sannkayou さん プロフィール

  •  
sannkayouさん: フォト散歩
ハンドル名sannkayou さん
ブログタイトルフォト散歩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sannkayou
サイト紹介文自然が好きです。移動には車をよく使ってます。旅と山とお散歩のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/09/29 22:31

sannkayou さんのブログ記事

  • 佐屋街道・砂子橋〜神守宿〜佐屋宿
  • 万場宿を出てからの続きです。神守宿まで一里半余(約6.9km)名古屋高速道路下の万場交差点で広い県道に出て大治町砂子に入ります。交差点を渡ったところにある浅間神社。新川を砂子橋で渡ります。新川は、庄内川右岸の水害を防ぐために、天明4年(1784)に放水路が作られたことによる命名です。9時30分やがて右手に「十二所神社」の鳥居と常夜燈が見えてきます。社殿は参道が400Mほど伸びている先にあります。玉 [続きを読む]
  • 佐屋街道・熱田〜岩塚宿〜万場宿
  • 宮の渡し公園を後にし、ほうろく地蔵まで戻って佐屋街道へ出発。歩きだしてすぐ、国道1号に遮られて渡れないので歩道橋で渡ります。正面に熱田神宮の鳥居が見えます。境内に入らず外を通って国道19号を北上していきます。国道19号は、熱田神宮南交差点が起点で、長野市まで続いています。熱田神宮西門白鳥御陵石柱源頼朝生誕地の碑国道左側には、こんもりとした森の中に白鳥山古墳、断夫山古墳があるがそのまま歩を進めます。 [続きを読む]
  • 東海道を歩く・宮宿
  • 鳴海宿西口常夜燈を出て東海道を歩いていると、右手に草原の空き地が見えてきました。きちんと囲いがしてある「鉾ノ木貝塚」。縄文時代早期から前期にかけての貝塚貝塚の近く右手山裾の下に「千鳥塚」案内板があるのですが、どうしてもみつかりませんでした。塚は山上の千句塚公園内にあるようです。見つからなかったのでそのまま前進しました。天白橋鳴海宿に入ってからこのような案内をたくさん見ることができます。気持ちも和む [続きを読む]
  • 東海道を歩く・間の宿「有松」から鳴海宿
  • 今回の東海道歩きは、豊川稲荷と鳴海宿、宮宿、そして佐屋街道を歩くのが目的です。盛りだくさんの予定を二日間でこなそうと思っていたのでちょっとハードでした。豊川稲荷駅から名鉄に乗り前後駅に着いたのは10時5分。東海道歩き出発です。右手に旧家があります。落合橋の先にある常夜燈地蔵尊を過ぎると中京競馬場入口桶狭間古戦場跡へ寄り道。ボランティアガイドの方の説明がとてもわかりやすかったです。隣の高徳院境内にあ [続きを読む]
  • 豊川稲荷(妙厳寺)へ寄り道
  • 週末東海道歩きへ行ってきました。東海道歩きの前に、行きそびれていた日本三大稲荷の一つ「豊川稲荷へ」行くことにしました。新幹線を豊橋で降り飯田線で豊川へ。豊川駅8時32分着。時間が早いせいか駅前の通りは静かです。お稲荷さん前のお土産さんはあいていて通ると声をかけられます。静かな境内には観光客がちらほらいました。豊川稲荷は曹洞宗の寺院です。妙厳寺の境内に祀られる鎮守の稲荷(?枳尼天)が有名なため、一般 [続きを読む]
  • 沖縄旅行②
  • よく食べてぐっすり寝て元気に目覚めました。8時ホテル出発。気温は朝から高く蒸し暑いです。日焼け止めを忘れたのは不覚です。帽子を目深にかぶり、沖縄のシンボルである「首里城へ」行きます。現在の首里城正殿は、1992年、沖縄の本土復帰20周年を記念して18世紀の首里城をモデルとして復元されたものです。正殿は現在修復中ですがちゃんと見ることはできます。守礼門・扁額の「守禮之國」とは「琉球は礼節を重んずる国 [続きを読む]
  • 沖縄旅行①
  • 久々の飛行機を使っての旅です。梅雨に入る前にと思い、某旅行会社のツアーで沖縄へ行ってきました。ツアーは男女ともほとんどの人が一人旅です。沖縄へのリピーターもかなりいて、私はお隣さんにいろいろと教えてもらいました。簡単ではありますが沖縄のレポを読んでください。飛行機が遅れ、那覇空港に着いたのは11時30分。スターウオーズの飛行機があったのでパチリ。沖縄随一の繁華街、国際通りまで行き昼食タイムです。牧 [続きを読む]
  • 寄居寺社めぐりと金尾山ハイキング
