ふみえ さん プロフィール

  •  
ふみえさん: こんばんは、向井くん!
ハンドル名ふみえ さん
ブログタイトルこんばんは、向井くん!
ブログURLhttp://lovelecielblue.blog.fc2.com/
サイト紹介文当ブログは、私が読んだ本・コミックから、 好きな台詞や感動した名言を登録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 101日(平均18.4回/週) - 参加 2012/09/28 01:15

ふみえ さんのブログ記事

  • D・カーネギー_ 『人を動かす』 _ マンガで読み解く
  • 読了日:2017年3月22日評価: 4スッキリと、要点が、纏められている。 マイナス1の理由は、人物の台詞とカーネギーの要点との構成のバランス、頁づくりが、下手。各コマのイラストが大き過ぎて、カーネギの要点が目立ってイナイ。物語の組み立てと、要点の纏め方のスッキリ感は、上手いと思います!104頁人間は誰でも、自分の行為について、美しく潤色された理由をつけたがる。難癖つける人には、その人の「美しい心 [続きを読む]
  • 「菅原伝授手習鑑」_ 橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻3
  • 読了日:2017年3月20日評価: 満点、100点、素晴らしい!東風吹かば 匂いおこせよ梅の花主人なしとて 春な忘れそ醍醐天皇の御代、右大臣は、「菅丞相」・菅原道真。 左大臣は、悪党・藤原時平。表紙は三つ子。梅王丸は、菅原道真に仕える。松王丸は、藤原時平に仕える。桜丸は、帝の弟・斎世(ときよ)親王に、仕える。斎世親王17歳、菅原道真の娘・苅屋姫15歳。こっそりと「逢引き」していた。道真さんは、娘が [続きを読む]
  • 読書管理#53 _ 2017年_ 0319 から
  •  読了日: 2017年03月22日 D・カーネギー、マンガで読み解く 『人を動かす』 デール・カーネギー原作、歩川友紀脚本 評価: 4、スッキリと要点が纏められている。  他人を喜ばせたり、褒めたりしたからには、何か報酬を貰わねば済まぬという  「ケチ」な考えを持った者は、当然、失敗するだろう。/人間は、見え透いた、 お世辞は聞きたくないが、心からの賞賛には飢えているのだ。/人間は、自分の 限界よりも [続きを読む]
  • 萩原朔太郎 ・ 室生犀星 _ 日本語を味わう名詩入門
  • 読了日:2017年3月18日評価: 4.5 、90点なかなかイイ本!萩原朔太郎の詩を読みたくて☆萩原朔太郎「 旅上 」ふらんすへ行きたしと思へどもふらんすはあまりに遠し。せめては新しき背広をきて、きままなる旅にいでてみん。汽車が山道をゆくとき、水色の窓によりかかりてわれひとりうれしきことをおもわん。五月の朝の東雲うら若草のもえいづる心まかせに。この詩が好き!萩原さんは、帽子も、かぶっているに違いない。 [続きを読む]
  • 幸せを感じる500のこと☆ _ #2_ 追記
  • 追・記2017年3月5日 読了5点! 満点!メイン記事:http://lovelecielblue.blog.fc2.com/blog-entry-245.html幸せを感じる500のこと☆誰かに早く見せたいものがあるとき!好きな人のことを考えるとき!待ってた荷物が来たとき!待ってたモノが来たとき!新幹線と並走。コーヒーの香り。歯医者さんに歯を褒められたとき。回転ずし!チョコレート!具だくさんサンドウィッチ!雨音を聞きながら眠る。洗濯物のいい香り。整 [続きを読む]
  • 明日のためにできること!_ #2_ 追記
  • 追・記2017年3月7日 読了4点!メイン記事:http://lovelecielblue.blog.fc2.com/blog-entry-268.html?どんなに小さいことでも、昨日と同じことは繰り返さない、という「心の工夫」をもつ!48頁たとえ遠い道に思われても、休まずに歩めば、必ず新たな道が開けてくるはずです。歩み続けることによって、深い喜びも生まれてくるでしょう。39頁良い時におごらず、悪い時にいたずらに落胆せず、自分の成すべきことを淡 [続きを読む]
  • 宮沢賢治 _ マグノリアの木 #2_ 追記
  • 追・記2017年3月8日 読了5点!満点!メイン記事:http://lovelecielblue.blog.fc2.com/blog-entry-280.html素晴らしいお話!諒安は、★靴底を半分踏み抜いてしまいながら、険しい山谷の刻みを渉っていました。山頂から地の底の暗い森へ、またその谷の底から、霧に吸い込まれた次の峰へと登り降りをしていた。谷の深い処には、細かな薄黒い灌木がぎっしり生えて、★ 光を通す事さえも、慳貪そうに見えました。諒安は、陰気 [続きを読む]
  • 東大寺のはじまり!#2 _ 追記
  • 追・記2017年3月4日読了評価: 4メイン記事:http://lovelecielblue.blog.fc2.com/blog-entry-244.htmlあなたは、善い行いにより、★後の世で生まれ変わり、一国の王になるでしょう!その時、私も一人の僧侶として、あなたに、お仕え致しましょう。千年後、観音菩薩は、帝の妃の体に宿り、聖武天皇として、産まれる。聖武天皇が生まれた後に、弥勒菩薩が、良弁として生まれる。聖武天皇は、平城京の宮殿の、杉の木があっ [続きを読む]
  • 読書管理#44 _ 2016年_ 0723 - 0817
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 読書管理#43 _ 2016年_ 0621 - 0723
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 読書管理#42 _ 2016年_ 0517 - 0620
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 読書管理#41 _ 2016年_ 0419 - 0516
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 読書管理#40 _ 2016年_ 0326 - 0418
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 読書管理#39 _ 2016年_ 0308 - 0326
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 1日5分! お片付けノート 単行本
  • 読了日:2017年3月14日評価: 3.5ぼちぼちの内容タイトルの「お片付けノート」は、私にでも、容易に考えつく、「捨てたもの」「捨てた理由」を書くだけの、ありふれたノートですので、この本を読んで良かった点は、この方の「ご自慢のノート」ではナク、mocaさんの、「片づけに対する考え方」が、参考になった。25頁お菓子やお茶の入っていた「箱や缶」、綿棒のケースまで「何かに使えそう」と思い、「とりあえず取っ [続きを読む]
  • 浅田次郎_ 五郎治殿御始末_ 追記 #2
  • 追・記読了日:2017年3月3日評価: 5メイン記事: http://lovelecielblue.blog.fc2.com/blog-entry-243.html欧米の時間(グレゴリオ暦)に、わが日本国の時を合致せしめるのは、★我が国固有の文化を外国に売り渡すこと。いかに文明開化でもやってはならナイ!91頁“サムライの時代が終わる”時に、起きた、大混乱について、の話しです。オモシロかったー!明治5年に、西洋暦になる迄、日本は、「月齢に」よって、太陽の動 [続きを読む]
  • 読書管理#38 _ 2016年_ 0117 - 0308
  • 2017年3月13日、読了5点!満点!イイ本!「ごんおばちゃま」さんの本、私にとって2冊目★人は生きていくうえで、1日たりとも、片づけをしなくてもいい日はありません。片づけとは、次に使う為の準備なのです。ただ綺麗に見えるようにする事だけが、片づけではありません。13頁下駄箱の中には、いま履く靴以外、必要ありません。下駄箱には、いま履く靴のみ入れます。近い将来履く靴は、洋服と一緒にクローゼットへ。34 [続きを読む]