C級呑兵衛 さん プロフィール

  •  
C級呑兵衛さん: C級呑兵衛の絶好調な千鳥足
ハンドル名C級呑兵衛 さん
ブログタイトルC級呑兵衛の絶好調な千鳥足
ブログURLhttp://cnonbe.exblog.jp/
サイト紹介文大阪池田・石橋の話題/居酒屋・焼肉等各地食べ歩き/旅・まち歩き/鉄道や飛行機ネタブログ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2012/09/29 13:41

C級呑兵衛 さんのブログ記事

  • 石橋の「担々麺専門 Mangan」
  • 阪急石橋駅南側、国道171号線、石橋1丁目交差点のすぐそば。道沿いに大きな赤い提灯。「担々麺」に「汁なし担々麺」ですか・・・「担々麺専門Mangan」だ。担々麺専門という表記になっているけど、「酒菜家はた田」が閉店した後は確か「China Bistro Mangan」という中華バルだったような・・・でも、「Mangan」はそのままなので、少し営業スタイルを変えたのかな。カ... [続きを読む]
  • 池田の中華料理「若水」
  • 街なかの中華料理店のお話。阪急石橋駅からも池田駅からもちょっと離れている、神田(こうだ)エリア。石橋から国道171号線をてくてく歩いて、夫婦池交差点を右折。ファミリーマート北側から西へと続く少し広めの道に入って、またしばらく歩く。マンションや寮はいくつかあるけど、お店はほとんどなく閑静な住宅街だ。そんなところに、「ん?」道沿いに店はないのに、看板が・・・四辻の左手を見て... [続きを読む]
  • 平和温泉 2017年ver. 池田市銭湯シリーズ⑤
  • 池田市銭湯シリーズ、阪急石橋駅にある「平和温泉」。2015年に、池田市にある5つの銭湯は一通り紹介しているんだけど、「平和温泉」は、昨年7月にリニューアルして以降、ブログでは取り上げていないから、ここで改めて新しい情報をまとめておこうかな。「平和温泉」と掘られた木彫り看板を筆頭に、渋い藍染めの「ゆ」暖簾。営業時間や利用料金が書かれた案内板に、少し休憩ができるベンチも設けられた・・・... [続きを読む]
  • 石橋の居酒屋「カミナリ酒店」
  • ちょこちょこっと立ち寄ってはいるものの、ブログに書くのは久しぶりだな。阪急石橋東口サイド、国道176号線沿いにある立ち飲み「カミナリ酒店」だ。池田店、岡町店がある「カミナリ酒店」の他にも、池田の「アジト」「電撃屋台クラッシュ」や庄内「電撃酒場GORI」など、宝塚沿線でパワフルに展開しているよね〜どの店舗も人気店なのは、やはり安さと肴の充実ぶりにある。魚介の造りでも300円〜400... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「三福温泉」
  • まじかよ・・・2015年4月に蒲田から戻って以降、宝塚沿線を中心に銭湯を巡っているけど、行きたかった銭湯が、戻ってきたタイミング直前で廃業になっていてショックを受けたことがあったなぁ。それもあって、いつ廃業になるかもわからない銭湯、今のうちに色々と出かけているわけ。行こうと思っていた矢先に廃業というのもショックだけど、ここ最近は、関西に戻ってから行った銭湯なのに、廃業をしてしまっ... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「夢の公衆浴場 五色」
  • 阪神高速池田線、豊中ICの南側。駅の最寄りは阪急庄内駅とはいえ、歩くとなると、線路沿いのスーパーマーケット「Aプライス」横の道をひたすら西へ歩き15分。豊中にある銭湯の中でも、もはやスーパー銭湯だろう的な規模を誇るのが「夢の公衆浴場 五色」だ。もう構えからして違うわね。自らも「元祖スーパー銭湯」「日本一の銭湯」とうたい、大きな「ゆ」の暖簾で迎えてくれる。大阪府公衆浴場組合の銭... [続きを読む]
  • 野田の居酒屋「お多福」
  • 久々に野田へやって来ましたよ。ええ天気やなぁ・・・新車のステンレスな阪神電車が眩しいぜ。昔は職場が中之島センタービルだったから、ちょっと足を伸ばしてJR野田駅くらいまで歩いて昼飯食べたよなぁ。阪神電車の野田阪神駅南側からこのJR野田駅近くまで、アーケードのある「新橋筋商店街」が続き、結構な賑わいを見せている。その新橋筋商店街の途中、四辻のところに映画のセットのような激渋居酒屋があ... [続きを読む]
  • 天満の居酒屋「ほっこりダイニング田なか」
