T) ヴェラチーニの4楽章。出だしフォルテでミ・ド・レーー・ミとなる最後の「ミ」をアップでしかも弓元に戻して「P(ピアノ)」 勢いよく弾き出して急ブレーキをかけるようにピアノの音にするっていうのがどうにも難しい・・・。つい勢い余って弓を弦にぶつけるような感じにな [続きを読む]
  • 私を構成する成分は・・・
  • 冗談か????「名前」を入力すると成分分析ができるという占いの結果・・・ ▼私を構成する成分は・・・\あなたはなにでできている!?/成分チェッカーで分析する 笑うしかない・・・・ [続きを読む]
  • 格安スマホ
  • ネット環境とスマホと・・・と「通信費」がバカにならない・・・。 今テレビで盛んにコマーシャルが流れている『格安スマホ』ってどんなもんでしょう。 SIM?SIMロックってナニ?MNPってナニ??MVNOってナニ??? 最初っから難問だらけです「知らないと損をするよ、まずは勉強しないと」 わけのわからないアルファベット相手にネットで調べまくり、まぁ何とか自分でもなるのかな [続きを読む]
  • 精霊の踊り〜グルック
  • 読者登録してくださった方のブログを拝見したらフルートを吹くのが趣味の方でした。 アップしているyoutubeにグルックの「精霊の踊り」があって、あーそうだ。この曲に夢中になったことがあったわ・・・(^∇^) グルックのオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」 ギリシャ神話の中で竪琴弾きのオルフェオが妻のエウリディーチェの死を嘆き悲しんでいます。一方、黄泉の国をさ迷うエウリディーチェは舞踊る精霊 [続きを読む]
  • アンサンブル
  • ビゼー作曲、「アルルの女」から“ファランドール”出だしを聞けばだれでも「あぁ〜」と思うほど有名な曲が今回の合奏曲。 今回の練習にはファランドール(作:ビゼー)、シンフォニア(作:アルビニオーニ)その二曲に加えて大人グループは「ニューシネマ・パラダイス〜愛のテーマ)」 ファランドールが難しい有名な曲っていうのはだいたい難しいものだけれど(世界中で名演されているからどうしてもそのイメージがつ [続きを読む]
  • 小さなバイオリニストたち
  • ヴェラチーニの第3楽章、先生の伴奏とともに弾いて何とか『次に進みましょう』ということになりました・・・やれやれ・・・。 バイオリンを実際に弾くより、楽譜を読むことに重きを置いたここ1,2週の練習でした。ちゃんとカウントして弾いて音程に確信を持てば、伴奏に合わせられることもなんとなく(?)理解できたような・・・(^_^;)第3楽章でした。 さて、今週のレッスンの前に先生が「(うちの教室の) [続きを読む]
  • 自己評価
  • 今週のレッスンはスケール練習の後、今一番不安を抱えている合奏曲(セカンドパート)の練習をしました。必死に読譜してフリーソフトを駆使して曲のイメージをつかんで・・・と“努力”(?)の甲斐があったのか、まずまずだったと思います。フリーソフトの効能というより、フリーソフトで全パートの音符を入力してしまうほどに読み込んだことが一番効果的だったと思います。本当はこういう地道な読譜をどんな楽譜でも慎重 [続きを読む]
  • フリーソフト
  • ボロボロだった合奏曲「ニューシネマパラダイス」の読譜と練習…やりすぎて一週間の間“肩こり”と“頭痛”に悩まされました。 ヴェラチーニの第三楽章は読譜をシッカリやって、レッスンの時に注意されていたポジション移動もなんとかクリアできそうです。 ニューシネマ・・・はどうにもこうにも一人練習が心もとない・・・(´_`。)どうやって練習する???? そういえば・・・と以前、合奏で悩んだ時に使 [続きを読む]
  • “壁”は続くよどこまでも…
  • 先週のレッスンでなんとかヴェラチーニの第二楽章は卒業して、第三楽章に進みました。 何度も注意いただいた音程は何とか直したものの、今度は今まで弾けていたところでつまづきまくり…(_ _。)あちらを直せばこちらがつまづき、こちらを直せばあちらが崩壊する…まるでタチの悪い『モグラ叩き』のようです 鈴木教本も8巻の最後の曲になると、かなり本気で読譜しないとちょっとやそっとの“練習だけ“では歯がたたない [続きを読む]
  • 今日もいろいろありました。
