sin さん プロフィール

  •  
sinさん: ラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ハンドル名sin さん
ブログタイトルラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ブログURLhttp://ra-men.info/
サイト紹介文広島市内を中心としたラーメン食べ歩き
自由文広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと、感動を与えてくれたウマ〜ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2012/09/30 07:55

sin さんのブログ記事

  • 為セバ成ル。KAKERU。(松江市朝日町)
  • 資本の力が提唱するスタイリッシュなエキナカ・ダイニング(成ル麺。基味)(麺)<ひとくちメモ>クセの無い軽やかなシャバ系豚骨スープをベースとし、沖縄天然塩の塩ダレを掛け合わせた塩豚骨系。遠くから甲殻類のような魚介風味も香るが、表層に降り積もった背脂粒子の粉雪が甘味の要素も吹き込む。バリカタでコールした麺は、意外にも多加水の中細麺縮れで、ザクザクを捨ててプリプリを重視した弾力麺。丼内に鎮座する巨大なバ [続きを読む]
  • 古志原ラーメン あっ!らーめん(松江市古志原)
  • ランチタイムの大混雑も端整な親子鷹によって円滑に捌かれる(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>よく出た鶏ガラエキスに塩ダレが柔らかく融合し、まるで殿堂店から課長を更迭した所謂松江系の象徴。クネクネの中太麺は口当たりふっくら柔らかく、潰し込むともっちりとした食感と共に小麦が鼻孔を抜けて行く。バラチャーシューにはしっかり味が染み込んで鉄板の旨さを誇り、あっ!と驚く派手さはないものの、松江スタンダードの王 [続きを読む]
  • 大翔(松江市殿町)
  • 香川のラーメン学校を卒業しとんてきを武器に地元松江で凱旋営業(大翔ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>大山鶏のガラに7種の魚介ダシ醤油を掛け合わせ、表層に厚い香味油と背脂ミンチとでコクが加えられている。其々の旨味エキスが奥深さを形成し、無化調でも納得の充足感。手揉みの縮れ麺は不規則なうねりで特有の口当たりがあり、乾麺に似た強いコシでワシワシと掻き込ませる仕様。厚切りのバラ肉ロールチャーシューはふっくら [続きを読む]
  • トタン屋(松江市和多見町)
  • 深夜営業の誘惑が〆の連食という暴挙を招く(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>透明度が高いスープには鶏ガラエキスがきっちり詰まっており、柔らかな塩ダレと最適に融合してく胃袋に染み渡る。ややうねりのある麺は多加水でありながら塩味スープを吸い込んで更に加水を高め、ヤワの滑らかな啜り心地とモチッとしたソフト感。粗挽き胡椒と胡麻が良いアクセントとなり、小口ネギのシャキシャキ食感が連食の胃袋を再起させてくれる [続きを読む]
  • isemiya527(松江市伊勢宮)
  • 伊勢宮で酔い潰れたなら千鳥足のまま527番地へ即直行(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラに野菜類を合わせ7時間炊き込んだスープは、程良い濃度を伴った旨味エキスを湛えて、沖縄とイタリア産の塩をブレンドした塩ダレが丸く包み込んでいる。デフォで魚粉が降り掛り節系の要素を加えると共に、ゴワゴワの縮れ麺にもダイレクトに絡み付いて魚粉風味満載で啜らせる仕様。自家製の厚切りチャーシューはテクの入ったトロトロ [続きを読む]
  • 長さん(松江市上乃木)
  • 殿堂店が骨折で使えなくたって朝9時から湖畔で啜れる幸せがある(朝ラーもできるヨ)(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>クリアなスープには鶏ガラ&豚骨による厚みと、野菜類による爽やかさが見事なバランスで融合し、塩ダレのあっさり加減が朝ラーの鏡の如く五臓六腑に染み渡る。茹で上げた麺にスープを注ぐ所謂殿堂店方式が採用され、米子特注の中太縮れ麺との相性はガチで松江スタイルの王道を誇る。大判のバラチャーシュー [続きを読む]
  • さつま屋(三原市糸崎)
