光塩福祉法務事務所 さん プロフィール

  •  
光塩福祉法務事務所さん: 光塩福祉法務事務所ブログ
ハンドル名光塩福祉法務事務所 さん
ブログタイトル光塩福祉法務事務所ブログ
ブログURLhttp://www.office1744.biz/blog/
サイト紹介文東京都足立区綾瀬で相続・遺言・成年後見を中心に活動する地域密着型の行政書士・社会福祉士です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/09/25 15:14

光塩福祉法務事務所 さんのブログ記事

  • 「暮らしと福祉の無料相談会」のご案内
  • 暮らしと福祉の無料相談会(第41回)のご案内暮らしの中でお困りごとはありませんか? 行政書士・社会福祉士が無料でご相談に応じます。行政書士・社会福祉士には法律で守秘義務が課せられています。業務上お伺いしたことを他人に漏らすことはありません。どうぞ安心してご相談ください。※今回から「暮らしのお困りごと無料相談会」より名称を変更しました。■日 時:6月30日(金) 午後6時〜8時30分■会 場:足立区勤労 [続きを読む]
  • 「家族はつらいよ2」
  • 公開中の山田洋次監督の映画「家族はつらいよ2」を見てきました。喜劇なので基本的には笑える内容なのですが、昨今の高齢化社会、特に独居の高齢者をめぐる諸問題に切り込んでいて、考えさせられる場面が多い映画でした。ネタバレになってしまってはいけないので、これ以上は控えましょう。カテゴリーを「成年後見」にしましたが、こちらの方面に関心をお持ちの方にはぜひ見ていただきたい映画です。「家族はつらいよ2」公式サイ [続きを読む]
  • 身上保護はどこへ?
  • 行政書士数名で運営している一般社団法人があって、その法人は「成年後見に関するご相談をお待ちしております」とうたっています。この法人のブログに、成年後見業務はFP(ファイナンシャルプランナー)がふさわしいという趣旨の記事が出ていました。曰く「成年後見業務で何人かの財産管理等をしているが、財産に係る契約行為もするので、いろいろな知識が必要となる。これを網羅できるのはFPだ」と。財産管理に限っていえば確 [続きを読む]
  • 専門職後見人による支援信託活用
  • 東京弁護士会の会報「LIBRA」5月号に東京三会合同研修会「成年後見実務の運用と諸問題」の研修報告が掲載されていて、その中に東京家裁からの要望事項として以下の内容が紹介されていました。裁判所としては,支援信託というものの使い方については,今後いろいろな側面から検討されていい問題ではないかと思っている。特に専門職の方々には,不正防止のための手段という側面のみをみるのではなく,財産管理の手段としての側面もあ [続きを読む]
  • 愛子さんの行く末
  • タイトルを見て「愛子さんって、誰?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」に登場する向島電機乙女寮の舎監、永井愛子さんのことです。和久井映見さんが演じています。集団就職で上京したヒロインみね子の勤め先だった向島電機は、東京オリンピック後の不況のあおりで業績が悪化し、倒産してしまいます。同僚たちは再就職先が決まって次々と寮を離れ、最後に残ったみね子も、レストランすず [続きを読む]
  • 携帯電話
  • 携帯電話の2年縛りが8月末で切れるので、これを機にガラケー(ドコモ)+データ通信専用スマホの2台持ちからスマホ一本にしようと考えています。当初はキャリアメールが使える格安系ということでワイモバイルかUQモバイルに移ることを検討していたのですが、ここに来てドコモが「docomo with」という新たな割引プランを始めました。このプラン、端末は定価で購入する必要がありますが、一括払いしてしまえば、その後の月々の費 [続きを読む]
  • 改正個人情報保護法
  • 5月30日、改正個人情報保護法が全面施行となり、すべての事業者が個人情報保護法の適用対象となりました(これまでは保有する個人情報の数が5,000以下の事業者は法の適用除外)。「事業者」には、営利・非営利を問わず、個人情報をデータベース化して事業活動に利用していれば該当します。このため、企業だけでなく、個人事業主・NPO法人・自治会・同窓会等も該当する可能性があります。無論、弊所も例外ではありません。事業者 [続きを読む]
  • 「介護なび・あだち」に広告
  • 「介護なび・あだち」に広告を出しました。「介護なび・あだち」は、区役所の介護保険窓口や各地域包括支援センターなどで配布されているフリーペーパーです。介護保険事業者のリストを初め、介護保険制度の概要や利用の手順、介護保険外のサービス、成年後見など関連する諸制度の概要などが1冊にまとめられていて、介護に関する情報はこれがあればほぼ間に合うというすぐれものです。しかも無料。介護保険について知りたいときは [続きを読む]
  • 熱中症対策で足立区と大塚製薬が協定
