鐡翁 さん プロフィール

  •  
鐡翁さん: 薪ストーブと高齢者の日々
ハンドル名鐡翁 さん
ブログタイトル薪ストーブと高齢者の日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tetsu7ou9
サイト紹介文薪ストーブを焚き、暇な時は庭の草花を眺め、時々薪探しに出かける高齢者の独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/09/28 11:39

鐡翁 さんのブログ記事

  • ヤマツツジ・・・
  •  ここのところ朝晩寒く、親戚の雑木林に積んである薪玉を運ぶことも、薪擬探しに行くこともせず、薪ストーブの番人をしている。 カミサンは足腰の弱った年寄りは邪魔になると、迎えにきた友人と二人で山菜採りに出かけたので留守番をしながら、来シーズン用の楢の薪に手を付けたくないと、一昨年貰った白樺を焚いているが、これがよく燃え室内はすぐに暑くなる。 暑くなると庭に出ては、ヤマツツジの花を眺め、40年ほど前、 [続きを読む]
  • 年寄りは暇・・・
  •  週末、薪割りを予定していたら気温が急上昇、日曜日は31.4℃と真夏日になった。暑くて薪割りどころではなく、三日間何もせずカーポート下で日光の直射を避け、煙草を吸いながら、一斉に咲き始めた石楠花やツツジ、桃等の花々を眺めて過ごすはめに・・・                                     [続きを読む]
  • 今シーズンの薪作り開始・・・
  •  数日振りで晴れて暖くなってきたので、昨年秋、強風で倒れた木を玉切りして積んである親戚の雑木林に行ってきた。 少し傾っていたが崩れていなかったので一安心、早く運んで割らなければと、少しだけ軽自の後部座席を倒して積んで帰り、残っていた玉を割り、積む場所を作った。 今年初めて薪割りをしたが、年寄りの身体は未だ大丈夫のようなので、明日から運んで、割って、積もう・・・年寄りらしく?気の向くままに、焦ら [続きを読む]
  • 薪ストーブ全開・・・
  •  北の高気圧の影響からなのか気温は上がらず、昨日の母の日の当地の最高気温は9.7℃、止なく先日に積み替えた薪棚から太い薪を取り出して焚く羽目に・・・ 道東の厚岸町では3月下旬並みの気温の中桜祭りが開催され、参加者は寒さで震えながらカキやホタテを焼いて食べている姿がテレビで映し出されていた・・・                                   [続きを読む]
  • 薪の積替え・・・
  •  今シーズン、薪を焚くのも残すところ1月半、4月下旬から薪を焚く量が徐々に少なくなって薪棚も所々空いてきたので、平成26年に家の南側に積んでおいた楢薪を雨にあたらぬよう、カーポート下に積み替えた・・・ 積んだ上にシートをかけていたが、それでも雨が吹き込んで濡れては乾いたため切り口部分が黒いブチになっている・・・                                 [続きを読む]
  • 「ほっと」するのは何故?・・・
  •  数年前から、家屋廃材を焚いている家の横を散歩しているが、昨年夏から廃材は見当たらず薪棚はカラッポ、雪が降る前に通って見ても夏と同じで、ここではもう薪ストーブを焚くのを止めたのか思っていた。 連休最終日、散歩でこの家の近くを歩いていると電動鋸切の音が、行って見るとこの家の主人と思われる人が廃材を切っていた。それを見て、「ほっと」したのは薪焚き人の性なの?・・・                   [続きを読む]
  • 当てが外れ・・・
  •        今日から五月、今年初めての薪木探しドライブに・・・目星の雑木林の樹々は伐採され、      綺麗に片付けられた跡に、ソーラーパネルの基礎工事が始まっていた。          白樺♪〜青空♪〜♪♪〜〜辛夷咲く♪♪〜・・・北国の春♪♪〜〜・・・                                         [続きを読む]
  • あ〜ぁ、暇だね・・・