  • 手羽先欠品という大惨事も代替えのサービスおでんと店内を包み込むイキフンがエアーで昼ビーを楽しませてくれる(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>オイルOFFで薄い濁りを湛えたスープは、ごくライトな動物系と野菜類がベースになり、甘めの味付けが施されたオリジナル路線。平打ち状のストレート細麺は、艶やかな光沢を放つ麺肌を持ち、デフォで強い張りが残ったコチコチの千切り感。突出した旨味の要素は無いものの、ご夫婦の愛 [続きを読む]
  • こがね食堂(中区袋町)
  • 飲兵衛のレバーを鷲掴みにする大衆食堂で一杯やった〆のラー(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>出汁感のある動物系清湯に和風要素が重なり合い、カエシをキリッと効かせた漆黒スープ。スープを吸い込んで小麦色に焼けた麺は、モッチリとした切り込みと共にネットリ臼歯へ付着する。一切のトレンドを排除した手作り感満載のレトロ麺。味の評価:★★★+☆地図はこちら [続きを読む]
  • 万丈(中区富士見町)
  • お好み焼き店系列のラ店には名門原田の血が流れる(広島ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>広島風醤油豚骨を地で行くスープには、カエシのビターな風味がクッキリ立ち、表面の薄いゼラチン層によってコクが補完されている。名門原田の細ストレート麺は、メンカタ指定でザクザクとした千切り感と奥歯でのプレスで小麦の風味と甘味が感じられる。錦糸卵とテク入りチャーシューは意外性があり、完飲後の丼底からは骨粉粒子がお見送りし [続きを読む]
  • 太陽軒(周南市銀座)
  • 夕暮れ時の徳山駅前に出現する昔ながらの人情屋台(醤油ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>ご当地らしからぬ濁ったベーススープに、甘めの元ダレとバリバリの課長で味を整え、胡麻を散らして芳ばし風味を乗せている。ご当地特有の平打ちストレート麺はカタの指定でコツコツとした潰し込みで鉄板の旨さ。脂身主体のチャーシューはスープで脂が馴染み、しっかりした味付けでスープに負けない存在感を誇る。味の評価:★★★☆☆地図は [続きを読む]
  • 大三元(川崎市中原区新丸子町)
  • セットものが充実したザ・昭和な街中華(醤油ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>中華屋特有の鶏ガラ清湯は滋味系の素朴さで、ショッパめに立ったエンミを課長の力で丸く収めている。あえてワカメを放置してヲタ的即席Wスープを試みるも、チープなワカメでは潮の香りが昇って来ず徒労に終わる。汎用的な多加水麺はフワフワとした口当たりで強い縮れによってスープを拾い上げる。肉汁をスープに放出したであろうチャーシューは、再び [続きを読む]
  • 風龍・渋谷店(渋谷区道玄坂)
  • 泥酔時の深夜に危険極まりない2玉無料の鬼誘惑(とんこつラーメン)(麺)(替え玉)<ひとくちメモ>国内工場からセントラル供給による純白スープは、クリーミーな豚骨で臭味のないサラリとした飲み口。適度なコクもあり、薄目のカエシを合わせて軽い仕上がり。7秒指定というバリカタ麺は低加水のコツコツ感があり、芯には粉感が残るジャストなコンディション。2玉無料の替え玉を、辛子高菜・ベニショ・ゴマ・ニンニクで味変し [続きを読む]
  • 菊地(杉並区上荻)
  • AMラジオの静かなBGMがまったりとした時間の流れを告げる(らーめん白)(麺)<ひとくちメモ>フレッシュな煮干しエキスと風味が重なり合い、白醤油のカエシと僅かの調味料が優しく包み込む。あっさりながらコクは十分で、素材の旨味がダイレクトに染み渡る。大成食品への特注麺は加水率は高めで、しっとりした滑りの後に優しく弾けてモッチリ潰れて行く。ロース肉のチャーシューは自身がスープを吸い込んで、ミシッとした噛 [続きを読む]
  • 二葉・上荻店(杉並区上荻)
  • 創業1983年から続く歴史は初代店主の親戚筋が後継者(背油煮干しつけ麺)(麺)<ひとくちメモ>燕三条系と謳われるとおり、セアブラ+刻みタマネギ+極太幅広麺の組み合わせ。3種の長崎産煮干しで鮮烈な鬼ニボエキスに染まるが、大量背脂によって煮干しの苦味もがまろやかに包み込まれている。刻みタマネギは辛味を抜くため冷蔵庫で一晩寝かせてあり、手切りの自家製幅広麺に絡んで爽やかなシャキシャキ感。3種類の国産小麦粉を [続きを読む]
