mfmm さん プロフィール

  •  
mfmmさん: 小薗学=放蕩反逆詩人。
ハンドル名mfmm さん
ブログタイトル小薗学=放蕩反逆詩人。
ブログURLhttp://mfmm.seesaa.net/
サイト紹介文短絡的な毎日に、捧げる愛に、似たニュアンス。アンニュイな、日々に咲く一抹の幸福論。
自由文哲学的勝訴、自虐的狂騒。
自由に意識を行き来する、エクスペリメンタルな胎動。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1796回 / 365日(平均34.4回/週) - 参加 2012/10/02 15:00

mfmm さんのブログ記事

  • 証明
  •  正しいのだ、という絶対性が狂信的なものを生み、何かを虐げ従えるための軋轢を生み出し、あらゆる困難を巻き込んでは、今を混濁に変え、にじむ現在に点在する意志や、点滅する生死の余波や、点と線でつながる限りにたぎる運命が慟哭し、ここで効率的なものだけが正解を導くのだ、という過ちや数多の誤りを生み出し、悔悟を用いては、何かを損なうだけの意味との対話を続け、君は悲しみの中でのリフレインに心奪われ、そこで閉塞 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。出来合のものが語る真実が、あたかも真実のように表されることにより、実体は消え去り、些細な動機に支え合うべきものも気後れし、危害を加えられ、気配すら失い、今にさまよい、制される間に傲慢なものをかかえ、自らこそが正しいのだ、と姑息なものを吐き出す限りに飢渇し続け、求める者として今を虐げる、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。今をしたがえるほどに、意思を失い、誰かにうながされるままに、ままならぬものを開示し、引き出されるものに屈従することだけが、正解である、と思い違いを生み出すだけの条件や、情景にかたよりを示す今にも弊害は現れ、何かを隔てることでしか、自らの正しさを引き出せぬような卑近なものをかいくぐり、自らの意志だけで進む、まる [続きを読む]
  • 訂正
  • 誰もが正しくないから、私すらも正しくないから、皆が皆モンスターであるし、ここでちぐはぐな論理を掲げ、ニヒリズムを率いては、短絡的な見解で、堅持するほどの意味もなく、ただ自慢することに忙しい、自らにいらだち、何かを語ることすらやめにする。 [続きを読む]
  • 2017年04月26日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。はびこる悪意をビリビリに破り、捨てたれた感情が廃れる前にすくい上げ、容易に想像できるものを粉砕し、何かを持っても退屈な…https://t.co/PZdTN9QS2W #yaplog at 04/26 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?逍遥:生きるとは、と愚考し続けるような、意識に隷属することでしか、自らを正当化できぬようなことの連続であり、ここで.. [続きを読む]
  • 介在
  •  静謐に引き取られる彼方から、星の思い出を引き継ぎ、ここで用いられる理論も星屑の論争の中では静かなものだ、と天真爛漫に飛び交う夢想の中でしのぐものが音階を登り、整容され続ける間に背反し、正しいものすら、ここでは引きずられるほどに卑近なものに変わり、界隈で災いを吐き出し、破壊的な浄土へと旅立つ空疎な蝶たちも、補完され続ける間に端末として扱われるだけの機械的な憂鬱を抱え、偏頭痛の夜空に余罪を重ね、慟哭 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。はびこる悪意をビリビリに破り、捨てたれた感情が廃れる前にすくい上げ、容易に想像できるものを粉砕し、何かを持っても退屈なのが人間だから、何かを捨てても不潔なのが人間だからこそ、なるべくは、綺麗でありたい、まる [続きを読む]
  • 逍遥
  • 生きるとは、と愚考し続けるような、意識に隷属することでしか、自らを正当化できぬようなことの連続であり、ここで達するものも、用いられるものに帰巣できずに、何かを笑うことでしか、自らを正当化できずに、継承する意味に処刑されるのを待つような日々に幸あれ、と促すほどに幸とは逃げるものである。 [続きを読む]
  • 2017年04月25日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。閉塞感などは、ずっとあったものであるし、そこでよろこびにいたらずに、そこに混在していく意識にまどろみ、形式に飲まれ、自…https://t.co/ANzWuN8OSM #yaplog at 04/25 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。解放を求めるよりも、今ある自由を探すよりも、求め探すこ.. [続きを読む]
  • 秘密
  •  覚者として傍観する日々も、この場で屈従し、誰かに促されるままに生きる君も、同じような動機で今を等閑にし、憎むことだけに専念し、その場で従事するだけで時間を終える日々も、この場で擁護しきれぬものを抱え、祈願するだけで、何も変わらぬ君も、同じようなものを重ね、ここで浸食されるだけの自己を傍観し、ここで暴走するものや、本質を損ない、そこかしこで徒労を重ね、現存する意味やここで奔走するほどに、秘密を跨ぎ [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。解放を求めるよりも、今ある自由を探すよりも、求め探すことにより、何かに寄りかかり、自らを見失い、今にさまよう苦痛に寄り添い、自らを苦しめるだけにいたるようなものから逃走すべきである、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。閉塞感などは、ずっとあったものであるし、そこでよろこびにいたらずに、そこに混在していく意識にまどろみ、形式に飲まれ、自らを不自由にし、不自然にするよりも、現れる高揚感で飛翔し続ける、まる [続きを読む]
