sin さん プロフィール

  •  
sinさん: ラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ハンドル名sin さん
ブログタイトルラ食って 大酒飲んだら ジョグるだけ !!
ブログURLhttp://ra-men.info/
サイト紹介文広島市内を中心としたラーメン食べ歩き
自由文広島市内を中心としたラーメン食べ歩きと、感動を与えてくれたウマ〜ッ!な食べ物たち、そして生活に欠かすことができない力水の記録。
暴飲乱食上等 !!
カロリー摂ったらせっせと走らんかい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2012/09/30 07:55

sin さんのブログ記事

  • 笑らい(南区的場)
  • 厨房からホールの接客まで客を魅了する高次のホスポタリティ(台湾ラーメン)(天地返し)(麺)<ひとくちメモ>プレーンなスープは清湯系の甘〜い醤油味だが、天地返しで挽肉やら麻辣要素を馴染ませると、コク・辛味・五香紛の要素が瞬時に台湾へと連れて行ってくれる。麺は低加水のストレート細麺が合され、ザクザクの裁断を楽しむには良いが、このテのスープには幅広の刀削麺に麻辣を乗せて昇天したいところ。デフォでは辛味の [続きを読む]
  • TAKUMI ANNEX(福山市三之丸町)
  • 『一杯のラーメンに いっぱいのありがとう』そんな匠の別館と位置付けるコンセプト店(とんこつしぼり)(麺)<ひとくちメモ>良質小麦を数種ブレンドした麺を丸2日間寝かせて熟成を入れ、コシの強さと小麦本来の甘味を引き出したオリジナル麺。茹で上げ10秒のハリガネ仕様では芯にコナ感が残った状態で、啜り込めばザクザクとリズミカルに裁断されて行く。国産豚を焦げ付く手前の強火でガンガン炊き上げ、濃厚豚骨エキスが抽 [続きを読む]
  • 餃子大學(福山市霞町)
  • 2Fには40名キャパの座敷を備え今宵もカープファンご用達の大宴会(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>鶏ガラベースの清湯に背脂塊を浮かべ、醤油の立った味付けに生姜の風味が仄かに香る。地元・馬屋原製麺の細麺はエッジが残った茹で上りで、カンスイの仕事による程良い弾力を具えている。奇をてらわぬ中華屋ラーメンの王道スペック。味の評価:★★★☆☆地図はこちら [続きを読む]
  • すえひろ(福山市三之丸町)
  • 基本焼き鳥屋のためラの単品でも付出しは自動添付(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>朝びき国産鶏のガラや手羽先から摂るスープはフレッシュな鶏さんエキスが芳醇に溢れ、笠岡と尾道とのいいとこ取りだけあって豚背脂もONされる。味付けには甘〜いカエシと厚〜い油膜のパーツが、過剰な配分で注入されているためバランスを損ねている。平打ちストレート麺は尾道方面を採用し、コチコチの鶏チャーシューは笠岡式のド真ん中。ただ [続きを読む]
  • かまやつ(福山市北本庄)
  • 福山・東京・横浜で苦節十数年地元福山にて凱旋ラーメン(醤油らーめん)(麺)<ひとくちメモ>広島産若鶏のガラとモミジを使ったライトなスープをベースに、大量魚粉で魚介風味を加え、深いオイル層でワイルド感を持たせてある。元ダレには4種のカエシと甘味の要素も強く効かされ、大粒の背脂も相まってマッタリとした重たさを感じられる構成。幅広の平打ちストレート麺は麺肌優しい口当たりでオイルを抜けてスープをたっぷり拾 [続きを読む]
  • さん-いち(福山市三之丸町)
  • シャレオツ店舗には焼鳥・鶏めし・鶏カラ・鶏ステーキと鶏ずくし(鶏白湯醤油らーめん)(麺)<ひとくちメモ>非寸胴タイプの大鍋に鶏白湯スープが仕込まれ、カツオ出汁のキーンとした風味と共にカエシの甘〜い成分が加わったマッタリ路線。表層には規則的な背脂塊が浮かぶが、自身の仕事は希薄に思われる。クラタの平打ち細麺は口当たり良く滑り込み、コツコツとした千切り食感が心地よい。擦れヲタ的にはクラタプロデュースを邪 [続きを読む]
