ふみえ さん プロフィール

  •  
ふみえさん: こんばんは、向井くん!
ハンドル名ふみえ さん
ブログタイトルこんばんは、向井くん!
ブログURLhttp://lovelecielblue.blog.fc2.com/
サイト紹介文当ブログは、私が読んだ本・コミックから、 好きな台詞や感動した名言を登録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供316回 / 139日(平均15.9回/週) - 参加 2012/09/28 01:15

ふみえ さんのブログ記事

  • 葉祥明、『17歳に贈る人生哲学』。
  • 2017年04月29日 読了評価:5、満点! イイ本!!自分は人と違う。人は自分と違う。これが、この世で君が、最初に、憶えなくちゃいけないこと。56頁人生は何のためにあるのだろう?君は、なぜ、ここにいるのだろう?人生で起きるすべてのことが、君に告げている。さあ、どうする?って。61頁大切なのは、問題が起きた後だ。正しく対処すれば、問題が起きる前より、物事は良くなる!この言葉を読んで、すぐに「プーさん [続きを読む]
  • 宮沢賢治_ 読んだ本_ 本棚形式一覧
  • 読了日:2017年3月25日評価: 5、満点引き出しを開けた時、扉を開けた時、「幸せを感じる」素敵な収納!それが、ワンランク上の、整理収納技術です。2頁気がついたときに、サッと水回りの掃除ができる仕組みづくり!汚れがたまる前に、掃除すること!48頁大事だいじ大事!ここが一番勉強になった!玄関は幸せの入り口。物置ではありません。63頁清潔重視、きちんと感を出しましょう。ストイックだけれど、考え方が男 [続きを読む]
  • 中原中也『汚れっちまった悲しみに…』影絵ものがたり
  • 2017年04月28日 評価: 4影絵が好きなので、楽しめた!中原中也と、影絵がよく合う!「幻影」中原中也私の頭の中には、いつの頃からか、薄命そうなピエロがひとり棲んでいて、それは、紗の服かなんかを着込んで、そして、月光を浴びているのでした。ともすると、弱々しげな手付きをして、しきりと 手真似をするのでしたが、その意味が、ついぞ通じたためしはなく、あわれげな思いをさせるばっかりでした。手真似につれては [続きを読む]
  • 大切な人の心を離さない「かわいい女」63のルール。
  • 2017年04月27日 評価: 4、85点著者は「男性」。男性が書く「恋愛指南書」を読みたくて。96頁 ー 98頁黒い下着を好む男はいない。「可愛いのが好き」という男は、黒い下着に興味を持たない。「白」か「白に近い色」が男に人気なのだ。そんなことは当たり前。意外! 大人っぽさ、色っぽさ=黒じゃナイんだ。勉強になった。里中李生さんの名言☆一目見て「女」とわかる体をしていれば大丈夫なのだ。100頁男は、話 [続きを読む]
  • 『松尾芭蕉』!
  • 2017年04月26日 評価: 5夏草や 兵どもが 夢の跡松尾芭蕉は、句を完成させるとき、何度も何度も、推敲を重ねる人。一生の間に作った句の数。芭蕉は、1000句。蕪村は、3000句。一茶は、20000句。(笑)芭蕉は、何度も何度も練り直して、一つの句を作る努力の人!芭蕉、本名、松尾金作。意外と、キラキラネーム☆第4代、徳川家綱のころ、江戸に住む。江戸の人口は、70万人。当時ヨーロッパ最大都市・ロンドンは、50万 [続きを読む]
  • 『与謝蕪村』!
  • 2016年06月08日 評価: 5与謝蕪村とは、どんな人か、サクッと、簡単に知ることが出来る、 貴重な本!「菜の花や 月は東に 日は西に」与謝蕪村、本名、★谷(谷口) 信章さん。芭蕉は、俳諧の道を「一筋」に極めた人、★与謝蕪村は、「画家としても」、活躍した人!与謝蕪村が、すごく影響を受けた人物は、中国明の時代、★画家・唐寅(とういん)。唐寅の名言:詩は、コレ形ナキ画、なり、画は、コレ形アル詩、なり。す [続きを読む]
  • マンガでわかる!『タニタ式食べるダイエット』
  • 2017年04月25日 読了評価:2優香ちゃん主演の「映画」の方が、この本よりも、ダイエットの面では優れている。かつ丼と、カツ煮定食、だったら、「かつ丼の方」が、ガーンと、血糖値が上がって、「太っちゃう」!46頁食べる順番、まず野菜から!!食物繊維がお腹に溜まると、食べ過ぎを防止できるし、その後の、炭水化物や、脂肪を、ゆっくり、消化、吸収する、事が出来る。47頁この本を読んで、「きのこの豚肉巻き」 [続きを読む]
  • 『月のものがたり』 朔太郎、夢野、太宰がナイス!
