sin さん プロフィール

  •  
sinさん: ラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ハンドル名sin さん
ブログタイトルラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ブログURLhttp://ra-men.info/
サイト紹介文広島市内を中心としたラーメン食べ歩き
自由文広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと、感動を与えてくれたウマ〜ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/09/30 07:55

sin さんのブログ記事

  • 来々軒(呉市中通)
  • 妹さんの力作は店外に及ぶ獣臭が味の保証済み(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>獣臭とすえた臭いが共生する店内は、聖書で予習した焦げた塩化ビニールとは異なるスメル感。スープには鶏さんの大群がブチ込まれているであろうと思われ、強烈な鶏の旨味エキスが洪水となって押し寄せる。予習の通りメンカタコールのおかげで、コツコツの低加水が生きるコンディション。塩味の赤身チャーシューもレトロな店舗を象徴したデキ。味の評 [続きを読む]
  • りゅう(呉市中央)
  • 呉名物・細うどん専門店においてバイトのチャンネーに全てを委ねるキワモノ系(中華そば・魚介ベース醤油)(麺)<ひとくちメモ>メニューに醤油・豚骨・魚介・和風らが共存する時点で、寸胴の成り立ちを察してしまう悲しき擦れヲタ。スープには意外にも多めの油膜と脂粒子が浮かび、薄いすき焼きを想起させる漆黒の甘辛醤油味。緩い細麺は茹で置きうどんのようなコシ砕けで、キクラゲの力強さとの共存にアンマッチ感を覚える。一 [続きを読む]
  • 一番(呉市中通)
  • 小綺麗なカウンターに深い年輪が刻まれた寡黙な店主(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラ配分多めの清湯系スープには、オイルや調味料などに頼らない天然エキスが主体。デフォ固めで提供される丸麺は口当りと啜り上げの滑り込みは上々で、千切るとパツンとした切れ込み感が心地よい。味が染みた赤身チャーシューにもオリジナルな仕事っぷりが伺える。味の評価:★★★☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • 利根(呉市中通)
  • ディープな路地裏に潜む古典酒場の〆のラー(鳥そば)(麺)<ひとくちメモ>由緒正しき呉の鳥屋系らしく、鶏皮のトッピングをはじめとして目にも鮮やかな金色のチー油が広がっている。当然ながら丼内には鶏さんエキスが満載で、更に鶏チャーシューを重ねるあたりにプライドが見て取れる。ただし枯れたBBAのオペには、羽毛の温かさが欠落している。味の評価:★★★☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • チャイナ・ビストロ広(呉市広本町)
  • 聖書の教典に導かれるまま広の高級中華店でラーの単品を…(ネギ醤油ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>細切りチャーシューが花びら状に展開する丼は、意外にも濁りのある中華屋スープにネギ&オイルによる芳ばしい風味が乗っている。ゴワゴワ状の緩い縮れ麺は乱切りネギと良く絡み、チャーシューから染み出た八角が中華屋らしさを主張している。味の評価:★★★☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • みちくさ(呉市阿賀中央)
  • 代替わりした店舗では従前変わらぬ賑わいの中おでんと熱燗が映える(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>デフォ砂掛けBBAと梅干しONのビジュアルは、イニシエ・キラーの擦れヲタには悶絶の光景。グツグツと粗炊き続ける寸胴は、動物系の厚みと天然チー油が見事に融合し、鶏さん風味が全開となって羽ばたき押し寄せる。平ザルで上げられたメンカタ指定の細麺は、コチコチの千切り感とムチッとした潰し感が共存するポテンシャル。 [続きを読む]
  • 山来亭(呉市広本町)