  • 陽気・横川店(西区横川新町)
  • 同族経営によりノレンの味が守られ進化していく(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>ビジュアルこそ本店同様の湖面であるが、濃い動物系エキスにオイルを張ってコクを増し、遠くで香るニンニク風味がワイルド感を醸し出す。合わせる原田の細ストレート麺は、麺肌にオイルを纏いツルピカの滑り込みで、丸麺特有の柔らかな口当たり。千切るとザクザクッとした裁断の後に、プレスで小麦の芳ばしい香りと共に甘味も抜けていく。赤身のチ [続きを読む]
  • 陽気・大手町店(中区大手町)
  • オフィス街の一等地で若夫婦がノレンの味を継承する(中華そば)(麺)<ひとくちメモ>明るい茶濁スープには強めの鶏ガラエキスが芳ばしく、角の取れたバランス重視型のクラシカルタイプ。カエシが強め効いているところは、ノレンでも同店ならではの特徴。ここでも原田の細ストレート麺は鉄板の組合せで、メンカタ指定で小麦のザクザクッとした裁断感を楽しめる。デフォ4枚乗せの赤身チャーシューに、茹でたてモヤシの小山はノレ [続きを読む]
  • 陽気(中区江波南)
  • 3代目・裕美氏による守り継がれた広島ガンソの味(中華そば・ニンニク)(麺)<ひとくちメモ>これまで未食であった常連中毒メニューのニンニクをコール。着丼してその絶対量の少なさに意表を突かれるも、まずは端っこを溶かして豚骨醤油スープに馴染ませてみれば、思いのほかストロング且つ下品ジャンキーなスープへと昇華する。メンカタ指定の原田特注麺に追加ニンニクをアドオンし麺肌ストレートに沿って啜り込めば、ニンニク [続きを読む]
  • めじろ(西区東観音町)
  • 今では醤油・味噌・尾道・チャーハンのバリエーションに背脂・マー油・ニンニク・ネギ・モヤシの呪文まで…(昔ながらの尾道らーめん)(麺)<ひとくちメモ>ライトな動物出汁と仄かな魚介をブレンドしたスープに背脂塊を浮かべた所謂尾道スタイル。ただしカエシの弱さと、スープのぬるさは擦れヲタ的には残念仕様。カタの平打ちストレートはオノラー鉄板の要素であり、赤身のチャーシューは純正尾道だがワカメは非尾道且つ不適な [続きを読む]
  • たかくら(川崎市中原区小杉町)
  • 凪 と TETSU がコラボしたコンセプトだらけの自称博多豚骨(濃厚豚骨・二番釜)(麺)(替え玉)<ひとくちメモ>『一番釜:あっさり』、『二番釜:濃厚』、『三番釜:重厚』 から選べるが、一番人気であるところの三番釜がsold outであり、二番釜(濃厚)をコールすると一番釜(あっさり)かと思う程ライトで、一番強く感じられるのが強烈な甘味の成分。四番釜を作るべくセルフで高菜をブチ込むも甘味は改善されず、二番煎じの如 [続きを読む]
  • 勝本(千代田区神田猿楽町)
  • 高級割烹を思わせるカウンターに寿司職人風情の凛とした板さん達(清湯「しょうゆ」つけそば)(2種混合麺)<ひとくちメモ>清湯(しょうゆ)スープには煮干・カツオの魚介が芳醇に沸き、カエシと絡んでシャープでキレッキレの淡麗系。鶏ガラ&節系エキスによる上品なそばつゆをも彷彿させる。2種の浅草開化楼の特製麺は、丁寧に折り畳まれた状態で茹で前280g。中細麺は、低加水のザクザクとした千切り食感の後に潰すと小麦の甘み [続きを読む]
  • ほりうち・新橋店(港区新橋)
  • 満来流を寸分違わぬ形で踏襲しその味は新宿から新橋店へと継承される(朝ラーもできるヨ) (らぁめん)(麺)<ひとくちメモ>麺の状態にとことん拘るという自家製麺は、日々のコンディションによって茹で時間を調整し、多加水麺特有のツルツル麺肌とモチモチ食感を重要視された代物。鶏ガラ・豚骨のあっさり清湯をベースにカエシが優しく効いた構成は、昔ながらの醤油路線が踏襲されている。味の評価:★★★+☆(以前の評価: [続きを読む]
  • きみはん・五反田店(品川区東五反田)