  • 鴻運新店(港区新橋)
  • 新橋でしたたかに泥酔したレバーは本格中華の清湯で浄化したい(醤油面)(麺)<ひとくちメモ>清湯×醤油の掛け合わせは中華屋ラーメンの王道だが、意外にも動物系のコクが強くラー専門店の様相。カエシも強めに効いているので、エンミのパンチがレバーに沁みる。潰れ状の太麺は小麦の密度感が高くずっしり重量があり、多加水による小麦の粘りが咀嚼を楽しませてくれる。芯までドス黒い味が沁みたチャーシューからは八角をはじめ [続きを読む]
  • 翔(新宿区西新宿)
  • 濃度の決め手は90キロもの鶏ガラ・モミジ(鶏白湯つけ麺)(麺)<ひとくちメモ>“2段階仕込み”という製法のスープは、一番出汁を出し切った鶏ガラを二度目は使用せず、新たな鶏ガラによって二度目の出汁を重ねて鶏の濃厚な旨味だけを抽出した独自路線。そこに魚介や甲殻類のエキスが合わされて芳ばしい風味が乗っている。全粒粉の麺は冷水での揉み洗いにより完璧にヌメリが除去され、素早く〆ることで強靭な弾力が生まれてい [続きを読む]
  • 睡蓮(文京区湯島)
  • 千葉での厳しい修行を経てあえてのメジャー店への並びへ(つけ麺)(麺)<ひとくちメモ>菅野への特注麺は手櫛によって美しく盛りつけられ、艶やかな光沢を発する#14ストレート。表面に乳化膜を湛えたつけ汁は、レンジでチンした熱々状態で存外シャバく、ツルピカの麺肌に薄く絡んで軽快に啜らせる。潰しにかかると強い弾力で押し返し、小麦がみっちり詰まった密度感はワシワシ系の醍醐味。味の評価:★★★★☆地図はこちら [続きを読む]
  • 二階堂(千代田区飯田橋)
  • シャッターの大行列も女将の鬼接客で次々捌かれていく(手もみ煮干そば)(麺)<ひとくちメモ>素材に拘り抜いたスープの状態を均一に保つため、注文の都度、大型寸胴から手鍋に移して温め直される。ひとくち含むと伊吹産煮干の大群が押し寄せ、端麗系の大山鶏エキスと最適に融合している。手揉みでピロピロ状の多加水麺はツルピカの麺肌で滑り込み、押し返す弾力とモチモチの密度感を楽しめる。みじん切りの玉ネギと浅葱が麺によ [続きを読む]
  • 砦(渋谷区神泉町)
  • 一風堂を首席卒業し今居る処が最後の砦(和だしつけ麺)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラをじっくり時間をかけて煮出した濃厚エキスに、香草系の和風ダシと生タマネギが合わされ、濃度が薄れて清涼感すら感じられるスッキリ仕様。表面に厚いオイルの層があるため麺で突き破るとツルピカの滑り込みの後、潰すとコチコチの全粒粉から小麦の風味が鼻腔を抜ける。豚ロースのチャーシューは素材重視のスペックは豪華だが、ボンビーのヲタに [続きを読む]
  • マツマル(杉並区荻窪)
  • 松丸精肉店出身の初代がホールに回り中華屋経験の二代目が厨房を担当(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>完全手製の一杯はトレンドを排除したイニシエ懐古系。鶏ガラ・豚骨の優しい動物エキスに香味野菜の丸みが加わり、元ダレのカエシでギュッとまとまっている。冷蔵庫で2日間寝かせるという麺は、平ザルでの完璧な湯切りと固茹でのコシが残り、緩いうねりでスープを拾いスルスルと入り込んで来る。精肉店よろしく希少部位のリブ [続きを読む]
  • 百日紅(新宿区新宿)
  • 新宿三丁目のド真ん中にひっそり芽吹いた百日紅(特濃煮干しつけ麺)(麺)<ひとくちメモ>表層にキラキラの煮干し粉が浮かぶつけ汁には、ドロ状の濃い動物系に煮干しの大群がガツンと効いている。甘味の要素も強いため、ガチムチの太麺との絡みではやや重たい印象を受ける。つけ汁の中にはサイコロチャーシューがゴロゴロ沈んでおり、別添えでバラが2枚も加わってヘビーに響く。味の評価:★★★+☆地図はこちら [続きを読む]
  • 宙(呉市本通)
  • 東京での修行の後フィギュアに囲まれてUターン(塩ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>モットーである“素材を活かして心を添えて”のとおり、マイルドな動物系エキスに昆布のグルタミン酸が合わさり、ご母堂様の心のこもった接客が心地よい。東京の製麺所から取り寄せる特注麺は、プツリとした千切りの後に奥歯でのプレスでは意外なほどコシの強さを感じる密度感。小口ネギが麺にたっぷり絡んで、最後まで飽きることなく爽快に啜ら [続きを読む]