  • 2017年04月24日 読了評価:5、満点!「月」をテーマに、色んな作家の作品が読める。「月の詩情」萩原朔太郎獣類と、鳥類と、昆虫との別を問はず、殆どすべての生き物は、夜の灯火に対して、不思議なイメージと思慕を持つている。海の魚介類は、漁師の漁る灯火の下に、群をなして集って来るし、山野に生棲する昆虫類は、人家の灯火あかりや弧灯に向って、蛾群の羽ばたきを騒擾する。鹿のやうな獣類でさへも、遠方の灯火に [続きを読む]
  • 葉祥明 『オレンジいろのペンギン』
  • 2017年04月23日 読了評価:3「個性」について。子供向け。your own shape and personality,your
    own likes and dislikes,things your're good at and not so good at,these are what makes You!Your different from othe people is&
    quot;your individuality".Your Individuality is different, not a matter of better or worse.Please get to know your individuali
    ty,accept it, and value it.Let's never forget that e [続きを読む]
  • 『おデブ習慣"に気づいたらみるみる10kgヤセました』
  • 2017年04月22日 読了評価:4、85点毎日欠かさず、1万歩以上、歩くのが前提の本です。1万歩以上歩く日課の人なら、10キロは痩せられると思います。この本を読んでみるみる痩せられる人の前提は、(1)1日1万歩以上歩く。(2)15分の簡単トレーニング(3)栄養バランスのいい食事(4)お風呂に20分以上浸かる(5)6〜8時間睡眠評価を4、85点にした理由は、間違った食生活を、偏った食生活を、分かり [続きを読む]
  • 心が軽くなるすごいお掃除術
  • 2017年04月21日 読了評価:5、満点!「ごんおばちゃま」さんの本、全読破!246頁、9割・活字ですが、読み始めて、毎日1週間、掃除しました!掃除の習慣が定着しました!細かくキレイに掃除する本ではナク、「毎日掃除」することを「習慣づける」本です!この本を読む前に、「2冊」「ごんおばちゃま」さんの「整理収納本」を読み、考え方の「相性」が良かった!私の性格が、マメ、「一生懸命」な性格である☆「向上 [続きを読む]
  • 目黒あむ 『honey』 最終巻 ☆ 8巻!
  • 2017年04月20日 読了評価:5、90点女の子が、男の子に、初キスをして、引っ張っていく、いまの時代がよく反映されている!苦手なことでも、失敗しても、めげないで、自分なりに出来ることを、少しずつでも重ねていく!117頁日々は、止まることなく、目まぐるしく過ぎて行って、泣いたり、笑ったり、きっと、また些細なことで、悩む時もあると思うけど、私の隣にはいつだって、大好きな人がいるから、きっと、いつ [続きを読む]
  • 目黒あむ 『honey』 全8巻 ☆
  • 2017年04月19日 全巻読了評価: 5、98点イラストが、全巻、可愛い!1巻1巻、胸キュン!最後まで、じっくりと、大事に読んだ☆赤髪の「鬼瀬」くんは、強面だけれど、優しくて、泣き虫。「泣いた赤鬼」みたいで、純朴で、謙虚で、ほんわかした男の子。「ギャップ」キャラ設定が、良かったー!3年間かけて、全巻読了!『ハニー 1巻』2014年3月3日 読了鬼瀬くん、きゅんカワ!(〃∇〃) v 画風も綺麗だし、ストー [続きを読む]
  • 詩集、和歌俳諧_ 読んだ本_ 本棚形式一覧
  • 2016年03月24日 読了評価: 5、90点。子どもが読み飽きないように、シンプルな言葉で簡潔に、学校生活で、学問のすすめに書かれてある言葉を、活かせるよう、「子供社会」の視線で、書かれている。この本を読んで、私が好きな、福沢さんの「魅力」は、偉い政府の地位を断り、「民間で」仕事をし、「人々の暮らしに一番近い場所」で活躍した!ところ。学者だが、保身さがナイ、己のアイディアを、偉ぶらず、とにかく「挑 [続きを読む]
  • 齋藤孝、まんがでわかる 『福沢諭吉 学問のすすめ』
  • 2017年04月19日 読了評価: 4、85点「齋藤孝」さんならではの、言葉の「味わい」、「熱く語る齋藤孝」がもう少し読みたかった!齋藤孝さんだわ!みたいな「クセ」がもう少し強めだったらヨカッタ。福沢諭吉の入門書としては、ナイスな本です!齋藤孝さんの解説、文章は読み易い!「大人社会」での悩みや課題を、福沢諭吉の考え方を、自分の「成長の糧」にどう生かすか考えられる、自己啓発本の「入門書」。41頁必竟 [続きを読む]
  • 齋藤孝、『 こども 「学問のすすめ」 』