  •  今日から連休に、昨年の連休初日は雪だったが、今年は晴れている・・・庭の花々を眺めていたら隣の奥さんが出て来て朝の挨拶を交わす・・・旦那が仲間と九州一週のに行ったので、私は何処へ行こうかな?と・・・ 昔?は連休になると毎年のように、車で、あちら、こちら、と出掛けていたが、後期高齢書になってから、は何処へも旅行には行っていない・・・ 年中連休の年寄りは、ストーブに薪を追加し、燃え上がる炎を見なが [続きを読む]
  • 花見は近所で・・・
  •   数日振りに晴れ、庭で咲き始めた蝦夷紫躑躅、先日雪を被りその後も寒い日が続いたので花の色が例年より薄いような気がする・・・  北海道も松前で桜が開花したとのこと、明日は晴れ気温も上がるとのこと、久しく散歩をしていないので、近くの公園に辛夷でも見に行ってみるか・・・                             [続きを読む]
  • 無味乾燥・・・
  •  73歳の夏に仕事をやめ年金での生活に入ったが、74歳になって、住民税や国民健康保険料等が前年度の所得で計算され、所得税や住民税、国保、介護保険料、公共料金などの支払額は年金額の約8割強に・・・ 翌春、後期高齢者になったと、国保の保険料を払い終わっていないのに、その保険料を請求され、年金から住民税や介護保険を仮徴収され、所得税、住民税、保険料が年金の約6割に・・・ 後期高齢者医療制度の保険料が [続きを読む]
  • 昨日の雪はまだ融けず・・・
  •  昔から何をしても長続きせず三日坊主と言われてきた・・・そこで死ぬまで書き続けようと還暦を迎えてから日記をつけ始めた。 それが勤めから解放されると、薪ストーブを焚くこと以外は何もすることがなく、二カ月毎に病院、約ひと月に一度の歯のメンテ、そして床屋・・・それ以外は食べては寝、起きは食べての寝貯、喰い貯めの毎日で、次第に書く事がなく、晴れ・晴れ時々曇り・午後に雨・最低気温は氷点下等、一行で終わっ [続きを読む]
  • 費用対効果・・・
  •  今朝の最低気温は+4.2℃、3日間続けて氷点下から脱出し、畑の雪も融け農家では春耕の準備に入っており、隣家のおくさんは、まだ種イモ選別のアルバイトに行っている。 暇なので、これから6月迄の焚く薪を予想して、その分を移動しながら薪棚の整理をし、焚いた量を計算すると、昨年10月からおおよそ4立方メートルで前年度より約1立方メートル少なく、午前中使うポータブル石油ストーブの効果がはっきりと・・・ 購 [続きを読む]
  • 昼下がり・・・
  •  日当たりに椅子を出し、小さな庭に咲く小さな花々を眺めながら、ウトウトしていると、時々バアサンに連れられて遊びにくる3歳の女の子供を乳母車に乗せて母親が家の前を通って「こんにちは」と声をかけられた。 「今日は」と挨拶を返したら、女の子が「オジサン何しているの?」と・・・暖かいので「日向ぼっこしているの」と言ったら「ウ〜ン、そうなの」、バイバイと手を振って帰っていった。             [続きを読む]
  • 融けたのに・・・
  •  畑の雪も融け、ナガイモ掘りや馬鈴薯の植え付けが始まっているのに昨夜からの雨は雪に変わり、起きると庭は真白になっており、雪解けと同時に咲いた草花は哀れな姿を見せている・・・ 昨日、一昨日と物置の北側に積んであった薪を南側に移動し積み替えておいたので濡らさないですんだ。 最低気温0.3℃、雪は霙から雨に変わり寒い・・・このような日は、ポータブル石油ストーブでは頼り無いので、薪ストーブを焚いている [続きを読む]
  • 薪ストーブ・・・
  •  最高気温、19.3℃、22.6℃と暖かい日が続き薪ストーブを焚かなかったが三日後には平年並みに戻り、風邪を引いたのか咳が止まらない・・・ 薪ストーブを焚くようになってから、薪ストーブを使っている人達は、どうやって薪を集めているのか、どんな薪ストーブを使っているか気になり、テレビで煙突や薪の積んである場面が映ると身を乗りして見ていたが、最近はあまり関心が無くなって来た。 多分、テレビで見る薪スト [続きを読む]
  • 最高気温19.3℃・・・
