はなみずき さん プロフィール

  •  
はなみずきさん: 素人のカナリア飼育日記
ハンドル名はなみずき さん
ブログタイトル素人のカナリア飼育日記
ブログURLhttp://unaginonedoko-blog.seesaa.net/
サイト紹介文ローラーカナリアを試行錯誤しながら飼育しています。
自由文ローラーカナリアを手に入れ飼育をはじめました。わからないことばかりで行き当たりばったりですが繁殖と鳴き声に期待しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/09/21 21:16

はなみずき さんのブログ記事

  • 中止卵・・・だと思います
  • 今朝は2籠の足輪装着。途中を見てなくて複数生まれてるのはわかってました。生後7日の足輪装着で、その全貌を見ることになります。この上の2籠が対象です。左の巣に止まってる白は、今年は止めようかと思ってましたが、昨年は4羽の雛が全て雌だったので今年が最後と思って参戦しました。右は何回か記事に出しましたが、全て無性卵。他の鳥の子を育ててます。検卵結果は3羽ずつの雛が育ってました。白のほうの卵が1つ中止卵(卵を割 [続きを読む]
  • 蛇足だったかな〜
  • 5つの籠で20羽の雛が育ってます。それと他に3籠を繁殖を進めてますが、そのうち2籠が今日孵化したようです。籠の下に卵の殻が落ちてました。こちらがそのうちの1つ。早速、グレーの雌は雛に餌を運んでいるようです。実はこのペアは、多分雄のせいだと思いますが2回の産卵合計9個の卵は全て無性卵でした。検卵で無精卵とわかった、ちょうどその頃に他の籠で2回目の産卵が始まったのがあったのでその卵を抱かせました。産みの親のほ [続きを読む]
  • 籠分けは
  • 雛が巣のふちに立つころには、雌鳥は次の産卵の準備・産卵に入ります。生後10日くらいは、直接雛に餌をあげることができなかった雄も、この頃には雌に代わって雛に餌をやり雛も徐々に一人餌になっていきます。---例年の2回目、3回目進め方---①生後14日から20日前には、雌の籠に一旦育児から外れていた雄で次にペアにする雄を入れます。 皿巣を追加してかけてあげられるスペースがあれば追加し、なければ皿巣に巣材をセッ [続きを読む]
  • ゴールデンウイークの花
  • 手を抜いてかわいそうなのですが、期待以上に元気です。いい時期に刈り込んだり植えかえたり肥料をあげればいいけど、さぼって水だけあげてます。こちらももう少ししたらつぼみが開きそうです。近くで藤の花の蕾を見たので、今日はこれから買い物ついでに覗いてきます。 [続きを読む]
  • 一人餌までもう一息
  • 巣から這い出してきました。元気に育っています。体格も良く、今年はどの籠も毛を抜かれる雛が少なく概ね順調です。緑が出遅れてますが、もう少しで巣から這い出してくるでしょう。11/20。今のところ約半分が緑のようです。羽色までは、だいたい予想通り。さて何羽雄が居るか、囀りが期待通りであればいいんですが。。。あの人の緑はあの歌節に特徴が、この人のはこの節回しが、と緑でも記憶に残る名鳥が居ます。うちのは根は同じ [続きを読む]
  • 雑居籠の雌の産卵が続く
  • まだ雌の雑居籠では無精卵の産卵が続きます。巣材も入れてないので他の鳥の毛をむしったり、青菜の切れ端を使って巣をつくります。かわいそうだけど、もうしばらくしたら卵は片付けてあげることにします。餌は卵餌や菜種などの発情餌は避けるのと青菜を多めにしてあげ、日光浴もしばらくお預けしたり水浴びも制限して発情しないようにしてるつもりですが、気候が良くなったしやもめの雄鳥が鳴くし、近くで雛の餌をねだる声がするし [続きを読む]
  • 繁殖の経過