  • 2016年03月24日 読了評価: 5、90点。子どもが読み飽きないように、シンプルな言葉で簡潔に、学校生活で、学問のすすめに書かれてある言葉を、活かせるよう、「子供社会」の視線で、書かれている。この本を読んで、私が好きな、福沢さんの「魅力」は、偉い政府の地位を断り、「民間で」仕事をし、「人々の暮らしに一番近い場所」で活躍した!ところ。学者だが、保身さがナイ、己のアイディアを、偉ぶらず、とにかく「挑 [続きを読む]
  • 茨木のり子『歳月』
  • 2017年04月18日 読了評価: 5、満点。読み終わって、茨木のりこさんに、愛する想いの「強さ」負けたと思った。まだまだ、まだまだ、まだまだ、あなた「青二才」よ、って、のり姉が笑わっている顔が見える。あらためて、「茨木のりこ」にまた惚れる。「恋唄」肉体をうしなってあなたは一層あなたになった純粋の原酒(モルト)になって一層わたしを酔わしめる恋に肉体は不要なのかもしれないけれど今  恋いわたるこの懐か [続きを読む]
  • 私は成長している!_ 読んだ本_ 自己啓発本棚一覧
  • 2017年04月17日 読了評価: 5、90点。初めて読んだ睡眠に関する本。この本の「7割」に付箋をつけた。ということは、改善すべき所が、沢山、ワタシにある、ということ。実践し易い所ところから、少しずつ「取り組み」始めているので、「快眠効果」は、まだ分かりませんが、とても「良い」入門書です!寝るのが、ほんの少し、苦手意識が無くなった。☆ 読んで良かった ☆内容は、朝にすること、昼にすること、夜にするこ [続きを読む]
  • ニャンとも ぐっすり眠れる本 ☆
  • 2017年04月17日 読了評価: 5、90点。初めて読んだ睡眠に関する本。この本の「7割」に付箋をつけた。ということは、改善すべき所が、沢山、ワタシにある、ということ。実践し易い所ところから、少しずつ「取り組み」始めているので、「快眠効果」は、まだ分かりませんが、とても「良い」入門書です!寝るのが、ほんの少し、苦手意識が無くなった。☆ 読んで良かった ☆内容は、朝にすること、昼にすること、夜にするこ [続きを読む]
  • おしらせ。
  • 心身が、絶不調なゆえ、暫く、更新を行ったり、記事を書きかけの途中どまり、更新しなかったり、不定期にします。 [続きを読む]
  • ぐでたま哲学!
  • 2017年04月14日 読了評価: 4、80点。結構良い本!諺に関心あれば☆楽しめます。字は少ナイです。薄い本です。閉じても、開いてまた読みたくなる本です。骨休め、寂しい時、失敗して、凹んだ時、読みました。そういう時のための本です。ぐでたま哲学を読み、学んだことは、まっとうに生きなくてもいいんじゃねぇ失敗した時は、殻に閉じこもっちゃえ!「まあいっかー」、って、投げ出す事も時には大事。「ダメダメでいい [続きを読む]
  • いもとようこ絵、『むくどりのゆめ』
  • 2017年04月12日 読了評価: 5、90点。とても良い本☆「大人になっても忘れたくない、いもとようこ名作絵本」子どもの椋鳥は、幼いゆえに、お母さん鳥が、亡くなってしまった事が、分かりません。子どもの椋鳥は、お母さん鳥が、遠くから、帰ってくる日を待ちわびて、寝ている間も、母親が帰って来た「音」が聞きたくて、待ち焦がれ、外の音に敏感になってしまう。枝にたった1枚残っている、枯葉の「カサコソ」の音が [続きを読む]
  • いもとようこ 絵、『青い鳥』
  • 2017年02月11日 読了評価: 5、満点!とても良い本!「幸せを感じる」アンテナが低下して、来た時に、読むのがおススメです!皺くちゃの、魔法使いのお婆さんが、チルチルの頭に、ダイヤモンドがついた「緑の帽子」を被せた。(帽子に付いている)ダイヤを回すと、何だって「よく見える」からね!ダイヤを回すと、★「お婆さんが、美しいお姫様、に見えます!」読んでワタシは思う。少年は、きっとダイヤモンドを回す前に [続きを読む]
  • 『あそこへ』、訳:加島祥造
  • 2017年04月11日 読了評価: 4、85点。加島祥造さんが、翻訳をしている本という点に興味を持ち読みました。「あそこ」へ行くのに、どれくらいかかるかな。明日までかしら。次の週かしら。それとも、次の年?この本に毎ページ出てくる、「あそこ」は、人によって、十人十色。本の、始まりから終わりまで、私が思い浮かべる「あそこ」は、優しくて、あったかくて、ときめく場所なんだけれども、「かけがえのない」場所であ [続きを読む]
  • 栗原はるみ 『楽しいこといっぱい65』
  • 2017年04月10日 読了評価: 5、90点。テレビや料理本での好感度が抜群に高い「栗原はるみ」さんの生活ぶりを知りたくて。イメージ通り、裕福な生まれで、裕福な奥様。読んで、憧れはシナカッタけれども、この人の文章の書き方、嫌みがナイ。「すべて」において、自信に満ち溢れていて、堂々たるもの!この方の「そつの無い」満点な生活ぶりを、読みながら、恐らく、か弱さがナイ、頼りなさがナイ。女性にあるとイイ、「 [続きを読む]