  •  室内の温度が23℃を切ったら薪を焚き付けていたが、4年前薪節約のため21℃をきってから焚き付けるようにしたが、それでも薪の焚く量はたいして変わらず、昨年から、朝焚付けて日中は焚かず夕方に再度焚きつけていたのを止め朝は蓄熱とカセットガスストーブを使ったところ、約1立方の節約・・・(6立方強⇒5立方強) そこで今シーズンから、カセットガスに変え石油ストーブを使う事にしたところ3月末時点で、焚いた [続きを読む]
  • 新年度・・・
  •  焚く薪は自分で作り、家の周りに隙間なく積むことを目標にしているが、未だに達成した事はなく、購入する薪の量が増えている。 例年、この時期になると薪棚周りの残った雪を溶かしながら残薪の整理をし、細いもので次年度の焚付を作っていたが、この冬は昨秋カーポート下に積み替えた薪を焚いているのでそれもない。 陽が長くなり物置北側の薪棚にも西日が当たるように成ってきたので、ボツボツ薪探しのドライブをと思って [続きを読む]
  • 逆戻り・・・
  •  室内では胡蝶蘭が咲いている・・・ 昨日は曇って日中も気温は上がらず寒くて、薪ストーブを焚いたが直ぐに暖かくなるなり、ダンパーを閉めてはオーロラ化する炎一日中観賞していた。 一週間前、積雪ゼロになったのに、昨夜からの雪で庭の木々は綿帽子をかぶって冬に逆戻り?・・・今日も曇って肌寒く朝から薪ストーブを焚いている・・・                                  [続きを読む]
  • 春眠暁を覚えず・・・
  •  今朝の最低気温−2.6℃、予想最高気温+10℃、気温も少しずつ高くなり、最近まで夜に2〜3回はトイレに起きていたが、ここ数日は一回ですみ朝迄ぐっすり眠れるように・・・ 春眠暁を覚えず・・・ 朝食後、暖かさに誘われ近所を散歩してみると、近所の庭は雪が未だ少し残っているが融けた所から春の花々が咲いている。 薪ストーブも夕方から焚くようになって、薪の消費も少なくて済むようになった・・・ ボチボチ薪 [続きを読む]
  • 小さな花々・・・
  •  東京以南では桜の開花が・・・当市では積雪が0になったと、報じられていた・・・ 10数年ほど前に、山菜採りに行った時花が終わりかけた株を掘ってきて庭に植え福寿草雪が融けると同時に咲き始める。 咲き始めた日は良く覚えていないが、H26年が17日頃、H27年は25日頃、昨年は22日頃に花を確認していたが、今年は16日から咲き始めた・・・ ところが最近になって、雪が解けるのと同時の咲く花が何種類かあ [続きを読む]
  • 皮算用・・・
  •  先日、薪ストーブ生活を始めて以来この時期に焚かずに日が・・・その後も最低気温がプラスの日もあって暖かく雪解けが進むと同時に、燃やす薪の量も少なくてすんでいたが三日前に湿った雪が降った以降は風も冷たく、彼岸も過ぎ太陽が高くなって室内に入る陽光が少なくなり、室内温度は上がらず寒く感じる。 今朝の指定気温−6.2℃、午前中、日課である薪を焚き付ける準備をしたが、これまで太い薪を選んで焚いていたため [続きを読む]
  • 年寄りのボヤキ・・・
  •  暇で散歩に行こうと思っても、今日は風があって寒いから、今日は雪が降っているからと、何だかんだ理由をつけ、薪ストーブを燃やすこと以外は、なにもせずに居眠りばかりしている・・・ そんな日々の中で、まだ2カ月間は薪ストーブの世話になるのに、余ると思っていた焚付けの残りが少なくなって作らなければならなのに、最近はそれも億劫・・・ 例年、雪が融け始めるとドライブに出かけ、道路わきで伐採された枝木を見つ [続きを読む]
  • 一万五千円・・・
  •  今朝の最低気温0.1℃、雪解けが進む昼下がり、カミさんが近所の人達と立ち話し・・・ 庭に咲いた福寿草を写真に摂りながらそれとなく話を聞いていると、1人が一万五千円貰ったかい?うちのお父さん、昨年は三千円、今年も一万五千円貰ったよ・・・もう一人の未亡人も同じく昨年は貰えなかったけれど今年は貰ったと・・・ 時福祉給付金(簡素な給付措置)は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和す [続きを読む]