  • 阪神の大震災から22年経つんですね・・・。22年も・・・と思うか、22しか経っていないか・・感じ方は人それぞれですが。 職場でその日何をしていたのか、話題になりました。私は朝のニュースを見てわが目を疑う・・・というめったにない思いを抱きました。事務所の女性社員さんはその日学校の始業式だったそうです。 年代が違うことを実感しましたねー。今度この女性社員が退任して、次の女性社員が来るのですが、その [続きを読む]
  • “練習”という地味極まりないもの
  • 「これ、あげる」息子が部屋の整理をしてようやく莫大な量の書籍を某古書店に売り払った中の数冊をくれました。学生時代からものすごい読書家だった息子がひょっこりよこす本は『趣味じゃないなぁ〜〜』と思っても読み始めるとだいたい面白い。 今回の本は「女子高生サヤカが学んだ1万人に一人の勉強法」という本。美達大和(もちろんペンネーム・本名不詳)という二件の殺人罪で終身刑に服している実在の懲役囚と、ひょんな [続きを読む]
  • ゴジラの鳴き声
  • ここのところ、寒さが厳しい北海道。 寒いのは嫌じゃ嫌じゃ・・・(´_`。)早く暖かくならないかな?早く日が長くなりますように・・・。大雪で道路は狭くなって、ちょっと小路に入ろうものなら一方通行のような一車線 札幌のドライバーはそんな細い道路の通行も慣れていて、お互い道を譲りあってちゃんと走るんだから、毎年のことながら「すごいな」と思う。 車は滑るもの。滑ることを想定して走ればいいことで。 [続きを読む]
  • 譜(負)のループ
  • 今年初のレッスンでも“まだ”ヴェラチーニの第二楽章が卒業できず・・・( ̄Д ̄;;第二楽章が卒業できないのに、第三楽章に進んでしまいました。第二楽章は直すところを重点的に練習して次のレッスンに臨むという。。。。 なんか、去年の野球で「マイナス0.5ゲーム差で2位」って珍現象が起きたときのように、「卒業できないのに次の曲に進む」という珍現象・・・。 妥協のない(・・・というか、それが当たり前といえば当 [続きを読む]
  • 明けおめ!!
  • なんにもやらないうちに(達成できないうちに?)一年は過ぎてしまいます。去年も同じような気持ちだったような気がします(^▽^;) 決して気持ちが後ろ向きだとかいうワケではなくて・・・。『1年が早い』ともかく早い ついこの前雪まつりで食べ歩きしたような気がするんですよね・・・(^_^;)札幌雪まつり、雪像より“食い気” 雪なんて家の周りにいやっっていうほど積もり積もっているし そうだ、去年の今頃 [続きを読む]
  • 年内最後のレッスン
  • 今年最後のレッスンがありました。 相変わらずの亀の歩みでしたが、ヴェラチーニの第二楽章もなんとか目途がついて、第三楽章の練習も始めることになりました。 このヴェラチーニのコンチェルトソナタに入って特に言われたのが『常に音楽ホールの端まで音が響くように音量を持っていてください』うぅぅぅ・・・・( ̄_ ̄ i)音楽ホールの端までの音量・・・・。 ヴェラチーニのようにメリハリのある曲では最大音量と [続きを読む]
  • えぇ〜〜い!!
  • 全部やり直しだっ ・・・とココロの中で叫んだ今週のレッスンでした。 SUZUKI教本第8巻ヴェラチーニのコンチェルトソナタ第2楽章。まだやってます・・・ってか、ことごとく音程の不安定さと、音量の無さを先生に指摘されています。 音程に指を置くタイミングが遅い。左手に力が入っているから、指の開きが悪い。テンポをもっと正確に。 言い出せばキリがないほど・・・・。 ワタシなんかオ [続きを読む]
  • ボウイング
  • 最近のレッスンでよく注意されているのが手首の動き。 2弦の間を早いテンポで弾くときに手首の動きが滑らかじゃない・・・ということを再三注意されいるにもかかわらず、なかなかできない あーー、そうか。と思い当たるところいっぱい今まで弾いたあの曲、この曲・・・弾けないところ(とりあえず左のフィンガリングを除く)は先生いわく「右手が間に合っていない」 もちろん、右手の動きと左手の動きが瞬時に滑 [続きを読む]
  • クリスマス会
  • 教室のクリスマス会でした。合奏曲を弾くので参加でお返事させていただきましたが、弾ける自信は全く無し 水上の音楽(ヘンデル)アンダンテフェスティーヴォ(シベリウス) 教室内の話だし、ワタシが弾けなくったってチビッ子たちが上手なので、弾けないところで困りはしないのですが、弾く・・・となれば多少の“欲”は出るわけで・・・。いつも合奏で一緒のMさんも一緒だし、と気軽に出たのですがサラッとテンポを [続きを読む]