  • お天気に恵まれたGWですね。みなさん色々な所へ出掛けていることと思います。今はツツジが見頃ということなので、3日に駅ハイで、寄居町にある「金尾山つつじ祭り」に行ってきました。金尾山(229M)はつつじ山ともいわれ、山頂には5000株ものヤマツツジがあります。山頂の展望台からの眺めも抜群です。寄居駅北口を出たところで受付です。寄居は七福神めぐりや鐘撞堂山へのハイキングで来たことがあるのでなんとなく道 [続きを読む]
  • 薫る春風レインボーブリッジが繋ぐ古と今
  • いつも車で通過してしまうレインボーブリッジを歩いてきました。田町駅を出発して三田、白金を歩き、疾走する車道横の遊歩道から都心の絶景を眺めお台場へ。飽きることのない景色の中、ウォーキングを楽しみました。三田ツインビル西館裏手の庭園の芝桜亀塚公園内にある亀塚御田(みた)八幡神社・和銅2年(709)に東国鎮護のために創建されたと伝わる古社幽霊坂荻生徂徠のお墓があるお寺白金商店街を抜けます。白金氷川神社・ [続きを読む]
  • 高崎市役所21F展望台
  • 高崎駅で下車し、高崎市役所の21F展望台へ行ってみました。山並みのロケーションが素晴らしいということは知っていたので、是非行ってみたいと思ってました。市役所は高崎駅西口を出て10分ぐらい。レストランが併設された展望室はとても広く居心地がいいです。時刻は16時半、西日がとても強い時間帯で窓ガラスが反射してしまいなかなか写真がうまく撮れませんでした。北側からパノラマに挑戦武尊山。武尊山の前の白い横長は [続きを読む]
  • 八重桜咲く城下町・白井宿②
  • 白井宿は、利根川と吾妻川の合流点にある河岸段丘上に発展した集落です。宿場の中央を流れる白井堰(せき)周辺には井戸が点在してます。かつては水で苦労したこの辺りは(「嫁に行くなら白井はおよし、田なし、水なし、井戸深し」)といわれていたそうです。現在の用水路は群馬用水が流れています。白井宿に入ってすぐにある宮本町の井戸(1929年頃)羅漢水の井戸(1795年)通り沿いに白井城址への道標を見つけたので左折 [続きを読む]
  • 八重桜咲く城下町・白井宿①
  • 久々のウォーキングです。今月は身内に不幸があったり、私自身風邪をひいてしまい東海道へは行けませんでした。来月までお預けです。身の回りもだいぶ落ち着いてきたので、桜を求めて群馬県渋川市の「白井宿・八重ざくら祭り」に行ってきました。白井宿は、中世、子持村白井には白井長尾氏の居城白井城があり、城下町として発展しました。当時この地一帯は「白井文化圏」の核と呼ばれていたようです。宿場町ではありませんが白井宿 [続きを読む]
  • 山高神代桜(武川村)を見に行く
  • 6日午後、友人に誘われて山梨県北杜市武川町山高へ桜を見に行ってきました。急なお誘いなので何も下調べもせず桜の開花状況が不安でしたが、不安は的中。須玉のICを出てから下道の桜はきれいに咲いてましたが、山高神代桜は2、3分咲きでしたね〜。今年は開花が遅いようです。その代わりラッパ水仙が目を楽しませてくれました。山高神代桜は、実相寺の境内にある、樹齢約2000年の日本で一番古いと言われる、天然記念物のエ [続きを読む]
  • 中山道・吹上(間の宿)と元荒川桜並木散策
  • 東海道歩きも三条大橋が近くなってくると他の街道が気になりだすこの頃です。駅ハイのパンフを見ていたら、中山道がでていたので歩いてみることにしました。下道をよく走るので17号はなじみの国道です。あっという間に通過してしまう国道を離れたら、そこには知らない旧中山道の町があります。吹上がどんなところか楽しみに家を出ました。吹上は、鴻巣宿から熊谷宿までは距離があるため、茶屋本陣や馬継の立場が置かれ、間の宿と [続きを読む]
  • 佐原・雛船春まつり
  • 千葉県香取市佐原にて、3月18日は小野川沿いで「さわら雛船まつり」が開催されました。運転もしたいので、ドライブがてら行ってきました。雛船には、煌びやかな衣装に身を包んだお雛様一行が乗り、小野川を優雅に水上パレードします。7艘の船を雛段に見立てた水上雛舟は、雅楽の美しい音色をお供に優雅に進んでいきます。利根川の舟運で栄えた商都佐原、その繁盛ぶりは「お江戸みたけりゃ佐原へござれ 佐原本町江戸優り」と唄 [続きを読む]
  • 東海道を歩く・田町角〜知立宿