  • 1回目の巣引きも終盤で、まだ一人餌ではないけど3籠は皿巣の端に止まって盛んに羽ばたきをしながら餌をねだる姿を見せてくれます。(一番右は親鳥。その横は黄色がくっきりしてるので雄候補です。後ろは雌でしょうな〜)巣も取り替えてあげればいいけど、写真の籠は今季は店じまいに入るので、そのままにしてしまいました。この親雌は行儀がいいと言うか、雛の毛をむしらないので雛もきれいです。育雛中は6籠で22羽です。孵化」し [続きを読む]
  • 育雛下手なペア
  • ベテラン雌なので安心してました。・5個産卵・4羽孵化。1個は無精卵なので4羽は予定通り。 最初の孵化から2日間で順調に全て孵化しました。・7日経過し足環装着予定日 小さいので翌日に。最初の雛にはよくあることで、日が長くなると逆に7日でも足がきつくなってしまいます。 別な籠で同じ日に孵化した2羽は足環を装着。2羽だけだからかこちらに比べてずいぶん大きい。・8日目、2羽に足環を装着するも もう2羽は、まだず [続きを読む]
  • 6分の6
  • 通常卵は4〜5つ。うちでも今年は卵を6個産んだのが1つだけでした。足の指にハンディーキャップを負った雌が毎日続けて4つ産み、次の日から2日産まなかったので抱卵に入ったのですが、検卵の時に見てみると6個。それもすべて有精卵でした。昨日から孵化が始まって籠の床に卵の殻が落ちてるのを見て巣を除いてみると、数羽の雛が孵ってました。今日、巣を取り出してみたらもぞもぞと。無事に育ってくれることを期待しています。 [続きを読む]
  • 繁殖時の水浴び
  • 繁殖の間は水入れを金籠に勝った時についてきた餌入れ水入れの水入れを使い、庭箱は小判の陶器の水入れを使います。自由に水浴びをさせてます。もう少し暖かければ、風通しを良くしてあげたいけど冬の続きで風が入り込まないようにしてるので湿気が多くなります。不潔になるけど、まあいいかでこんな風にしてます。バナナ水入れ使ったりでためたほうがいいのかな? [続きを読む]
  • 孵化が始まり...
  • 孵化が始まり籠の床に卵の殻が落ちてました。籠に耳を近ずけると小さな声でぴぃ〜ぴぃ〜と聞こえます。毎朝餌をあげるときに耳を近ずけ声を聞いて、「よしよし今日も大丈夫」と安心します。検卵で5個が全て無性卵だった籠。未練たらしく、もしかしたらとそのまま抱卵させてました。順調なら今日孵化ですが...まだ卵ばっかり検卵するとやはり無精卵でした。止めようかと思ったけど、このペアの子供を取りたいので卵を外してもう1 [続きを読む]
  • 鉢植えの芽吹き
  • 先週は暖かく一気に桜の花も咲きました。生憎 土曜・日曜と雨で外に出なかったし、この雨で花も散ってしまうのでしょう。ベランダでは鉢植えの芽吹きがきれいです。ミニバラ紫檀邪魔もののスミレ公孫樹蔦小さい葉が雨にぬれてつやつやしてしてます。明日からはまた寒くなるそうです。寒くても、日が当たってくれればな〜、と願ってます。 [続きを読む]
  • 3月末までの繁殖の状況
  • 8籠中で7籠は抱卵に入りました。残りの1籠は、卵を1つ産んでから次の日は無しでした。検卵は4籠やって平均で2個の有精卵。5個産んですべて無精卵というのがあり、がっかりです。寒かったので、少し時間をおいてもう一度見てみます。こちらは雌の雑居籠で、見えますか餌箱を占領して巣にこもっているところ。雑居籠での産卵はほとんどありませんが、産卵したのやこんなところを見るとかわいそうになってきます。 [続きを読む]
  • 卵餌のせいかな
  • あまり凝った卵餌はあげません。・茹卵3個を網のざるで裏ごし・パン粉1合・牛乳0.8合---特製材料は---①ネクトンEを付属スプーンで1杯②ビオフェルミン粉末を付属スプーンで1杯③はちみつを小さじ1杯④メジロのえさを小さじ1杯④のメジロの餌は、昨年はウグイスのえさを使いました。米ぬかは糞切れをよくする、鮒粉はカルシウムと思ってあげましたが、効果はどうだったんでしょうね。昨年は、大変好調だったけど、ウグイス [続きを読む]
