mfmm さん プロフィール

  •  
mfmmさん: 小薗学=放蕩反逆詩人。
ハンドル名mfmm さん
ブログタイトル小薗学=放蕩反逆詩人。
ブログURLhttp://mfmm.seesaa.net/
サイト紹介文短絡的な毎日に、捧げる愛に、似たニュアンス。アンニュイな、日々に咲く一抹の幸福論。
自由文哲学的勝訴、自虐的狂騒。
自由に意識を行き来する、エクスペリメンタルな胎動。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1803回 / 365日(平均34.6回/週) - 参加 2012/10/02 15:00

mfmm さんのブログ記事

  • 過ち
  •  何も見えずとも歩くのが人間なのだよ、と促す先に現れるだけの幻想的な記号の群れが反射的に執り行う義務感に苛まれ、記憶に臆するだけの私情を挟み込み、混同する意識が受理するものや、そこに生み出される水域などは、何かを愚かにするだけの指数や思想を生み、運命論的な論難や、約束事に秘めた裏切るだけの衝動が、精神的な緩慢さをカルマの責任にし、転換され続ける間に生まれる間隔に嵌め込まれる思いが、破壊的な心理を生 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。消費され続ける観念と共に逍遥を続け、ここで照応するものなどはわたしを照らす何かであり、誰かの影として現れ、今に映し出されるものこそが、現実であるなどということを押しつけがましく示すような企みから放たれ、映し出されるものだけが真実ではなく、その裏にこそ確かなものが存在し、そこに混在するものが表裏一体になり、今を担い、つれづれ続く、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。淡泊な愛が保つ意味などが恒常的なものを謳い、短絡的な動機が、今に拘泥し、肉薄する現在に点在する意味に捕まり、伝わらぬままに苦しみを挑発し、今に超越するような疑問から、欺瞞は生まれ、何かを騙し続けることを続け、それを確かなもののように思わせるような仕組みだけが、確かなものをうながし、すべてを拘置し、何かを統治し、支配し続けることがよろこびのように勘違いさせる、まる [続きを読む]
  • 干ばつ
  • モダンなカタルシスをうながし、リリカルな私情が滑落し続け、ただ肥やす間にもついやす意味がやすやすと何かを企て、惰性な判断から、正解すらも導き出せずに、今に怯え、おぼえもない恐怖を今に上書きし、うわつらだけが良くて、何が正しいのかもわからずに、わかったふりをしている君。 [続きを読む]
  • 2017年03月27日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?指定される前の自己: 汚された身体を抱え、私たちは、後退しないように、もたらされる自由を論理に突き刺すだけのシステム的な身近な優劣に支配されずに、多目的な情報に司るだけの短絡的な需要…https://t.co/B0KlQQJIuk #yaplog at 03/27 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。今に紛失するものが、自己の中をさまよい、あらゆる迷.. [続きを読む]
  • 指定される前の自己
  •  汚された身体を抱え、私たちは、後退しないように、もたらされる自由を論理に突き刺すだけのシステム的な身近な優劣に支配されずに、多目的な情報に司るだけの短絡的な需要と供給という補完から逃れ、耽溺するほどに快楽とはすり減り、求める欲のほうが増し、自らを崩壊させるだけに至り、はじめは解放を求め、そこに疲れた心身を没入させ、没落していくだけに終える応じる意識は隷従するほどに、意識の奴隷として、あらゆるもの [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。過去から様々なものが供給されるが、ひとつに混ざり合う今は何かリアリティーを失い、即座に過去は、誰かが感じたように思い、そこから乖離し、今にまじわる自分は別人のように感じ、見たもの聞いたものとは、誰からの借り物ようだ、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。今に紛失するものが、自己の中をさまよい、あらゆる迷いを生み出し、呈する意味からはみ出し、破壊的な情事に身をくらまし、腐りきった今に機関を生み出し、何かを保ち守るほどに、自らとは、すこしづつ腐るのである、まる [続きを読む]
  • 辺り
  • 戸惑いも、どこか遠くでなびく。対立をふかめる意図が、今に従事し、軋轢を増やしている。あらゆる真理は、同等さや、尊さを用い、何かをなぐさめるが、ひとえに正しいものや、理解をふかめてもなお、馴れ合い離れるものばかり、だ。なぶられた身体を補完するように最後のぬくもりが慟哭し、憧憬する君も、何かとの保護色に入り混じり、認識することすら不潔で、今に不和を用い、誰かを裏切るだけなの、と嘆いている悲劇の後。 [続きを読む]
  • 2017年03月26日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?かなでるもの:関わり合いをふかめるほどに、空疎なものを取り払い、自らの永遠性を強調し、現れる意味を超越する。…https://t.co/LtPhRc0L1l #yaplog at 03/26 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。空白を埋めるような愛は、互いを背反し、与えられるものに相反し続け、互いを憎むようになり、隣人愛にはいたらずに、隣人を恨…ht.. [続きを読む]
  • コズミックな私情