  • あまりにも残酷なものだと疑問をこじらせるあたりから、時間とはかけ離れ、意味にもつれ、今にもたれ、考え続けるあたりから、費やすものが、淫らに裂け、生暖かいものをこぼす。 [続きを読む]
  • 2017年04月24日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?のさばるもの:何かに当てはまるほどに憎しみは増すし、ここに現れるものなどは、困難を用い、魂胆を疎外させるべく、騙すことだけに専念するような義務感を孕ませ、阻害し続けること…https://t.co/bmKyzWTf2c #yaplog at 04/24 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?知る者: 掻き乱される思いが、何かにすがろうとするほどに、その場での意味にからまり、関わるほどに、自らの意志を損ない、そこ.. [続きを読む]
  • 知るということ
  •  掻き乱される思いが、何かにすがろうとするほどに、その場での意味にからまり、関わるほどに、自らの意志を損ない、そこに現れる力に奪われるだけの観念が軽減されない痛みを抱え、往復するだけの不安に捏造されるだけの空間に安易な時間に取り残されているかのように示される間に求めるだけに交換される恐怖との対話から背反するほどの強靱な意志を用い、ここで用いられる力などは、位置的なまがい物をばらまくだけの衝動が率い [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。記号化された夜が機械的にうごめき、誰もがロボットか、ロボトミーに見えるんだ、と悲しむ君の台詞がウソに変わるまえの出来事に消費されるものが交換されることでしか、よろこびも見出せぬようでは、そこでのよろこびもウソに変わり、信じるべき自分を神として崇めるだけの自己を生み出す、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。あいまいな間に補完されるだけのものが、物事を締め付け、しばられた意味に補足されるものが意思に混同し、同化するだけの意味に転じる今が悲観を続け、伝う意味に転じ、あらがうことも忘れ、現れるものに苦しまされるだけに、様々な痛みが今に現れ、自らを苦しめるだけにいたらせる、まる [続きを読む]
  • のさばるもの
  • 何かに当てはまるほどに憎しみは増すし、ここに現れるものなどは、困難を用い、魂胆を疎外させるべく、騙すことだけに専念するような義務感を孕ませ、阻害し続けることだけを続けるような悪意ばかりが跋扈する。 [続きを読む]
  • 2017年04月23日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?演じられる者: 生きることで持ちかけられる問いかけも、どこか遠くで浮遊するようで、ここに備わるだけの存在を粗雑に扱い、未明に消え去る思いが俯瞰を攻め入り、空間的な渇望を促す時間に支配…https://t.co/GjSdOAQdJG #yaplog at 04/23 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。主体間を移動し、あらゆる権化を打ち倒しながら、自ら.. [続きを読む]
  • 流動性
  • 聡明なままに取り込む理由が、器用に巻き込まれ、ここでまがい物として備わるだけの精神的な疎外感にがんじがらめになるだけの後悔から、悔悟をため込み、ただ体制的なものに飢渇するだけの理由に頓挫し、ここで挫折を重ね、あらがうほどに、自らの速度は増し、何事にも合致しなくとも、自らとは強制されずに、協調することすらなく、ここに流動するままに、移行していく。 [続きを読む]
  • 演じる者
  •  生きることで持ちかけられる問いかけも、どこか遠くで浮遊するようで、ここに備わるだけの存在を粗雑に扱い、未明に消え去る思いが俯瞰を攻め入り、空間的な渇望を促す時間に支配されるほどに魯鈍な者に陥るような感覚が、軽薄な思想を形成し、ここで加速する純真なニヒリズムから諦観を謳う仏教的なカタトニーに陥り、運命論に緊縛され、機械的な幸福を求めるだけに専念するような人間性などは精度を損ない、自らを測ることだけ [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。主体間を移動し、あらゆる権化を打ち倒しながら、自らに帰する意味だけを復元し、現れる苦しみを昇華させ、ただあるものと、よろこびながら、散りゆく儚さ、まる [続きを読む]
  • 2017年04月22日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?足かせ:言葉は影を背負う。その場の重みに絶えず破壊されるだけの理論がその場で散らばり、何も信じられなくなる隙間に現れるものどもが、拝復しているほどに、自らが道化のように感…https://t.co/YW0vZWIXtv #yaplog at 04/22 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。猶予にきらめく因果な時折にひずむ、リリカルな魔法や、関わりあう.. [続きを読む]