  • きょうの日本経済新聞朝刊に以下のような記事が載っていました。熱中症対策で足立区が協定 大塚製薬と2017/5/26付日本経済新聞 朝刊東京都足立区と大塚製薬は熱中症対策に関する連携協定を結んだ。区内の小学生や高齢者向けに熱中症対策セミナーを開くほか、区主催のスポーツイベントに同社が出展し、参加者に効果的な水分補給について伝える。小学生向けには夏休み前までに、10校を目標に区立中学校でセミナーを開く。高齢者の [続きを読む]
  • 補助類型について
  • 法定後見のうち補助類型は、平成12年(2000年)の民法改正で新たに導入されたもので、後見類型や保佐類型とは異なる特徴があります。それは、本人の意思を尊重する仕組みが整えられていることです。具体的には、(1)本人以外の者が審判開始を申し立てるときは、申立てについて本人の同意が必要であること。(2)補助人が同意または取り消すことができる行為は、申立ての範囲内で裁判所が定める行為(民法13条1項に定める行為の一部に [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度について(2)
  • この制度が普及するかどうかは、金融機関の対応次第ではないかと考えています。金融機関からすれば、これまでは自ら戸籍の束を確認する作業をしていたところを法務省が代わりにやってくれるわけですから、受け入れることに抵抗は少ないように思われます。メガバンクや有力地銀が、戸籍謄本等一式に代えて認証文付き法定相続情報一覧図を提示する形でもOKという扱いを始めれば、意外と早く浸透するような気がします。ただし、この [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度について(1)
  • 来る5月29日、不動産登記規則の一部を改正する省令(平成29年4月17日法務省令第20号)が施行され、「法定相続情報証明制度」がスタートします。この制度は、相続人(またはその代理人)が、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等一式と、これに基づいて作成した法定相続情報一覧図(相続関係図)を登記所に提出すると、登記官が内容を確認し、認証?付きの法定相続情報?覧図の写しを交付してくれるというものです。これ [続きを読む]
  • 寄附のご報告
  • 弊所では、昨年11月から「私の終活〜エンディングノート」のチャリティー頒布を実施してまいりました。おかげさまで、これまでに16冊のご請求をいただきました。昨日、足立区社会福祉協議会へ出向き、300円×16冊分で端数を切り上げた5,000円を寄附いたしましたので、ご報告申し上げます。エンディングノートをご請求くださった皆様に、この場をかりて、改めて御礼申し上げます。既にお知らせしておりますとおり、「私の終活〜エン [続きを読む]
  • 電柱広告
  • 事務所名変更に伴い、電柱広告を更新&追加しました。更新したのはこちら。 事務所のロゴマークも入れてもらいました。そして、新たに増設したのはこちら。 この電柱には一時停止の標識があったため、他よりもコンパクトになりました。設置場所は、従来の2ヵ所の中間地点です。電柱広告をたどれば弊所まで来られるという道案内の役割を期待しています。 足立区社会福祉協議会 寄附のご案内日本財団「平成28年熊本 [続きを読む]
  • 事務所のロゴ
  • 事務所名変更を機に、事務所のロゴを作成しました。 ロゴのコンセプトですが、クロス(十字)が交流を、円と環がつながりをあらわしています。ロゴの作成に当たっては、クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」を利用しました。コンペ方式でデザインを募ったところ、9件の提案があり、その中からこのロゴを選んだのですが、あまり迷うことはありませんでした。このロゴが飛び抜けてすぐれていたのです。他の提案者も [続きを読む]
  • 【重要】初回無料相談(面談時)の取り扱い中止について
  • このたび弊所では、社会福祉士登録にあわせて報酬体系の見直しを行い、従来の「相談業務」を「相談・援助業務」に拡充いたしました。具体的には、弊所での面談や出張面談に加え、ご相談者の必要やご希望に応じて、各種の調査、関係機関との連絡・調整、同行援助等をこの業務の枠内で行います。これに伴い、これまで行ってまいりました面談時における初回相談30分無料の取り扱いは中止し、原則としてすべて有料とさせていただきます [続きを読む]
  • 事務所名変更のごあいさつ
  • 皆様には日ごろより大変お世話になっておりますことに深く感謝を申し上げます。さて、弊所は平成23年4月に稲吉行政書士事務所として開業以来、皆様のお支えによって活動を続けてまいりましたが、このたび社会福祉士登録を行ったことに伴い、4月23日より事務所名を「光塩福祉法務事務所」に変更いたしました。今後は、地域に密着する手続・書類と福祉の専門職として、「ご高齢の方や障がいをお持ちの方が地域で安心して暮らせるよう [続きを読む]