  • 抱卵が始まりました
  • 先週の彼岸頃から産卵が始まりました。はじめたのが例年より1週間ほど遅かったので最初の孵化も4月に入ってからになりそうです。8籠ではじめてますが、今朝の時点で4籠が抱卵開始しました。他に2籠が産卵中れんげを咥えて皿巣を確認し、卵があれば巣を籠の入り口までおろしてれんげですくい、写真のように餌を敷いた餌入れに取り出します。それから偽卵を巣に戻して、巣を定位置まで戻します。前に手で取り出したり、金製のスプー [続きを読む]
  • 12年の種鳥
  • これが繁殖時の資料です。上はカレンダーで、抱卵開始以降の検卵日、孵化予定日、孵化予定日、リング装着予定日を書きます。下の左は籠番号ごとの、ペアの足輪番号からカレンダーで書く予定日、実績日と数。右の欄に装着したリング番号を書きます。この管理表は、付け親を決め参考だったり訓練の時の声を聞いて見直し、その血統と交配を確認するなんかでその後1年は良く見返します。右下の文字が並んでるか見ですが、今年初めて作 [続きを読む]
  • 巣引きの開始(その3/END)
  • 先の日曜日に写真を取って、巣引きの開始(その1,2)の記事で紹介してきましたが、これが最後、雄達です。2011年から2013年までの雄です。グレーが元気がよく、いまだボスの座についてます。手前の黄色は今季繁殖に使います。夫々子孫も居るので、今季は孫、ひ孫や玄孫の遊び相手になってもらいましょう。他の雄達はまだこちらラックの中に未だコンテスト籠に入れてます。 [続きを読む]
  • 巣引きの開始(その1)
  • 先の土日で、巣引きの準備がだいぶ進みました。庭粉6籠と、右のラックの上段2籠が今季の選手の雌たちです。先週雌を個別の籠に入れて置きました。観察すると、少し早いような気がしましたが、皿巣を入れ巣草を入れて準備を整えます。ぬか床に塩と水だけでなく、赤トウガラシや釘や柑橘類を入れて味に深みが出るように交配してきた雌たちです。(配合が悪く、しょっつるとかくさやの漬け汁のようになってるのかもしれません)さて、 [続きを読む]
  • 繁殖準備
  • 何羽か、産卵する雌が出始めました。雑居籠に入れた雌は、巣を作ろうと他の鳥の羽を抜こうとします。体調のようないのや弱った鳥、餌入れにしゃがみこんだ鳥がやり玉に挙がられるので気をつけて、いじめられてたら他の籠へ避難させないとかわいそうな姿になってしまいます。3月に入ったので、今年繁殖予定の雌は繁殖用の籠へ1羽立て6羽を1羽立てしました。巣を消毒暫く消毒液につけて、乾かします。今日は天気が良かったけど、いく [続きを読む]
  • 繁殖開始までもう少し待ってもらう
  • 「39光年先に生命の存在する可能性がある星を7つ発見」という発表が先週ありました。地球と同じくらいのサイズで海のある可能性があると言うことで、地球外生物の存在も期待できます。子供のころあこがれていたSFの世界が、少し現実として見えてきたという期待があります。39年先には、此方はこの世に居ないだろうし39光年先となると調査するにも、まだまだ長い期間が要るので それまではSFや空想の世界で楽しめることでしょう。 [続きを読む]
  • 2月の過ごし方
  • 天気のいい休日に週1回乃至2回で水浴びをしさせています。暖かければ、もっと頻繁にやってあげたいけどまだ寒いし、北側は風が吹くしで飼育するほうが弱音を吐いています。水浴び回数、日光浴や餌の強さをあげると発情が進みそうなので、まだもう少しの間セーブしています。この時期発情しても成績は良くないし寒いから卵詰まりも気になります。<やっておきたいこと>・ラックや籠、飼育容器の掃除と消毒・用品確認。皿巣、巣草、 [続きを読む]