naganabe さん プロフィール

  •  
naganabeさん: 〜 日常 〜
ハンドル名naganabe さん
ブログタイトル〜 日常 〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/naganabe8122
サイト紹介文春はバラ、夏は花火、秋もバラ、冬はイルミ。 年間を通じて艦船・列車に航空機などなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供405回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2012/09/30 02:28

naganabe さんのブログ記事

  • 第62回 大川花火大会・2017 〜昇開橋と花火の競演〜 その1
  • 平成29(2017)年8月11日(金・国民の祝日)初めて訪れることが出来た花火大会ここのウリは国指定重要文化財・筑後川昇開橋と花火の競演、そのため撮影場所確保のために14時過ぎには現地到着。聞くところによると早い人で8時前から、対岸とは違って下流域にある昇開橋と花火の打ち上がる場所との兼ね合いでベストな撮影ポイントは限られているようです。 打上待ちの間には激しい雨に見舞われたものの昇開橋と花火の美しい競演に [続きを読む]
  • 第13回 させぼシーサイドフェスティバル・2017 その2
  • 平成29(2017)年8月6日(日曜日)この日はカメラ2台体制で撮影に臨みました。1台は海上自衛隊・倉島岸壁に停泊する護衛艦とその後方(イベント会場)から打ち上がる花火、もう1台は沖合から打ち上がる大玉用。会場と沖合から打ち上がる花火を同時に写し込もうとするもタイミングが上手く合わずに苦労しました。道路沿いには家族を乗せたクルマがズラリ、車に乗ったまま最上の席からの花火観賞。  19時20分頃 花火を積んだ [続きを読む]
  • 第13回 させぼシーサイドフェスティバル・2017 その1
  • 平成29(2017)年8月6日(日曜日)九州各地の花火大会が迷走台風5号の影響で前日から次々に中止・延期となるなか、西の果てが幸いしたのか無事に開催。17時に打上可否の最終決定との知らせに長崎を見切り発車、今回の撮影場所は海上自衛隊倉島岸壁の対岸を選択。16時頃到着、花火を載せた台車と岸に停めたトラック横の地面に横になって昼寝する花火屋さんたちの様子に『打上』を確信。素晴らしい花火でした。 DE230 じんつ [続きを読む]
  • 『雲仙湯けむりビアフェス』 へ行ってきました。
  • 平成29(2017)年8月12日(土曜日)長崎県の雲仙温泉で開催中の『雲仙湯けむりビアフェス』に行ってきました。 夏の雲仙を盛り上げようと企画されたこのイベントは8月11日(金)、12日(土)そして19日(土)と20日(日)の計4日間開催。 ビール3杯、ソフトドリンク飲み放題、温泉卵3個、指定温泉施設入り放題という「湯けむり手形」が2000円で販売されステージショーや手持ち花火の一斉点火などがあります。訪れたのは12日 [続きを読む]
  • 第358回 筑後川花火大会・2017 その2
  • 平成29(2017)年8月5日(土曜日)45万人もの見物客にとにかく大混雑するといったイメージだったのですが、花火終了後は交通規制もあって比較的スムーズに人が流れていきました。 花火開始前は16時頃に久留米に到着、コインパーキングに車を停めて歩くこと約30分で水天宮(篠山会場)に到着。この花火大会は篠山と京町の2会場から花火が打ち上がります。篠山会場は大玉中心、真上を見上げるほどの高さで開く大輪の花火に圧倒さ [続きを読む]
  • 第358回 筑後川花火大会・2017 その1
  • 平成29(2017)年8月5日(土曜日)18000発、約90分間にわたる花火大会も撮影枚数は昨日の玉名納涼花火大会(1万発)の半分程度。花火が打ち上がるイメージと打上終了後には身動きが取れないほど混雑するとの予想から三脚1台のみ携えて撮影場所へ。 花火開始直後から惜しげもなく打ち上がる大玉花火に終始広角レンズを使用、通常の打上花火も「大玉警戒」により半分以上が空いた状態に。撮影場所から観ることの出来たもう [続きを読む]
  • 2017・玉名納涼花火大会 その4
  • 平成29(2017)年8月4日(金曜日)昨年より早めの到着で車を会場近くの運動公園に停めることができました。徒歩30分以上をかけヘトヘトになった昨年に比べて今年はわずか?20分で会場へ。  この10分間・・・暑さ厳しい中かなりの疲労軽減今年のテーマは『音楽火(おんらくか)』、昨年は熊本地震発生後ということもあり『支えあおう熊本 今心ひとつに』。あれから1年以上が経過、セレモニーの挨拶やテーマにあえて『復興 [続きを読む]