  • 五反田名物花びらで連射疲れの後はTETSUのセカンドブランドで癒されたい(江戸前煮干中華そば・しお)(麺)<ひとくちメモ>表層にはキューブ状の背脂片が広がり、鶏をベースに片口鰯・秋刀魚の煮干と本枯れ鰹節による魚介の旨味エキスがギュッと詰まっている。昆布のグルタミンと椎茸のグアニルが塩ダレと結びつき、全体を“芳醇”と思わせるようなバランスを構築している。透明感のある平打ち状の特製ストレート麺は、表面の光 [続きを読む]
  • べんてん(練馬区旭町)
  • 静かな練馬の朝9:10復活を喜ぶシャッターも既に5番手(つけめん・中)(麺)<ひとくちメモ>従前変わらぬ田中さんの勇姿に安堵しつつ、カウンターの昼ビー率を黙殺して歓喜の瞬間を迎える。調味料を小さじで配分する往時のスタイルで、デフォでもたっぷりの細切りメンマと乱切りチャーシューを潜めた懐かしいお顔のつけ汁には、表面にトロ〜リとしたオイルが膜を張り、シャバいが確かな動物&魚介出汁にオイルが絡んで特有の [続きを読む]
  • 丸仙(川崎市中原区小杉町)
  • 創業40年を超える新興都市における老舗店(支那そば)(麺)<ひとくちメモ>名古屋コーチン・豚骨・野菜・フルーツなどを8時間煮込み、表面に分厚いラードを張ってコンセプトであるところの『あっさりとしたコク深さ』が実現されている。創業以来“竹柄そばあげ”を愛用し続けるという拘りによって手際良く湯切りされた麺は、かん水による強い弾力と、緩いウェーブの口当りによるアクセントを伴ている。同じ大きさに揃えられた [続きを読む]
  • 村岡屋・本店(宇都宮市西原)
  • 祖父のうどん屋を改装し今では宇都宮一の行列店へ(中華そば)(天地返し)(麺)<ひとくちメモ>豚げんこつに鶏ガラ・モミジ等のド乳化エキスに煮干粉や魚介の要素がガツンと効かされて、とみ田に酷似したドロ状の粘液スープに仕上がっている。麺はうどん用の製麺機で極太クラスを作り出し、2〜3日寝かせて強靭なコシを備えて、ストロングなスープに負けないガチムチなインパクト麺。栃木県産のもち豚チャーシューは極厚カット [続きを読む]
  • 江南・柳橋本店(名古屋市中村区名駅)
  • 創業昭和34年4月長屋から始まった名古屋喜びの味(柳麺)(麺)<ひとくちメモ>幾度も丁寧な味見を重ねて均衡が保たれるスープは、九州産の豚骨と新鮮な生の鶏ガラを掛け合わせ、芳醇な旨味エキスに満ちた清湯系。麺は最上級の小麦粉を使った無添加の細麺で、緩〜いウェ〜ブがかかってフワフワとした啜り心地。フレッシュなオイルを突き抜けて来るため、麺肌の滑らかさが更に加速しチー油の風味も連れて来る。シンプルながら非 [続きを読む]
  • 大河(名古屋市中村区名駅)
  • 如水グループが提唱する柳橋中央卸売市場で立ち食いのラー(朝ラーもできるヨ)(ラーメン)(麺)<ひとくちメモ>“市場の人が食べに来やすいように”という理由で、ボリューム満点&お手頃価格の立ち食いスタイル。澄んだ動物系清湯スープに背脂チャッチャを降りかけ、チャーシューの煮汁を使った元ダレの芳ばしさと鮮度の良いアブラの甘味が加わっている。カタメのストレート細麺はアブラを絡めた麺肌でスルリと滑り込み、歯応 [続きを読む]
  • 第一旭(名古屋市中区錦)
  • 京都じゃない系列店は一宮に本店格を構える尾張の味(肉なしラーメン)(麺)<ひとくちメモ>『ノーマルのラーメンがチャーシュー麺』というオリジナリティは、深夜の〆にコールを間違うと大参事に見舞われるここだけルール。背脂粒子が浮かぶ動物系スープをベースとし、鳥取から取り寄せるという厳選素材の醤油が芳ばしく、まったりとしたコクを補完している。パンに用いる小麦が練り込まれた自家製麺は、驚くほどカタのコチコチ [続きを読む]
  • 如水(名古屋市東区徳川町)
  • 独学により厳選素材を掛け合わせ今では名古屋No1の名を欲しいままに君臨(かけ・塩)(麺)<ひとくちメモ>厳選された天然素材だけで作られるスープからはまず三河赤鶏の芳醇な旨味エキスが立ち昇り、鰹・鯖・宗田節の鮮烈な節系風味とオイルが融合して日高昆布のグルタミンと沖縄塩のミネラルとが丸くまとめている。麺は内モンゴル産の天然かん水を使った特注麺で、低加水のザクザクとした裁断食感の後に潰し込むと小麦粉の甘み [続きを読む]