  • 呉広域商工会とのコラボ麺は“漁師風”がコンセプト(豊島らーめん)(麺)<ひとくちメモ>“太刀魚スープの懐かしの味”と称されるスープには表層に厚い太刀魚オイルが張ってあり、含んだ瞬間から指5本・ドラゴンクラスの太刀魚が暴れ回る。合わせる麺が緩くて凶暴な太刀魚に力負けしているが、フレッシュなワカメや太刀魚の骨粉チップから地元の恵みとギミックを感じ取れるオリジナル仕様。味の評価:★★★☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • 東陽軒(呉市広本町)
  • 三代目が74年の歴史を継承する広商店街入り口の老舗中華店 、のラー(醤油ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>巨大な寸胴で仕込まれる中華屋万能スープは、動物系や野菜類などリッチなダシ感の中に香ばしいカエシと生姜の風味を乗っけた仕様。デフォでコチコチの低加水麺は、縮れた麺線でスープをたっぷり持ち上げて、口内を暴れながら咀嚼の後に小麦と最適に融合する。2枚のバラチャーシューは脂身が瑞々しい質感と、赤身はソフ [続きを読む]
  • ムツゴロウ(呉市広駅前)
  • 広島人の口に合うように札幌ラーメンからの大幅刷新(ムツゴロウらーめん)(麺)<ひとくちメモ>豚頭を数時間丁寧に炊き出し、臭みや余分な脂を取り除いたとされるスープは、マイルドな豚骨エキスにマー油を浮べたいわゆる熊本系。棒状のストレート麺は低加水特有のコシがあり、切り歯#20レベルを合わせるあたりに熊本の夜がフラッシュバックする。ロールチャーシューに玉子とキクラゲが熊本風情を醸し出し、スープ完飲後の丼底 [続きを読む]
  • 名代ラーメン亭・博多駅前地下街店(福岡市博多区中央街)
  • 創業昭和42年漫画クッキングパパの実写店(並ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>軽〜い豚さん風味が立ち昇るライトなスープは高菜やゴマ・ベニショでの味変を前提に設計されているだけあって、突出した要素がないクラシカルなもの。コナオトシが“超硬いやつ”と変換される細麺は、ナマ特有のベタベタ食感と、臼歯へ貼付くほどの粘りを伴っている。チープな小片チャーシューに申し訳程度の海苔が浮かび、お値段もレトロなまんまの [続きを読む]
  • 元祖長浜屋(福岡市中央区長浜)
  • AM5:15の連食だってココに来たならガンソに溺れたいっちゃ(朝ラーもできるヨ)(ラーメン)(麺) <ひとくちメモ>ウスくてシャバくてオイリーで、キリッと立ったエンミを課長が統治したガンソ系。デフォ大盛りクラスの細麺はナマのベチャベチャ状でダマとなり、ベニショを絡めて潰すことで小麦が活性するガンソ系。わずか5分のプレイタイムにおいてペロンペロンのニクまでガッツリ盛られてたったのワンコインでNNKR満喫できるのが [続きを読む]
  • 長浜ナンバーワン・長浜店(福岡市中央区長浜)
  • 数年ぶりの朝5時は以前より激化した朝ラー 激 戦 区(朝ラーもできるヨ)(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>早朝のシャバいガンソに馴染んだ身体には、濃過ぎ・デキ過ぎ感満載のハイクオリティ。バリカタ指定の細麺もきっちり芯が残り、ザクザク食感の後に来るベタナマの潰し感がベストマッチ。ニクもブロックをカットされた一般的な形状であり、界隈のスペックとは一線を画するトレンドを誇示している。味の評価:★★★★☆地図 [続きを読む]
  • 一成一代(福岡市博多区東比恵)
  • ポテト焼酎を大量注入しまさかの〆の連食にまさかの替え玉コールまで…(ラーメン)(麺)(替え玉)<ひとくちメモ>エンマ棒を駆使して国産豚骨を丸一日炊き上げたスープは、ワイルド&ストロングな泡系ド濃厚豚骨エキス。泡立ち具合も豪快で、素材の良さと新鮮さも感じられる。慶史への特注麺は極細の扁平状で、トロトロのスープを縮れた麺線で拾い上げ、コナオトシのベタナマ小麦感との相性もバツグン。遠征先の〆の連食だって [続きを読む]
  • 一矢(福岡市博多区中洲)
  • 現場のビル奥深くに居を構え“呑兵衛による呑兵衛の為のラーメン” がコンセプト(豚骨らーめん)(麺)<ひとくちメモ>那珂川の名水を利用した自家製麺は、意外にも非博多系の中太加水麺で、保存状態が悪く乾燥気味のためナマの粉感覚が薄い。“豚骨臭を最小限に抑え食べ易さを追求した”というスープは、ライトな豚骨エキスにオイルを浮かべた汎用的仕様。呑兵衛ヲタの〆としては、物足りなさを感じる凡庸スペック。味の評価: [続きを読む]
  • ニ男坊・博多本店(福岡市博多区博多駅前)