  • スーパーホテル岡崎はなかなか快適でした。広い温泉があるのは疲れた体に有難いものです。ゆっくりのんびり浸かりました。朝食は品数豊富で見てるだけでも満腹感を感じるくらいです。また利用したいと思わせるホテルでした。朝食もしっかり食べたことだし、知立宿から先、行けるところまで行こうと思ってます。細長いビルが目印の「スーパーホテル岡崎」。島町交差点そばにあります。国道1号を歩いて昨日終えた田町角まで来ました [続きを読む]
  • 岡崎宿
  • 記事を書いている途中で後半部分が書けなくなったので二階にわけて書いています。読みづらくて申し訳ありません。岡信資料館岡崎公園内のどっしりとした岡崎城家康産湯の井戸船着き場跡・「五万石でも岡崎様はお城下まで船がつく」と謳われたように岡崎の発展は水運によるところが大きい。16自1分田町角で終わることにして、宿泊場所の「スーパーホテル岡崎」がある東岡崎に向かって国道1号を歩いて行きます。17時15分チェ [続きを読む]
  • 東海道を歩く・岡崎宿
  • 藤川宿を後にして、黒松の松並木を抜け東海道の旅は続きます。コンビニはたまに見かけますが、食事をするところはなかなかありません。国道1号から坂下橋の手前でY字路を左に行きます。信号の所で散歩中の地元の人に声をかけられました。おしゃべりついでに食事処を聞いてみたら、「目の前の中華屋さんが美味しいよ」と教えられ入ってみることに。三国志です。お昼時とあってすごい混雑。待つこと15分。熱々のエビチリチャーハ [続きを読む]
  • 東海道を歩く・名電長沢駅〜本宿(間の宿)〜藤川宿
  • 春遠からじ、まだまだ寒い3月ですね。痛めた足の爪はなかなか良くなりません。生え変わるまでの辛抱かな。それでも、月一の恒例になってしまった東海道歩きに日、月曜日行ってきました。前回終えた名電長沢駅から本宿を経て藤川宿、岡崎宿、池鯉鮒宿(知立宿)までです。東海道も遠くなると新幹線の時間も早くなり、東京発6時26分に乗ります。豊橋で名古屋電鉄に乗り長沢駅まで行きます。特急で国府まで行き乗り換えなくてはな [続きを読む]
  • 春を求めて寄り道
  • 素戔嗚神社では、ひな祭りの時期になると境内のあちこちにおひな様が飾られます。陽の当たる場所では、モモの花も咲き始め、地味な景観に彩をそえます。ここを訪れるといつも『もうすぐ春がくるんだなぁ〜』と心がほっこりします。桃の花が満開になるのはまだ先ですがその頃またきたいなと思います。花が咲く三河島菜をみたのは初めてです。 [続きを読む]
  • 巡回バスで雛巡り
  • 取手駅近くの臨時バス停で、直行バスに乗ってキリンビール取手工場へ。映像を観てから簡単な工場案内とビールの試飲が楽しめます。ホール内。缶雛は従業員の手作りだそうです。可愛らしい缶雛はあちこちに飾られてました。試飲ルームのひな飾り取手駅に戻り別の巡回バスに乗り、自分の見たい場所で降ります。時間があまりないので、「藤代ギャラリー」で降りることにしました。ここでは嬉しいことに茶菓子の接待がありました。熱い [続きを読む]
  • 取手散策とひな祭り
  • 歴史とアートの街・取手をお散歩してきました。第13回「取手ひな祭り」も楽しもうという欲張りなウォーキングです。取手駅東口でマップをもらいスタートです。ひな祭りが開催されている取手本陣通りへ行く間にもひな飾りが楽しめます。JR常磐線に四ツ谷橋の下、取手駅西口北側擁護壁に描かれた壁画。グラフイティアアーティスト・SUIKO氏の作。「飛翔」「羽ばたく」というイメージを表現。壁画「letter ”酔狂”生命の音」金網 [続きを読む]
  • 東海道を歩く・赤坂宿
  • 静かな御油宿を抜けるとよく残されていたなぁと感謝するような松並木が続いています。樹齢三百年以上の黒松三百五十本が六百m続いてます。慶長9年(1604)、奉行大久保長安が植樹したもの。三河黒松は樹皮が亀甲上に割れるのが特徴。「日本の名松百選」に選ばれています。松並木を抜ければすぐ赤坂宿なので、松並木がなければ御油宿の続きのようです。12時35分御油の松並木見附跡・赤坂宿は東海道の中では最も宿間の短い [続きを読む]
  • 東海道を歩く・札木町〜御油宿
  • 豊鉄ターミナルホテルを7時40分出発。札木西交差点まで歩きました。この日の天気は、お昼頃から雨という予報だったので少し早めに出ました。風が穏やかで気温が高めなのが嬉しい。風の強い寒い日は、向かい風がきついです。雲が多めではありますがまだ青空がのぞいてます。札木西交差点を左折してすぐにあるのが「きく宋」。創業文化年間(1804〜17)菜飯田楽の老舗松葉公園を右折、上伝馬町の交差点にある「西の惣門」で [続きを読む]