  •  星から派生したダイナミズムを重ね、論理的な思考がとがめるだけの現前に備わる量子的なものに適任していくほどに、プリミティブな観念を放ち、原生に備わる理由が流動的に刹那を攻め入り、時間の外に出られずに、宇宙的な希望を徘徊する原野に引きずられる精神が、正否を促し、貪婪なものを抱え、重なる理由に良俗なものを求めるほどに狂気を膨脹させ、不老不死を促す単細胞的な論証を切り開くような解剖をほどこされる無知な君 [続きを読む]
  • かなでるもの
  • 関わり合いをふかめるほどに、空疎なものを取り払い、自らの永遠性を強調し、現れる意味を超越する。 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。権限や権利を用い、自らを抑圧してはならず、与えられた意味に束縛され、自らを不自由にしてはならず、与えられた権限などは、与えられたものでしか、自らの価値を見出せない、まる [続きを読む]
  • 2017年03月25日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。離さぬ手の温もりも毒々しく、景色のぬけがらを集め、ネオンが素敵にきらめく夜に消え去る意識が、景色を乗り越え、形式に痛め…https://t.co/iJgyb7wz9i #yaplog at 03/25 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。降りしきる由縁から正義を謳うだけの理論がたゆたい、他人.. [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。降りしきる由縁から正義を謳うだけの理論がたゆたい、他人から受け取る遠い日や、当該するものに締め付けられるだけの現在から超越し、意識的な制圧にとがめられずに、自らを認める、まる [続きを読む]
  • 狭小
  •  あいまいな感情はマインドという宇宙空間をさまよい、その場に静寂を生み出し、寂寞に包まれる観念は婉然ととろけ、熱情するふんいきに明晰なものを生み出し、幼稚な理論や、齟齬する過程に生まれるだけの分裂的な衝動や、証拠も残さずに、この空間からの離別を繰り返す人間的な終わりから、汚穢を溜め込むだけの言葉から生じる無情な時折に軋む身体が、物事との由縁から放たれ、何かを考えられずに、考えさせられる愚かさに気付 [続きを読む]
  • 狭小
  • 生きることに用いられる意味よりも、そこに用いられる位置的な安らぎよりも、今に比率を与えられ、そこで否定的なもので攻め入られ、従うことだけが、物事の本質へと至る道などと促すだけの体たらくなものに従わずに、純粋な自らの意志だけに従う。 [続きを読む]
  • 2017年03月24日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?証拠:ひっかき傷の上を歩くでたらめな私情は、適度な快楽とどこまでも続く解放感とさまよい、ここに用いられる定理が流す血や、定期的に迫る不安感などにおしなべて騙られるだけの欺…https://t.co/8CggdTZnaF #yaplog at 03/24 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?叫ぶ: 潜在的に埋め込まれたものが獰猛にうごめく。選択させられたものに動かされることに及ぼす快楽だけが、意味を受注し、正義.. [続きを読む]
  • 叫ぶ
  •  潜在的に埋め込まれたものが獰猛にうごめく。選択させられたものに動かされることに及ぼす快楽だけが、意味を受注し、正義を生産し、今に制限を生む。即座に抑圧された精神は、意味を遮断できず、迫る意味に利用されるほどにほどこされる意味を追求できずに、与えられたイメージを、そのままに受け入れ、打診することもできずに、迫るモラルが作り出す身近な摂理や規律が用いる判断だけが、正解に導くものである、と宣言する間に [続きを読む]
  • 証拠
  • ひっかき傷の上を歩くでたらめな私情は、適度な快楽とどこまでも続く解放感とさまよい、ここに用いられる定理が流す血や、定期的に迫る不安感などにおしなべて騙られるだけの欺瞞でしかなく、ここに用いられる不安などは、貪婪なものが率いる価値の中でしか測れるものを測ることで生み出される不安でしかないのだ。 [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。儚い苦しみを連動させ、誇示する意味に苦しむだけの君に移行していく意味にまつわるものに欺瞞を与え、不満足へと至らせるようなコマーシャリズムが扇動するだけの情報から離れ、ここに慣れる前にすぐさま逃げ出し、そこにとどまらずに、自由に羽ばたくよりも、そこに現れる要理に反するように、まる [続きを読む]
  • すこし、わたしのはなしをしよう。
  • わたしの、はなしをしよう。メモリーを書き換え、エモーショナルな対峙を続ける自己が消費し続けるものなどは、依然として空疎なものであるし、そこで従え、虐げるものなどは、依然として空腹を癒やさずに、空腹を増していくような矛盾を孕み、自らを苦しめるだけに至る、まる [続きを読む]
  • 2017年03月23日のつぶやき
  • kozooo7 / 学F$CK PIN〓?我反する:私は、すぐそっぽ向くにすぐに噛みつくし、何かを憎むことも知らないから、何にも干渉しないし、感覚だけが鋭利なままで今にままならぬものなどは、チョキチョキと切るだろう…https://t.co/D5RFtF4pVN #yaplog at 03/23 00:02kozooo7 / 学F$CK PIN〓?すこし、わたしのはなしをしよう。:わたしの、はなしをしよう。物事に生い茂る理想を摘み取るような悪意を蹴散らすべく、あらゆ.. [続きを読む]