  • 2017・玉名納涼花火大会 その3
  • 平成29(2017)年8月4日(金曜日)昨年は18mm〜のズームレンズ1本のみで参戦。しかしながら打ち上がる花火のスケールに18mm横位置ではフレーム内に収まり切れずに縦位置で全体の一部しか写し込めなかったのが心残りでした。今回は10mm〜の広角レンズを携えて対岸で打ち上がる迫力満点の花火を撮影。ただし、撮影場所の覚え間違いにより昨年より下流の国道208号線・高瀬大橋付近に陣取るという痛恨のミス。左端に写 [続きを読む]
  • 2017・玉名納涼花火大会 その2
  • 平成29(2017)年8月4日(金曜日)『玉名(納涼花火大会)は風向きが悪いけん 撮影には向かない』とは先日天草市本渡で開催された花火大会で一緒させていただいた地元・熊本在住の方。昨年初めて訪れた時も煙で観えない局面があったのですが地形的な特性でほぼ毎年同じ状況だとか。しかしながら今回は迷走台風・5号の影響で風が吹きまくり。流れてくる燃えカスも心地よいほどの美しく迫力ある花火に大満足。にほんブログ村 [続きを読む]
  • マジェスティック・プリンセス 長崎寄港 2017/8/11
  • 平成29(2017)年8月11日(金曜日・国民の祝日) 長寿・迷走台風5号の影響を受けて先週5日(土)ノルウェージャン・ジョイと翌6日(日)コスタ・フォーチュナの長崎寄港はキャンセル。そのため久しぶりに観る客船を楽しみに長崎市戸町の高台で入港待ち。優雅に航行する客船を観ていると慌ただしい日々を忘れて心癒されます。 さあ、これから福岡県の大川花火大会へにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2017・玉名納涼花火大会 その1
  • 平成29(2017)年8月4日(金曜日)『今年一番の感動花火』昨年初めて訪れることが出来た玉名納涼花火大会、予想をはるかに越えた素晴らしさに当時のブログは冒頭のような『感動』のオンパレード。今年も勤務地は昨年と一緒、クルマで15分ほどの多比良港から有明フェリーを利用して熊本県にある長洲港、そして玉名市へ。昨年は煙が大気中に留まり残念な場面も多かったものの、今回は素晴らしい花火を最後まで観ることが出来ました。 [続きを読む]
  • 天草ほんど花火大会・2017  その3
  • 平成29(2017)年7月29日(土)朝の6時には撮影場所を確保して窓全開のクルマの中で時が過ぎるのを待ちました。時折外に出て木陰に入るもさすがに「猛暑」に耐えかねクルマを停めたままで徒歩20分ほどの図書館へ行きエアコンの効いた館内で3時間ほど読書休憩。それから車に戻るのも汗だく、戻ってからも汗だくでひたすら花火の打上待ち。 暑さに耐えて迎えた20時30分・・・    今までの苦労を忘れさせる素晴らしい感 [続きを読む]
  • 天草ほんど花火大会・2017  その2
  • 平成29(2017)年7月29日(土)この花火大会の打上数1万2000発、その素晴らしい演出には時間を忘れて観惚れてしまうほど。『よう 1万2000発も打上げきる お金はどげんしよっとやろう』とは私の隣にグループで陣取っていたカメラマン氏、同感です。市の補助金にせよ商工団体の寄付金にせよ財政的に厳しい時代にこれだけの規模の花火大会を開催出来るのは関係者の方の努力の賜物かと。 熊本県下最大級の打上数に偽りな [続きを読む]
  • 天草ほんど花火大会・2017  その1
  • 平成29(2017)年7月29日(土)昨年11月27日(日)開催の『あまくサン・サンタクロース フェスティバル』の打上花火に続いて天草市本渡で打上がる花火撮影の定番スポットへ。最終的に10名ほど集まったこの場所も以前はズラリと三脚が並び立錐の余地がないほど賑わったとのこと。ループ橋と花火の共演を写し込む事が出来るこの場所も目の前の木々の成長により数年後には撮影に適さなくなるとは常連さん。打上直後には大気中に留 [続きを読む]
  • シーサイドももち花火ファンタジアFukuoka・2017 その1  
  • 平成29(2017)年7月26日(水)『こんなこともあります 花火大会』まだ明るい19時半からの開催。ハステンボスの花火大会を上回る30分間もの「プロローグ」を終えるころにはすっかり陽が落ち「第一章 グランドオープニング」を迎えました。 ・・・が風向き悪く1発目以降は煙で観えないという残念な状況に。幸い当大会は第1章から第6章に分かれ都度小休止あり、そのため煙が少しはけた状態で次の章の開始を観ることが出来まし [続きを読む]