  • JR天満駅の北側、駅前のマクドナルドの右手の路地を進んで行く。ちょうどアーケードが途切れた四辻の角に、昼間っから営業中の看板を掲げるお店。「ほっこりダイニング田なか」だ。ほっこりダイニングと聞くと、和テイストの落ち着いた空間を勝手にイメージしてしまうが、カウンター形式の外飲みという開放的なスタイルだ。こういうの入りやすくていいよね。12:00から営業しているのが有難いですなぁ。... [続きを読む]
  • 石橋の寿司「文吾寿司」
  • ちょっとした時間に、立ち飲みでもいいんだけど、落ち着いて小腹サポートも含めて飲みたい時は、やっぱり「文吾寿司」。阪急石橋駅東側、国道176号線高架沿いで飲食店が並ぶ一角にある。夕方から夜遅くまで営業しているから、仕事が遅くなった時とかにも重宝するんだよね。Facebookでは、行く都度に寿司をアップしているものの、ブログで改めて書くのは久々かしら。C級呑兵衛のブログは、「こんなお店あ... [続きを読む]
  • 十三のうどん「いぶきうどん」
  • もうオープンして1ヶ月半程になるのかな。阪急十三駅西口を出てすぐ、いわゆる「しょんべん横丁」への入口角。もともと、売店みたいなのがあったっけな・・・十三火災の後、どうなるのかなぁと思っていたけど、大きな黄色い軒先テントが目に飛び込んでくる。「いぶきうどん」だ。すでに、天神橋筋にも店があり、この十三駅前店は2店舗目になる。立ち食いの讃岐うどんのお店なんだけど、こちら、あの「丸亀... [続きを読む]
  • 梅田のラーメン「國丸」
  • 味噌ラーメンが食べたい・・・野暮用で大阪梅田に出てきたついで、都島通りで「大東洋」を過ぎた先、味噌ラーメン専門店「國丸」にやってきた。確か、5、6年前は別の店で、塩ラーメンのお店だったところだな。味噌全面押し出し系の店構えですな。あ、味噌とは言っても1種類じゃないのか。北海道の百年味噌、土佐のカツオ味噌、金の炙り味噌・・・ん〜どれも魅力とはいえ、オーソドックスなこってり味噌いきた... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「喜楽温泉」
  • 豊中銭湯シリーズ。豊中市豊南町西エリアだけで、銭湯が3ケ所もあるんだよね。「豊南温泉」「温泉七福」、そして今回紹介する「喜楽温泉」だ。阪急庄内駅東側、豊南小学校の北側にある銭湯だ。住宅が密集する一角に、立派な煙突が鎮座している。色んな種類の風呂がカラフルに掲げられていますな。これだけで、テンションが上ル。銭湯ではよく見かけるレンガタイルに、金色の「喜楽温泉」文字がまぶしい。... [続きを読む]
  • 高槻のタイ料理「ディーディー」
  • 先日、午後から高槻で仕事ということで、時間があまりないんだけど、高槻で昼食をとることに。気分はエスニックということで、店先にある屋台につられて、高槻センター街の西端にあるタイ料理「ディーディー」に入る。白を基調とした広い店内、屋台を模したデコレートもタイらしくていいね。さくっと食べられそうな・・・あ、このガパオライスセット(890円)にしようかな。ガパオライスには、やっぱり... [続きを読む]
  • 京橋の居酒屋「高野酒店」
  • 職場のそばだから、毎日のように目にしているんだよね・・・ま、入ったことはないんだけど。中の様子があまりよく分からないんだけど、立ち飲み・テーブル席のある酒飲み処だということだけ分かっている。一回入ってみるか・・・JR大阪城北詰駅が最寄駅、土佐堀通り片町東交差点。緑の軒先テントが目印、「高野酒店」だ。店名からも酒屋だし実際に酒類販売もしているので、角打ちであることは間違いないんだ... [続きを読む]
  • 池田の居酒屋「六本木」
  • ひっさびさやな・・・先日、昼飯がてら池田をぷらぷら。あれ・・・池田に長いこと住んでるけど、八坂神社来たのって初めてかしら。社殿が立派なのは言わずもがな、境内の緑も鮮やかで清々しい。荘園から神田経由・・・なんやかんや距離を歩いて、阪急池田駅前にやってきた。昼食もとったし、このまま石橋まで帰るのもいいんだけど、しばらく歩いていたからか、ちょっと喉が渇きましたよ。もう開いてるな... [続きを読む]
  • 石橋のラーメン「めんや?」
  • 阪急石橋、ラーメン「MAdan」閉店後、居抜きで新たにオープンしたのが、「めんや ?(よろこび)」だ。4月26日にオープンするなり、早速行列が出来てますな。阪急石橋駅東口、国道176号線沿いで市立図書館分館そばだ。今回、開店時間チョイ過ぎに行ってみた。ここに二郎系インスパイヤなお店がオープするよ〜と、3月頭にFacebookで紹介していたんだけど、ここがオープンするより先に、... [続きを読む]
  • 塚本のうどん「松屋うどん店」
