椿ちゃん☆ さん プロフィール

  •  
椿ちゃん☆さん: 宇宙レストラン
ハンドル名椿ちゃん☆ さん
ブログタイトル宇宙レストラン
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/ravia/
サイト紹介文自分自身の真実にたどり着くために必要なメッセージをお伝えします。
自由文以前は「虹の壺」というタイトルでブログを書いていました椿と申します。
記事の内容が変わってきたので、「宇宙レストラン」というタイトルに変更しました。
椿が見た、この世の真実をお伝えしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/10/03 19:03

椿ちゃん☆ さんのブログ記事

  • 元を取る。
  • 元を取る事に躍起になると大切なものを無くします。無くすと言うよりも、大切なものが何かって事が分からなくなります。自分にとって「大切な物」それは元を取るになってしまうからです。元を取る。って結婚でも... [続きを読む]
  • 過去は教科書でしかない。
  • 過去に生きるとは過去に起きた出来事の中で永遠と生きる事です。常に過去を思い出し、過去にどっぷりつかりながら、過去の喜びや怒りと共に生きていると言う事です。昨日とは違う今日を生きているようで生きてい... [続きを読む]
  • 終戦。
  • 自分の悪を認めなければ永遠に戦いは終わりません。いつだって、どこでだって戦いの火ぶたが切られます。自分の悪がある間は常に何かに自分自身に引け目を感じています。その引け目を戦いによって無くそうと躍起... [続きを読む]
  • 割らないコツ。
  • 繊細なグラスや陶器などを洗う時は慎重に洗いますよね。それでも、いつもいつも慎重にって訳にもいかず、ある日、ふと気を抜いちゃって割れちゃった。な〜んて事ってあると思います。自分見つめをする事は繊細な... [続きを読む]
  • 進化した宇宙人?
  • ごめんなさい。このブログを読んでくれている人が進化した宇宙人の魂を持つ人だとは思いません。進化した宇宙人の数は多くはありませんでした。進化した宇宙人は今はいません。ですがいます。なぞなぞのようです... [続きを読む]
  • ポジティブ。
  • 悪を抱えたままポジティブになろうとしてもなれません。悪を抱えたままポジティブになるってエゴでしかありません。そう思った事はありませんか?                       椿♪ の応... [続きを読む]
  • 自然体とは考えない事?
  • 人間にとって考える事は重要です。自分みつめや自分の悪に関して考えるのを止めてしまう事は悪を根付かせ黒い花を咲かせることに繋がります。自分の悪を見つける為に考える事は重要ですが、人間は常に自分の悪を... [続きを読む]
  • 砂の城を作ったのは誰?
  • もし、自分が本来であれば今すぐにでも病気になる爆弾を抱えていたとします。それを霊が協力してくれて病気にならないようにしてくれていたのだとしたら?本当は願っていた結婚を手にできるほどの努力をしていな... [続きを読む]
  • 砂の城?
  • 砂の城ってなんだと思いますか?砂の城なんて大きな物を自分は築いていないから関係ないかも・・。って勘違いしないでくださいね。お城をお城だと認識できていないって事のほうが圧倒的に多いのです。毎日、特別... [続きを読む]
  • 性の冒涜は神の冒涜。
  • 隣人を本当の意味で愛するには、自分と他人との境目が無くならなければなりません。この世での、一番手っ取り早い方法がセックスです。ですから、宗教によってはセックスが神聖だと言われているのだと思います。... [続きを読む]
  • 物事がうまくいかない原因。
  • 物事がうまくいかない原因って人それぞれに色々とあるとは思うのですが、元を探れば結局、役に立たない腐ったプライドが原因って事が多々あります。自分を苦しめるプライドに何の意味があるのかな〜??そのプラ... [続きを読む]
  • 空っぽ。
  • 今日は何も書く事が無いです!!全く無い!!本当に無い。何も出てこない!!空っぽ。米粒1つも残ってない(笑)この感覚が何というか変な感じなんです。書かなきゃならない日は時間的な問題で大変なのは間違いな... [続きを読む]
  • 隣人を愛せよとは。
  • 隣人を愛せ。と言う事は苦しみを苦しみと思わない事。それが自分と他人との境目が無くなると言う事です。苦しみを苦しみと思わない事が当たり前になるまでは隣人を愛すと言う本当の意味は分からない。いつまでも... [続きを読む]
  • 迷惑の判定。
  • バーチャル世界とかパラレルワ−ルドとか、そんな記事を書き続けるのは疲れ果ててしまうのと、書かせてもらえないと言う事が重なりましたので、続きを書かずに今回は基本に戻ります(笑)パラレルワ−ルドだろう... [続きを読む]
  • 弟。6(ぶっ飛んだお話し)
  • 「妄想」1 根拠もなくあれこれと想像すること。また、その想像。「妄想にふける」「愛されていないと妄想してひとりで苦しむ」2 仏語。とらわれの心によって、真実でないものを真実であると誤って考えること。... [続きを読む]
  • 弟。5
  • 椿の弟たちがいる世界は(妄想の世界)はとんでもないほどひどい場所ですが、でもリアルにそんな世界があっても、椿が、そんな経験をしていてもおかしくないです。無くはないよな〜って思います。現実の椿も情が... [続きを読む]
  • 弟。4
  • そんな弟達をひっそりと抱えてた椿ですが、誰にも言った事はありませんでした。言う必要も意味もないし、そもそも椿自身がその事を、どうこうとは思っていませんでした。深く考えた事もありません。悪夢と言うよ... [続きを読む]
  • 弟。3
  • 椿の弟?長男はその後、椿と共に成長し、その後、世間の恥となる生き方をしていました。高校まではかろうじて出ましたが、行く価値など無いような気がする大学受験にさえも失敗。その後は浪人生を装いながら遊び... [続きを読む]