  • “福岡ラーメン総選挙第一位”を冠に巨大商業施設を中心に多店舗展開中(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>豚骨の臭みを徹底的に抑えたという純豚骨スープは、口当たりマイルドで甘〜い味付け。出汁の旨味を楽しむより甘さが全面に立ち、豚骨聖地の激戦区においてこの甘さは新感覚。同店での最硬クラス・ハリガネでコールした細麺は、パツパツとした歯切れがリズミカルで、潰し込むと小麦の風味が昇って来る。直前で炙りが入るロー [続きを読む]
  • 東来福 (東区光町)
  • 街の中華屋シリーズ26(たまには半チャンも入れるヨ)(ラーメンセット)(麺)(半チャン)<ひとくちメモ>300万円のキャッシュオンデリバリーでセット化可能な裏メニュー。ただし300万円の半チャンにしては盛りが淋しく、皿底に油が溜まるほどオイリーで具材はチープ。ラーに至っては、なぜに中華屋スープで濁る必要があるのか?なぜにゴマ油で風味を専有する必要があるのか?カンスイ臭バリバリの汎用麺を啜りつつ88 [続きを読む]
  • さつまラーメン・円一店(三原市円一町)
  • 街の中華屋シリーズ26(たまには半チャンも入れるヨ)(さつまラーメン)(麺)(半チャン)<ひとくちメモ>ミルキーと書けば聞こえはよいが、FC化によるセントラル供給のため擦れヲタと化した今となってはすっかり萎えてしまう。ただし、母乳変わりに育った懐かしエキスのため、コチコチのストレート麺とのチープな組み合わせに郷愁すら感じる。従前変らぬJJIの怒号と中華鍋を打ち付けるサウンドが心地よく、全チャンクラ [続きを読む]
  • 桂林(中区八丁堀)
  • 街の中華屋シリーズ25(たまには半チャンも入れるヨ)(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>まっ、まさか、半チャンセットが・・・、土曜日のみだって!?もはや半チャンセットといえば中華屋が誇る鉄板メニューであることは言わずもがなだが、何をどう血迷ったか“土曜日のみ提供”という信じ難い独自ルールによって無残にもゴールデンコンビの夢が阻まれる。“中華鍋を忘れても半チャンセットは忘れるな” と若き修行時代に叩き [続きを読む]
  • 唐人桜・八丁堀店(中区八丁堀)
  • 街の中華屋シリーズ24(たまには半チャンも入れるヨ)(醤油ラーメン)(麺)(半チャン)<ひとくちメモ>ハコから厨房機材・どんぶりに至るまで、節操を捨て居抜きを採用したカンコピ系。軽い濁りを湛えた醤油スープには、動物ダシとほのかな香草が効いて味付けはショッパめ。緩く縮れた玉子麺からは甘い風味が立ち昇り、抑揚のない平凡さがにじみ出ている。ランチタイムの半チャンは作り置きがスタンバイされており、多めのオ [続きを読む]
  • 膳坊(中区堀川町)
  • 街の中華屋シリーズ23(たまには半チャンも入れるヨ)(野菜ラーメンプラスチャーハン定食)(麺)(半チャン)(杏仁豆腐・冷コー)<ひとくちメモ>医食同源を提唱する本格中華料理店のセットメニュー。出て来た瞬間、エアーで立ち昇る悲しみのゴマ油を前に、上澄みをすくって最大限の救済措置を試みるも徒労に終わる。フレッシュなチャーハンを掻き込んで心を落ち着かせようとするも、ついスープで流し込んでしまうと再度ゴマ [続きを読む]
  • 長安(中区八丁堀)
  • 街の中華屋シリーズ22(たまには半チャンも入れるヨ)(チャーシュー麺セット)(麺)(半チャン)<ひとくちメモ>本場中国で14年・日本に来て12年間、ひたすら北京料理を作り続けた袁さんによるラーメンは、なんと“チャーシュー麺が味噌ラーメン”という袁さんのデフォ設定。味噌ラーメンとのコンビは本国では珍しく、八角の効いたしっとりチャーシューからは本場感が漂う中華屋仕様。薄い塩味のチャーハンはオイルでベタ [続きを読む]
  • 東来軒・出汐店(南区出汐)
  • 街の中華屋シリーズ21(たまには半チャンも入れるヨ)(ラーメン定食)(麺)(半チャン)<ひとくちメモ>中華屋ラーメンは意外にも広島風醤油豚骨の濁りを湛え、しっかりとした動物系のダシがベースになってショッパく感じる程のエンミが効かされている。重量感のあるストレート麺はデフォでかなり硬く上げられており、最後までコツコツとした食感が残る仕様。半チャンはお上品にも壺に収まって登場し、壺の上部にまでギュウギ [続きを読む]
  • 仙台っ子・仙台駅前名掛丁店(仙台市青葉区中央)
  • 深夜なを行列が絶えない仙台市民ご用達の胃袋店(仙台っ子らーめん)(麺)<ひとくちメモ>通常の5倍に相当する豚・鶏ガラをベースに、昆布と野菜を加えて2日間炊き込まれたスープは家系クラスのド乳化へと進化している。翌朝のビジネスをそっちのけでニンニクを注入し、深夜にド乳化スープと極太麺をブチ込む罪悪感も加わって、擦れヲタ的至極の味へと昇華して行く。加えて泥酔というスパイスの妙が、“スープ完飲”までをアシ [続きを読む]