  • 駅前に、朝早くから夜遅くまで営業しているうどん屋があるっていいよなぁ。夜24時迄まで営業しているってのが魅力。JR塚本駅前、「松屋うどん店」だ。駅のホームからでも見える、大きな青い軒先テントが目印だ。軒先テントは新しいが、暖簾と赤提灯は渋い。中央の柱をはさんで、左右に入口がある。中に入ると、立ち食いスタイルで、カウンターは「し」を描く。立ち食いする位置は入口入ってすぐなんだけど... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「島田温泉」
  • 豊中銭湯シリーズ。今回も電車で行こうとすると、ちょっと距離があるなぁ。豊中の銭湯といえば恒例の、阪急庄内駅下車。駅から西へてくてく歩き、もう豊中ICのそば。一時期、国を挙げて話題になったあの森友学園も近いわね。駅から少し離れてはいるけど、スーパー「サンディ」やコンビニエンスストアなどがある南北に走る広めの道路に出る。この通りにある銭湯が島田温泉だ。他の銭湯と違うのは、主副の関係は... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「長島温泉」
  • ナガシマリゾートの話じゃないぞ。豊中の銭湯シリーズ。今回は、阪急庄内駅の南東へ。阪急宝塚線と国道176号線とが交差するあたり、ここから東に向かうんだけど、狭い道が入り組む住宅街の中を進む。天竺川を跨いで、すっかり住宅街に溶け込んでいるんだけど、煙突見えてますよ〜とやってきたのは長島温泉だ。「好きやねん おふろ」のキャッチフレーズを筆頭に、お風呂の種類を掲げたカラフルな看板が明る... [続きを読む]
  • 梅田の居酒屋「なじみ野」
  • そういえば、ファミリーレストランて、いつの間にか行かなくなったなぁ。昔は「フォルクス」「ロイヤルホスト」とか行ってたし、家族で外食の代名詞だったはず。C級呑兵衛ファミリーの場合、気づけばホームグラウンドが居酒屋になっていた…C級呑兵衛みたいに、「じゃあ、ファミリーレストランも居酒屋やればいいのに」とカオスな話をし出すとどうにもならないが、実はそういうのって普通にあったりするんだよね。... [続きを読む]
  • 池田のラーメン「池田麺彩」
  • 阪急池田駅前、国道176号線池田駅東口交差点を北に入って間もなくのところに、新しくお店が出来ている。隣りの餃子店も気になるんだけど、今回はラーメン「池田麺彩」にやってきた。カウンター7席の店内。厨房との距離が近い感じがするね。他のお客さんとのコミュニケーションをみても、頃合の距離感なのかもしれないね。さて、メニューは・・・ラーメンにつけ麺、汁なし坦々麺、油そばなどがあるのか。ラーメ... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「七福温泉」
  • 阪急庄内駅から少し歩くことになるんだけど・・・駅西口から南に下り、阪急バスの本社がある阪急バス本社前交差点を西へ。府道152号線からさらに南の住宅街の中へ。大黒町というエリアで、庄内南小学校の近くある銭湯「七福温泉」。「七福」と名のつく銭湯が豊中には2つもあるんだね。先日紹介をした豊南西にある「温泉七福」と、この「七福温泉」。こちら、下駄箱からの入口は男女に分かれているんだけど、... [続きを読む]
  • 今出川の食事処「松乃家」
  • 先日、野暮用で京都に出かけた時のこと。用事の前に腹ごしらえだけしておくか、と蕎麦屋を発見。地下鉄今出川駅の近くにある、「松乃家」だ。店に着いたタイミングでは、並ぶことなくすぐに中に入れた。ただ、店内は満員御礼で、少しタイミングがずれていたら結構待ったかもな。上の写真は、店を出たときに撮ったんだけど、蕎麦屋でこない並ぶのか・・・何にしようかなぁ・・・ん?蕎麦屋なのに、蕎麦を食べ... [続きを読む]
  • 豊中市の銭湯「温泉七福」
  • 最寄りは阪急庄内駅。国道176号線も天竺川も跨ぎ、市道神崎刀根山線に出る。今回は、市立高川図書館の向かいにある銭湯「温泉七福」。駅からだと歩いて15分くらいかな。正面はなかなか横に広い構えで、毎日たくさんのお客さんが出入りしている感が漂っているぞ。ほー軟水オシで、美肌の湯が期待できるということですな。中に入ると、お!・・・入口引き戸の上、透明なガラスに鳥獣戯画をモチーフにした... [続きを読む]
  • 塚本の居酒屋「海ぼうず」
  • 塚本シリーズ。今回は、JR塚本駅前だ。駅の東側、ロータリーからも見える店、「海ぼうず」。「海ぼうず」と聞くと、海鮮もののか、海が好きなご主人か、ご主人そのものが海ぼうず・・・というパターンが考えられるんだけど・・・中に入って、カウンターで忙しく調理をしているご主人を見て、あ・・・だからか。※個人の感想です(笑)なんか面白い店内。テーブル席は和の感じが出ているんだけど、奥の「... [続きを読む]